初冬の富士を見る山行・箱根・金時山を歩く2014年12月08日

 行けそうで行けない関東周辺の山。箱根の山は観光気分が強くて、先送りして行くうちに、定年後の今になった。余り体力も要らず、ルートファインディングといった煩わしい技術も不要のハイキングの山である。名物の蕎麦と温泉を味わえれば、と未明の名古屋を発った。刈谷で1名を拾い、岡崎ICから東名に入る。三ケ日JCTから新東名に入ると後は富士山を見ながらのドライブとなった。
 静岡を過ぎて、富士川を渡る直前から雄大な富士山が目一杯に広がる。愛鷹連峰の南端を回って御殿場ICに向かう。この付近で東名と新東名が合流する。すぐに高速から降りた。降りてからも分かりやすく、乙女峠に行ける。トンネルをくぐって若干下ったところに金時神社がある。Pはすでに満車状態で、日本三百名山だけあってナンバーも全国区である。そこに車を置いて歩き始めた。道標には75分とあるから軽い気分で歩く。
 左にコンクリート製のマサカリをかたどったモチーフがある。公時神社(キントキジンジャ)である。山名の由来の元らしい。登山道は多くのハイカーが歩く。岩が露出していて歩きにくい。境内を過ぎると車道を横切り、傾斜も急になった。ぐんぐん高度を上げて行くと大きな割れ目のある岩に着いた。更に登ると植林の道から低潅木の道になった。明るくなり、周囲の山が見え出す。山腹をからむ道から尾根道と合流して更に傾斜が増す。足元は悪いが、富士山への期待がいや増す。木の根のからむ急な道を登り終えると狭い山上に茶屋が2軒もある山頂だった。
 1軒は元祖を名乗る金時娘の茶屋で『強力伝』のモデルになった小宮山正の娘・小宮山妙子さんの店。もう1軒は金太郎茶屋。小宮山妙子さんは昭和22年以来、14歳から茶屋を切り盛りしているとか。今年で67年になる。ということは81歳になる。飲み物を頼んだが息子さんが居ないということで出来なかった。後姿は見た。ここへ自力で登ってくるだけでも大変なことだ。
 さて、ここからの富士山は前山がなく裾野からコニーデ型に伸び上がる山容が素晴らしい。金時山も富士山のこの眺望あっての名山である。富士山の別称を芙蓉の峰というが、厳冬期はそう見えるかも知れない。眺望を堪能して下山した。
 同行者が是非にでも蕎麦を食いたいというので強羅の温泉街の一角でやっと探し当てて食べた。温泉の臭いの立ち込めるいかにも箱根の風情が漂うところだ。今回は明日、東京で行われる山岳会の年次晩餐会に参加するため神奈川県鎌倉市大船の宿に向かった。
<iframe width=500 height=400 frameborder=0 scrolling="no" marginheight=0 marginwidth=0 src="http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/index.html?lat=35.281873&lon=138.938419&z=12&did=std&ifr=1&fsc=1&sca=0&zmc=0"></iframe>

黒法師岳で行方不明?2014年05月06日

WEB版静岡新聞から

黒法師岳で遭難か 天竜署など捜索
(2014/5/ 6 07:52)
浜松市天竜区水窪町の黒法師岳(2067メートル)などに登山に出掛けた愛知県新城市の男性会社役員(45)が帰宅しないと4日午後、同居する母親(68)が天竜署に届けた。同署や市消防局などが5日朝から捜索したが、悪天候のため同日午後2時ごろ打ち切った。
 同署によると、男性が自宅に置いていった登山計画書では、同町の黒法師岳と丸盆岳(2066メートル)を登山するルート。男性は4日早朝に1人で入山し、同日午前11時ごろ、携帯電話で母親に「黒法師岳の山頂に着いた。これから丸盆岳に登ってから帰る」と報告したが、その後は連絡がついていないという。林道で男性の車や自転車が見つかった。
 同署などは6日朝から捜索を再開する。

以上

 国地院の地形図は

 <iframe width=500 height=400 frameborder=0 scrolling="no" marginheight=0 marginwidth=0 src="http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=35.205943&lon=138.021786&z=15&did=std&ifr=1&fsc=1&sca=0&zmc=0"></iframe>

