東濃・納古山を歩く2022年12月05日

 山岳会の忘年会の会場に東濃随一の大展望を誇る納古山に登山した。登山口は下麻生駅に近い南天の滝への一角の駐車場である。地元のボランティアの尽力で多数の駐車場が整備されていた。南天の滝への道標を見ながら林道を歩くと景行天皇の由来する滝に着く。ここで滝見すると中々に立派であった。ここから急な山道を登ると最近売り出し中の岐阜のグランドキャニオンとかいう遠見山に着く。何とかの何とかは本物よりスケールは小さい。そうか、これがグランドキャニオンか、と見る。

https://www.tokai-tv.com/.../feature/article_20211229_14600

 後は結構長い尾根をアップダウンしながら山頂を目指した。2時間ほどのアルバイトで軽く汗を流した。山頂は大人気の山らしく人だかりだった。リーダーはちょっと下った辺りのテーブルを陣取ってあんまん、肉まんを本格的な蒸し器で蒸して参加者14名にふるまった。リーダーの母親の差入らしい。ありがたい。
 下山は大牧谷川にとった。ここも急な傾斜が続き、崖がありチャートの露頭の上をクライミングの要領で下る。油断のならないルートである。
かなり下ると登山道も土が出てきて安定してきた。傾斜も緩むと長い林道の終点である392mポイントであった。そこからは酒蔵のPまで地道を歩く。
 酒蔵では疲れた足を休めるためと称して、「飲む点滴」のヨーグルト入り甘酒を飲んだ。汗をかいた体には冷たくて美味しかった。店内の土産物コーナーでは新酒も売っていた。もうそんな時期になったのだ。店の人に杉玉は?と尋ねると今週中にも飾るとのことだった。

https://www.sawanotsuru.co.jp/.../knowledge/sugi-dama/

 外に出ると空中に白い浮遊物が飛んでいる。「雪虫」だ。冬の季語にもあるこれが飛ぶとしばらくで降雪があるという。そうかもう12月だ。東濃にも雪が来る兆しである。
 大展望がウリの山頂から冠雪した白山、御嶽山、中アなどは見れなかったが山里の冬の風物詩を見て満足した。

初の忘年会2022年11月29日

 同窓会の忘年会に参加した。名鉄仮名駅前のANAクラウンホテルの28階の宴会場で開催。久々のリアルな宴会が開催できたことにほっとする。料理はフランス料理風なものでした。出し物は日本一というマジックでした。参加者間の交流というよりは見世物を身に入った感じですがまあ良いか。

冬立つや玉山なるお茶を飲む 拙作2022年11月13日

 去る11月3日~11月6日の台湾夜市の最終日に行って来た。会場の久屋大通公園・エディオン久屋広場は若いエネルギーが溢れる感じがした。老人がふらふらするところじゃないな、とさっさと引き上げた。
 ドイツビールの催事は楽しめるが。
 なにか、来た証しにと物色した。烏龍茶の売店をのぞく。阿里山の銘柄があったので「玉山」は無いか、と尋ねたら奥から出して来た。台湾の最高峰だよ、と私。若い女のスタッフが「マニアックだ」とのたまう。買った。25gで1500円也。
 今淹れて飲んでみた。鼻に茶の香り、口に含む と豊かな茶の味は久しぶりだ。普段は水だしの麦茶を飲む。あるいはコンビニのペットボトルの冷茶に慣れて味覚は乱れてしまった。茶の味は本来は熱い湯で淹れて味わうものと思った。

脂のる秋刀魚食ひたし十一月 拙作2022年11月12日

 魚屋のスーパーで秋刀魚を物色したがもう終わったよ、という。ちょっと早いね、と言ったら、明日は入るかも知れないとは言ってくれた。
 そこでググってみたらあるHPからの転載
 「サンマは言うまでもなく秋を代表する魚だ。脂がのっていて美味しいのは北の海から三陸沖辺りまで南下してくる秋から晩秋にかけて。
 漁が始まって間がない夏のさんまは脂ののりが少なく、塩焼き向きではない。ちなみに、8月北海道根室沖で操業が開始される頃のさんまの脂肪は約10%、10~11月の終漁期となる三陸沖で20%くらいになり、産卵後は5%と激減しているそうだ。」
 まだ完全に漁が終わったわけでは無さそうだ。

文化の日2022年11月03日

 8月半ばから9月の絶不調を乗り越えて10月は無為の内に過ぎてしまった。そしてついに11月に入った。紅葉の山へ行きたいが中々心が向かわない。今日も無為に過ぎて読書に暮れた。

