若狭・庄部谷山を歩く①2020年11月29日

粟柄越関所跡の碑
 朝4時30分起床、名古屋ICは5時30分、養老SAでトイレタイムの際に下着を1枚着こんだ。余りに寒い。若狭美浜ICは7時30分通過、R27を走り、新庄へ左折した。耳川に沿う県道213号はほぼ直線路である。沖積平野に広がる田には稲刈り後の切り株に青い穂が生え、ひつじ田と呼んでいる。これも枯れてしまう。
 新庄まで走るとまたちょっと谷間の村が広がる。野坂岳と庄部谷山の水を集めた横谷川が押し出した沖積平野である。村の中央を走る県道の中央には雪解け用の湧水装置が埋めてあり雪深い地区と分かる。増永廸男『福井の山150』は山スキーを履き、新庄の発電所の先から尾根に取り付いている。804mを経由して登頂している。スキーが使えるほどの雪が降るのである。
 新庄を過ぎると県道は狭隘な感じで寂しい。この先にまだ人の住む山里があるかしらんといつも電線と電話線を探している。あるあると行くと松屋に着いた。
 地名はこの村の生活史、自然史を語る。まったくの想像であるが一定の標高以下はおそらく薪炭林であっただろう。炭焼きの山だったのだ。炭焼きにちょうど良い太さで伐採する。後はまた生えるに任せる。落葉も薪や畑の肥料に持ち帰る。地味がやせてくると松を植える。松もまた有用な樹種である。
 松田、松井、松川、松本、松山、松岡、松尾、松坂などは松を利用した結果の地名であろう。松は腐りにくいから水に強いので田んぼを造成する際は焼いて、地中に打ち込み水平に土砂を均した。奥三河には焼松という三角点があり、山間の谷間に棚田を作る際に使われた。後年甫場整理で拡張すると古い焼松が出てくるという。
 松屋からは左折して舗装された林道を走る。384mへ直登する印はないかと探りながら走ったがない。粟柄越の関所跡という立派な石碑があり何となくそこをPにした。すぐ先に三差路があり、左折すると東尾根にをからむ林道の入り口であった。

鯖寿司を食う2020年11月23日

 11月22日は若狭駒ヶ岳に登山後、旧朽木村の中心だった高島市朽木市場に行った。朽木温泉に入湯するためだ。
 R367は若狭小浜から続くいわゆる鯖街道である。市場までは狭隘な山岳路が一気に広がる。南から流れてきた安曇川がここで東に直角に曲がる。しかも狭いので市場は氾濫河原となって土砂が堆積したであろう。水が引けば利用しやすい平地だから、人々は洪水を恐れながらも住み着いた。
 こんな山間部で信号待ち、渋滞とは。目指す温泉は蛇谷ヶ峰901、5m の北麓にあった。Pは満車。マスクを着け、検温されて入館。温泉は温まりゆったりした。
 入湯後、折角だからと道の駅の売店で鯖寿司を買った。鯖街道に来たからにはこれだ。栃餅も買ってしまった。またR367を戻った。R161の今津から木之本までは大渋滞になった。名神も渋滞なのでほとんど地道で帰名。
 一晩冷蔵庫には入れずに置いて、23日の遅い朝食と早めの昼食の時間帯に食べた。旨かった。鯖は余り厚みはないが、酸っぱさがなく、よくなれた感じ。すし飯が多くて大変だが醤油をつけると美味しい。下味に昆布をつかっているのだろうか。

にんにく入りカレーの効用2020年11月07日

 朝方は見えていた猿投山も午後過ぎの今は霧にかくれてしまった。天気予報通り雨になってきた。夕方になって強く降りそうな気配である。

 今日はストックの野菜と冷蔵庫の肉を使ってカレーにした。具材は鶏肉、人参中1本、ジャガイモは中1個、玉ねぎ中1個、ニンニク3片、カレールー2/1個。
①まず人参を油で炒める。ニンニクを刻んで香り付けする。
②刻んだ玉ねぎを①に追加する。
③鶏肉も適当に切って単独で炒める。塩コショウで下味をつける。
④別の鍋でジャガイモを煮ておく。
⑤ジャガイモが煮えたら②を入れて煮込む。
⑥⑤にカレールーを入れて溶いていく。
⑦隠し味に鮭の中骨の缶詰(塩味)を開けてカレーに入れた。
⑧トロトロになったら出来上がり。