 を見ても分かるように地形はシンプルで道迷いは考えられない。丸盆岳往復の間に何か転落事故になったか?計画を変更して鎌崩経由で下山するとなると厄介なことになる。それに単独行なので事故っても対応が難しい。まして登山者の少ない山域では他の登山者に気付いてもらえる機会はない。この地域は玄人筋が好むので当事者も初心者ではないはずだ。「いやーお騒がせしました」と出てくる可能性もある。そうあって欲しい。

 北アルプスの山スキーの事故をはじめとして全国的に遭難が相次いでいるのはどうしたことか。大して悪天候でもないのに多すぎる。当会では笈ヶ岳に登山していた会員から無事下山の報告があった。
***********************************************************
続報・WEB版読売新聞から
浜松市天竜区の黒法師岳(2068メートル)に1人で登山に出かけ、連絡が取れなくなっていた愛知県新城市東沖野、会社役員渋谷浩二さん(45)を捜索していた静岡県警などは6日正午過ぎ、登山道脇の斜面で渋谷さんを発見した。
 登山道から転落した際に足を骨折する重傷を負ったが、命に別条はないという。
 4日夜に家族から届け出を受けた静岡県警などが5日朝から捜索したが、天候が悪化して中断。6日朝から捜索を再開していた。
以上

 転落して足を骨折し、身動きできない様子。命に別状がなくて幸いでした。飛騨の川上岳でも転落事故で死亡のニュースがあった。単独は一般的な弱点以外に物思いにふけりやすいことがある。そこに注意力散漫となって道迷い、転落につながる。パーティで行けば行ったで楽しくおしゃべりしていて分岐点を見逃すこともある。どちらにせよ、山の中では登山に集中することである。

永野敏夫『南アルプス・深南部』藪山讃歌-知られざるルート94選2011年08月05日

発行 平成22年8月11日
発行所 山遊塾チロル
発行人 永野敏夫(JAC会員)
制作 羽衣出版 松原正明
 HP=http://www18.ocn.ne.jp/~hagoromo/

 著者は1941年生まれというから御年70歳になられる。それでこんな重厚な山域の本を出版された。よほどの思い入れがあるに違いない。山岳雑誌でもガイド記事を読んだことがある。
 この種の本は以前にも出版されている。平口善朗著『南アルプス山行記』(サンブライト出版 1985年)である。この本も今は古書でしか、流通していないし、内容も古くなっている。しかし、この本のお陰でいくつか渋いルートを登ることができた。そしてこんな登り方、楽しみ方も有るのかと、登山のものの考え方まで変えた。
 名古屋市に在住する登山者にとっては南アルプスよりも中央アルプスの方が取り組み易い。方向転換して中央アルプスの沢登りや藪尾根に注力する一時期があった。未だ未踏の沢が多く、仲間の不足もあって踏破は遅々として進まない。だが、その考え方を学んだことは事実である。
 今も南アルプスは余りにも広く、深く、登山は困難である。1人の登山家が手がけても10年もするともう古くなる。同人がもう一度再踏査して改訂版を出版できれば幸いなことであろう。
 著者は40歳代半ばからつまり、1980年代から南アルプスの深南部に入り始めている。そして一度、『南アルプス 大いなる山・静かなる山 知られざるルート120選』を10年前に出版。そして幸いなことに本書は旧著の増補・改稿の改訂版となった。我々は再び南アルプスの深南部の彷徨の山旅を夢見ることができる。

