令和2年度蓬左文庫講演会「名古屋城下町の町名のうつりかわり」を聞く2020年11月27日

日時:令和2年11月26日(木曜日)午後1時30分から3時

会場:徳川園ガーデンホール

講師:種田祐司氏(名古屋城調査研究センター 名古屋城調査研究員)

 この講演会で、江戸時代から明治維新までの名古屋城下町に、タイムスリップしてみる
のはいかがでしょうか!           主催:名古屋市蓬左文庫

 江戸時代初め、名古屋の城下町がつくられました。なんと、清須から町名ごと町人が引っ越してきたのです。その後、城下町は四方に拡大し、新しい町名が次々と誕生していきました。とりわけ、明治維新で町の名称や制度も大きく変わりました。今回は「名古屋城下町の町名のうつりかわり」をご案内します。あわせて、町人の暮らしにも触れていきます。

・・・というテーマで種田氏の話を拝聴しました。徳川園は27歳で名古屋に来て入園は初めて?と思う。しかし、40歳で短歌と俳句をやり始めた際、短歌会「武都紀」の創始者の浅野利郷の歌碑があるというので見に行った記憶が微かにある。見るためには入園する必要があるので40歳代に来たということになろうか。
 開演までに寸暇があったので庭園を少し散策。つわぶきの花、四季桜?も咲いていた。その後会場入り。検温、マスク着用チエック、スマホで入場証提示して着席。密にならない配慮がなされ少な目の入場者数であった。
 開演は女性の蓬左文庫長から告げられて、コロナ禍の第三波到来の恐れで一時開催を危うんだとあいさつされた。講師の種田氏は元市職員で、街づくり行政の専門家だったのだろう。清須越以来の市域、町名の変遷を説かれた。地名の保存にはこだわりはないといわれたのは意外だった。一人保存を叫んでも維持されるわけではなく、そこに住む人の愛着が必要という。ごもっともなことである。
 個人的には名古屋市は旧称は尾張国でありながら三河国との合併で愛知県と命名された。これは鮎千潟に由来するとのこと。名古屋市南部にあった干潟で万葉集に謳われた。
 しかしそれでも市名は愛知市とはならず、名古屋市になり、県名も名古屋県ともならなかった。名古屋城があるせいか、名古屋人にはとても愛着が強い。以前は弁護士会も一般的には県名を付けるが、名古屋弁護士会を名乗っていたほどである。ちょっと名古屋弁護士会でググると愛知県弁護士会がヒットする。
沿革
1893(明治26)年 - 弁護士法が制定され、名古屋弁護士会が設立される。
1977(昭和52)年 - 元会長・本山亨が最高裁判所裁判官に任命される。
2005(平成17)年 - 愛知県弁護士会に改称。
 とまだ最近のことである。事程左様に名古屋への愛着が強い土地柄である。
 日本で一番最後になった帝大の名古屋帝国大学は昭和14年の設立だが、やはり県名を名乗らず、名古屋になったのも当然のことだろう。他県では青森県の国立大学は弘前大学で、青森大学は私立だ。
 今日の話の本質は住民の地域への愛着が地名を末永く定着させることであろう。
 私も尾張藩御用達の名古屋商人の末裔という伊藤孝一(日本で初めて冬の黒部源流の山々を映画に収めた人)の評伝を書くために調べた。尾張商人では22万件余り、名古屋商人では180万件がヒット。林董一氏の名古屋商人史にも名前があり架空の人物ではないと知った次第。名古屋城への愛着が名古屋の地名を不動のものにしている。但し細目に至っては変遷著しいものがあるなと感じた話でした。

”小酒井不木 この男がいなかったら江戸川乱歩はなかったかもしれない展”に行く2020年11月11日

 愛知県庁の仕事が担当者の休みで時間が空いた。それで名古屋市市政資料館へ出向いた。11/1から11/15まで開催中の「小酒井不木 この男がいなかったら江戸川乱歩はなかったかもしれない展」に行ってみた。
 何でこんな無名の人を知ったのか、自分のブログを検索してみたがヒットしない。何年か前には、御器所の小酒井不木の旧宅跡の前を通り過ぎたことがある。それだけなら偶然であるが、蟹江町の小酒井不木資料室まで足を伸ばしている。
 俳句だろうか。小酒井は中日新聞に掲載される「ねんげ句会」の発起人だった。それで調べて見たのだろうか。もう記憶がない。
人の検索で関連付けると