 食べたらすぐに便意を催した。やっぱりニンニクのフルスルチアミン(VB1誘導体)がよく効いたのか。

美濃でフルセット・古城山周回・捜索協力・温泉・関市で鰻を食う2020年11月03日

 朝7時20分出発。名二環・植田から一宮へ、美濃JCTから関・広見まで高速。R418から登山口まで国道、地道で順調に着く。スマホのナビを使っても分かりにくい。明智光秀のドラマの影響で脚光を浴びたにしては案内が今一である。
 9時20分新設されたPを出発。山城研究のグループがたむろ、受付したり、今日は大勢が登るらしい。正規の登山道を行くとすぐ1人になった。登山道はよく整備されて歩きやすい。
 植生は植林である。その中に暖地性のシダ類が繁茂している。照葉樹林の艶々した緑の葉が美しい。落葉樹はなく、紅葉、黄葉は見られず。登ると30分で小休止。2ヶ月ぶりだから心肺も足も相当弱っている。
 尾根に出ると風があり涼しい。今日は木綿のシャツだが少し汗をかいたからひんやりする。高い山だと寒く感じるだろう。上から登山者の声が聞こえてくる。山頂は近いのだろう。登山口で110m、山頂で407mだから正味300mしかないから60分程度である。
 傾斜が立ってきたらまた尾根に出て二股に分かれた。馬場の地名があり、馬を馴らしたというが、馬場が山に多い。猿ヶ馬場山、川上岳の点名は兎番場(馬場)、山中山の旧称はオサンババと呼んでいたが、兎番場らしい。つまり山頂が馬の背のように丸く広いイメージである。こんな急峻な山で馬を馴らすなんて歴史の捏造です。
 そうこうするうちに頂上に着いた。最後はフィックスロープの助けで急な岩場の道をよじ登ると山頂直下のミニ広場に着いた。その先にミニのお城が建っている。またこんなものを。やりすぎである。
 城を経て登頂。三角点はあるが展望は限られる。少し休んで下山。はじかみ林道経由で下った。ここもずっと急でフィックスロープが張ってある。8/22も転落事故があり、カメラマンが落ちて背骨を骨折した事故があった。
 林道の登山口には多数の車が駐車。ここから30分なので登山をしない人はここから歩くのだろう。係りの人が何やらパンフを売っていた。その人に11/2報道された87歳の老人の行方不明事件を聞くとまだ見つからず今日も捜索中という。
 マイカーのPまでは徒歩で下ってもまだ12時前。途中で行方不明の現場へ行ってみる。パン1つをかじって昼食。現地では捜索隊を編成し、本格的なテントを張って本部を置いて範囲を検討中だった。私もボランティアを申し出て地元の人らと歩き出す。12時半。
 地形図で破線路のある一帯を調べていた。昔はここから登られたらしい。今は杉の植林だが、古い田んぼの跡がある。居宅もあったらしい。87歳の老人はこの山一帯で採れるまったけの権利を買ったとかいう。いわば精通者であった。それがどうしたものか。
 まったけは松の生える尾根に出るので適当に尾根を登った。確かに少ないが松が続く。しかし87歳の老人の足にはきつい気がする。それじゃどこへいったやら。別方向から捜索してきた人らと合流して藪の少ない斜面を下って元へ戻った。2時半になっていた。2時間の捜索であった。3時ちょうど本部まで戻り解散。息子さんらしい人が涙ながらに捜索へのお礼を述べられた。
 10/25に入山したが、行方不明となった。10/26から11/1に届けるまでは自力で捜したようだ。11/1に捜索願が出て警察が動き、今日で3日目で公的な捜索は終了した。後は親族とボランティアで捜すことになる。時間の経過でもう存命の望みはないが、ご遺体がないと相続もできない。
 解散後は、武芸川温泉に入浴。祝日は800円だった。その後まだ時間があるので関市のうなぎ屋に寄った。5時過ぎから営業するが、店は1卓を除いて満席だった。人気の店みたい。上丼を注文したが御飯が多かったから鰻が少なく感じた。久々に食ったから旨い。
 今日はフルセットで遊んでしまった。まあ偶には良い。