購入書店 愛知県豊橋市精文館書店本店(豊橋駅前) 2600円
上記羽衣出版のHPからも申し込める。

佐々木重良著『まいにち富士山』2011.6.20刊2011年06月25日

 定年後、サンデー毎日になる人が増える一方。もてあますヒマを富士登山に費やす人が居る。しかも本になった。富士山に一度も登らぬ馬鹿、三度登る馬鹿、という根拠不明の言葉があるがこの人は度を越している。
 著者は昭和15年生まれで今年71歳になる。64歳で富士山に初登頂して以来、富士山にとりつかれてしまった。本書は厳冬期以外は”まいにち富士山”に登ることになった顛末記である。
 その回数は819回という。大阪の金剛山に毎日登るとか、鈴鹿の藤原岳に800回登る短歌も読んだことがあるがこの人は日本一高い富士山である。
 5合目の標高は新富士宮5合で2400m、御殿場で1450m、富士吉田で2304m、須走口で1959mあり、一番楽な標高差でも3776-2400=1376mある。標高差300mにつき1時間はかかるのでおよそ4時間半は見ておきたい計算だ。
 この著者はこれを2時間40分で登っているそうだ。早い。これが鍛錬というものだろう。ちなみに『50歳からのヒマラヤ』の著者の石川富康氏はヒマラヤ登山のトレーニングで5合目から4回登ったうち、最初の2回は3時間を切れなかったが3回目で2時間を切ったそうだ。まだ50歳の始めだからといえる。
 以前に富士山は8合目からが苦しいと聞いたことがある。急な山道が災いするのだろうか。薄い酸素に体が慣れるまでは危険である。酸欠で死亡する人もいる。小屋には酸素も売っているほどだ。その負荷ゆえに下山後の体重は2kgも減るとか。著者も73kgあった体重が減り始めて60kgを割ってしまい、栄養補給に努めてほぼ60kgをベスト体重として維持しているそうだ。
 体験記であるがガイドブックにもなるし、読み物としても面白い。特に銃後を守る奥様のポーカーフェースぶりに抱腹絶倒してしまう。すごいわね、頑張ってね、よくやったわね、などと激励しようものなら調子にのって協力させられることを恐れているのだろう。
 著者は元教員だけに事があって新聞に出たら恥ずかしい。山の事故はことさら大げさに報道される傾向がある。教え子も心配するだろう。妻にすれば単独で登山して無事に帰宅すればそれでよし。夫の清遊を優しく見守っているのだ。
 そんな夫婦間の雰囲気も客観的に描写されて流石は元国語教員と思った次第。それと新田次郎の『強力伝』を読んで富士山登山を意識していたというのも先生らしいきっかけであった。

静岡県掛川市・高天神山を歩く2010年12月19日

 いつもはIさんという徹底的に調べてくれる強い参謀がいたが今回は体調思わしくなく私が代行した。しかし一旦楽を覚えるとダメで簡単な略図と20万の地勢図だけで攻めるという無謀なことになり、迷い迷って山頂に着くという珍ハイキングになってしまった。それでも1等三角点マニア垂涎の山に登れてよかった。同行のAさんにも50山ラリーに1座稼がせてあげた。昨夜友人の不幸を知ってせめてお通夜に、と帰りを急ぎながらの探索行となった。

 地形図の高天神山とは戦国時代の有名な城跡であった。菅原道真公を祀る。しかしここには1等三角点どころか他の三角点すらなかった。「三角点もあるよ、たしか210Mくらいだ」というから信じて行ったのに。後で調べると実際は132M。昨日も含めて「地元の人に山の事を聞くな」という掟は斯くの如し。
 山頂にあった名前は楞厳地山(りゅうごんじさん 220.5m)という。しかし1等三角点本点の点名は高天神山というからややこしい。地元の畑ヶ谷でおじさんに道を聞いても要領を得なかったのは山名の違いであった。登った後で再びあったおじさんに「なんだ楞厳地山ならあそこと言えたのに」と悔しがっても後の祭りだ。しかし両方登れて良かったじゃないか、と思いなおした。
 山頂には右書きの1等三角点標石、菱形天測点と方位標石が埋設されている。全国でも珍しい山である。天測点については以下に「NPO 静岡県自然史博物館ネットワーク」のサイトからコピーさせてもらおう。

 山頂の一等三角点標石の北2.4mのところに菱形基線測点(八角形のコンクリート製)が、また東1.8mのところに方位標の標石が埋設されている。
 菱形基線とは、菱形を形成する測点4点間(対角線を含めた6辺)を精密に測定して地表面の水平方向の変動(地震予知などに利用)を調べるためのものである。
 楞厳地山からの対角側線は西北西約18.4kmにある榛原町坂部の高根山一等三角点を結んだ線で、他は旧菊川町と相良町に側点がある。しかし、現在はGPSの利用などで菱形基線測点による測量は行われていない。
 方位標とは、ある地点Aにおける子午線方向を表示するために、Aから見通しのよい適当な距離の地点Bに設置した標識(AB方向を基準にして所定の角度の方向に子午線方向(真北)が存在する)である。
 以上