 小酒井不木、横溝正史、江戸川乱歩ではヒットしなかった。森下雨村だと以下。

 茶の花を心に灯し帰郷せり 村越化石
http://koyaban.asablo.jp/blog/2017/03/31/8436380

 映画「小島の春」鑑賞
http://koyaban.asablo.jp/blog/2007/08/16/1729307

 蟹江町のHPには「小酒井不木は、医学博士という科学的な知識を生かし、探偵小説の草分け的な存在といえる人です。江戸川乱歩をはじめ、探偵小説(後の推理小説・ミステリー小説)で活躍する後輩を育成しました。また、俳句にも情熱を注いだ彼は「ねんげ句会」の発起人でもあります。
そこで、魅力ある人物 小酒井不木の一生を紹介します。」と紹介されるが、蟹江町に関連付けてもヒットしない。

 新たな情報は蟹江町にある鹿嶋神社の句碑か。

 いつとんで来たか机に黄の一葉   小酒井不木

文学苑
鹿嶋神社の境内南側には、蟹江の風景を読んだ26基の句碑が並ぶ「文学苑」がある。蟹江町出身の建築家である黒川巳喜は小酒井不木が創立した「ねんげ句会」の同人でもあり、1968年(昭和43年)から18年間をかけて、私財を投じて故郷に「文学苑」を建設した。

 市会議員の横井利明氏のブログにもアップ
http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/2490508.html

老いの身で行方の知れぬ茸採り 拙作2020年11月04日

 昨日11/3は10/25に勝手知ったる山の松茸採りに行ったまま帰らざる人の捜索に協力した。山城の廃墟、奥山田も廃田となり杉が植えられた。小さな山なのですぐに発見されるだろうとの楽観は打ち消された。
 この山に精通しているはずなのだが山は広く深く、人の知らない部分はあるということだ。家族を残して忽然と消えた老人の足跡は分かっているのにつかめなかった。昔から獲物を追う猟師山を見ず、という。知っているようで知らないのが精通者というものである。
 父不見山という山名がある。由来は
http://www7a.biglobe.ne.jp/~n-baba/s-tetemiezuyama.html
にある。
「それにしても不思議な山名である。父不見と書いて「ててみず」「ててみえじ(ず)」「ててめーじ」等呼ぶ。この山にはいくつかの伝説がある。何れも、「父が見えない」と云う山名に由来する物語である。
 
  (1)昔、中平の寺僧が子供を捨てて逃げ、後を追った子供がこの山
    で父を見失った。(埼玉大百科事典    埼玉新聞社)
  (2)神流川を挟んで北側の桐ノ城にすむ武将の妻子が、戦いに出か
    けた父をいつ帰るのかと眺めていた方向にあった山である。 
              (群馬県百科事典 上毛新聞社)
  (3)平将門が戦死し、その子がまだ見ぬ父を慕って嘆いたと云う伝
    説による。(角川日本地名大辞典)」
 昔から猟師、茸採り、鉱山師など山に入った人は多かったから下山できない人も多かったであろう。マタギ、木地師、木こりなどは短期間でも場所を定めるから余程のことがないと帰れないことはなさそうだ。

会議にでる2020年10月29日

昨夜は山岳会の会合に久々に出席した。やはり、生の会話は良いものである。話のやり取りに間断なく対応できるからだ。メールとかだとタイムラグがあるので途切れ易い。先輩に誘われてその後で一杯やった。これもコミュニケーションに欠かせない。
本日は句会だったが、昨夜の飲み会で大して飲んでもいないのに酔いが残ってしまったようだ。15時からの句会を失念してしまった。電話があり、すぐ駆けつけた。こっちは1ヶ月に一回のペースで続いて来た。昨夜は酔いで何の準備もしていないから手ぶらになった。どこかで挽回がいる。コロナ禍から少しずつ回復しています。またみんなで揃って俳句談義を楽しむ時期が来る。

冬支度へ2020年10月18日

 窓から眺める猿投山には中腹に白雲がたなびく。ちょっとの観察でも雲が移動してゆく。浅野利郷の短歌が浮かぶ。

 移りつつ静かに色を変へてゆく豊旗雲の空のたなびき

 白山、立山に雪が降ったらしい。山は冬支度に入った。山麓では熊の出没の情報が絶えない。餌になるドングリの不足で寒さと飢えに耐え切れずに襲うのだろう。何をしていても襲ってくるのだから山村住民は恐怖であろう。
 10/11、白山の楽々新道へトレランに出発した50代のランナーが登山口から2kmの登山道の崖から滑落死した。警察の捜索は14日で打ち切られ、17日からプロや有志の捜索隊が入った。家族はヤマップやヤマレコで捜索協力や情報を募る発信をしていた。その中で出発時にすれ違った京都の登山者がまた引き返して崖下に遺体を発見した。死亡が確認されるか行方不明のままかでは大きな違いが出る。
 亡くなられた登山者にはご冥福をお祈りします。
 
