喉の痛みははちみつで軽減2023年01月23日

 喉に痛みを感じてから医院に行くか、ドラッグで痛み止めを買うか迷ったが、手元のハチミツを舐めているうちに軽くなった。他にビタミンC,ビタミンB群のサプリを服用。ハチミツの殺菌効果は大きい。
 たかが名古屋市内の散歩だからと防寒対策しなかったので体を冷やしたかも知れない。アウターは山用のヤッケではなく、街歩きに便利なナイロン100%でポケットの多い薄手のものだった。冷気を通す上に木綿の下着にうっすら汗をかく。休憩はしないが行動を止めて見ると体温が下がるにつれて冷えてくる。
 この寒さ対策にワークマンプラスでマウンテンパーカーと冬用の吸汗速乾の下着も着用する。マウンテンパーカーは綿入りなで膨らむ。暑くなって脱ぐとザックに収容するのが大変なことでこれまで買わなかった。脱ぐと中間着(セーター)と下着だけになる。厳冬期用ヤッケ、羽毛ジャケットのレイヤードで着脱をしやすくしてきた。
 3000m級の山スキーや亜高山帯のゲレンデスキーもウインドヤッケと羽毛ジャケット+セーター+毛の下着+ズボン下+羽毛ズボンのレイヤードで間に合ってきた。
 厳冬期の散歩とはいえ、伊吹颪の寒さは警戒しなくてはいけなかった。これで寒さ対策はOK。八事の志賀山越えは比高60mを乗り越す。米袋の3kg、5kg、水2リットルのペットボトル、速度で体調に応じて強弱をつける。又は距離を稼がなくてもトレーニングになる。

八事の山越え2023年01月22日

1/18 東山公園
1/19 東山公園と平和公園
1/20 八事裏山周回
1/22 八事富士見越え
 
 とまあ名古屋市内の多少の自然が残る場所を絡めてウォーキングしてきた。
問題点は
1 下着は厚手の木綿だったが行動後に体温が下がると下着に残る汗が冷えて背中が小寒い。

2 アウターは山用のヤッケもあるし羽毛ジャケットもある。街歩きにはややものものしい。普段着のアウターにはポケットの多いナイロンのジャケットを着用するが裏地はあるものの冷気はスカスカに浸み込んでくるから寒い。

3 手袋も欲しい時があるほど寒いがアウターに懐手をすると何とかしのげる

 1/20は使い込んだ冬山用の下着を着用したが速乾機能は衰えたようなのワークマンの店で新品を購入した。アウターは物色中。防寒は必須だが街歩き用にはポケットが多いことが必須。
 1/21は夕飯に和牛のメニューにした。肉を食べて耐寒力を高めたい。今夜は酢豚にした。酢を摂ることで体内の代謝力を促進する。継続すれば健康に効果が期待できる。

喉が痛む2023年01月21日

 ものを飲み込むときに痛い

のどが炎症を

起こして腫れていると飲み込むときに痛むことがあります。風邪によるのどの痛みや腫れには、解熱鎮痛成分が含まれた市販の風邪薬も有効です。ただし、発熱や首のリンパ節の腫れなどを伴う場合は細菌が感染してのどが腫れている可能性があるため、早めに医師の診察を受けることが大切です。
のどの痛みが次のような場合は、命にかかわる病気が隠れていることがあるので、すぐに医療機関を受診してください。

・のどの炎症を和らげる
のど飴で潤す。殺菌・抗炎症成分のトローチ・のどスプレーを利用する。

・のどへの刺激を避ける
飲酒・喫煙を控える。辛い・熱い食べ物を控える。

・のどの乾燥を防ぐ
マスクの着用、部屋の加湿、水分補給・うがいをする。

・ハチミツはなぜ喉にいいの?

はちみつには、グルコースオキシダーゼという酵素が含まれています。 グルコースオキシダーゼははちみつの表面で空気中の酸素と結びつき、過酸化水素を作り出します。 この過酸化水素の別名は、「オキシドール」。 はちみつにはオキシドールの殺菌効果が含まれているので、喉についた菌を退けることができるのです。

◎はちみつの在庫があったので舐めてみよう。

忘れがちな酢の効能2023年01月18日

 2007年頃だったか、肥満を抑制するために12月頃から肉類を食べずに1ヶ月経過した。翌年風邪を引きやすくなった。特に咳がひどかった。医院で処方してもらったが効き目が出てこなかった。
 見かねた友人が篠島へフグを食べに連れて行ってくれた。フグはポン酢で食べた。その日は何ともなかったが翌日から咳が止まった。あれは何だったのか。調べるとフグの栄養よりも酢の効能ではないかと思った。
 ネットで調べると「お酢に期待できる健康効果は食後血糖値の上昇抑制、体脂肪・内臓脂肪の減少、血圧低下作用、疲労回復などであると言われており、積極的に取り入れたい食品の一つです。 いずれも効果を得るためには1日あたり15mL(大さじ1杯)程度を継続して摂取する必要があります。」の記事がヒットした。
 更に「お酢には胃酸の分泌を促す作用があり、胃酸やお酢の成分そのものが胃や腸を刺激し、ぜん動運動を活発にすると言われております。 さらに、お酢には、腸内の善玉菌を増やすことで、便通の改善効果が期待できます。 便秘でお悩みの方は、一度、酢大豆をお試しください。 大豆に含まれる食物繊維の作用も加わり、効果が期待できます。」と言いこと尽くめ。
 酢と咳を組み合わせて見ると
「冬の乾燥した空気は喉にとって大敵です。