 ちなみに子午線をwikiでチエックすると

“子午線”という名称は子の方角(北)から午の方角(南)に伸びる線を意味する。これは中国から日本に伝わった方角を十二支に当てはめるやり方からきており、ちょうど子が北、午が南を指していたので「子午線」と言うようになった。本初子午線は、「一番初めの、もとになる線」という意味。

 南紀の「子ノ泊山」の子(ね)は北の方角を示す。熊野灘を航行する船が泊まり即ち港を目指す際の目安にした山と思われる。

 http://www.geocities.jp/superteizan/sankakumou.htmlには今回の山の三方原基線網の詳細が書かれている。残るは神ヶ谷37.2M、都田村85.9M、上野巳新田33.4M、坂部村(高根山)150.9Mの4座。

 山を楽しむには様々なテーマがあるが中でも1等三角点は一番だ。手軽にも楽しめるし、より深く、遠く、高く変幻自在なのがいい。

静岡・竜爪山と丸子富士を歩く2010年12月19日

 12/18(土)午前6時集合直ちに出発。東名名古屋ICからしばらくは時雨模様の様子。東進すると明るくなり、富士山も真っ白に輝いて見える。今回の目的は1等三角点、山名が信仰に因む山、ふるさと富士をテーマに特にがちがちの計画でなく行き当たりばったりの山歩きにした。
 先ずは1等で信仰が狙える竜爪山(りゅうそうざん)を目指す。静岡ICを出て北上し、登山口の平山へ走る。羊腸の曲がりくねった車道を走ると穂積神社はあった。杉の大木が茂る荘厳な雰囲気の中に静かに鎮座している。
 東海自然歩道が山頂を通過するせいか、トイレがあり由来書きが設置されている。本来は山麓に近い社から登る人が多いせいで出合う人はみな下へ降りていく。逆に登ってくる人も居る。我々は随分楽してしまったのだ。
 神社の横をすり抜けて樹齢数百年はある杉の大木の中の登山道を歩くと突然急になる。鉄製の階段が設置されて息が上りそうなほどの急に喘がされる。ほどほどのところまで来ると白い富士山が美しく見える場所があって慰められる。
 やがて雑木の痩せ尾根になったかと思うと再び細い檜の木立になり薬師岳山頂に着いた。1051mと最高点にも関わらず展望はなく、三角点がないために閑散とした雰囲気である。すぐにパスして一旦は下る。急な道を登り返すと1等三角点のある文殊岳に着いた。
 すでに多くのハイカーが休んでいた。展望は南に良い。北は南アルプスが見えるはずだが木立に囲まれて見えない。一休みしてから山頂を辞した。
 下山すると今度は丸子富士に向かった。丸子はマルコではなくマリコと読む。資料は20万地勢図しかなくあたりをつけてR1の宇津の谷の道の駅から登れないかスタッフに聞いてみたが山名すら知らない。焼津の山だというので焼津に向かったが高草山と同一視されて外れた。一かパチかR150で再び安倍川まで戻り途中から坂下へ行く。ここでも聞くが山名は知らないというばかり。
 それでも直感で奥まで走るとハイキングなどのコース案内板があり確信した。行けるところまで行って満観峰470Mのコースに入る。急傾斜の棄てられた茶畑の道を喘ぐと小さな峠に道標があり、左が満観峰右丸子富士とある。右折。上り下りすると左へ登る道が丸子富士山頂だった。後で地形図で見ると450Mの三等三角点がある尖峰であった。展望はなく、日没を心配してすぐ下山した。

