大鼠山スキー登山2020年03月22日

 3/22は飛騨市山之村の大鼠山へスキー登山を果たしました。
 2/9は1502mの地点で大雪のために撤退。今回はそのリベンジになります。3/21の午後3時30分、同行のWさんの職場から出発。名二環、名古屋高速から名神、東海北陸と使えるものはみな使って飛騨清見ICで飛騨入り。神岡町のスーパー「バロー」へ着いたら午後6時20分。バローで食材の買い物を済ますと山之村へ。神岡町の素晴らしい夜景をちらっと眼下に見て、つづら折れの県道を走り伊西トンネルを抜けると山之村に着く。
 荒涼とした風景の中を走る。それでも春は来ており、2/9には雪道走行だったが今は路上の雪はない。山はいわゆる斑雪山(はだれやま)になった。戦前のベストセラーの中河与一の小説『天の夕顔』の駅に着く。ここは天蓋山の登山口だが桑崎山や明日登る大鼠山の拠点にもなる。Pにも雪はほとんどない。軒先でビバークさせてもらう。少しばかりの酒とうどんすき焼きで体を温める。
 3/22の朝4時起き。食事、片づけて出発は6時20分になった。2/9はここからシールを張って歩いたが今日は車で1km先のスノーモービル置き場まで走り、出発。しかし、雪は林の中だけは残り、山之村牧場が見えるところでは路面の雪は解けたのでスキー板をかついで歩く。ここで7時25分経過。再び路面の雪ではスキーを履くが登山道になる林道の先でまた解けている。板を外して、また履いてを2回繰り返し、標高1300m付近からしっかり残雪の林道歩きになった。
 以前撤退した1502m地点は楽々通過出来、大鼠山の登山道のある地点まで一気に歩いた。ここに深洞湿原の道標を見た。地元の人の話では中々に良いところらしい。先行者のスキー跡があるのでそれを追うように登る。林道を離れると針葉樹、ブナ、ダケカンバ、ササ、低灌木の茂る混交林になる。登山道は雪に埋もれているが、ゆるやかな地形をたどると30分もかからず、1590mの最高点に着いた。11時2分。
 展望は北東に見えるがあいにくの曇天で山岳同定はできない。北ノ俣岳辺りが見えるとは思うが・・・。山名板があるのでここが終点かと思ったら実は三角点1584.5mはもう一つ隣のこぶだったのでまた腰をあげて歩いた。着いたものの三角点はまだ雪の下。いくらも滞在することもなく下山した。破線の登山道は1590mを迂回しているが実際には幹に赤ペンキでルートを示してある。三角点からの展望は北東だけで周囲は樹林にさえぎられる。どちらかと言えば最高点の方がよさそうだ。
 下山はわれわれが残したスキーの跡をたどるがリーダーが付けた赤布も回収する。林道に着いたがシールを外すのは1502m地点にした。途中にギャップがあるからだ。シールをはがして、滑走面の糊を溶剤で掃除してワックスを塗る。先回はこれをしなかったから滑走面に雪が付いて難儀した。滑らないスキー板は危険でさえある。それで今回は気持ちよく走ってくれた。登りは時速2km以下、下りは時速10km以上だから早い早い。あっという間に車道に出た。車道もところどころスキー板を付けたり外したりで忙しかったが楽しくリベンジ登山を終えた。
 今回の収穫は林道歩きが多かったが、1400m以上では残された山毛欅の大木に目を奪われたことだ。加えて山頂までシールを付けたまま登山できたこと。
 山頂周辺の山毛欅、針葉樹、ダケカンバなどの混交林も特筆される。日本海側の山では山毛欅の純林が多かったから意外な発見である。今回は登山に夢中で留意はしなかったが、点名は「大鼠、おおねず」からの想像であるが、ネズコ(黒部、黒檜、ネズコは幹が鼠色に由来)の大木の群生地だったのか。𣜌(木へんに鼠)とも書く。
 また今年の干支の鼠に因んだ山名の山に登れてやっと正月が祝えるねと笑った。帰路は飛騨市古川の桃源郷温泉「すぱーふる」に入湯。良い湯でした。