この時期起こりやすい喉の痛みや空咳が続くといった症状を改善するために効果的な食ベ物や飲み物があります。


それらをどのように喉に良いのかも交えてご紹介し、逆に避けたほうがよいものについても解説してゆきます。

どんどん気温が下がってゆくこれからの季節、寒さだけではなく空気の乾燥も厳しいものがありますよね。


空気が乾燥した状態では人の皮膚や粘膜も潤いをなくしてゆくので肌がカサカサになり荒れてくるなど様々な影響が出ますし、なかでも喉の調子が悪くなってつらい……とお悩みの方、多いんじゃないでしょうか?


冬になると乾燥で喉が痛くなったり空咳が出てきたり。


とくに朝起きた直後によくあることだと思います。


喉の乾燥による症状は不快なだけでなく、乾燥している状態が続くと風邪などのウイルスや細菌に感染しやすくなってしまいます。


喉には口から取り込んだ外気がまず触れる器官として、ウイルスや細菌、ほこり、花粉など人体に悪影響をおよぼす可能性のあるものが体内へ入ってゆかないように防御する働きがあります。


喉の粘膜によってウイルスなどを捕らえて、体外へと追い出すのです。


しかし喉が乾燥して粘膜の潤いをなくした状態ではこの働きが正常に機能しなくなります。

結果、ウイルスや細菌による感染症にかかりやすくなってしまうのです。


感染した風邪などのウイルスによって喉の細胞が破壊されると炎症を起こして、さらに痛みや腫れが生じる原因にもなります。


東洋医学には「燥邪(そうじゃ)」という言葉があり、強い空気の乾燥とそれによって引き起こされる障害のことを指します。


燥邪は「六淫(りくいん)」のひとつとされており、外部から来る6つの主要な疾病の原因のうちに数えられています。


秋冬の乾燥にはそのくらい気を付け、きちんと呼吸器のケアをして過ごさなければならないということです。


空気の乾燥による喉のコンディションの悪化をおさえる手段は様々で、加湿器を使って空気を潤すということもできますし、薬をつかって炎症をおさえるという手もあります。


今回はそのうちのひとつとして、普段食べたり飲んだりしているものに気を配るという方法に注目してみたいと思います。


喉に良い食材、つらい喉の痛みや空咳が改善できる食材をご紹介していきましょう。


毎年寒くなると喉から風邪をひく、という方は必見です。

喉が乾燥して痛みや空咳が出る時におすすめの食材。


まずひとつはナシ(和梨。洋梨でも可)です。


ナシは非常に多くの水分を含んだ果物で、東洋医学では食べることで「肺」の乾燥を潤してくれる食材として有名です。


ちなみに東洋医学での「肺」とは、呼吸器全般や皮膚など呼吸に関わるあらゆる器官のことを指します。


ナシには水分だけでなくソルビトールという成分が多く含まれており、喉の炎症や咳を鎮めて痰を出やすくする効果があります。


とくに空咳に悩まされている方には定期的に食べることをおすすめしたい食材です。


ただその反面、ナシは体を冷やす性質がとても強く、ソルビトールは摂取しすぎると下痢を引き起こすことがあるので食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。


胃腸が弱く、ナシはお腹を壊すのでちょっと……という方にはリンゴがおすすめです。


リンゴはナシに比べて胃腸への負担が軽く、ペクチンという成分が含まれており消化を助けて腸の働きを整える作用があると言われています。


下痢をしている時にも有効です。


リンゴもナシと同様、食べることによって喉などの呼吸器を潤してくれる食材です。


また、リンゴ酸やクエン酸などの有機酸が抗菌・消毒作用を持つため、喉の炎症にも効果的です。


風邪を引いた時にすりおろしたリンゴを食べた経験のある方は多いと思いますが、弱っている時に口当たりが良いというだけでなく、きちんとこういった効果があってのことなのです。


