浅間嶺の空の蒼さよ今朝の秋 山元 誠2020年10月14日

句集『春星』からP228
・・・群青色の空を蒼天という。立秋の日の朝、浅間山の巨体が蒼天に突き出している。浅間三筋の煙を吐きながら活火山のすごさを見せる。足元を見ると立木はなく、草も生えず、荒涼とした溶岩地帯が広がっている。

秋冷の岳揃い立つ甲斐信濃 山元 誠2020年10月13日

句集『春星』よりP187
・・・さてどこからの山岳同定であろう。もちろん上信国境の山の一角に立ってのことに違いない。
 例えば浅間山は北が上州(群馬県)で南と西が信州(長野県)だから間近に高峰を仰ぐことができる。群馬県といえば、最高峰が日光白根山の2578mだから浅間山とは10m違いでほぼ互角である。群を抜いて高い山はない。
 一方で浅間山のすぐ南には赤岳2899mが聳える。揃い立つという表現だから八ヶ岳連峰の眺めは壮観であろう。直線距離にして約90km西には槍ヶ岳も見えるだろう。北アルプスの眺めも峰々が雪で白くなれば鋸の歯に見えてくる。日本でここでしか見られない山岳風景である。
 作者の目はいつしかふるさとの立山の姿を追っていることだろう。三角錐が剣岳、端正な山容は立山か。実家を継いだものの先立たれた弟への思いも募るだろう。今は亡き父母と弟、句に秘められた郷愁と山恋の重なる想いを読み取りたい。

くっきりと浅間の煙今朝の秋 山元 誠2020年10月12日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。2017年

 つい最近木曽の御嶽山を間近に眺めたがもう噴煙は収まっていた。しかし、浅間山の噴煙は絶えることがない。だから江戸時代に中山道が開通し、馬子が職業として成立すると「小諸馬子唄」が民謡として唄われた。その一番を引く。
♪小諸出て見りゃ 浅間の山に
今朝も三筋の 煙立つ♪
 掲句は「小諸馬子唄」を俳句にしたような気がした。
 ちなみに前田普羅の句集「春寒浅間山」をみた。普羅の俳句にも浅間山の煙が詠まれていた。 
  春星や女性浅間は夜も寝ねず 
  春星を静かにつつむ噴煙か 
  つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 
・・・浅間山のやわらかな山容に女性を見たという句意。普羅はごつごつした険しい山よりも女性的な山容の山が好きだった。
 長谷川伸の戯曲「沓掛時次郎」。義理と人情の股旅ものと呼んだ。「沓掛小唄」の作詞も手掛けた。♪浅間三筋の煙の下で♪と唄う。これを土台に演歌にもオマージュが産まれた。橋幸夫が「沓掛時次郎」で同じフレーズを唄う。沓掛は中軽井沢となって消滅したが浅間山の煙は永遠だろう。


小諸馬子唄
https://www.youtube.com/watch?v=8ZdplEEr6Mc

大衆に親しまれた沓掛小唄
村田英雄の沓掛小唄
https://www.youtube.com/watch?v=JBxXCjuQkmY

橋幸夫の「沓掛時次郎」
https://www.youtube.com/watch?v=JV98WVbzPYg

 これ以降もバリエーションはありますが、島津亜矢の「沓掛時次郎」には浅間は辛うじてあるが、最近の福田こうへい「あれが沓掛時次郎」には浅間三筋の言葉は継承されませんでした。後になると人間同士の絡みが残されるのみ。やっぱりあの噴煙をあげる浅間山の風景のイメージで歌わないと。
 日本の文学と芸能の融合が文芸を産んだ。俳句はその最たるもの。芸能は伝統的な民謡や文学をちょいと切り取って分かりやすく腑分けする。民謡から歌謡曲へ、そして演歌へと受け継がれた。いくら演歌であっても写実的な歌詞は必要です。そこに行かないと得られない風景描写が人心を引き付けるのです。風景と物語が日本文芸の核心です。
あっ、句集名の「春星」は普羅句集『春寒浅間山』の句に見る春星の句へのオマージュかも知れませんね。

普羅の徒を迎へ花咲く父祖の山 山元 誠2020年10月11日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。