洋食を食う2022年10月25日

 仕事が終わってから丸の内駅から帰宅する道を歩いた。駅の手前にある洋食店の外だしのメニューを眺めるとどれもみな食欲をそそる。じっと眺めているうちにここで夕飯にすることにした。
 この店もコロナの間は閉鎖中が多かった気がする。だから2年ぶりくらいか。店内でもマスクや消毒といった煩わしい手続きはない。
 注文はヒレカツにした。1350円。少し上がった気がするが高すぎる値段でもない。ごはん、味噌汁、カツ3切れ、ポテトサラダ、トマトスライス2切れ、キャベツみじん切りが皿に盛られて出てきた。肉はやや硬め、味噌汁は赤だしで最高に旨い。ご飯も美味しく銘柄米だろう。
 というわけで閑散として店で食べ終わった頃にお客が1人、8時で閉店間際に1人が来たが断られた。やっぱりこれから再開していくんだろう。

かば焼き2022年10月23日

 午後遅くなってから丸の内に行くがかなりの交通量に引き返そうか、と思った。都心で何かイベントがあったのだろうか。ともかくも三の丸に着いたがやはりPは埋まって余地はない。事務所近くのコインPに行くと1台分開いていた。郵便物をチエックしたが目当てのものはなかった。月曜日以降か。
 事務所内の買い置きの本を読む。馬渕睦夫氏のウクライナ関係の内容だ。面白いので自宅に持ち帰った。産経新聞の気になる記事も再読したが初めて読んだ時よりも覚めた。ちょっと変わった角度から書くとおやっと思わせる。そういう狙いかとと思う。
 夕食は買い置きの鰻のかば焼きを温めて食べた。中国産だが泥抜きをしっかりしてあるので美味い。以前はひとくち噛むと泥臭い味がして安くても買えなかった。ずいぶん改善された。しかし、皮がぱりっとした焼き加減は温め直しのかば焼きでは無理。1100円の中国産にそこまでは要求できない。

御幸亭2022年10月20日

 久々に大須の御幸亭で昼食をとった。Bランチのみそかつ850円也。とんかつの衣が口の中でとろけるように軟らかい。午前の仕事を終えて思い付きで行くと15時前後になるのでいつも閉店後だった。今日は13時30分だったがほぼ満席である。入れ代わり立ち代わり来客がある。人気の店である。
 ネットで良く見ると平日は11時から14時30分のランチメニューで閉店だった。土日祝はディナーの17時30分から21時まで。水曜休み。覚えておこう。
 御幸亭まで歩いていたら何年か前に癌で73歳で亡くなったSさんの税理士事務所の入り口があった。Sさんとは山岳会で親しくしていた。ここの大須の赤ちょうちんで一杯やったこともある。
 デフレで関与先の支援が多忙を極めていたせいか頭髪が白くなっていた。故に役員も降りて顔を見なくなったと思っていたら訃報を知らされた。息子さんが公認会計士の試験に合格したと喜んでいたことがせめてもの救いである。当人は居ないのに事務所に入ってやあやあとあいさつしたい気持ちを抑えた。
 夜は山岳会ルームで編集会議。いよいよ詰めが迫る。

秋の雨2022年10月07日

 今日は雨か。丸の内の事務所へ行く。10/6の撮影した書類の整理とPCへのコピーである。15年前の遺産分割でも14人の相続人に書類を送付している。結果遺産分割協議証明書の文言の整理をすることにした。これで方針は決まった。
 帰路、うなぎ屋の看板が目に入った。いつもの通り道だが昨日の日帰り出張で少し疲労気味もあり食べることにした。Pは10台分ある。1台止っているだけ。店に入ると近所の家族連れが続々入ってきて賑わっていた。上うな丼2900円を注文。ちょっと待たされて食べた。美味しいものは体に良いんだろう。

今日(けふ)もまた薬のごとく秋刀魚食う 拙作2022年09月29日

今年はやや細身である
 9/17夜突然の下腹部に痛みに襲われた。連休明けの9/20に診察を受けると虚血性大腸炎との診断。大腸に何らかの理由で血流が止り粘膜が剥がれて血便や下痢を伴う病気である。
 以来心掛けて来たのはビタミンAとビタミンB群の豊富な食事であった。中でも出まわり始めた秋刀魚は粘膜に良いビタミンAが豊富というので毎日1尾夕飯に食べてきた。9/24には排便時の出血が止まり、9/27の再診では10/4に予定していた内視鏡検査もキャンセルということにしてもらった。
 山岳会の仲間に北海道出身者がいた。彼はスーパーに秋刀魚が出回ると毎日たくさん食べて脂肪を蓄え寒い冬に備えたと話してくれた。ビタミンAで粘膜を強化していたわけである。マトンもたくさん食べたらしい。
 ちょっと細身の秋刀魚ではあるが身を養うためにもせっせと食したい。さらに割高ではあるが羊肉も購入した。養うという字は羊は良いという構成になっている。栄養価が高いのであろう。