春雷を三度聞くなり飛騨の山 拙作2020年03月29日

 3/22の大鼠山スキー登山の途上、遠雷が鳴った。春は気圧が不安定な時期であり、上空5000m級の高層圏には冷たい空気が流れこみ、低空の温かい空気と触れ合って雷が起こる。「下山しろ、これから悪くなるぞ」というような嫌な音だ。雹か霰かが降ってきた。かといって引き返すわけでもなく遅々とした歩みで山頂へ向かった。

大鼠山スキー登山2020年03月22日

 3/22は飛騨市山之村の大鼠山へスキー登山を果たしました。
 2/9は1502mの地点で大雪のために撤退。今回はそのリベンジになります。3/21の午後3時30分、同行のWさんの職場から出発。名二環、名古屋高速から名神、東海北陸と使えるものはみな使って飛騨清見ICで飛騨入り。神岡町のスーパー「バロー」へ着いたら午後6時20分。バローで食材の買い物を済ますと山之村へ。神岡町の素晴らしい夜景をちらっと眼下に見て、つづら折れの県道を走り伊西トンネルを抜けると山之村に着く。
 荒涼とした風景の中を走る。それでも春は来ており、2/9には雪道走行だったが今は路上の雪はない。山はいわゆる斑雪山(はだれやま)になった。戦前のベストセラーの中河与一の小説『天の夕顔』の駅に着く。ここは天蓋山の登山口だが桑崎山や明日登る大鼠山の拠点にもなる。Pにも雪はほとんどない。軒先でビバークさせてもらう。少しばかりの酒とうどんすき焼きで体を温める。
 3/22の朝4時起き。食事、片づけて出発は6時20分になった。2/9はここからシールを張って歩いたが今日は車で1km先のスノーモービル置き場まで走り、出発。しかし、雪は林の中だけは残り、山之村牧場が見えるところでは路面の雪は解けたのでスキー板をかついで歩く。ここで7時25分経過。再び路面の雪ではスキーを履くが登山道になる林道の先でまた解けている。板を外して、また履いてを2回繰り返し、標高1300m付近からしっかり残雪の林道歩きになった。
 以前撤退した1502m地点は楽々通過出来、大鼠山の登山道のある地点まで一気に歩いた。ここに深洞湿原の道標を見た。地元の人の話では中々に良いところらしい。先行者のスキー跡があるのでそれを追うように登る。林道を離れると針葉樹、ブナ、ダケカンバ、ササ、低灌木の茂る混交林になる。登山道は雪に埋もれているが、ゆるやかな地形をたどると30分もかからず、1590mの最高点に着いた。11時2分。
 展望は北東に見えるがあいにくの曇天で山岳同定はできない。北ノ俣岳辺りが見えるとは思うが・・・。山名板があるのでここが終点かと思ったら実は三角点1584.5mはもう一つ隣のこぶだったのでまた腰をあげて歩いた。着いたものの三角点はまだ雪の下。いくらも滞在することもなく下山した。破線の登山道は1590mを迂回しているが実際には幹に赤ペンキでルートを示してある。三角点からの展望は北東だけで周囲は樹林にさえぎられる。どちらかと言えば最高点の方がよさそうだ。
 下山はわれわれが残したスキーの跡をたどるがリーダーが付けた赤布も回収する。林道に着いたがシールを外すのは1502m地点にした。途中にギャップがあるからだ。シールをはがして、滑走面の糊を溶剤で掃除してワックスを塗る。先回はこれをしなかったから滑走面に雪が付いて難儀した。滑らないスキー板は危険でさえある。それで今回は気持ちよく走ってくれた。登りは時速2km以下、下りは時速10km以上だから早い早い。あっという間に車道に出た。車道もところどころスキー板を付けたり外したりで忙しかったが楽しくリベンジ登山を終えた。
 今回の収穫は林道歩きが多かったが、1400m以上では残された山毛欅の大木に目を奪われたことだ。加えて山頂までシールを付けたまま登山できたこと。
 山頂周辺の山毛欅、針葉樹、ダケカンバなどの混交林も特筆される。日本海側の山では山毛欅の純林が多かったから意外な発見である。今回は登山に夢中で留意はしなかったが、点名は「大鼠、おおねず」からの想像であるが、ネズコ(黒部、黒檜、ネズコは幹が鼠色に由来)の大木の群生地だったのか。𣜌(木へんに鼠)とも書く。
 また今年の干支の鼠に因んだ山名の山に登れてやっと正月が祝えるねと笑った。帰路は飛騨市古川の桃源郷温泉「すぱーふる」に入湯。良い湯でした。

厳冬の神岡町山之村へ2020年02月08日

 午後3時30分に名古屋市を出発。一宮ICから清見ICへ。奥飛騨の冬は久々に訪れる。古川町から神岡町へR41を走っても雪は見ない。今年は本当に雪が降らない。途中流葉スキー場を通過、ここも山頂部だけが営業中とかいう。神岡町に着いてバローの店で夕食や行動食などを購入する。ここは午後9時閉店と思っていたが最近は7時になった。30分ほどの時間でパッパッと買い物を済ませる。次は道の駅で冬山の服装に着替えた。コンビニではおにぎりを調達。これで神岡町の街から県道484に入り伊西トンネルまでの羊腸の山岳路を登る。上部では圧雪路になった。
 トンネルを抜けると標高900m以上の高原の山之村に着いた。家もほとんどない。一面真っ白な雪道を疾駆する。そして高原の駅「天の夕顔」に着いた。かつて天蓋山や桑崎山に登りに来た登山口である。
 ロードクリアランスが170センチの愛車もギリギリのラッセルに耐えて到着だ。今時はだれもいない。この一角でテントを設営だ。雪は一晩中降り続いた。

