老人性低体温症2019年11月04日

遭難を考える講演会
 このところの冷え込みで秋山遭難が増えてきた。北アでは72歳の老登山者が低体温症で死亡した。 
 登山の基本は、温かい衣料(行動中は軽く、休止中は防風対策、冷えに対策して工夫)、十分な水と食料(非常食も含む)、後不時露営に備えて、ツエルト、防寒着、体力が許せばコンロ、コッヘルで暖を取れる準備を固めていきたい。これらの装備をいつでも使えるようにしておくことも大切だ。
 今時は携帯電話など連絡手段も必須になった。秋山は早く日没する。早出早着きが常識。これから冬至までは日照時間が少なくなる一方なので行動時間が限られることも念頭に置きたい。

 テルモという医療器具のメーカーのHPから
 高齢者では暑さ、寒さに対する感覚が鈍くなり、身体の反応も弱くなっています。具体的には、暑くても汗をかきにくく、汗の量も少なくなります。また暑いと皮膚の血流が増えて体内の熱を逃がそうとするはずですが、高齢者の場合、暑くても皮膚の血流量が増えにくくなります。
 逆に寒くなっても皮膚の血流量があまり減らないため、体内の熱を逃がしてしまい、体を冷やしやすくなります。
 老人性低体温症
寒いとき、高齢者の手に触ると、温かく感じることが多いと思います。本来、寒いときは皮膚の血管が縮まって血流量が少なくなり、体内から熱が逃げるのを防ぐ仕組みがあります。しかし若い人にくらべて高齢者の皮膚血管はその反応が鈍いため、体内から熱が奪われやすくなります。
 さらに体内で熱を作り出す反応も高齢者では弱いため、体が冷えてしまいます。
 寒いときに体の中心部の体温が35℃以下に下がった状態を「偶発性低体温症」といいますが、高齢者の体温が低くなったときの状況をとくに「老人性低体温症」と呼びます。
以上
・・・・こんな老人の生理を考慮して秋山冬山に対応する必要がある。2012年のGWの白馬岳の稜線をTシャツ1枚だけで登っていた中高年のパーティ6人が全員低体温症で死亡している。
 「豊後ピートのブログ」から
「GWの白馬岳で6人が凍死 4」
https://blog.goo.ne.jp/bongo-pete/e/2b0dc77309ffd5dee6f12fe543b436f5#comment-list

 結局は当ブログの右に掲げたコラムにある跡部昌三さんの箴言に尽きると思う。
「悪天候は人を死地に追い込むためにあるのではないということである。厳冬1月も寒冷さ、風雪の狂う高所では、人の生存を拒否しているようであるがそこへ登ろうとするものは、それがどのようなものかは、すでに分かっているはずである。また、それに立ち向かう自由と、さける自由は登山者自身に許されている」

 自分の限界を知っておく。所詮自然の猛威には勝てない。頑張って褒められるのは人間界の虚構の中での話である。

秋山遭難~安達太良山2019年10月26日

 状況はNHK福島によると「警察によりますと2人は25日、安達太良山の中腹にある山小屋に宿泊の予約をしていたとみられるということです。
山小屋の管理者などによりますと25日夕方男性から「道に迷い、山で夜を過ごす。食料はある」などという連絡があったということです。警察は死亡したのは連絡をした男性とその妻とみて身元の確認を進めるとともに、状況を調べています。25日夜、安達太良山は気温が低く、雨や風は強かったということです。」

 典型的な秋山遭難です。ツエルトなどの装備はあったのか、あっても使わないこともある。食料もあると書いてある。
 山歴などは不明。この時期に1700m級の登山を計画するのだから初心者の域は出ている。装備も抜かりなくツエルトは持っていたと思われる。但しあの山は火山の山で頂上付近は立木もなく、風が強くてビバークの適地も少なかったと想像する。そんな状況ではツエルトも張れない。頭はくろがね小屋へ早く着きたい一心で下山することまでは頭が回らなかった。
 そうこうするうちに下山するタイミングを失い、小屋へも行き暮れて行き倒れになったのだろう。無残な死である。しかし夫婦でともに死んで行けたから幸いだった。子供さんらには悲しいが・・・・。