すりおろすことで喉が傷んでいる時にでも負担をおさえることができますし、皮ごとすりおろせば先ほどのペクチンなどの栄養素を効率よく摂取できます。


果物としては柿もおすすめです。


柿の色素にはβ-カロテンが含まれ、腸から吸収されることによってビタミンAに変わります。


ビタミンAは喉や鼻などの粘膜を健康に保つ作用があるので粘膜が弱っている時にはうってつけです。


また、柿の渋み成分として知られるタンニンには炎症をおさえる「消炎作用」や血管を縮める「収れん作用」があり、喉が炎症を起こして空咳が出ている時に効果的です。


ただし、柿にはナシと同じく体を冷やす性質があるので気を付けましょう。


干し柿にした状態ならば体を冷やさず食べられますよ。


喉に良い食べ物は他にも様々あります。


広く知られているものとしては蜂蜜が挙げられます。


粘度のある蜂蜜は喉をよく潤し保湿してくれるので、咳が出ている時によく効きます。


また、グルコン酸という有機酸が含まれており強い殺菌作用があります。


高い糖度による疲労回復効果もあるので、とくに風邪で弱っている時に摂ると良い食材です。


意外なところでは杏仁豆腐を食べるのも効果的です。


杏仁豆腐に使われているアンズの種にはアミグダリンという成分が含まれており、咳を鎮める効果があることから古来よりアンズの種は咳止め薬として重宝されてきました。


現在でもアンズの種を使った咳止め薬は漢方医薬として用いられています。


杏仁豆腐には牛乳も使われますが、牛乳には喉を潤す効果がありますので、アンズの種と合わせて摂ることができる杏仁豆腐は喉に良い食べ物と言えます。


多くののど飴にはミントが含まれていますが、これはミントに含まれるメントールに冷感作用や消炎作用があるためです。


喉が痛い時にハーブティーなどにして飲めば痛みがやわらいでスッキリしますよ。


甘いものが苦手な方にもおすすめです。


メントールはいわゆる「スースー」する成分で、これを活かすにはあまり熱くしすぎないようにしましょう。


同じく消炎効果のあるルテオリンを含む、菊の花のお茶と組み合わせるとさらに効果がアップしますよ。

空咳続く2023年01月17日

 空咳が続くので外出は控えた。夕方は買い物に出て食酢を探した。中々良いものはない。みな酢をベースに混ぜ物をしてバラエティに富む。例えば黒酢は健康そうなイメージ商品で高目の価格。ハチミツを混ぜたもの、その他いろいろある。健康食品として飲みやすいタイプはネット通販でしか得られないのだろう。

薬草湯2023年01月13日

 このところの寒さで体調は今一だった。寒さで熟睡できない。暖房は充分なのに空咳が再発してきた。体温は普通、室温がやや低めが原因か。あまり使いたくないエアコンを終夜運転させてみたが乾燥した空気のせいか喉がますます悪く空咳が止まない。
 そこで使い残していた伊吹薬草湯の入浴剤を使ってみた。洗うより長湯を心掛けたら睡眠はぐっすりとれてすっきりした。薬効成分が浸透して血行を促すのだろうか。つまり温かい血液が循環するから夜中の咳も止った。小便も3回のところ1回に減った。
 若い時は代謝が盛んなので体温の低下は心配無さそうだが高齢の域になると食べていても体温が上がりにくいのだろう。後3袋ある。また注文したい。
 とにかく寒明けまでは厳しい寒さが続く。日没が遅くなったから春が近づいている実感はある。それまでは耐寒生活が続く。

雑煮が旨い2023年01月03日

 昨年からの在庫の餅を食べ尽くしたので新たに買ってきた餅で雑煮を作った。やはり新しいものは風味もあり旨い。一個一個分包されているから品質は安定するが風味は時間経過で落ちてゆく。
 熱い餅をふうふう言いながら食う。小松菜の青菜が滋養たっぷりに思える。かつお節の風味もよだれを誘う。
 体が温まると昨日からひどくなった空咳による喉の痛みも和らぐ。体温が上がれば免疫力も上がる。高齢になると体温が下がる。すると病気になりやすい。そのきっかけが咳であろう。咳は体温が下がってきて免疫力が落ちたから咳を出して体温をあげる自然な対応であり病気ではない。咳止めを飲んではいけないのである。

体力回復に向けて2022年12月27日

 雑用山積とはいえ、一向に向かう気力なし。
 やはり20日以来の3日間の絶食で体力を落とした。2日間38℃以上の高熱があったということは体内で白血球とウイルスらしい病原菌とが戦争した証であろう。
 その間薬や注射はしないで自己免疫力だけで凌ぐことができた。2019年までなら激しい空咳を伴ったことを想像するだに胸をなでおろす。あの年に偶然ビタミンCの大量服用で完全治癒できた。それがなかったらどうなっているやら。
 まずは体力の回復ために昨日はうな丼を喰った。ビタミンB群の宝庫という。今日はとんかつとかきふらいにした。朝飯を食うほど空腹ではないがこれも復活させたい。

腰痛で無為に過ごすや十二月 拙作2022年12月26日

 雑用は山積しているが腰痛で動けず。タイヤ交換以外に負担のかかる仕事はなかったはずだがどこでやっってしまったのか?

腰痛は寝すぎというらしいが?2022年12月25日

 このところ腰に変な痛みが走る。やむなく寝ながら本や雑誌を読むくらいしかない。しかしそれが腰痛を長引かせるらしい。外へ出るしかないか。歩きで少しでも腰回りの筋肉がほぐれたら幸いである。