奥美濃・高丸(1200mまで)2020年03月01日

 2/29の夕方、小雨の中、メンバー3名で出発。夕食の食材と酒を買い込む。地道で揖斐川奥のR303へ。道の駅さかうちで仮眠の予定だったが昨年の」バイクランドもありで行ってみた。ここの方が人家がなく過ごしやすい。テントを張って夕食を共にする。早目に就寝。
 午前4時半、起床。朝食の準備などであわただしく過ぎてゆく。幸い空は晴れてゆく。残り1km余りを走ると椀戸谷に着く。ここで身支度して午前7時に出発した。林道にほとんど雪はない。周辺の山肌も斑雪で春の終わりの様相である。椀戸林道を詰めると標高730mの終点に着く。約1時間かかった。ここから尾根に取りつく。杉林の間はやや危険な崖っぷちをたどりブナ林へと進む。ブナ林は二次林だろう。やや急な尾根にかすかな踏み跡を求めるがやがて雪が出てきた。
 急斜面を喘ぎながら登る。すると若い登山者が追い付いて来た。スノーシューで烏帽子岳を目指してきたという。雪は段々深くなり、1114m付近で私はワカンを付け、2人はスノーシューを装着した。上部では藪を抑えるだけのまあまあの積雪にはなる。周囲の景色も良く見えてきた。近くの烏帽子岳、目的の高丸は三角錐の秀麗な山容を見せる。能郷白山が堂々と見える。明るい春日の差し込むブナ林を歩く。1200mのジャンクションピークで12時を回ってしまった。ワカンの私はここで撤退し、スノーシューの若い2人は高丸をトライしてもらった。ここからでも美濃俣丸、大河内山、笹ヶ峰、伊吹山、金糞岳、蕎麦粒岳などが見えた。すべて曾遊の山々になった。
 12時40分に下山を開始。雪上の踏み跡と赤い布を確認しながら安気に下れる。ワカンは登りの機動力でスノーシューに劣るが、下りでは爪があり、登山靴の踵の蹴り込みを使えるのでスノーシューよりは早いと思う。
 元のトレースを忠実にたどって林道に降り立った。後は林道を淡々と下るのみだ。途中で山菜採りの夫婦に出会った。彼らも奥美濃の山々を愛する人たちだった。話を投げ返すと再び投げ返されて長話になった。そのうちに若い登山者も烏帽子岳登頂してきたと話の間に入った。わが仲間は待っても来ないので下山した。帰路、道の駅で温泉に入湯して帰名した。

Theインタビュー「「自己解決」山で学んだ」2020年01月28日

1/27の読売新聞から
「自己解決」山で学んだ 連載で愛好者増やしたい
https://www.yomiuri.co.jp/local/chubu/feature/CO043711/20200126-OYTAT50018/
「高校生までの自分は親に頼りっぱなしの苦労知らずでしたが、大学山岳部に入って「生きていく上で人に頼っていてはいけない」と、人生観がガラッと変わりました。山では自分で荷物運搬から危険回避まで全てを解決しないと命を落としてしまう。「自己解決」の精神は今も、人生を生きていく上でベースになっています。」
・・・左様、登山は自己完結型の人間修養に役立ちます。しかし、そんな考え方はごく一部の登山者に限られる。昼過ぎてから山に向かったりして日が暮れて何でもない場所で携帯電話があるために安易に救援要請したりする。こういう人らに何らかの手段で自己責任、自己完結を指導する機会になるといい。