小倉美咲ちゃんの捜索打ち切り 道志村2019年10月06日

 報道によれば捜索から16日目の6日までに延べ1700人も投入したにもかかわらず発見に到らなかった。本日を以って捜索打ち切りが発表された。悲しいがやむを得まい。
 公共の機関が税金で探し続けるわけには行かない。今後は民間の無償ボランティアの出番になるだろう。しかし、どこをどう探すのか。林道はともかく、山の中は藪山登山の心得のない素人衆は近寄らないほうが良い。地形が急峻で崖になっているし、加入道山への破線路のある登山道も登山口の表示すらなく、踏み跡もなく、整備されていなかった。
 加入道山と大室山は道志の湯からいい道がある。椿沢の林道のヘアピンカーブの尾根に小さな案内板があるのみだった。しかし急登を強いられるだろう。ボランティアで捜索する人は藪山登山の心得で地形図を読み込み、装備をしっかりし、ツエルトを持参し、ヘルメットも着用するなど、二重遭難にならないように注意して欲しい。
 秋山は日没も早く、夜は冷え込む。大室山周辺はブナが豊富で、熊も生息しており、捜索ボランティアの人が被害にあっている。熊は人間を食べることもある。捜索側の人だけで3件、報道側で1件の二重遭難が起きている。慎重な対応が必要である。
 そして、少しだけ関わった見聞によれば、7歳の女の子の身ではおそらくこんな険しい山には向かわなかったように思う。誘拐説も出ている。誘拐なら生存の可能性もある。両親は希望を失わないで欲しいものである。

道志村・小倉美咲ちゃんは今日も発見できず2019年09月29日

 今日も小倉美咲ちゃんは発見されなかった。ただし、単独の捜索ボランティアの若い人は自力下山中に発見された。右腕の骨折で済んだから良かった。頭なら死んでいた可能性がある。ヘルメット着用は必須であろう。

 ネットから拾った尾畠春夫さんの言葉

「 もう安心!」つながった幼い命

以前、大分県で2歳の女の子が行方不明になった時も、失踪した地点から上り坂をのぼったところで見つけたという尾畠さん。
そのため、「小さい子どもというのは下に下るのではなく、上の方にのぼる習性がある」と判断したという。

理稀ちゃんの小さな命を救った"スーパーボランティア"の確かな経験と知識。
「将来は、人が喜ぶことをしてね」と語った。」

・・・・・経験的に想定外ということは常にある。尾畠さんも以上のコメントを残した。忘れえぬ言葉である。また別の記事がヒットした。

「 「美咲ちゃんと同じ7歳児が10km移動、無事救出された事例も
捜索活動の最中、1人の自衛隊員がある可能性を示唆。

「自衛隊の演習場内の施設にいて発見された子もいたっていうニュースもあったじゃないですか。そういうことも可能性としてはもちろんあるでしょうから」

この指摘だが、事例が過去に存在する。

2016年6月、美咲ちゃんと同じ当時7歳だった男の子が北海道の山中で行方不明となるも、最後に確認された場所から10km離れた自衛隊の建物内で無事発見されたのだ。」

・・・・まだ3年前の出来事だったか。どこかの空き家で命をつないでいて欲しいね。あれだけしらみつぶしに探しても発見されないので想定外の遠方に行ったかも知れない。気が動顛すると予想外の行動になるのだろう。無事を祈る。

