俳句に詠まれた伝染病ー阿蘭の艦(ふね)が去んでもコレラかな2020年03月07日

カピタンに思われて死ぬコレラかな     前田普羅

阿蘭の艦(ふね)が去んでもコレラかな

 当時の居住地横浜を舞台に詠まれた。

 普羅句集には所収されていない。「ホトトギス」大正元(1912)年十月号に初出句して採用された。普羅29歳だった。

検索で追うと
ヘスペリア号事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8F%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6


感染症の歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2#%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%A9

カピタン
カピタン(甲比丹、甲必丹、加比旦)とは江戸時代、東インド会社が日本に置いた商館の最高責任者「商館長」のこと。元はポルトガル語で「仲間の長」という意味があり、日本は初めにポルトガルとの貿易(南蛮貿易)を開始したため、西洋の商館長をポルトガル語の Capitão(カピタン)で呼ぶようになった。その後ポルトガルに代わりオランダが貿易の主役になったが、この呼び名は変わらなかった。


・・・・「長崎にあった出島のオランダ商館長のカピタンは、定期的に将軍に謁見するために、献上物を持参して参府することが定められていました。」とあるようにオランダ人のビジネスマンだったようです。

「日本では、最初に発生した「文政コレラ」のときには明確な名前がつけられておらず、他の疫病との区別は不明瞭だったが、流行の晩期にはオランダ商人から「コレラ」という病名であることが伝えられ」たので、阿蘭陀(オランダ)の船が日本を去ってもコレラという言葉が残ったの句意か。カピタンの句意は今一不明である。

 他に見つかったのは
月明や沖にかゝれるコレラ船 日野草城「花氷」所収
・・・これは句意明瞭です。「コレラ船はコレラ患者の出た船のこと。昔は蔓延を防ぐため、入港を禁止された。」そうです。現代はクルーズ船です。閉鎖空間の船は疫病に弱いのは歴史が示しています。

コレラ出て佃祭も終りけり  松本たかし「松本たかし句集」
・・・落語の作品らしいが、佃島に船で行き帰りするので伝染を防止するため祭りも中止になったということか。いまもむかしも変わらない。

コレラ怖ぢ蚊帳吊りて喰ふ昼餉かな
杉田久女「杉田久女句集」
・・・あの久女がこんな句を詠んでいたとは知らなかった。

余録
俳人・夏井いつきさんの…
https://mainichi.jp/articles/20170727/ddm/001/070/179000c

以下は上記の記事中にある。夏井いつきさんはコレラ船は絶滅季語というのである。季語だったこと自体が忘れられている。しかし、今も武漢ウイルスが蔓延中で世界中を襲っている。忘れてはならない季語ではないか。

コレラ船いつまで沖に繋(かか)り居る  高浜虚子
・・・大正3年の句。

コレラ怖ぢて綺麗に住める女かな

コレラの家を出し人こちへ来りけり
 (虚子五句集P43。「五百句」大正3年作)

他にも

コレラ船デッキに人はなかりけり  山下一行

茶刈機のエンジン音は響かひて彼方に望む春の伊勢湾 森紀子2020年01月16日

歌会始 東海地方ゆかりの短歌も
https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20200116/3000008564.html

皇居・宮殿の「松の間」では、天皇皇后両陛下をはじめ、皇族方などの前で入選した10人の短歌が読み上げられ、四日市市の主婦、森紀子さん(75)の歌も古式にのっとって披露されました。
 お茶の生産が盛んな、山沿いの水沢町に暮らす森さんは、新茶が芽吹く茶畑の向こうに見える伊勢湾が春の日ざしを受けて輝く風景に心を打たれ、「茶刈機のエンジン音は響かひて彼方に望む春の伊勢湾」と詠みました。
 森さんは、自分の歌が詠み上げられると小さく繰り返しうなずきながら耳を傾けていました。
 歌会始のあとの記者会見で森さんは「天皇陛下は『いい歌をありがとう』と声をかけてくださりました。中断した時もありましたが続けてきてよかったなと実感しました」と入選の喜びを話していました。
以上
・・・・森紀子氏のお住いの水沢町といえば雲母峰の南東にある鈴鹿山麓の方ですね。入選おめでとうございます。時々は通過するのでその情景は頭に浮かびます。御作は中々の大景です。大景を詠むのは難しいものです。入選作の背景には伊勢の地名が効果的だったと感じます。伊勢の地名は「神風の伊勢」と枕詞で詠まれ、皇室ゆかりの神宮につながるのです。

連嶺に礼して年の改まる 福田蓼汀2020年01月14日

・・・分かりやすい。”髯白きまで山を攀ぢ何をえし” という句もある。山の道楽はきりがなく続く。

 福田 蓼汀(ふくだ りょうてい、1905年(明治38年)9月10日 - 1988年(昭和63年)1月18日)は日本の俳人、登山家。本名は福田幹雄(みきお)。山口県萩町(現在の萩市)生まれ。