 平成二十二年四月十七日十八日の『辛夷』一千号記念大会は有意義な大会であり、特別な二日間であった。掲句は二日目の立山山麓での吟行で得られた。好天のもとで数十名が山野に散ってコブシや桜の花を、雪解け水がほとばしる谷を、それぞれが詠んだ。中でも出色の一句と思う。
 作者は立山山麓の産である。記念大会に馳せ参じた十七日には「春光や山河溢るるバスの窓」と詠んでふるさとの山河への挨拶をかわした。そして春風に乗ってきたかのごとく続々と会場に集結した『辛夷』の会員たちを作者は特別な思いで眺めた。
 それが「普羅の徒」という表現に結びついたであろう。普羅の声に接した人はもうきわめて少ないはずである。本来は鳴風先生のような直弟子を指すことばのはずである。左様、今日は一千号到達を祝う特別な意味があるのだ。すべての参加者への賛辞である。
 立山山麓は作者の生家があり、普羅は度々訪ねて吟行をしたという。辛夷一家なのである。『辛夷』一千号を寿ぐかのように桜も咲いてこんなにも沢山の普羅の徒を迎えましたよ、と父母に報告する作者である。

登山の死いつかわが身に銀河浴ぶ 平岩武一2020年08月17日

 東海白樺山岳会ブログで遭難件数を列挙し始めて、6/19から8/16までの約2ヶ月弱で49件発生した。7月末までで15件、8月だけを取り上げても34件ということになり、1日でほぼ2件発生していることになり、これは異常事態である。
 昨年の8月と比較すると名山や日本アルプスが多いが今年は北アに集中し、全国各地の低山に拡散した傾向がある。コロナ禍で有料、食事付きの山小屋が北アに限られるのでこれは予想通りといえる。
 もう一つは高齢登山者の遭難多発と死亡率の高さが群を抜いている。特に道迷いから行方不明になる事例が後を絶たない。ただでさえ、高齢になれば筋力低下は免れないのに知ってか知らずか、滑落死が多い。高齢者の滑落、転倒、転落は死につながりやすい。筋力の低下は左右前後のバランスをつかさどる重要な筋肉なので、意識的なタンパク質の摂取が必須であろう。加えてVB1,VB2,VB12などとVCも重要なものである。
 お盆休みも終わって、山岳遭難も一段落するだろう。8/21からは猛暑も一服するとの予報が出ている。どこかの静かな山域で静養したいものである。ステイホームは何もしないようでも結構体力を消耗している。在宅の熱中症患者が死亡することもある。暑いというだけでも消耗するのである。

炎天の遠き帆やわが心の帆 山口誓子2020年08月13日

 俳人の山口誓子は東大卒、住友のエリート社員だった。戦前から病気もちであった。四日市市の富田で療養していた。今も家は実在するが、他人に譲渡されており中へは入れない。外には療養地だったことの碑がある。肋膜炎の療養の為に昭和16年から28年迄の12年間、三重県の四日市市富田、天ヶ須賀海岸、そして鈴鹿市白子の鼓ヶ浦に居住していた。
 近くにある句碑
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/haiku/kuhi/detail?id=457443

 暑い夏の日に遠く伊勢湾に浮かぶ帆船を見たのであろう。戦後まもない日に病弱で孤独な自分の心境を海に浮かぶ帆船に託した。白砂青松の冨田浜の療養の甲斐があり、病は段々癒えていった。
 約10年後の昭和31(1956)年5月9日に日本山岳会のマナスル遠征隊が世界初登頂を遂げた。敗戦後の日本人に勇気を与えた。
 昭和34(1959)年4月29日に御在所岳ロープウェイが開通するが、山口誓子は開通する前に自力で登山を試みる。世話を焼いていた地元の人は心配して籠まで用意したが乗らなかった。自力で登り宿に帰り、医師の診察を受けている。大抵は登頂で万歳するが彼は下山後に万歳した。病を制服したことへの安堵感であった。
 冨田の療養先からは様々な名句が生まれている。病弱であることは名句の下敷きになるのだろうか。石田波郷も然りである。山口誓子は戦争には行っていない。病弱だったが92歳まで生きた。

水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る 金子兜太2020年08月11日

ブログ「金子兜太アーカイブ Tuta Kaneko Archive」から
ソース:https://kanekotota.blogspot.com/2015/06/blog-post_24.html

「池田 
この墓碑は、何で作ったんですか。

金子 
石、石。もちろん石。かなり大きい石。

池田 
あ、棒じゃないんですか。

金子 
棒じゃないです。棒の墓碑ももちろん二、三本立ってますよ、すでに。最後に石にしたんですね。これもエピソードがありましてね、カナカ族の酋長に土地を借りないかんわけ。置く場所を借りる。カナカ族は酋長が居ますから、各島にね。ところが酋長が未だに土地を貸してくれないと、これはトラック島を訪問した人の話です。日本の軍隊に対する憎しみを持ってるわけだ。けっこう最後は彼らの食料を取り上げたり、女性に対してもひどいことをしてますからね、だから怒ってるんだ。今でもこの墓碑は寝てるっていう話があります。これは行ってきた大から最近、最近っていっても数年前ですが聞きました。実際は「置きて去る」つて、立ってるというわけじゃないんだけど、でもまあ、貴女の言うとおり、木の墓標と合わせて、それも含めて何本も何本もあるから。