道志村の捜索ボランティアへ参加2019年09月28日

 コスモスの懇親会後、少し睡眠をとった。11時過ぎ、支度してあったザックを積み込んで出発する。高速料金を少しでも節約するため名古屋ICより東名三好ICから入る。3650円也。220円カットできた。
 新東名を走って御殿場JCTで1本になり御殿場ICで出た。R138を走るがナビはR246を指示するので従う。これが地理勘のない人にはありがいたいが、どうも東京へ向かうので、スマホをチエックすると明神峠、三国峠を越える県道に導きたいようだ。つまり最短距離を教えてくれるのだが深夜に地理勘のない山岳路は走らない方針なのでR138に戻る。しかしもう深夜の2時なので小山町の道の駅で仮眠した。半袖では涼しいより寒い。
 午前4時に起きてまたR246を戻りR138を走った。R138は籠坂峠を越えて山中湖へ。そしてR413になり山伏峠を越えて道志村へ。前後を自衛隊の大型車が3台も走っている。100人くらいは乗せているだろう。今日も捜索行であろう。
 現地の椿壮オートキャンプ場へは6時に到着。現地本部周辺には車がぎっしり詰まっている。
 とりあえず素通りして林道奥まで走って偵察して置く。地形図も出して見ておく。地理勘のない人間にはさっぱり分からないからだ。周囲はおおむね杉、檜の植林山になっている。当初は加入道山から登山道を歩いて大室山に下山。椿沢を見る予定だったがどちらも登山口の道標はない。直感的にはこりゃ難しい、と思った。
 戻って本部付近にPする。おにぎり1個を食べて支度する。現地本部のテントにはパトカー、自衛隊員、消防署員、役場の人らが集まって鳩首会議中だ。私も加わって事情を聴く。自衛隊員が中心になって椿沢、道志川の周辺はしらみつぶしに捜索されたこと書き込んだ白地図を見せてもらった。
 ボランティアに対しては村役場の人が対応してくれた。しかしボランティアを班編成する本部は27日に解散したので自主的に捜索することになった。単独ではしないでくれ、と言われたが見知らぬ人とにわかにチームなど組めないので仕方なく、6時30分から独自に捜索開始した。
 まずテニスコートへの階段を登って加入道山の登山口を探したが皆無だった。踏み跡すらない。それで林道や村道を中心に捜索するが多数の先行者が入っていた。
 また本部付近へ戻り、椿沢に沿う林道の捜索に入った。ここも先行する人らが多数居た。大室山の登山口付近では消防車も入ってきた。こちらを見ると、登山か、と聞くので捜索だが、と言うと単独の人が一番危ない、などど言われたのは心外だった。
 実は27日に20歳代の単独のボランティアが崖から落ちて怪我をしたとの110番通報があり場所が特定できないまま行方不明になり、その人の捜索の負担までできたからだろう。あちらからは単独で老人の来るところではないと、と思われたか。ご忠告ありがとうと答えて別れた。
 椿沢の橋まで往復して下山した。捜索した範囲でいえばどこも急斜面であり、露岩も多い。転落すると怪我は必至だろう。
 小倉美咲ちゃんはまだ7歳だから、しかも千葉県の子供だから山慣れせず、遠くへは行けないはずだ。誘拐説もありうるだろう。こんな壮年期の険しい溪谷のキャンプ場でどこへ行ってしまったのか。みんなからはぐれた22日の夜、森の中から見える山家の灯を求めて足元を照らす明かりもなく歩けば転落しかない。じっとしていてくれれば良いのだが。

 背中に軽い汗をかいたが、使い始めた新しいザックは背中に隙間があるので風が通る。吸汗速乾のラガー1枚では少し小寒いほどである。それで上着を着こんだ。
 8時30分、マイカーに戻り、残りのおにぎり1個を食べて30分ほど休憩した。現地本部を伺うと良いニュースはないようだ。但し、メディアの員数はより増えて本部周辺は報道カメラが林立していた。自衛隊の人らは隊列を組んで下山していく。
 結局、消防署員の言う通り、地理勘のない単独のボランティアでは限界があり、迷惑になってもいけないので9時30分撤退を決めた。2時間ほどの捜索ボランティアでした。
 後は観光ドライブに切り替えた。12時、道志の湯で一風呂浴びて蕎麦を食う。沼津市まで地道を走り、静岡市の草薙神社、焼津市の焼津神社を参拝後、また新東名で帰名した。

道志村の行方不明の女の子は何処?22019年09月26日

ソース: https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20190926/1040007825.html

  女児不明 6日目も見つからず
山梨県道志村のキャンプ場で、今月21日に千葉県の小学1年生の女の子の行方がわからなくなってから26日で6日目となりました。
警察や消防、自衛隊などがおよそ260人態勢で捜索しましたが、手がかりは見つかっておらず、27日も捜索を続けることにしています。