再びの岩岳山と竜馬ヶ岳2008年04月28日

 先々週の登山では局地的な低気圧の発生とかで名古屋は晴れていたのに浜松北部は霧と風、時々小雨という意外な悪い天気であった。ヤシオツツジはまだツボミすら見なかった。
 4/27には降雨率0%と絶好の登山日和となった。登山口の駐車場は一杯であった。前回は見送った入手山経由のコースを登りにとって岩岳山、竜馬ヶ岳へと縦走的に登れた。入手山周辺の山腹には開花したばかりのピンク色のアカヤシオが見えた。振り返ると入手山辺りが花見山行には一番いい。少し早めのランチタイムを楽しむハイカーが多かった。それにシンフォニーからの登山ではないようだった。岩岳山は急登を忍んで登ったものの展望もなく狭くくつろいだ気がしない。そてにヤシオも小さめであった。
 昼食後岩岳峠に行き、岩嶽神社を踏んで竜馬ヶ岳に向った。前回よりは明るく新芽の吹き出しも見えてやっと早春の趣であった。単独行とすれ違った。ぬた場を経て登頂。さわやかな風が嬉しい。隣には京丸山が見える。すぐ近くには高塚山が尾根続きに見えた。
 下山は東への尾根をワンダリングしてみた。「北に遠ざかりて白き山あり」ではないが南アルプス深南部の高い山が見えたが20万図がないく同定が出来ない。直観的に左からバラ谷の頭、黒法師岳、池口岳、光岳辺りか?。尾根には鹿道が続いている。赤い布もぶら下がっているので好事家には利用されていそうだ。
 長い穏やかな尾根を岩嶽峠に戻り荷小屋峠に下った。峠からはまた暗い杉林に入って下る。途中岩嶽山の山腹が良く見えた。アカヤシオが点在し学術的な価値のある群落というだけのことはあった。
 林道に戻るとまた1時間余りの戻り坂が始まった。中間くらいでハプニングがあった。道迷いの夫婦に出会ったのだ。右へ京丸に下っていく林道を下ってしまったらしい。おかしいと戻ってまたやはりあの道かと下ってくるところであった。
 聞いて見ると地図持たず、コンパス持たず、非常食、雨具もなく弁当と水筒だけのハイカーであった。色々とアドバイスしながら登山口に戻った。

