春の鳶 寄りわかれては 高みつつ 飯田龍太2021年03月06日

 鳶が二羽、春の空に舞う。寄り合ったかと見ると、たちまち別れ、次第に空の高みへと、せり上がってゆく。まるで何かに押しあげられるように上昇気流に乗って。春を迎えて求愛の飛翔だろうか。
 この句の中七以下を細かく区切ってみると、「寄り」「わかれては」「高み」「つつ」のようになるが、いずれも鳶の刻々の動きを言葉で具象化してゆく表現。作者がいかに対象の動きを細かく文節化する才能に恵まれているかが判る。
 そして、その細分化された対象の動きを一気に力強い詠み方で合体させるとき、句全体はきびきびした律動を与えられる。昭和28年刊『百戸の谿』所収。

飯田龍太は2007年二月下旬に亡くなった。飯田龍太は飯田蛇笏の4男として誕生。「雲母」主宰を勤めるが、もう十数年も前に自分の結社も解散した。潔いと言えよう。日本芸術院会員。
以上
ブログhttp://poetsohya.blog81.fc2.com/blog-entry-1207.html?sp
から転載。
・・・まるで動画を見ているようなゆるやかな動きのある俳句でした。

いきいきと 三月生る 雲の奥 飯田龍太2021年03月04日

 確か、朝日新聞の大岡信のコラムで知った記憶がある。一読して大らかな把握、伸び伸びした表現に感心したものだった。
 未だコロナ禍は終息はせず、警戒しながらも生活する。ただしワクチンの国民的投与が始まる。今は準備中である。国民の多数が接種すれば沈下していくだろう。特に不特定多数の人に接する仕事の人は必須である。
 コロナ禍が終息の目途がついたら山に行くもよし。旅にも出かけたい。旅先で雲の動きを眺めて解放感に浸るが良い。

草の戸も住替る代ぞひなの家 芭蕉2021年03月03日

芭蕉データベースから
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/basho/okunohosomichi/okuno011.htm

 月日は百代の過客*にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ*馬の口とらえて老をむかふる物*は、日々旅にして 、旅を栖とす。古人*も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の 思ひやまず、海浜にさすらへ*、去年の秋江上の破屋*に蜘の古巣をはらひて、や ゝ年も暮、春立る霞の空に、白川の関こえんと、そヾろ神*の物につきて心をくるはせ、道祖神*のまねきにあひて取もの手につかず、もゝ引の破をつヾり、笠の緒付かえて、三里*に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて*、住る方は人に譲り、杉風が別墅*に移るに、

 「雛の家」という ように芭蕉が立ち退いた後の芭蕉庵は、女の子のいる家族が移り住んだようだ。この譲受人は兵右衛門という妻子持ちであった。『一葉集』には、「・・・。日比住みける庵を相知れる人に譲りて出でぬ。この人なむ、妻を具し、娘・孫など持てるひとなりければ」と詞書が付けられている。 どうも兵右衛門夫婦は若い人達ではなかったらしい。
 なお、この句は、
草の戸も住み替る世や雛の家
(真蹟短冊)
ともある。こちらが初案であろう。 「世」から「代」へ変更は「世帯」から「時代」への時代の変化を意味しているのであろう。「や」と「ぞ」で句勢がまったく異なってくる。

・・・・春ともなれば旅に出たくなる。旅に出るために住んでいる家も処分した。かつての草庵には女の子がいる親子が住んでいる。今日はひな祭りの日だ。

天皇誕生日2021年02月23日

天皇陛下の御誕生日を心より御祝ひ申し上げ、皇室の弥栄を御祈念致します。


NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881411000.html
天皇陛下 61歳の誕生日


仲冬

在位中の天皇(今上天皇)の誕生日を祝う日。国民の祝日として、学校、会社などは休みとなる。今上天皇の誕生日は二月二十三日。この日皇居では一般参賀が行われ、天皇一家がバルコニーに立ち、国民の祝福に応える。

コレラの家を出し人こちへ来りけり 高浜虚子2021年02月13日

 (虚子五句集P43。「五百句」大正3年作)
・・・句意は明瞭。コレラに罹患した家から人が出てきてこっちへ向かって来る、自分も菌を移されないように気を付けよう、というのである。季語はコレラで夏の俳句)

 こんな俳句を思い浮かべたのは、数日前に、実弟の夫婦がコロナウイルスに罹患して入院中と知人を通じて聞いたからだ。
 本人から今電話があり、掛かりつけの病院に入院して一時の重い症状は脱したとのことだった。今はアビガンを注射されて回復の途上にあるとのことでほっとした。
 その話の中に、一足先に退院した妻が帰った際に、他の人との接触で、弟の妻にウイルスが移らないか心配だ、ということをまず話すという。本来なら、どうですか、退院できて良かったね、とお見舞いの一言を声掛けして欲しいのに忌避される態度に出られたことに憤慨していたのである。
 大正時代のコレラ流行でも人々はコレラの家から出て来た人と話をすると感染するんではないか、と疑心暗鬼になり、表記のような俳句が生まれたのである。時代は変わっても人心は変わらないのだと思う。

物言えば唇寒し秋の風 松尾芭蕉2021年02月11日

 今は春だが社会ではとんでもない椿事が起きた。以下にアップした言葉が切り取られて女性蔑視というのである。言霊を信じてよく考えないとトラブルになる。
 
 句意ははっきりしている。コトバンクから

 「芭蕉の句で、貞享年間(一六八四‐八八)に成ったといわれる「座右の銘」、「人の短をいふ事なかれ 己が長をとく事なかれ」のあとに添えられているもの。人の短所を言った後には、なんとなくさびしい気持がする。転じて、なまじよけいなことを言えば、そのためにわざわいを招くということ。口は禍の門。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四「もの言(イヘ)ば唇さむし秋の風だ。何でも口数が多いと襤褸が出るから」

