平針荒池界隈ポタリング~午後の部2017年06月20日

 午後3時過ぎ、充分な休憩後、また自転車に乗って平針へ行く。今度は荒池をチエックした。これまでに見たことのない大きな池だった。車道の西側の歩道を走った。すると中途から右へ曲がり、急角度で登り始めた。ギアを調整しながらこらえて登り峠を乗り越した。そのままダウンロードすると今朝のとんぼ池の分岐に出たので戻った。峠のところに自転車を置き、道路を挟んで、北側は農業センター、南側は何か不明だがワイヤーで囲ってある。
 どこかに弱点はないかと探ると、ワイヤーが広げてある。そこから道も踏み跡もないが何となく歩けるルートがあった。たどって登ると赤白のポールが立つ3等三角点に着いた。三角点「平針」は角が壊れている。人も来ないはずなのに不思議である。眺めはない。そのまま戻った。この三角点は初見と思う。
 自転車にまたがって、下り気味に行くと右の山側に登る小道に入った。そして例の針名神社の入り口につながっていた。さらに下るとやはり針名神社の正門に下った。
 下山後は農業センターに立ち寄った。そして構内を隈なく歩くと竹林に入る。ああ、これこそ針名神社境内に山続きでつながっており頭の中でようやく地理感が完成した。構内では搾りたての美味しい1本の牛乳を飲んだ。ホモゲナイズしていないので脂肪が浮いている。コクがあってうまい。
 構内のミニ売店ではコーチンの肉、スイカ、野菜などを売っている。牧舎がたち、温室が建つ。ここには名古屋の中の田舎がある。

平針荒池界隈ポタリング~午前の部2017年06月20日

 6/17から6/18の夏山フェスタも終わった。これが終わるといよいよ夏本番である。最後のセミナーで気になる膝痛の話を聞いた。入りは70%以上はあった。みなさんの関心が高い証拠である。
 膝痛のメカニズムがよくわかったが防止策として、講師は「体重を増やさないことですね」と断言。
 その通りです。処方は多々あるが、決め手は膝の負荷を軽減するしかない。というわけで今朝も少し遅めの目覚めで、7時過ぎにペダルをこぎ始めた。目指すは三角点「平針」63.5mと荒池界隈。
 自宅の標高が低いので一気に登らず、大根町を経て名二環を横切る、ある程度高度を稼いでから横断に入る作戦であった。ところが、南へ振りすぎて、緑区の熊ノ前に下り方向感覚が狂ってしまった。今さらまた坂を登り返すのも大変なので白土経由で県道56号に出て、東神ノ倉を迂回しながら北上、地理感のある荒池付近で左折、三角点を目指す。
 ところが向が丘の住宅地で微細な路地道に迷いこむ。かなり北へ行きすぎて、またバックして名古屋市農業公園の西縁を走っていたことに気付いた。当りがついたら急に徒労感がでて帰宅した。何のことはない。針名神社のすぐ南だった。
 地形図は過去15年間新情報を更新していないため、今はある道路も地図ではないことになっている。しかし古くからある道を辿ればよいと気付いた。平地の三角点ほどRFが難しいとはいうが本当である。
 自宅にもどってシャワーを浴びて体重計に乗るとトレパン姿のままで73kg。まあまあのところまで落ちてきた。

白山宮・足王社へお礼参り2017年06月13日

 6/11のクライミングで膝の痛みを感じなかった。つまり治癒が近づいている実感を得た。昨日は疲労と風邪気味で行けず、今朝、車で白山宮と足王社へ参拝した。ジムでもいよいよ復帰ですねと期待が大きかった。それに応えられると良い。
 今年前半は膝痛解消を目標に減量にこれ努めた。スキーも雪山登山もできない体になってしまった。沢登りも当然できない。
 減量に段階的に成功したが、5月半ばで健康障害が出て緊急入院してしまった。半健康状態も今月いっぱいで解消したい。
 5月中旬から始めたポタリングの参拝の成果も大きいように思う。ポタリングは膝に負荷をかけずに血行を良くする効果がある。大腿筋の強化もある。軽い山歩きで減量していけば最終目標の68kgに到達できるだろう。