 今朝はさわやかというよりは小寒い。気温は23℃台にまで下がってきた。すでに毛布を1枚出してある。掛け布団も掛けるようになった。お昼になればさわやかな気温になるだろう。朝でも27℃以上あった夏とは違い快適になった。
 すると気持ちが積極的になり、まずはベランダに設置してある日除けの葦簀を外した。視界が広がる。次は4畳半の寝室を衣替えするために布団を干した。夏の間は物置だった6畳間を整理して、4畳半の部屋に移動。干した布団を6畳間に並べた。山積する本を整理すると何とかスペースを確保できた。
 これで急に寒くなっても風邪を引かずに済む。4畳半の部屋は2面がガラス戸なので寒暖の差が激しく、秋から冬は未明ごろに急速に冷え込む。要は自然な保温である。6畳間は4面壁と襖なので気温変化は緩やかである。この理屈が分からずに長い間、秋の中旬になると風邪を引き始めて、寒さに弱いなと感じていたのである。
 後は機会を見て灯油を買い置きするのみか。昨年は空咳を予防するために晩秋からビタミンCの摂取を始めた。これが功を奏して空咳がほぼ止まった。今年の冬からのチャイナウイルスに耐えられた。他人の前で咳をしないことはエチケットであるが今年は特に強調されて、公共の場では今でもマスク着用が半ば強制である。
 勢いで古新聞、古紙、段ボール箱の処分、古着の処分も行った。思えば4月以降は時間が止まらないまでも日常的なルーチンワークも緩慢になったような気がする。動かさなければ溜まる。体内も同じ。運動不足や栄養の偏りから血液の循環が緩慢になり細胞が異常になる。
 今年は世界も日本も自分も半分死んだような緩慢な動きになったのである。社会の上下関係も崩れて乱世になってきた。

浅間嶺の空の蒼さよ今朝の秋 山元 誠2020年10月14日

句集『春星』からP228
・・・群青色の空を蒼天という。立秋の日の朝、浅間山の巨体が蒼天に突き出している。浅間三筋の煙を吐きながら活火山のすごさを見せる。足元を見ると立木はなく、草も生えず、荒涼とした溶岩地帯が広がっている。

秋冷の岳揃い立つ甲斐信濃 山元 誠2020年10月13日

句集『春星』よりP187
・・・さてどこからの山岳同定であろう。もちろん上信国境の山の一角に立ってのことに違いない。
 例えば浅間山は北が上州(群馬県)で南と西が信州(長野県)だから間近に高峰を仰ぐことができる。群馬県といえば、最高峰が日光白根山の2578mだから浅間山とは10m違いでほぼ互角である。群を抜いて高い山はない。
 一方で浅間山のすぐ南には赤岳2899mが聳える。揃い立つという表現だから八ヶ岳連峰の眺めは壮観であろう。直線距離にして約90km西には槍ヶ岳も見えるだろう。北アルプスの眺めも峰々が雪で白くなれば鋸の歯に見えてくる。日本でここでしか見られない山岳風景である。
 作者の目はいつしかふるさとの立山の姿を追っていることだろう。三角錐が剣岳、端正な山容は立山か。実家を継いだものの先立たれた弟への思いも募るだろう。今は亡き父母と弟、句に秘められた郷愁と山恋の重なる想いを読み取りたい。

くっきりと浅間の煙今朝の秋 山元 誠2020年10月12日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。2017年

 つい最近木曽の御嶽山を間近に眺めたがもう噴煙は収まっていた。しかし、浅間山の噴煙は絶えることがない。だから江戸時代に中山道が開通し、馬子が職業として成立すると「小諸馬子唄」が民謡として唄われた。その一番を引く。
♪小諸出て見りゃ 浅間の山に
今朝も三筋の 煙立つ♪
 掲句は「小諸馬子唄」を俳句にしたような気がした。
 ちなみに前田普羅の句集「春寒浅間山」をみた。普羅の俳句にも浅間山の煙が詠まれていた。 
  春星や女性浅間は夜も寝ねず 
  春星を静かにつつむ噴煙か 
  つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 
・・・浅間山のやわらかな山容に女性を見たという句意。普羅はごつごつした険しい山よりも女性的な山容の山が好きだった。
 長谷川伸の戯曲「沓掛時次郎」。義理と人情の股旅ものと呼んだ。「沓掛小唄」の作詞も手掛けた。♪浅間三筋の煙の下で♪と唄う。これを土台に演歌にもオマージュが産まれた。橋幸夫が「沓掛時次郎」で同じフレーズを唄う。沓掛は中軽井沢となって消滅したが浅間山の煙は永遠だろう。