森会長の問題とされる発言は
 「これはテレビがあるからやりにくいんだが。女性理事を選ぶというのは、日本は文科省がうるさくいうんですよね。

 だけど、女性がたくさん入っている理事会は、理事会の会議は時間がかかります。これは、ラグビー協会、今までの倍時間がかかる。女性がなんと10人くらいいるのか? 5人いるのか? 女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手をあげていうと、自分もいわなきゃいけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです。

 あまり言うと新聞に漏れると大変だな。また悪口を言ったと言われる。女性を増やしていく場合は、「発言の時間をある程度、規制を促しておかないと、なかなか終わらないので困る」と言っておられた。誰が言ったかは言わないけど。そんなこともあります。

 私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ? 7人くらいか。7人くらいおりますが、みんなわきまえておられて。みんな競技団体からのご出身であり、国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですから、お話もシュッとして、的を射た、そういう我々は非常に役立っておりますが。次は女性を選ぼうと、そういうわけであります。」

というわけで、マスコミに切り取られて大騒ぎになり、辞任に追い込まれてしまった。正に口は禍の元。否コロナウイルスも口から唾を飛ばして感染してます。

群馬県嬬恋村スキー行珍道中( 山梨県立文学館へ行く)③2021年01月31日

 スキー宿を出て、R144へ右折。鳥居峠を越えると上田市に戻った。往路と同じ県道で大屋へ戻る。R152へとナビに従う。どこへ行くのかと地図を見ると白樺湖を越える。茅野へ出る道だった。先般降った雪は除雪されていて乾燥路に近く難なく越えられた。茅野からは八ヶ岳の山麓を走り甲府へ向かう。富士川に沿う谷底のR20へ下ると快適な甲州街道である。
 甲府へはナビの計算通り12時半くらいになった。宿から140km、3時間半のドライブになった。結構なロングドライブである。山梨県立文学館で飯田龍太生誕100年のイベントを見学した。1996年には普羅の関係するイベントもあった。そのパンフの在庫はなく、資料室で閲覧した。蛇笏、龍太の俳句展は過去にもあったようだ。
 文学館をでるとナビを設定せずに走ったらいつの間にか富士川右岸へ渡ってしまった。右往左往して結局右岸の県道を走って甲府盆地が狭くなる辺りでR20と合流した。後は茅野までのんびりドライブする。茅野、諏訪からは有賀峠を越えて伊北へ迂回した。伊北からは権兵衛トンネルを抜けて木曽へ走った。中津川市で中央道に入り帰名。700kmを越えるドライブになった。

父母の亡き裏口開いて枯木山 龍太2021年01月28日

この句も人口に膾炙している。裏口が開いて、なんとは無しに両親がそこにいるような気がする。「山慮」は枯木山につながっている。
https://densho-sha.co.jp/furubi/shop/sanro#top

白梅のあと紅梅の深空あり 龍太2021年01月27日

印象明瞭な句。河東碧梧桐の”赤い椿白い椿と落ちにけり”を思った。龍太のオリジナルに違いないが、碧梧桐の句は龍太の脳裏の底に刻み込まれている。2月になってからの季題だが、今は温暖化で既に咲き始めている。

枯れ果てて誰か火を焚く子の墓域 龍太2021年01月26日

 何でこんな句が生まれたのか。検索すると父蛇笏と同じく、逆縁の悲しみを抱いてきた人だった。

「 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや

 昭和二十六年の作であるから、長女公子・八歳、次女純子は前年に出生している。したがって、この句は次女を対象としている。八歳の子では重すぎるであろうし、梅雨の重みとしては適当ではない。じめじめした長雨の大気の重さを、抱いた子の重みと感じた表現に、新しい俳句の方向がみえ新鮮である。しかも、「いふべしや」ときっぱり言ったことで、作品に重厚さがにじむ。長女、次女とも今は亡く、蛇笏同様に逆縁の憂き目をみる。」とあるごとくである。

 今日では個人情報の極みではあるが、
https://plaza.rakuten.co.jp/kamomeza/diary/201209080000/
「(補足)2016年11月26日
多くの年譜でもあえて触れられていないが、龍太の妻は、兄総一郎の妻であった俊子(1924-2008)である。いわゆる逆縁婚(レビラト婚)であった。これが、戦争がもたらした厳しい現実である。俊子は総一郎の間に公子を儲け、龍太との間に純子、秀實、由美子を儲けている。」

・・・龍太は兄の戦死により、兄総一郎の妻俊子と子の公子を家族にしたのである。子にした公子も先に死んでしまった。こんな深い真相を知ってしまうと表題の俳句もいっそう悲しみを帯びる。

 結局、人間を読め、と偉そうに主張した一派が勢力を増した時期があった。そんなことは幸せな人たちであろう。悲しみを背負って生きる人は自然に心を寄せるのである。
 山岳俳句の前田普羅、また現代俳句の岡田某にしても弟が自殺するという悲しみを背負うから山岳美に没頭することでしか心の安寧が得られないのである。こうしてみると前田普羅と飯田蛇笏が意気投合したのも似通った境遇と山に寄せることで人格を陶冶していったのであろう。人生の不安定さに比べれば山は不動の位置にいつもいてくれるからその安心感を得るためである。