岳連理事会に出席2020年01月21日

 寒い夕べ、岳連理事会に行く。名城公園駅下車、徒歩5分程度の愛知県スポーツ会館の会場。ここも3月で取り壊しが決まっている。後1回のみ利用して4月からは会場探しで彷徨うことになる。事業の報告と審議事項を述べて終わった。帰路は杁中の書店に寄る。欲しい本は無。吉野家で牛丼を食べて夕飯とする。

日本山岳会東海支部の『坂の上の雲』探し2020年01月20日

 今日も山岳会関連の会議で支部ルームへ。支部報の次号の編集会議を打ち合わせする。60周年記念事業についても議論が出た。さらに『東海山岳』の60年史の視点を議論。
 昭和30年代のマナスル初登頂で沸騰した日本人のヒマラヤ熱を契機に各社会人山岳会の精鋭アルピニストがプロジェクトチーム的に集結して登山隊を組んでもうまくいかなかった。その教訓から一つの山岳会にまとまろうということになった。先例としてはRCCがあった。社会人山岳会の壁を乗り越えて集まった。それは東海地方にもあったが東京中心より親密な交流が可能な名古屋で集結した末に生まれたのが東海支部だった。
 1961年4月に名大医学部の一室で誕生した。以来10年間はヒマラヤ、南米など海外遠征支部かと訝るほど遠征をこなした。マカルー登頂で一段落すると支部は虚脱感に見舞われて解散の風が吹き始める。解散を阻止して東京のRCCで活躍していた湯浅道男を迎えることになった。愛知学院大学法学部の教員として赴任してきた。以後はガウリなどを制覇して第二の黄金期を謳歌する。
 それが終わったころに国内山行の充実を問う声があがった。私は「奥三河の乱」と言っている。同時並行しながら海外遠征も進行はしたがインドヒマラヤに格下げになった。それでも6000m級の未踏峰を初登頂する機会はあった。これも『インド・ヒマラヤ』(ナカニシヤ出版)に集大成されるほどに達成感が生れた。それ以前に東海地方中心のガイドブックも多数出版した。登山者として思いつくことはみなやってしまった感がある。
 問題は支部にとっての日露戦争以後である。白人の大国に勝利して浮かれていた日本は次の標的探しを始めた。司馬遼太郎は昭和を書かなかった。欧米列強から日本を守る目的は達成した。次はさて?惨めな敗戦国に成り下がる話になるから書きたくないのは当然である。そういう意味で好悪のはっきりした作家であった。
 支部の財政と支部員の安定供給を支えた登山教室も生徒不足で廃校になった。カルチャーセンター経由の登山教室は終わったのだ。すると会員数は漸減するわ、レベルは下がるわである。支部友も向上心のない会員は退会させた。残った会員も登山の第一線からは退くものの現役でいたい意欲のある人は同好会やサークルを結成して余生を楽しんでいる。そして国内は山行委員会、猿投の森づくりの会などが底支えしている。山の楽しみ方の多様化である。いわばダイバーシティである。出番の少なかった女性、高齢者が活き活きと活動している。
 支部員発掘策として発案されたのが夏山フェスタ(中部経済新聞主催)の発信力を利用して登山学校を開校したところ生徒が殺到した。初心者から中級までのレベルで座学ではなく実践的に教える。今年で一クール修了である。向上心旺盛な登山者は潜在的に多数いたのである。今後はこれを発掘してゆくことになる。
 整理してみよう。
 戦国の乱世は信長が制した。そこを明智光秀が寝首を切った。秀吉が報復して真に天下統一を達成した。30万人もの兵力を擁して当時の世界一の軍事力(鉄砲を持った兵)を持って居たという。そこで秀吉は明を征服することを思いつく。時の勢いである。
 日本一を達成すると今日の企業でも海外へ出てゆく。それは日本人の倣いである。大はトヨタから小はカレーのここ壱番屋まで。
 しかし、秀吉は唐入りでつまづく。余力を失うと家康が台頭して徳川幕藩体制になった。この時代では領土拡張はなかった。腕のたつ腹心の部下を処分して拡大志向の家来を縮小した。武士は戦うことから官僚に変わった。これに反比例するように学問、文芸、芸能、農業生産、商業などが盛んになった。現在におきかえると支部は江戸中期といったイメージか。野心を抱く人は減ってしまった。そこをどうとらえるかはそれぞれの歴史観である。