浜松スクエアークライミングジムdeボードクライミング2017年06月11日

 朝9時、金山を出発。ナビは三ケ日で出よ、というので出たらやはり早かった。距離は100kmちょっと。着いたら11時半を回っていた。地道をはしらされたのが大きい。周囲は田舎地帯にあるポツンとした建物である。
 ここで登録料1000円と使用料2500円を支払って会員になる。シューズ、ギヤ、などは持ち込み可能なのでこれだけである。利用者はそんなには多くはいないので順番待ちはなかった。
 見学を決め込む積りだったが折角だからと1本やってみたらボードの半ばでロープダウンした。腕に力を入れすぎとルートがやや高度だったみたいだ。
 それで優しいルートをやるとするすると最高点まで登攀できた。3本目も場所を変えて、ややグレードの高いルートをやってみたらするすると最高点に到達できた。全員3回から4回はやれたところでお開きにした。
 今回の収穫は膝の痛みを感じなかったことである。ボルダリングはドスンと落ちるので避けたがトップロープに確保されての降下は軟着陸で膝への負荷が少ない。
 帰りは三方ヶ原SAのスマートインターチエンジから入線した。

痩せたければダイエットしてはいけない2017年06月08日

 今朝の中部経済新聞の16面の見出しだ。日刊ゲンダイから購入した記事である。
 要旨は以下の通り。
1 減量を目的にした食生活は、かえって肥満を招く。
2 おやつを饅頭などの和菓子にする。
3 「食事量を減らしなさい、カロリー制限をしなさい」とは言わない。
4 「体重を減らして健康に」というアドバイスは健康をむしばむ。ダイエットや体重をコントロールするための行動はむしろ体重増加につながる。
5 カロリー量を減らせば必然的に食事量が減り、体に必要な栄養素が量的にあるいは質的に不足する。
以上
 なかなかに難しいものです。
 
 食事制限や食事療法は一つ間違えば体を痛めてしまう。病気になってしまう。さまざまな情報が飛び交うが注意したいことです。

日進市の白山宮へ!雨の中の参拝ポタリング2017年06月07日

 今日は久々に曇り空になった。そのせいで小寒い感じだ。登山用の長袖シャツを着用して出発する。ズボンも少し厚めの生地にした。日進市へは名古屋市内を一番ストレスなく出ることだ。すると立体交差になっている名二環の下を通過するのがいい。
 県道をまたいで国道153号はトンネルをくぐるともうほとんど車に出会うことのない道になる。昨日は重たいカメラを持ったせいか白山宮へ行き損ねた。今日は軽くしたので大丈夫と思いきや小粒の雨が降って来た。引き返すには近づきすぎている。この時期の雨は濡れても大したことはあるまいと白山宮を目指す。県道57号を横断してすぐだった。
 車は2台止まっていた。自転車を止めて誰もいない参拝道を登りだす。御手洗場の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿で参拝、足王社で参拝した。ふと気付くと稲荷も祀ってあるので商売繁盛を祈願した。加齢に伴い神頼みが増えた。自転車にまたがって帰途についた。大降りにはならず帰宅中に乾いた。

日進市の足王社へ参拝!2017年06月05日

白山宮の右におはす足王社
 俳句雑誌の原稿を1本仕上げる。昨夜から見直すが最後が決まらず。『古事記』の漫画本、解説本、司馬遼太郎『この国のかたち』等を乱読。石頭でも読んでおれば少しは神道の知識が浸透するだろう。
 5/25に亡くなられた岡田英弘氏の著作の1冊も読みたいが、モンゴル史、東洋史、世界史は壮大で手が付かず。これまでの積読で結構たまっている。著作集の最終巻は買わなかった。メディアに出てこなかった学者は埋もれたままなのだろうか。
 読書に倦んで夕飯を外食。白山宮へちょっとドライブする。自転車で抜け道を知ったからスイスイ走る。途中、すすきらしい群落を見た。白い穂波がゆれて美しい。水田もほぼ植田になった。早いところは青々としている。日々成長している。またカメラで撮影したい。
 白山宮へは約7kmから8kmだった。自転車の運動量は往復15km程度。約2時間かかる。ちょうどいいくらいか。誰も居なかったPに着くとあちこちから参拝の車が着いた。たちまち数台が止まった。先客は鳥居の下で軽く会釈して参道を登った。
 杉の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿へ参拝後、足王社へ参拝する。中年女性の参拝客とすれ違った。いつもは早朝なので誰もいないが普通の時間帯はかなりの参拝客があるようだ。なにぶん、ここは常駐の神職や巫女(みこ)さんもいる。車のお祓いも受け付けているから経済的にも恵まれている。
 帰路は普通の車道を走る。白山宮の麓に来ると西には鎌ヶ岳の尖峰が見えた。別の所からは猿投山は無論、焙烙山や六所山も見えた。高い建物がないから意外に遠方まで見通しが良い。
 名古屋市に近づくと植えたばかりの水田に大西日が反射した。巨大な鏡面に反射してまぶしいほどであった。苗はひねもすこのエネルギーをいただいて大きく育つ。今読んでいる『古事記』のアマテラスオオミノカミの光かと思う。