 東北帝国大学法文学部法科在学中に学友の勧めで高浜虚子門に入る。1940年には「ホトトギス」同人。948年、「山火」を創刊・主宰。1958年、橋本鶏二の「年輪」、野見山朱鳥の「菜殻火」、波多野爽波の「青」と共同で四誌連合会を結成し、その世話役を務めた。1961年の俳人協会設立にも参画、のちに副会長も務めている。

 1939年の八ヶ岳登山を皮切りに日本各地の山々を踏破、山岳俳人の第一人者として名を高める。戦後に隆盛した社会性俳句の流れからも一線を画し、季節感情と対象を具体的に把握しようとする写実精神を主張。「山岳と自然の純粋美を讃える作品」(岡田日郎)としての山岳俳句を作り続けた。1969年には次男が奥黒部で遭難死するという不幸があり、この悲しみを詠んだ「秋風挽歌」30句(『俳句』11月号掲載)などの業績により、1970年に第四回蛇笏賞を受賞した。1988年1月18日、没。享年82。「山火」は門人の岡田日郎が継いだ。(ウィキペディア抄録)

年暮れぬ笠着て草鞋はきながら 松尾芭蕉2019年12月27日

 朝から年賀状を書き上げた。午前中いっぱいかかった。午後から近くの郵便局に投函。昨年は区内、市外、県外の区分があったが今年はないので枚数が激減したのか。63円にアップしたこともあるし。

 さて表題の句は人口に膾炙して名句である。旅の俳人の気持ちがよく表出されている。年暮れぬの「ぬ」は強い断定という。

 ググってみると

貞享一年(一六八四)四十一歳の作である。句意は

 笠をかぶり、草鞋はいたままで、今年もとうとう暮れてしまった。「ここに草鞋を解き、かしこに杖を捨てて、旅寝ながらに年の暮れければ」との前詞がある。

「野ざらし紀行」で初めて文学的行脚を経験した旅人としての、初々しい実感のこもる歳暮吟である。出典は『野ざらし紀行』。

熱田

   名護屋に入る道のほど風吟す
 狂句木枯らしの身は竹斎に似たる哉

   海辺に日暮して
 海くれて鴨の声ほのかに白し

   爰(ここ)に草鞋(わらじ)をとき、かしこに杖をすてて、旅寝ながらに年のくれければ、
 年くれぬ笠(かさ)きて草鞋(わらじ)はきながら

とある。
 三重県伊賀の山に行った際も句碑を見た。”ふるさとや臍の緒に啼く年の暮”だった。年末は旅人には心が落ち着くのだろう。ふるさとに帰ったり、弟子宅に世話になったりして気力を充実させる機会である。

桐一葉きりひとは日当りながら落ちにけり 高浜虚子2019年12月26日

 『五百句』から。
 そういえば、関ケ原から近江へと車を走らせていたら、同じ光景を見た。急いで車を路肩に止めて書き留めた。そして一句を作った。
  黄葉且つ散るや朝日を浴びながら   拙作
 その時はこの表題の名句を思い出すことができなかった。この句の季語は実は落ち葉なのであった。桐の葉にフォーカスして記憶していたからすぐに思い出せなかったのだ。季語を独立させず、巧みに七音に織り込んで作る。虚子はやはり巧者なのである。

木の葉散る濁世を脱くるごとくなり 村越化石2019年12月25日

 新聞でもネットでも政治家のスキャンダルが絶えない。今朝は自民党・秋元司議員の記事、先だっては立民・初鹿明博議員の性暴力を原因とした責任で離党と相変わらずのカネと女にまつわる汚い話。
 ネットでは来春の習金平主席の国賓としての来日問題が沸騰中である。現代中国は今、日本の戦国時代と同じ様相であり、どうやら習主席が暴君よろしく君臨している。ネットで伝えられる話は人権侵害が著しくひどい。香港しかり、ウイグルしかりだ。邦人の拉致、大気汚染など。豚コレラも蔓延中で国内すら平定できないまま、外国に手を出すわけだ。
 漢民族にまつろわぬ民族は虐殺の限りを尽くす。文化の違う民族を統治するのは容易ではない。その点は英国の狡猾な植民地支配に学べばよいが、中国は「一つの中国」を掲げて焦っているのか。前のめりな中国共産党支配は自縄自縛である。
 さて標記の俳句はハンセン病の俳人だった人。盲目だったはずだが木の葉散るのは音で分かったのだろうか。点字かTVの音声で聞く社会の様相は濁世と見ているところへ木の葉が散るのはまさに事件が終局に向かうとの見方である。
 実際枯れ葉がいつまでも木にしがみついて居っては次世代の芽が出てこれない。木の葉が散るごとく法の裁きを受けて議員辞職をしていただくことが世の中の自然というものだ。この句では木の葉散るに主題がある。