山岳会東海支部の新年会に出席2020年01月19日

 今池のガスビル8F。16時30分に受付を開始。懐かしい面々と新年のご挨拶を交わす。しかし、年々、知っている人が減って知らない人が増える。そこが寂しさを感じる。かつてはほとんどが錚々たる先輩ばかりだったのに今はこっちが古参会員の部類に入ってきた。後10年も続くかどうか。
 山は楽しい。しかし人間は年を取るのだ。やがては消えてゆく運命である。せめて元気なうちは続けたいもの。
 今回はNHKのディレクターの廣瀬 学氏を呼んで、NHKの得意の山番組の裏表を語ってもらった。廣瀬氏は2年前に名古屋へ転勤で来られたらしい。副支部長と懇意というのでつながった。20世紀は映像の世紀というので山々にもTVカメラが入り込んだ。その前に伊藤孝一の映画用のカメラが入った話も出た。当然だろう。
 後は番組制作の裏話になった。これはスマホで撮影して拡散しないでくれとの要望になった。この世界にも昔は容認されたが今は苦情が出るものもあって再放送はできないとのことだった。そこをちょいと切り取って見せてもらえた。加えてキャンプ、焚火、などは放映すると苦情が来るとのこともあった。冬山とか登山道のない山ではそんなわけにはいかないのだが・・・・。世間は分からずやなのです。
 まして何かとスキャンダルの多いNHKは視聴者の見る目が厳しくなっていることもある。NHKから国民を守る党もある。バッシングがひどくなっている。それでも山番組は人気が高い。お茶の間で見るにしてもどこか非日常の世界へ誘いがあるからだ。この後、宴会に入る。私の顔を見るなり『名古屋周辺週末の山登りベスト120』が好評だった。支部報に寄せる読み物も好評であった。みなさんなかなかよく読んでいただいている気がする。

山岳会の新年会2020年01月15日

 19時から元会員の経営する居酒屋を貸し切りで16名の参加で行われた。18時過ぎから三々五々集結してきた。すっかり高齢化してしまったがみなさん元気な会員ばかりである。
 料理はオーナーの手作りである。今年は人数が多いのでバイキング方式になった。量はたっぷりある。また新たなお手伝いさんになった。20歳のピチピチの若い娘さんである。前の子はちょうど10年で退職されたとか。
 Fさんは名酒、私は対馬の焼酎「つしまやまねこ」を差し入れした。
 申込者は22名あったが最終的には病気や急用、出張などで6名が欠席になった。それでも以前は12名から13名だったこともあり、員数的には盛会になった。やはり新入会員が入ったことが大きい。一方で3月までにベテラン会員が2~3名退会すると聞いている。登れるうちは登るということにはならないようだ。また昨年、元会員が82歳で死亡したと仄聞した。
 こちらもすでに70歳になった。登山者としての余命は後5年くらいか、マイカーの車齢は今年で17年、後5年持つか。すでに24まんkmを越えた。30万kmまではもってほしい。肉体的、気力を維持することと、課題はマイカーを維持する経済力とのバランスである。
 運転免許も巷間伝わるのは認知テストなど聞くだけでもうっとおしい。しかし、高齢者の暴走、逆走があり、社会の仕組みになってしまった。それは団塊の世代が75歳に達すると今よりももっと増えると考えられるからだ。加えて70歳以上の登山者の道迷い、道迷いが遠因の転落死、登山中の病死などが増えている。
 心新たにする1日である。