池田 
それが海の方から見える。実際に見えるわけではないでしょうけど心に見える。

金子 
見えるという思い。実際は見えない。遥かに遠ざかったからね、夕方でしたからね、見えない。見えるという思い。だからカナカ族のほうで土地を貸してくれないなんて問題は、この句にとってはどうでもいいんです。私の中で映像としていつまでも消えない。今でも消えないと言っていいでしょうね。これが戦後俳句の私の出発ですから。」

・・・・引揚船の上で、目に見えるのは船尾から白く泡立つ水脈だけしかない。はるかに島を思いながら心象風景を句にしたんですね。生涯是反戦詩人に終わった。

 年譜には「1944 昭和19年 25歳 3月、主計中尉に任官。3月初め、トラック島夏島(現、デュブロン)第4海軍施設部に赴任。」とあった。

 大先輩のMさん(1913~2009、国鉄労働者、非合法時代の日本共産党員、エスペラント語の大家、JAC会員)もニューギニア戦線へ送り込まれて九死に一生を得た。ほとんどの同僚は現地で戦死した中を生還した。Mさんは96歳で死んだ。
 ジャングルの中を病気と飢餓に耐えて彷徨った人は押しなべて長命を得た点でも共通している。俳人の金子兜太(1919~2018)は99歳、俳優の池部亮(1918~2010)もインドネシア北東部のハルマヘラ島へ配属されてジャングルを彷徨った。92歳で没した。ジャングルの中に戦友を置いて日本へ生還した元兵隊には言葉もないであろう。

 先日、スマホの小さなモニターで映画「ビルマの竪琴」を鑑賞したが、引揚船の場面の映像にふと反応したのが表記の俳句であった。戦争でおびただしい数の日本兵の死を弔うために僧侶となってビルマに残る日本人の物語である。
 戦争が終わって日本に帰国できる喜びよりも現地に残したままの墓碑の守りが気になる。金子には贖罪感も多々あったことだろう。

鉢盛山は朝餉まつ山 鉢伏は 夕めし終えて月をまつ山 太田水穂2020年08月10日

<iframe frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" width="500" height="400" src="http://maps.gsi.go.jp/?hc=hic#11/36.124287/137.951889/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1"></iframe>
ブログ「犀川を溯る」から
 「あなたの手紙、いつもいつもなぜあゝ云うよい筆が早速にまわるだろうと感服にたえません。それは花のかんばしい野を清い水がさらさらと流れるようで す」
 これは、女学校で国語を教えていた青年教師が卒業したばかりの教え子に送った手紙の一節です。教え子は奥安曇野の南小谷に住む渋谷貞子。青年教師は、太 田貞一、歌人の太田水穂。いまから百年も前、明治三十九(一九〇六)年のことです。
 太田は当時、松本高等女学校、いまの蟻ケ崎高校の教師でした。
 貞子の文学的才能を高く評価していた太田は、文学仲間の吉江孤雁に彼女を紹介し、翌四十年、二人の結婚式で媒酌人をつとめました。
 貞子に吉江を紹介した手紙があります。
 「その人は丈は五尺五寸ぐらい、身体は肥えている方で、頬も豊かな目の丸い、笑うと愛嬌豊かな姿、小さい時から美少年と云われました。…只今は早稲田へ 教師に出る傍ら、独歩社という文学の社を立てて出版著述をしています…」
 当時、太田は吉江と文芸雑誌「山比古」の同人同士であり、上京するごとに吉江宅に泊まっていました。
 吉江と同宿していたのが、やはり同人だった松本郊外の和田出身の窪田空穂でした。
 太田は和田小学校長をしていた頃、「この花会」を創り短歌刷新運動をしていました。窪田はその頃からの文学仲間でした。
 吉江と貞子の結婚した明治四十年、太田はやはり松本高女での教え子だった亀井藤野と窪田との媒酌人も務めたのでした。
 また彼自身も、その二年後、「この花会」で知り合った有賀みつ(四賀光子)と結婚し上京、大正四(一九一五)年「潮音」を創刊し、中央歌壇で妻と共に活 躍します。