対州は大山国やほととぎす 河野静雲2019年12月22日

虚子の句碑
 「(一社)対馬観光物産協会ブログ」から
 2011年 1/11 【高浜虚子の歌碑】
上見坂公園(かみざか、対馬市厳原町)にて、正岡子規の弟子、高浜虚子の俳句です。
「対州は 大山国や ほととぎす」
島なので、海が見えると思って来てみたら、山ばっかりだった・・・と(^_^;)
対州は対馬の古い呼び方です。
以上
・・・簡単明瞭な俳句です。虚子ではなく、河野静雲と思われます。高浜虚子の弟子で福岡市の俳人です。大山国はおおやまぐに、と読むんでしょう。5万図3枚でカバーする中堅的な規模の島嶼です。


『魏志倭人伝』の一節はHPからコピペすると
原文
「始度一海 千餘里 至對海國 其大官日卑狗 副日卑奴母離 所居絶㠀 方可四百餘里 土地山險多深林 道路如禽鹿徑 有千餘戸 無良田食海物自活 乗船南北市糴」

読下し文
「始めて一海を度る。千余里。対海国に至る。その大官は卑狗と曰い、副は卑奴母離と曰う。居する所は絶島、方四百余里ばかり。土地は山険しく深林多し。道路は禽鹿の径の如し。千余戸有り。良田無く、海物を食し自活す。船に乗り、南北に市糴す。」

口語訳
 「始めて一海を渡り、千余里で対海国に至る。その大官はヒコウといい、副官はヒドボリという。居する所は絶海の孤島で、およそ四百余里四方。土地は、山が険しくて深い林が多く、道路は鳥や鹿の道のようである。千余戸の家がある。良田はなく海産物を食べて自活している。船に乗って南や北(九州や韓国)へ行き、商いして米を買い入れている。」

蛍火を追つて久女の墓の前 杉田たか2019年11月29日

 杉田たか 句集『時鳥』から

 季節はさかのぼるがこの句も久女の墓の付近を飛び交う蛍を詠んでいる。幻想的な句である。あそこはたしか小さな川があったと記憶している。天然自然がまだまだ残されているので蛍が生息できるのだ。作者はきっと墓守のみならず句碑の周囲の清掃なども担われているのかと想像する。これまで数回は訪ねたがいつ行ってもきれいだった。忘れられた俳人ならば句碑も墓も草茫々になって荒れてゆくばかりだろう。久女を愛する愛好家が絶えないのだろう。
 今冬は北九州に旅を考えている。門司港に近い北九州市(旧小倉市)の堺公園の久女句碑や英彦山登山もやれたら良い。

データ:https://www.myliving.info/blog/20279/

「北九州市ゆかりの俳人である杉田久女と橋本多佳子の功績を称えて、「杉田久女・橋本多佳子記念室」が、2018年(平成30年)1月16日(火)北九州市立小倉城庭園内(北九州市小倉北区城内1-2)にオープンする。

施設は、小倉城庭園を訪れる多くの国内外の方に北九州市が誇る二人の俳句作家の情緒あふれる言葉をとおして、「文学の街・北九州」の魅力を発信するとしている。

展示内容は、小倉城庭園売店の一部(16㎡)を記念室に改修して、久女・多佳子の功績を解説版で紹介する」以下略
月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)、12/29~1/3

狐来る久女の墓のほとりまで 杉田たか2019年11月28日

 杉田たか 句集『時鳥』から。杉田たかさんは「杉」同人。「晨」、「槐」、を経て同人誌「家」に参加。「杉」と「家」を拠点に詠む。

 久女の墓で分かる通り、場所は愛知県豊田市小原町の松名。岐阜県境にも近い。作者は杉田久女の嫁ぎ先の墓地の近くに住んでいる。今は長屋門しか残っていない。その奥に久女、娘の石昌子の久女ファン向けの句碑が建っている。久女の墓は夫の宇内の墓と並んで少し離れたところに夫婦で眠っている。たかさんは杉田姓からも杉田久女の家の親戚筋にあたる。狐が何か餌になるものを探しているのだろう。久女は才媛だったが人生には寂しさと薄幸のイメージが伴う。狐が出没する墓地にはいかにも寂寞に誘う。

猟夫来て桶の氷を叩き割る 杉田たか2019年11月27日

 杉田たか 句集『時鳥』から

・・・今時はベレー帽に洋犬を連れたハンターの謂いだが、猟夫(さつお)という季語を用いると柴犬か紀州犬、秋田犬などの伝統的な日本の猟犬を連れた猟師を彷彿する。寒い朝、凍結した氷が張った桶を猟銃の持つところで割ったというのだ。捕った獲物の解体でもするのかな。
 久女の夫の宇内は晩年になると小原村松名の実家に帰って、猟師を楽しんだという。たかさんは昭和6年生まれ、久女は昭和21年1月21日に死去したからたかさんは15歳で葬儀にも参列したかも知れず、同時代を生きている。この猟夫は宇内の残像かも知れません。否深読みか。
 宇内は昭和21年小倉中学を辞し小原村に帰郷、昭和37年、逝去。つまり妻の死去を機に小倉市(現北九州市)を去った。娘の昌子さんも同行しただろう。昌子さんはウインパーの『アルプス登攀記』の翻訳もあるアメリカ文学者の石一郎氏と結婚。「岳人」にも随想を寄稿。