年忘れ一日がかりで上京す 拙作2019年12月07日

 12/6の夜10時、Sさんの車に同乗して一路上京に向かう。名古屋市内からR23のバイパスに入り、三河平野を貫通。蒲郡市を経由して豊橋バイパスに入ると後は静岡県の浜松市から静岡市までほぼ渋滞もなくスムーズに移動できた。静岡市から御殿場市に向かいR246で神奈川県入り。座間市までは覚えていたがとりあえずの目的地の府中市までの道は毛糸がもつれたように入り乱れた道路なのでナビに頼る。ともかく府中市のパーキングに着いた。宮西町の1日24時間1210円というPにデポ。そこで着替えて、ビジネスホテルでチエックインを確認。その足で京王電鉄京王線の府中駅から乗車し終点新宿駅へ。
 京王プラザホテルはすぐだった。ホテルに入るとすでに全国から会員が集結していた。図書交換会など閲覧して回った。それでも時間は余裕があったが旧交を温める会員もいて時間は過ごせた。やがて17時半近くになると宴会会場に入場。薬師岳のテーブルを割り当てられた。東海支部のT支部長がテーブルマスターである。他支部は2名のみであった。
 天皇陛下が入場されて拍手で迎えた。会員数は500名の割れんばかりの拍手である。即位の祝意も含めての事である。天皇と同じ会場で同じ料理を食べて時間を過ごすのは大変にぜいたくな時間である。料理はフランス料理である。ワインも出た。
 会長あいさつに続き、永年会員表彰、新入会員紹介、物故者への黙祷などが続く。最後は豊橋市の福井酒造の四海王の樽酒の鏡開きになる。登壇者は最初はさすがに天皇陛下は見学と思われた。お声がかからなかった。皇太子時代は常連であった。係りの人も表情を見て取って最後にお声がけされた。大そう喜ばれた。
 車椅子の谷垣氏など数名が登壇して全会員が掛け声で樽の蓋が割られた。後に各テーブルに配られた。檜の香りが酒に移り独特の味わいになった。
 乾杯用のビールが注がれて乾杯。そしてフランス料理が次々運ばれて宴たけなわになった。天皇が在席中は各テーブル内の交わりしかできなかった。天皇が退席されて入り乱れての交流になった。二次会も別の部屋で行われた。ここでも旧交を温める。お開きになると府中市へ電車で帰り、部屋に入る。時はすでに零時を回っていた。睡眠不足と疲れでぐっすり眠った。

ビタミンC(アスコルビン酸)の威力2019年12月04日

 11/29の岳連主催「遭難を考える~低体温症の話」の中で、ビタミンCの事が語られた。私も歯磨きで出血した際にアスコルビン酸を備え付けの小さじ1杯か2杯(1g)を服用してきた。するとすぐに出血が止まった。

「低体温症の話」
http://tss1962.blog.fc2.com/blog-entry-1075.html

 この話を聞いてから、予てより悩んでいた空咳に効能がないか、12/1の夜から1gを2時間から3時間置きに服用してきた。すると2日経過した昨日辺りから空咳の回数が減った。今日は顕著に減った。
 咳が減ると体力が凄く楽である。咳が続くと体がぐったいりするくらい疲れる。これは粘膜の乾燥だったのであろう。これが続くと、呼吸器系の病気の一歩手前かも知れないと考えて呼吸器科を受診したこともあるが悪質な咳ではなかった。
 いつもはのど飴でごまかしてきたが何も舐めずに過ごせる。すると糖分をとらず、虫歯にもなりにくい。これはビタミンC服用の効能ではないか、と思われる。

 改めて、ビタミンCと粘膜で検索すると次のブログ記事がヒットした。

「ビタミンA・C・E(エース)で免疫力UP!!