 吉江や窪田にとっても活躍の時代が訪れます。
 吉江は母校・早稲田大学に初めて仏文科を創設、教え子から西条八十、日夏耿之介、井伏鱒二、広津和郎、宇野浩二など錚々たる人物を輩出させます。
 窪田は早稲田大学の教授を務める傍ら、「槻の木」を発刊、「国民文学」派の歌人として著名になります。
 中央で活躍する彼らの脳裏からいつも離れなかったのが、自分たちを育ててくれた故郷の自然でした。
 鉢盛山は朝餉まつ山 鉢伏は 夕めし終えて月をまつ山 水穂
 塩尻の原新田(塩尻短歌館のある場所)に生まれ育った太田水穂にとって、東と西に望む二つの「鉢」の山は忘れられない山でした。
 湧きいづる泉の水の盛りあがり くづれるとすれや なほ盛り上がる 空穂
 窪田が和田から松本の高等小学校まで片道八キロかけて登下校したときを思い出して詠んだ歌です。当時、お母さんが握ってくれた三つのおにぎりの二つは昼 食に食べ、残りの一つは帰りの島立の湧水のほとりで食べた記憶を蘇らせたものです。
 いまは、わさび畑がたった一枚残るほどに減ってしまった奈良井川扇状地の湧水も、明治の頃はこんなにも水量が豊かだったのでしょうか。


 吉江の妻・貞子は、窪田の「槻の木」短歌結社に所属し短歌を詠んできましたが、昭和十五(一九四〇)年に夫を亡くし、四十六年に八十四歳でこの世を去り ました。
 
 きのふまで鳴きける百舌鳥を思ひつゝ 夕さりて夫と野路を歩む
さだ子
 
 師・太田が嫁ぐ前に送った手紙のような、夫を支えての生涯でした。
 「君の性格は、余の見るところでは、このような人に配偶されて最もその光輝を発揮するように思われるのです。…夫の事業に同情を存し、夫の事業をよく理 解して、夫と共に苦楽相い合する生活を趣味ある土台の上に立てるように」

(地域史研究家=安曇野市)
隔週日曜日掲載
以上
・・・今日は山の日の祝日なので山を詠んだ歌人の歌を掲げました。

白露にて己が咀嚼にも親しみぬ 森 澄雄2020年08月06日

ブログ「深秋会」から
森 澄雄(1919~2010)
白露(はくろ)が秋の季語。
次から次へと台風が来るにしても大気が澄んで来ましたね。一旦涼しくなってから暑くなると体に応えます。
白露は24節気のひとつで毎年7、8日ごろに訪れます。「陰気ようやく重なり、露凝って白き」の意味です。
秋は、初秋、仲秋、晩秋と分けられますが、その中で仲秋の前半には「白露」、後半には「秋分」を置いています。この頃は秋も次第に深まってきて露の降りるのも多くなります。
この句は、「己(し)が咀嚼(そしゃく)」する食べ物にもようやく慣れてきたと難しく表現しています。平易にいえば、白露の頃の食べ物は何もかもおいしいと言うことです。
作者もり・すみおの紹介は、2005年2月22日を参照。
(出典:角川春樹編「合本現代俳句歳時記」、2004年刊)
以上

・・・噛んで食べられることへの愛おしさを詠んでいるのだろう。噛むことは認知症予防にもなるという。

ブログ「ニュース&トピックス」から
https://aspirest.com/4245/

咀嚼によるダイエット効果とは?意外なメリットについて詳しく解説
2020.01.28

昔から「食べ物はよく噛んで食べるべき」と言われてきたこともあり、咀嚼の大切さを知っている方は多いものです。
食べ物をよく噛んで食べることで、胃腸への負担を減らしたり、食べ過ぎを予防したりすることができます。しかし、咀嚼は必ずしも健康面だけにメリットがあるわけではありません。
実は、咀嚼には「ダイエット効果」もあると言われているのです。
そこで、今回は咀嚼によるダイエット効果について、詳しくご紹介します。

咀嚼でダイエット効果が期待できる理由

咀嚼でダイエット効果が期待できるのには理由があります。
まずは、どのような理由があるのか次からの内容をご覧ください。

消化吸収を高める

咀嚼でダイエット効果が期待できる理由として、まず挙げられるのが「消化吸収を高める」といった点です。
しっかりと咀嚼することによって、食べ物がすりつぶされ、胃腸への負担を大幅に軽減します。
結果的に消化吸収を高めることにつながり、胃腸への負担を減らすことができるのです。胃腸への負担が軽減することで、代謝の低下を防ぎ「脂肪が燃焼しやすい身体づくり」に繋がります。