日進市の白山宮へポタリング2017年06月02日

日進市の白山宮の参道
 昨日、日進市の五差路に白山という交差点があった。安いガソリンスタンドを求めて走りまわった際に立ち寄ってみた。その名も白山宮とあり、平成になって新築した新しい社殿だった。
 そのうえ、足腰の関節の痛みを取るという「足王社」が本殿の横に移転されていた。サッカー神社ともいうらしい。元々は飯田街道沿いに在ったものらしい。早速参拝した。
 地形図では独立標高点77mのある丘陵地の山腹に位置する。特に山の名前はない。77mの山頂へはひらかれた道があったので登ってみたが何もなかった。植生は照葉樹林の林で眺めはない。
 下山して宮司さんに聞く。名古屋周辺には白山神社が多いこと、私の母の在所も三重県の白山町といった話をした。

HPに整理してあるのでコピペすると祭神は

主祭神 菊理姫命 伊弉冉尊 大巳貴命

配祀神 大山祗神 木花開耶姫命 稻田姫命

                 由 緒
  
 創立年代は不詳であるが、境内に古墳があることから古い年代に求めることができ、加賀国白山のご分霊を勧請した近郷無双の古社である。
 大永3年(1523)本郷城主、丹羽若狭守氏清(天文7年岩崎へ移城)が始めて祭祀を司ったとの記述が見られ、以来、湯立、笹踊り、棒の手、馬の塔(献馬)の神事が氏子によって伝承され、「白山の馬まつり」として人々に親しまれ、普く有名になった。
 近年では茅輪祭をはじめ多くの祭礼に年間を通じ数万人の参拝者が訪れる。
 社地は約1万坪を有し広大無辺なご神徳は、いやちこなるを拝します。
              むすびのご神徳
 主神、ククリヒメの神は、その名の通りすべてのものを括り結び合わせることをご使命とされ、古語に産靈をムスビと言っているように、すべてのものを産む力(生命力)が、生成化育の信仰を生み、人生は結びの和によって一層大きく発展することを教えています。
 離合集散ただならぬ世の中にあって生産者には、生産(むすび)の力を、商人には人を引きつける徳を、交際上には人に和を与え給う大神として、人々の上に、ますますムスビの徳を垂れ給うのであります。
以上

 昨夜は大気が不安定になり、雷鳴が響いた。風は北から吹いてくるので冷たい風と暖かい空気との摩擦で雷が起きたのだろう。寝付きにくいが、6月ともなると夜が短い。朝6時目覚め、6時30分には出発できた。自転車にまたがり、いつものコースを走る。三河山間部に雲が多いが、猿投山は見えている。
 本郷町から県道57を横切り、左折して山に向かうと白山宮のPに着く。自転車も置く。約35分のポタリングだった。途中、写真撮影もあるので25分くらいだ。ちょうどいい運動量になる。
 石の鳥居の右手に由緒が書かれている。古墳への道もついている。立派な参道である。新しい花崗岩の石畳が登ってゆく。上部で石段になる。まずは本殿に参拝し、続いて足王社に参拝した。昨日は中年の女性が参拝していた。若くても足腰の痛みはあるのだろう。サッカーの選手も参拝にきたようである。プロは練習と試合で怪我だらけであろう。時に神頼みにもなるのだ。
 77mへの登頂は省略して下山した。また自転車にまたがって日進の田園地帯を走った。大ぶりの野鳥が代田にいるのでよく見たらカイツブリのようである。珍しい鳥ではないが近くで見ると大きい。
 名古屋市平針駅に近くなると裏道、抜け道も途端に交通量が増えた。走らなくなると同時に危険を感じる。喫茶店で一休みして帰宅した。