食材の在庫整理で調理2020年11月01日

 午後5時過ぎというのにもう夕方になる。調理は17時37分までかかったが、外は真っ暗になっている。日没早し。国立天文台のサイトにアクセスすると、それもそのはずで日の入りは16時57分、日の出は6時13分だった。これから1日につき1分日の出は遅くなり、日の入りは1分早まる。11月30日の日の出は6時41分、日の入りは16時41分とあった。冬至は12月21日であるが、それぞれ、6時57分、16時44分になる。日の入りは11月26日にいったん16時41分で落ち着く。12月1日から9日まで16時40分で安定し、その後12月18日から1分毎に長くなる。
 つまり11月中旬から12月中旬までは日の入りが早いので早めの下山が必要である。

 さて、以前に購入してあった冷蔵保存の食材を調理して惣菜を作り置きした。

1 親鳥の牛蒡と人参の甘辛炒め

 冷蔵中の①親鳥は細かく刻んで熱湯に通し、表面の油を洗っておく。人参1本、牛蒡を2本洗って細かく②ささがきにする。大き目のフライパンに菜種油を少し垂らして熱し、まず①を入れて油をなじませ、②を入れて箸でかき混ぜ、火を通す。砂糖大匙2杯、醤油しゃもじ2杯を掛けて炒める。牛蒡と親鳥の香ばしい匂いがしてくる。火が通ったら出来上がり。
 
2 親鳥と里芋、人参の煮物

 ホーロー鍋に水を適宜入れて、コンロに火を着ける。①の残りを入れる。②里芋と人参を食べやすい大きさに切って鍋に入れて沸騰させる。味付けは醤油と砂糖を適宜。里芋が柔らかくなったら出来上がり。

3 生イカの細切れパックで焼きそばを作る

愛知県産の新米ゆめまつりを買う2020年10月30日

 平針方面に来たついでに日進農協まで足を伸ばして新米、小松菜などを購入した。ゆめひかりは尾張地区の東方面で作付けされていると謳い文句にあった。事実上の愛知用水の産物だろうか。手元の在庫がなくなり次第新米を炊いて食べてみたい。

しじみ汁を食う2020年10月24日

 昨日、スーパーに行ったらあさりはなくて、しじみのパックが並んでいた。あれ、今時はしじみの旬だったかな。ググると、土用しじみ、寒しじみの2回ある。よく獲れて市場に出回るところを仕入れたのだろう。あさりもしじみも最近は高いが鮮度が短く、人が頼りの漁法なので高くならざるを得ないのだろう。パスしようと思ったがまた引き返してカゴに入れた。
 今朝は早速しじみ汁にした。やはり体が欲するものがあるのだろうか。しみわたるような旨さがある。

 栄養分をググると
「しじみのお味噌汁でこんな栄養素を摂取できます
しじみのお味噌汁を飲むことで、様々な栄養素を摂取することができますが、それはどのようなものがあるのでしょうか?まずしじみに含まれている栄養素から見ていきましょう。

・オルニチン
体内にも存在する非必須アミノ酸の一種で、肝臓の働きを助け疲労回復効果も期待できます。

・タウリン
含硫アミノ酸の一種で、肝機能を高める効果や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

・ビタミンB12
貧血を予防する効果や、神経の機能を正常に保つ効果が期待できます。

・カルシウム
歯や骨をつくり、骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。

・鉄分
貧血を予防する効果や疲労回復効果が期待できます。

・亜鉛
新陳代謝や成長を促す効果が期待でき、二日酔いを防ぐ効果も期待できます。

しじみはサイズの小さな貝ですが、含まれている栄養素は他の貝にくらべて非常に多いのが特徴です。生きていく上で必要な栄養素がたっぷり含まれているので、積極的に食べたい食材だといえるでしょう。

しじみのお味噌汁は汁だけ飲んで身は残してしまう人もいますが、身にも栄養がギュッと詰まっていますから、ちょっと手間にはなりますがちゃんと食べることをおすすめします。

お味噌汁にして栄養素をより効率よく摂取

しじみだけでも体に良い栄養素がたっぷりと含まれていますが、お味噌汁にすることでさらに効率よく栄養を取り入れることができます。

しじみに含まれているオルニチンやタウリンは水溶性、調理することで流れ出てしまいやすいです。お味噌汁ならしじみから染み出たオルニチンやタウリンも、しっかりと取り入れることができます。お味噌自体にもアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますから、しじみのお味噌汁をいただくことは美味しいだけでなく、健康な体へと導く効果も期待できそうですね。