毎日の食事が大切です。食材を組み合わせ効果を高めよう

特定・特別医療法人福島厚生会  福島第一病院
 栄養管理科主任 菅野 史絵」

ソース:http://www.daiichihosp.jp/ronbun/meyoudate/1702.htm

「ビタミンCの働き
皮膚や筋肉、骨、血管の細胞を結合させるコラーゲンというタンパク質を作ります。また、ウイルスの増殖を阻止するインターフェロンの生成を促進する効果も発揮します。水溶性ビタミンなので、体内に蓄えることができず、一度にたくさんとっても排泄されますので、毎食欠かさず食事に取り入れましょう。

ビタミンCが不足したら?
不足すると肌や粘膜が弱り、弾力が失われて、ウイルスに対する抵抗力が落ちます。また、寒さや疲労・発熱などのストレスにより消耗されて、抵抗力や免疫力が低下してしまいます 。

ビタミンCを多く含む食材
野菜(赤ピーマン・芽キャベツ・パセリ・ブロッコリー・など)・果物(キウイ・レモン・柿・など)・芋類(じゃがいも・さつまいもなど)」がヒットした。

 商品名は外箱にビタミンC原末、日本薬局方ビタミンC,アスコルビン酸、第三類医薬品などと印刷してある。メーカーは小林薬品工業㈱。
 効能はしみ、そばかす、日焼け、かぶれ、による色素沈着。歯ぐきからの出血、鼻出血、肉体疲労時、妊娠、授乳期、病中病後の体力低下時、老年期。
 成人は匙に2杯、1gを服用。服用期間は4時間以上置くように注意喚起がある。
 注意書きは7歳未満は服用禁止。尿、大便の検査に影響を及ぼすそうで、医師に伝えよ、とある。服用後、消化器に副作用があること。症状は吐き気、嘔吐、下痢。この場合は中止とする。
 
 この他ブログ「粘膜を強化するビタミンCは美容にも風邪にも最適」
https://news.livedoor.com/article/detail/9488068/

 敢えて分かち書きに編集してみた。

「ビタミンCは粘膜を強化してくれる

 ビタミンCの効能は粘膜を強化してくれることにあります。

コラーゲンと結合することで、皮膚の内側の部分を保湿して潤いを持続することができます。

そのため、お肌の潤いを保つためにもビタミンCがとても重要な働きをしてくれるんですね。

しかし、ビタミンCはお肌の潤いを保つだけの成分ではありません。

体内でとても重要な粘膜の部分も保湿していき、外敵から守ってくれています。

たとえば、目の粘膜、鼻の粘膜、口の中の粘膜までもがビタミンCのおかげで守られています。

もしビタミンCが不足すると、乾燥を招くのも分かりますよね。

ビタミンCを必要としている部分はとても多いので、もし粘膜部分が乾燥気味になってしまったら、菌などに負けてしまい風邪をひきやすくなってしまいます。」とあり、重要なビタミンと理解できる。

 結局、私の空咳が年中続くのはビタミンCが常時不足しているのである。自然の風は良いが、エアコンの乾燥した風には弱くすぐ喉が反応し咳が出やすい。喉の粘膜が乾燥するからだ。それじゃとフルーツや新鮮な野菜は常時手に入り、常時補給できるかというと困難な環境にある。畑から何日も経過して都会のスーパーの店頭にならぶうちにビタミンCはどんどん失われる。自宅のストックでさらに失われる。

 喉の粘膜を守るには、マスク、うがい、喉飴、等があるが、抜本的にはサプリメントのビタミンCの補給が有効である。空咳が治まってきたら、自然に柿、リンゴ、ホウレンソウ、みかん、ブロッコリーなどで摂取に務めるが良い。
 山岳遭難特に低体温症を防ぐには普段からの栄養管理が大切なのだと理解を深めた。

オイル交換2019年12月02日

 マイカーのエンジン音が多少大きくなってきたので、今日はオイル交換をする。オイルフィルターも交換する。前回から約3000km走った。メーターを見ると累計で約239000km超。平成15年登録から約16年経過。商用車は頑丈である。少しがたついて来たし劣化した箇所もあるがまだまだ行ける。夕方はJACで支部報編集会議へ出席。