遠州の山・竜馬ヶ岳と岩岳山に登る2008年04月12日

 目覚ましは5時に鳴っていたがうとうとして出発は6時半になる。名古屋ICは7時ジャストだった。行く先は竜馬ヶ岳。天気予報はまずまずの見込みであるが空は雲が多めである。ラジオからは局地的な低気圧の発生で静岡県西部は一時降雨もあると放送していた。
 浜松ICは8時過ぎに着いた。県道65、R152,R362と走る。山東まではやや車と信号が多くて渋滞気味である。この三叉路でR362とR152が別れて交通量が二分したため放たれたように走り出した。JAのガソリンスタンドのある平城という所でR362から別れてログハウスのペンション・シンフォニーのPに着いたのは10時であった。名古屋ICから152km、3時間の道程であった。
 岩岳山はともかく竜馬ヶ岳まで行けるか不安になった。時間的にも空模様にも嫌気した。どうやら出発時の楽天的な気分は失せた。この山の不機嫌な日に来てしまったようだ。ともかく歩き出すとやたらと遭難注意や駐車禁止注意の看板が目立つ。ここから岩岳山往復は7時間と警告している看板もあった。それでも歩くしかない。空は鉛色であるが木々は新芽が吹き出したばかりである。ミヤマツツジが咲いている。
 若干で林道ゲートを越す。坦々と林道を歩くが何と下って行くではないか。往きはよいよい帰りはぐったりが想像された。林道の傍らにはスミレも咲く。ミツマタの花も咲いているではないか。今は杉、檜の植林であるが昔は和紙原料を生産していたのだろうか。
 1時間で比高約120mほど下った。「岩嶽山ヤシオの里」の塔が立つ。昔はここまで車で来れたらしい。度重なる遭難騒ぎに営林署も切れてしまったか。健脚者のみ来たらいい、という意思表示であろう。少し先で林道の路肩の崩壊があった。13年前の「名古屋周辺徹底ガイド」にはその先から荷小屋峠への道に取り付き、吊橋を渡って登山したし又は岩岳山への尾根を直登した、と案内されている。
 今は手前で沢に下って丸木橋を渡り、小さな尾根に取り付く。急登をこなすとトラバース道になる。小さな滝がかかる沢を越え、最後の水場のある沢も越える。すると古い登山道と右から出会う。立ち入り禁止の札が立つ。山抜けの跡をそろそろと越えたりしながら荷小屋峠に着いた。ここで12時半。若干のエネルギー補給とコーラを飲み干した。
 峠からは鳥居をくぐり、落葉樹林帯の明るい尾根歩きになる。アカヤシオ、シロヤシオ群落のあることを示す看板が目立つ。狭くて急な尾根の急坂を直登気味に登る。残念ながら今は芽吹きさえない。4月下旬の開花期には再訪したいものである。分岐に着いた。12時50分。左へ岩岳神社、竜馬ヶ岳の道標、右へは岩岳山である。
 左折する。小さなアップダウンを繰り返すと狭い岩岳神社の境内である。見えるはずの京丸山も霧の中である。ここをパスして竜馬ヶ岳に向う。落葉広葉樹の明るい稜線歩きである。高度計を見ながら歩くが1350m前後で殆ど登って行かない。それでも時々はギャップを越える。するとちゃんと1400mを越えていて高度が上がっている。周囲の巨木に見とれて撮影する。ヒメシャラの大木もある。ここは太平洋型の混淆林であろう。
 進むにつれて右(東)が唐松林であることに気づいた。この周辺は一時は皆伐されたのである。左(西)はやや小ぶりであるが原生林らしい。そして尾根が段々広くなった。
 ああ!ここが竜馬ヶ原だろうか。落葉樹林の緩斜面が続き、踏み跡も怪しくなって来た。テープが継続的に付いているので何とか迷うことはない。鹿のヌタ場があった。そこを右回りに通過して少しの登りで竜馬ヶ岳山頂であった。13時50分。三角点だけがある。慎ましい山頂である。そして静寂である。風の音、鳥の声、得体の知れない臭いが風に乗ってくる。ここは正しく南アルプスの深南部につながる深山の一角である。踏み跡は薄く訪れる登山者の甚だしく稀な山頂である。
 霧が流れて行く。太平洋の湿った空気が山の冷涼な空気に当り霧になる。今日は局地的な低気圧の影響で云々、といったその低気圧に向って気流が流れ不安定になっているのであろう。
 14時、晴れそうにない山頂を早々と辞した。分岐までは同じ50分の所要時間である。ここから岩岳山を往復した。約30分。入手山経由で下山を試みたが途中で引き返した。急なのと深い霧、それに杉や檜の植林帯で整備された登山道ではない。「立入禁止」の看板も心に引っかかる。道迷いが多いのであろう。今日は単独であることも躊躇させた。
 分岐から峠へ下る際には京丸川側から鹿の鳴き声を聞いた。ガサガサという物音も聞いた。鹿の生息域であろう。「ピィー」という竹笛(或いは簫)のような特長のある鹿の鳴き声が盛んに聞こえた。俳句歳時記の春を読むと「孕み鹿、春の鹿、鹿の角落つ」などの季語が収録されている。春は出産の時期であり神経過敏になっているのであろう。林道へは16時半過ぎに着いた。再び味気ない林道歩き1時間。17時35分にPに着いた。
 ペンション・シンフォニーに立寄った。コーヒーを注文した。居心地の良さそうなログハウスのペンションで一度は泊まってみたい。オーナーと世間話すると最近は1300m級の低山と舐めてかかるハイカーが多いそうだ。そのために遭難騒ぎが絶えないそうだ。地図、コンパスを持たず、持っていても使えない、つまりハイカーである。この山はハイカーが気楽に来れるものではない。宿泊者の夕飯は山菜のてんぷらのようだ。美味そうなてんぷらのにおいが空腹を刺激した。
 温泉を勧められたが時間がないので店を出た。18時過ぎ夕闇迫る遠州奥の山を後にした。道路を素早く横切った動物を見た。近づくと鹿である。目を合わすと向こう側へ逃げて行った。見送りに来てくれたのだろうか。次は竜馬ヶ原で一泊してみようか。