千葉県成田市の小学1年生、小倉美咲さん(7)は今月21日に、家族や友人と訪れた道志村の「椿荘オートキャンプ場」で行方がわからなくなりました。
6日目となる26日は、警察や消防など110人と自衛隊員150人、あわせておよそ260人態勢で捜索が行われました。
26日はそれぞれが持ち場を分け、警察の機動隊が沢の下流にある道志川やその周辺を捜索したり、自衛隊が山の急な斜面などを確認したりしていました。
また、美咲さんの家族の要望で、地元の消防団が村内全域の国道や村道などで車を走らせ、拡声器を使って目撃情報などがないか呼びかけました。
警察によりますと、手がかりは見つからず、26日の捜索も日没のため、午後5時半にいったん中断されました。
27日も26日とほぼ同じ規模の態勢で捜索を続けるということです。
大月警察署生活安全課の小林秀紀課長は「誰1人としてあきらめていない。引き続き全力で捜索していく」と話しています。
・・・・自衛隊や消防署員などプロ級の人ら260人もの動員をかけても捜索は実らなかった。一体どこへ隠れているのか。ネットでは誘拐説もでているがそれはないだろう。こうなったら捜索範囲を非常識な範囲まで拡げてみることも大切か。まさかあんな方向には行かないだろう、まさかあそこへは行かないだろうという自己否定である。27日も見つからなかったら28日には出動協力したい。

 ボランティアの状況

 9/24現在のツイッター
「道志村ボランティアに参加中です。山中は場所によりかなりの急斜面です。登山、クライミング、キャニオニング、山岳救助等の経験豊富な方、力を貸して下さい。各自行動される方もいますが、キャンプ場奥のスペースで情報共有もできます。家族もボランティアも捜索隊の皆さんも諦めていません!」
 9/25のツイッター
「道志村椿荘オートキャンプ場に捜索ボランティアに行かれる方は「東の広場」炊事場が事実上のボランティア本部になってますのでまずはそちらへ。」
「山梨県道志村の女児捜索のボランティアしてます。
ボランティアの方はまあまあいますが、山奥に来ると誰もいません。
探す人間が足りないのを感じます。
早く見つけてあげてほしい。。」

https://twitter.com/i/events/1176287448415887360

道志村の行方不明の女の子は何処?2019年09月25日

 登山者やハイカー、山菜採りでもない。9/21に家族連れでキャンプに来て、7歳の子が行方不明になったという。大がかりな捜索が行われてそのうち見つかるだろうと思いきや今日までに発見されていない。ググると230人態勢に加え、全国から50人のボランティアが来ているらしい。
 どこへ行ったやらなあ。
 山梨県道志村は菰釣山へは登ったことがある。以来行っていない。加入道山や大室山には食指が動く。
 ボランティアに参加しようと検討してみた。名古屋から道志村までは新東名を御殿場ICまで230km走りさらに国道を50kmほど走る。約4時間かかる。かなり遠い。しかも細切れの所用がある。
 事態は緊急を要するからそんなことも言って居れない。行ってやりたい気持ちはあるのだが・・・・。しかし24日から自衛隊も参加した。野外活動はプロだから若い彼らに期待するしかない。24日付の動画でも今日が勝負という。頑張って欲しい。

山岳遭難のラッシュ2019年08月17日

 今日はほぼ1日中、山岳会のHPに記事をアップした。日本各地の山岳遭難の情報が次々に飛び込んでくる。傾向としては中部山岳、北海道、東北が多い。涼しい地域だから当然か。
 しかも高齢者も相変わらず多い。高山では30歳代から40歳代の遭難者も出ている。これは槍穂高連峰などアクティブな登山領域に入る。目立つのは山中での行方不明である。長野県警のHPでは新聞で報道されない行方不明者も多数いる。
 今年は平地でも異常な暑さである。しかも台風にも直撃された。今後気温は低下してゆくだろう。平地でのクマの被害もかなりの件数に登る。北海道では市街地に出没して恐れられたヒグマが殺害された。内地でもあちこちに出没している。これも異常な夏の一つの現象であろう。秋になって果実が実らないとクマの被害はもっと増えそうだ。

山における心肺停止の怖さ2019年07月25日

 7月21日と23日に北海道の山で心肺停止で死亡する事故が2件立て続けにあった。
 山岳医の大城和枝さんは「遭難による死亡原因の
1位は外傷、
2位は低体温症、
3位が突然の心臓機能の停止等によるもの、
4位が雪崩です。
 遭難と死亡の関連性についての統計調査は、今まで触れられてきませんでした。このデータをもとに、発生の多いケースへの対処を学術的に考えることが、山岳遭難による死亡を防ぐことにつながると考えています。」