朝のポタリング2017年05月30日

日進市の天白川支流の野方川合流地点付近の水田
 今朝も5時過ぎに目が覚めた。老齢の域に達すると目覚めが早いとはいうがこのまままどろむにはもったいないので5時30分過ぎに自転車で天白川沿いに走った。
 サイクリングロードを名二環の橋の下をくぐると対岸から日進市になる。平針周辺の住民がウォーキングしたり、ジョギングしたり、中には鉄亜鈴を持ちながら歩く人もいた。県道を渡って天白川右岸の道に入ると都会から一気に田舎になった。砂利道を走りながら川を覗くと大きな鯉が泳いでいるのが見えた。R153を横断する。この時間帯は閑散としている。
 砂利道をギアを切り上げて軽快に走る。今日は梅森町で引き返した。標高29mからR153に出て、交差点のデニーズで朝定を食べてコーヒーを飲む。無料の新聞を読みながらゆっくりする。玄関の真上には燕が営巣中で雛が2羽か3羽顔を出している。糞が落ちてくるから注意してとの注意書きがあった。いつ巣立つだろうか。
 県道から梅ヶ丘に曲がり、田園地帯を走る。不思議にも道路より一段高い水田に満々と水が湛えられている。よく見ると田の端に水道管が突き出ている。農家のおじさんに聞いてみた。
 「この辺りの田んぼってみな愛知用水から引いているんですか」と「ああそうだ」と。つまり天白川でありながら利水は木曽川水系なのである。そうか、日進市や平針周辺にはため池がとても多い。今は埋めてて住宅地などになって減っている。赤池も近年埋め立てられた。その代わりに東郷町にある愛知用水の調整池の愛知池から引いているのだろう。この庭園のような美しい水田も英知の賜物である。
 引き返した地点には廃田も見られた。ため池は埋まり、田は耕作地ではなくなった。10年に1度の大雨でも降ると水を受け止めることができなくなって一気に天白川に流入する。それが原因かどうかは断定できないが野並水害の遠因になっているのだろう。
 水田は広域ダムの機能も果たしている。日進農協のお米をせっせと買ってあげようと思う。勤務先の上司は日進農協でよく買っていた。あれはあれで大いに意味があったのだと思う。日進市産米を消費することで耕作を支え、田んぼを保全することで天白川下流域の水害を防止する。木曽川の水で育った米なら多分美味いだろう。

予後観察2017年05月25日

 5/25、梅雨の先触れのような空模様である。朝9時過ぎ雨の中を出た。行先は入院先の病院である。9時半、受付を済ませて血液検査と尿検査をする。検査結果の出るまでの1時間以上を院内で空費する。
 名前を呼ばれて担当の医師と面談。血液、尿の検査結果は悪性のデータはなく完治したとのことだった。見せてもらうと入院中はデータのグラフが山のように盛り上がっていた。ばい菌が増殖していたのである。ただし、まだガンの疑いはあるのでもう1ヶ月経過観察することになる。投薬の処方箋をもらって出た。やれやれである。
 その後、医療費の精算、テレビカードの精算、果物ナイフの回収を済ます。病室ではあらゆる刃物の持ち込みはご禁制であった。髭剃りもダメで伸び放題だったが、病院の電気かみそりであらぞりはしたがさっぱりしない。不便なものである。普通の生活のなんと快適なことか。
 振り返れば、13日から14日はご飯は見ただけでむっとした。果物だけは何とか食べた。しかし、点滴だけでは衰弱するので、看護士にご飯をおにぎりにするように依頼した。15日の朝は2個のおにぎりのうち1個は食べれた。夜は1個は普通に食べて、2個目はお茶で流し込んだ。飯が食えるとおかずも残さず食べれた。不思議にも16日は少し元気になれた。データが改善したのか、医師が回診で明日以降退院もほのめかしてきた。20日までに退院できればありがたいと医師に懇願したら、17日に退院できた。
 これだけ短期で退院できたのは何とか早くよくなりたい、そのためにご飯を食べたい、おにぎりなら残飯の罪悪感なく、1個でも食べたら身体に力になる。そう考えたからだった。おにぎりの不思議な力に感謝する思いだ。食欲がなくてお茶で流し込んででも食うのは登山で実際にやったことである。入院は遭難と同じ、退院は生還である。