食欲抑制効果が期待できる

咀嚼を意識して食事することによって、食欲抑制効果を期待できます。
ヒトは、食べ物をたくさん噛むことによって「満腹中枢」が刺激されて、食欲を抑制する効果のあるホルモンが分泌されるのです。そのため、食べ過ぎを防ぐことができ、ダイエット効果を期待できるということになります。
実際、「つい食べ過ぎてしまう」という方の多くは、咀嚼が少なく、ドカ食いのような食べ方をしているケースが多い傾向にあります。
「食べ過ぎ予防」はダイエットにおいて重要ポイントですので、痩せたい方にとって咀嚼は大切といえるでしょう。

満腹感が長持ちする

しっかりと咀嚼して食事をすることにより、満腹感が長持ちするといったメリットがあります。
上述した「食欲抑制ホルモン」は、長時間分泌されますので、「さっき食べたのにもうお腹がすいた」といった事態に陥るのを防ぐことにつながるのです。
「食べても食べてもお腹がすく」「食後しばらくすると空腹を感じる」という場合は、咀嚼を意識してみることで、空腹に悩まされにくくなるでしょう。

咀嚼はカロリーを消費する

咀嚼することは「カロリー消費」につながります。
食事をするにあたり、咀嚼は「ただ顎を動かしているだけ」のイメージがありますが、実際は意外にも大きな消費カロリーとなっています。
顎を動かしているだけといっても、実際は食事中ずっと動かしていることになりますので、人によっては数十分~1時間ほど噛み続けているということになるでしょう。
咀嚼回数を増やせば「食事をしながらもカロリーを消費している」といった好循環になり、痩せやすく太りにくい身体づくりを実現できます。

咀嚼でダイエットを目指すためのポイント
咀嚼でダイエットを目指すにあたり、いくつかポイントがあります。
ダイエットを成功させるためにも、それぞれのポイントの詳細についてチェックしてみてください。

30回以上噛む

咀嚼でダイエットを目指すのであれば、30回以上は噛むことを意識しましょう。
咀嚼回数は多ければ多いほどダイエット効果が期待でき、痩せ体質になりやすくなるのです。
また、たくさん噛むことでカロリーが消費され、無理なく脂肪を落とすことにもつながります。

左右のバランスを意識して噛む

咀嚼する際には、左右の顎の使い方を意識しなければなりません。例えば、右側の顎ばかりで噛んでいるなど、バランスの悪い咀嚼をすると、身体の歪みの原因となり、「痩せにくい身体」に陥ってしまうリスクがあります。
誰にでも「噛みやすい方」というものはありますが、意識して左右同じ回数で噛むようにしましょう。

なるべく硬い食品を選ぶ

咀嚼でダイエットを目指すなら、なるべく硬い食品を積極的に取り入れるようにしましょう。
例えば、繊維がたっぷりの野菜や、おせんべいなど、必然的に咀嚼回数が増える食品を選ぶことがおすすめです。
もしくは「噛み切りにくい食べ物」「飲み込むまでに時間がかかる食べ物」なども良いでしょう。具体的には「こんにゃく」「ナッツ」「餅」「いか・たこ」などが挙げられます。
硬いものを食べるのは難しい、という方でも、上記の食品であれば取り入れやすいのではないでしょうか。

咀嚼のダイエット効果は意外にも高い

咀嚼によるダイエット効果は意外にも高い一方、まだまだその事実を知られていないのが現状です。
また、咀嚼は体の健康面を整える効果もありますので、ダイエットの希望者に限らず、多くの方が取り入れるべきといえるでしょう。
まずは、咀嚼の良い影響について、今一度正しく理解し、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

・・・なるほど、先日作ったきんぴらごぼうと親鳥の甘辛炒めは旨かった。ごぼうも親鳥も噛まないと飲み込めない。何度も噛むうちに顎がつかれるほどである。するめを噛むようなものであるがスルメはかみ砕いてもバラバラにはならない。牛蒡は優れた繊維質の補給に良い。それに親鳥は味わいがあるし、ゴボウも独特の風味がある。その上で減量効果があるなら最高の一品ではないか。

栃の花はつはつの雨おもしろし 石田波郷2020年07月01日

「はつはつ」は、わずかの意を持つ古語。

山は万緑の季節。すでに栃の花が咲いていることだろう。

この句も『雨覆』に収録されているが戦争で病気になるまでの破郷は割と自然詠も詠んでいる。