 また、先に述べた死亡原因は地域差が見られます。
例えば、北海道に注目すると、死亡原因の1位は低体温症です。
こうした事実を地域の登山家に対して行う講習内容に反映し、それぞれの地域ですぐに役立つ情報を提供することが大切であると考えています。」

 山での突然の死亡事故はすべて手遅れになりやすいので事前の対応が必須です。かつて山城さんの講演会では

山城和恵氏の講演会要旨ー救える命を救いたいに簡略的にかいてあります。
http://tss1962.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
 まとめると
1 ゆっくり登る。同行者が早くてもあおられないこと。寝不足時は特に注意する。異変を感じたらすぐに下山する。
2 高い山では(概ね1500m以上)酸素を取り込むように歩く。
3 北海道では保温に注意する。標高は2000m級でも本州の3000m級に匹敵する気温に留意。万一倒れても雨合羽、セーターなど着用して保温し、ツエルトをかぶって風による体温低下を防ぐ。温かい飲み物を飲んでも良い。

*******************************************

 トムラウシ山で心肺停止の男性救助 死亡確認 北海道新得町
【新得】21日午後2時55分ごろ、トムラウシ山(2141メートル)の登山道で男性が倒れていると、登山者から消防に救助要請があった。男性は同7時39分、搬送先の病院で死亡が確認された。

 新得署によると、倒れていたのは長野県内の60代男性とみられ、短縮登山道入り口から15分ほど登った場所。消防隊と同署員で救助に駆け付けたところ、心肺停止状態だった。

 当時の天候は曇り、外傷はなく、衣服は乾いていたという。同署が身元の確認などを進めている。
********************************************

 後志の羊蹄山で23日、60代の男性が倒れて遭難し、その後、死亡しました。

死亡したのは、千葉県の戸塚賢さん67歳です。
23日午前11時ごろ、同行者から、戸塚さんが「頂上付近で倒れた」と消防に通報がありました。
午後4時半ごろ、警察が戸塚さんを発見しましたが、意識がなく心肺停止の状態で、その後、死亡が確認されました。
警察によりますと、当時、頂上付近は悪天候で、ヘリコプターによる救助ができなかったということです。北海道放送(株)
以上

・・・・直接的な生理的医学的な原因よりももっと重要な原因は「日本百名山」の踏破が目的で道外から多額の費用と日数をあてて来たこと。
 せっかくここまで来たからと無理をし易い心理が働くことだ。つまり登山技術以前の問題ですでに遭難しているといえる。
 名古屋市のある中高年の山岳会員で60歳代の女性2名が夏の大雪山の避難小屋で凍死していた。十分な装備や食料もなく、本州では3000m級の気温と同等の小屋で登頂の機会をうかがっていたのだろうか。日本百名山になると旅行気分もあるのだろう。登山が悪天候等でだめなら観光に切り替える知恵を持ちたい。
 拙ブログに掲げた「要するに山での危険というものは、山にあるのではなくて登山者自身にのうちにある、ということを、はっきり知っておくことである。」 を再読したい。

沢登りの事故多発2019年07月23日

 インターネットにキーワードを仕掛けて情報収集する。すると最近は沢登りの死亡事故が増えたと感じる。7/21に山梨県丹波山村の小室川で沢登り中、流れに落ちた。仲間が引き上げた。すでに意識なく自力下山ができず、そこの場に寝かせたまま引き返して警察に通報。今日捜索で死亡が確認された。もう一件は同じ山梨県の東沢溪谷で沢下り中の事故で行方不明だったが、7/20に死んだ状態で発見されている。
 沢は梅雨明け前の大暴れで増水中であったと思われる。滝つぼに落ちることはあるが水量によっては自力で泳げることもあろうが水位が高いと巻き込まれて溺れる。この怖さがプールで育った都会っ子には想像できないのだろう。
 子供時代は自宅のちょっとした中小河川が遊び場だったから夏休みに入ると毎日川遊びが日課になった。釣りも鰻捕り、今でいうボルダリングも思うがままだった。川や自然の怖さを知らずに育った子が大人になって身に付くのは知識と技術だけなのでどこでどう使うかは懇切丁寧に教えないと理解されない。
 ちょいと落ちたらヤバいなと思ったらロープを出すことである。確保することでしか対策はないのではないか。転落してからの救助技術をいう人もいるがまずは落ちないことだ。ロープでつながる安心感があると落ちないものである。落ちてもつながっているのだから。