また、しじみのうまみ成分であるコハク酸は甘味を持つアミノ酸ですが、コレステロールを抑える働きもあるといわれています。コハク酸によるしじみのうまみたっぷりのお味噌汁、美味しくいただけて健康への効果もあるなんて、これは汁の一滴も残さないで飲み干したいですね!」

 他のWEBサイトで「亜鉛」だけに注目して検索すると

「免疫力の向上
亜鉛が十分にあると風邪や感染症にかかりにくくなります。
粘膜を保護するビタミンAを体の中にとどめる効果があり、のどの痛みや鼻水・鼻づまりなどの症状を緩和してくれます。病気を引き起こす細菌を攻撃する白血球にも亜鉛が含まれているので、傷や病気の早期回復にも亜鉛は必要とされています。」

「生殖機能の改善
男性の前立腺・精子に亜鉛は多く存在します。精子の形成には必ず必要とされ、生殖機能の改善に役立ちます。」

など気になる成分が含まれています。これからの季節、そして、ウイズコロナの時代は体内から強化する必要があります。


 そういえば、昨年のGWに青森県を走り回ったが、津軽半島の一角にしじみラーメンという特産があった。しじみラーメンだけは美味しくいただいた。十三湖産ヤマトシジミというそうだ。色んな特産品を売っていた。当時はそんなに関心は持たなかったのでパスした。どこでも買えるし。青森県はコロナ感染者数は10/23現在で150名でした。死亡者は1名でした。人口は124.9万人、青森市は28.76万人。愛知県の17%弱ですから人口密度も少ない。とはいえ、豊富なシジミを食べて感染症から守られているんだろうな。

久々に牛すじカレーをつくる2020年10月22日

 買い置きしてあった国産牛の牛すじでカレーを作ってみた。普段通りの手順でじゃがいもやニンジンを煮たり、フライパンで、ニンニク、タマネギ、細かく切った具を炒める。色が変わったら鍋に入れて煮込む。ルーを入れてしばらくかき混ぜる。煮込んだら出来上がり。コクがあってうまい。
 御飯も久々に陶製なべで炊いてみた。米3合を研ぐ。肉厚の陶器なので弱火で炊飯スタート。時間を見て中火にする。重たい蓋の隙間から蒸気が噴出してくる。蒸気を手で鼻に寄せてみると少しおこげの匂いがする。ちょっと覗いてみると炊き上がっている。ガスを止める。しばらく置いてしゃもじでかき混ぜると底にきれいなおこげが出来ていた。香ばしい匂いがする。本来の炊飯の味である。

朝から日持ちのする料理づくり2020年09月27日

 朝から秋のやや強めの日差しが舞い込んできた。いつまでも寝ていないでさあ、宿題を片付けよと言わんばかりだ。さっそく起きて、何日か前の食材を調理する。小松菜と揚げ豆腐の煮物、牛蒡の短冊切りと親鳥の炒め煮など。カレーの煮返し、赤魚の煮返しなどで日持ちを保つ。その際少し酒を振っておくとなお良い。酒はなぜか防腐剤になっている。たぶんアルコール分が細菌を寄せ付けないのだろう。料理と同時進行で洗濯と炊飯も進める。
 新装開店のスーパー「ららぽーと東郷」に行きたいが、自転車でポタリングするつもりがステイホーム中でも5月は乗っていたのに6月以降は乗らなくなった。3ヶ月ほったらかしで且つ猛暑でタイヤかチューブが逝かれたみたいだ。ららぽーとには自転車屋があるのでタイヤ+チューブなど修理用のグッズがあれば買うことにしよう。

昼食はラーメンを食う2020年09月25日

 台風の余波か、雨がざーっと降っている。半袖ではちょっと肌寒い。肌寒で一句できそうだ。
 昼をだいぶ過ぎてから、栄の住商ビル地下Fにあるラーメンやに出かけた。豚骨スープだがあっさり、味も強く、麺に負けない。麺を湯がいて、湯切りをしっかりしてあるからだろう。
 食べ終わると満足感がある。レジで勘定を済ませると思わず、温かいラーメンが美味しいと感じる気温ですね、とつぶやくと女の店員さんが笑っていた。