小諸馬子唄
https://www.youtube.com/watch?v=8ZdplEEr6Mc

大衆に親しまれた沓掛小唄
村田英雄の沓掛小唄
https://www.youtube.com/watch?v=JBxXCjuQkmY

橋幸夫の「沓掛時次郎」
https://www.youtube.com/watch?v=JV98WVbzPYg

 これ以降もバリエーションはありますが、島津亜矢の「沓掛時次郎」には浅間は辛うじてあるが、最近の福田こうへい「あれが沓掛時次郎」には浅間三筋の言葉は継承されませんでした。後になると人間同士の絡みが残されるのみ。やっぱりあの噴煙をあげる浅間山の風景のイメージで歌わないと。
 日本の文学と芸能の融合が文芸を産んだ。俳句はその最たるもの。芸能は伝統的な民謡や文学をちょいと切り取って分かりやすく腑分けする。民謡から歌謡曲へ、そして演歌へと受け継がれた。いくら演歌であっても写実的な歌詞は必要です。そこに行かないと得られない風景描写が人心を引き付けるのです。風景と物語が日本文芸の核心です。
あっ、句集名の「春星」は普羅句集『春寒浅間山』の句に見る春星の句へのオマージュかも知れませんね。

普羅の徒を迎へ花咲く父祖の山 山元 誠2020年10月11日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。

 平成二十二年四月十七日十八日の『辛夷』一千号記念大会は有意義な大会であり、特別な二日間であった。掲句は二日目の立山山麓での吟行で得られた。好天のもとで数十名が山野に散ってコブシや桜の花を、雪解け水がほとばしる谷を、それぞれが詠んだ。中でも出色の一句と思う。
 作者は立山山麓の産である。記念大会に馳せ参じた十七日には「春光や山河溢るるバスの窓」と詠んでふるさとの山河への挨拶をかわした。そして春風に乗ってきたかのごとく続々と会場に集結した『辛夷』の会員たちを作者は特別な思いで眺めた。
 それが「普羅の徒」という表現に結びついたであろう。普羅の声に接した人はもうきわめて少ないはずである。本来は鳴風先生のような直弟子を指すことばのはずである。左様、今日は一千号到達を祝う特別な意味があるのだ。すべての参加者への賛辞である。
 立山山麓は作者の生家があり、普羅は度々訪ねて吟行をしたという。辛夷一家なのである。『辛夷』一千号を寿ぐかのように桜も咲いてこんなにも沢山の普羅の徒を迎えましたよ、と父母に報告する作者である。

恵贈 山元誠句集『春星』(言叢社)2020年10月10日

 台風が反れてくれたおかげで午後から雨が止んだ。部屋に閉じこもっているばかりではいけないので買い物に出かけた。まずはホームセンターでロッカータンスのパイプの支持金具を探した。10月にもなると気温も20℃前後になり肌寒い。それで長袖の服を出そうとロッカーを開いたらパイプの支持具が壊れて衣服が落ちていた。支持具はパイプ受けまたはソケットというらしい。それがプラスチックだったので経年変化と重さでちぎれていた。
 アマゾンにもあるが実物を持って行って直径をノギスを借りて計測してから買った。もう1本ステンレスのセットを購入。これまではフックに掛けていたが多いので1m幅のパイプを付けて洋服などを架けることにした。二つともネジを巻くだけで一汗かいた。
 さて、出かける際にポストボックスに投函されていた書籍小包は近くの喫茶店「コメダ」で開封した。すると立派な句集が出て来た。著者は山元誠氏で、出身は富山市、今は前橋市在住の俳人である。辛夷社所属。これは第二句集になる。立山山麓に生まれて雪の中で育った人だから山岳俳句が多い。近年では海外詠もある。何しろ、実家では父親が前田普羅と交わっていたのである。純粋の辛夷人と言っても良い。明日から徒然に一日一句を鑑賞していきたい。

 以前に書いた「辛夷」に連載のコラム「好句考」の鑑賞文を思い出したので再掲しておこう。

   遥かなるマカルー・ローツェ初日射す    山元 誠

 特別作品「カンチェンジュンガ」の群作の一句。作者はこの年末年始をインドのダージリンに旅した。ネパールとブータンの間に位置する北インドの町である。時々飲むダージリンティーの香りがするような異国情緒を満喫させた作品群であった。
 深田久弥『ヒマラヤ登攀史』によると、カンチェンジュンガが古くから有名になったのは人間の住む所から一番近くに聳えていたからという。直線距離にして50kmほどというから呉羽山から立山間にほぼ等しい。
 インドの暑熱に倦んだ人達は保養にやってきて、未明のタイガー・ヒルに登り、空高くバラ色に輝く荘厳なカンチェンジュンガの威容に接する、という。2590mから神々の座を仰ぐように眺める。まして初日出であるから作者の感動たるや筆舌に尽くし難い体験であった。
 掲句には筆者の所属する日本山岳会東海支部に縁のある山々が詠まれている。70年にマカルー東南稜から初登攀。06年に田辺治らがローツェ南壁の冬季初登攀を果たす。田辺はヒマラヤに通う理由をただ美しいから、と答え、今はダウラギリの雪の中に眠る。山は訳もなく美しいのだ。  2016.5.3 2016年5月号「辛夷」から