オーバーズボンを探す2020年02月06日

 今日は一日中風が強かった。良く晴れて猿投山も良く見えた。多分山も冬日和になったことだろう。朝方は読書三昧、山と俳句の原稿の構想を練る。遅めの朝食兼中食を食べる。
 午後は喫茶店に寄り買い物に行く。新聞の広告に葉酸の本が紹介されていた。ブロッコリーやホウレンソウなどに含まれる栄養価の高い野菜類を買う。後、牛肉、牡蠣、生和布が豊富にあった。和布は塩蔵でもしないと冷蔵でもすぐ腐敗するので小分けして冷凍した。しまったにんにくを買い忘れた。
 12月と1月は新聞の購読を休んでいた。年末年始は長期旅行もある。新聞の速報性はネットで十分である。今や旧聞になった。それでも昨年来の古新聞と2月から再開した新聞購読が溜まり始めたので整理整頓する。
 週末の山スキーの服装や道具の準備、さらに雪中での車中泊に備えて車内を整理した。ごちゃごちゃと物置代わりにしてあるから登山口に着いてすぐ眠れるように不要なものを出した。
 ディーゼルエンジン車の対策として、灯油を10ℓほど石油缶に移す。名古屋の灯油は凍結するので現地で軽油に灯油を混合しておくと凍結を防止できる。
 不用品を出した後は、シュラフ、シュラフカバー、象足、山スキー板、シール、ストック、ワカン、ピッケル、雪用スコップ、アイゼン等を収納した。服装は赤のオーバーヤッケ、羽毛服、羽毛ズボンを収納するがオーバーズボンがない。
 押入れや段ボール箱を探してもない。車内にもなかった。昨年3月でスキー仕舞いした際にどこかへ忘れたか。否、そんなことはあるまいと、ワイシャツ類を仮に掛けてある鴨居を探すとあった。今時は薄手のワイシャツ類は着ないから埋もれていた。やれやれだ。これで山スキーの準備は済んだ。天気を祈る。

雪崩死亡事故相次ぐ2020年02月02日

 このところバックカントリースキーヤーの雪崩による死亡事故が相次いでいる。1/31の北海道のトマムスキー場の場外での事故で外人が死亡したばかりだった。今朝ニュースを見ていたらまた北海道のピンネシリ岳703mで外人が死亡していた。
 さらに驚いたのは乗鞍岳でも雪崩に起因する死亡事故があったことである。しかも名古屋市の人であった。乗鞍岳は若いころからよく通った山であるが雪崩なんて聞いたことがない。北東斜面ってどこだろう。
 寡雪が伝えられていたがこのところ高い山では降っている。また緯度の北の方でも積雪があった。しかしどこでもここ最近急に降り出した感がある。加えてバックカントリースキーは粉雪を楽しむ趣向なので雪崩と背中合わせになる。
 雪崩だけはどれだけスキーの経験を重ねても予知の能力を高めることはできまい。降雪期はたとえ好天でも絶好のパウダーゾーンである沢筋に入らないことだ。特に尾根の風下の雪庇が出るような斜面は雪崩れる危険がある。これまでに何人ものベテラン登山家の命を奪ってきた。
 どかっと降ってまだ不安定な雪山の怖さを教えてくれた。他山の石と心得て行くことになる。

阪神淡路大震災から四半世紀2020年01月17日

今日17日で25年か、早いものだ。当日、共著で拙書『ひと味違う名古屋からの山旅』の2刷の印税が入金した。これも何かの縁と、共著の人たちの了解を得て、全額を中日新聞社を通じて義援金として寄付した。ささやかでも助け合うことで被災者の力になると思った。その後の報道で未曾有の 義援金が集まった。本もよく売れて3刷までいった。
業界団体の研修旅行で神戸市の被災地跡を見学した。想像を絶する展示だった。天災は忘れた頃にやってくるというが、近年は加速度的に起こる。巨大土木工事が続いてあるから地盤がストレスを受けやすい。リニア新幹線とか中央構造線をぶち抜く。何も無ければ良いがと思う。

年忘れ一日がかりで上京す 拙作2019年12月07日

 12/6の夜10時、Sさんの車に同乗して一路上京に向かう。名古屋市内からR23のバイパスに入り、三河平野を貫通。蒲郡市を経由して豊橋バイパスに入ると後は静岡県の浜松市から静岡市までほぼ渋滞もなくスムーズに移動できた。静岡市から御殿場市に向かいR246で神奈川県入り。座間市までは覚えていたがとりあえずの目的地の府中市までの道は毛糸がもつれたように入り乱れた道路なのでナビに頼る。ともかく府中市のパーキングに着いた。宮西町の1日24時間1210円というPにデポ。そこで着替えて、ビジネスホテルでチエックインを確認。その足で京王電鉄京王線の府中駅から乗車し終点新宿駅へ。
 京王プラザホテルはすぐだった。ホテルに入るとすでに全国から会員が集結していた。図書交換会など閲覧して回った。それでも時間は余裕があったが旧交を温める会員もいて時間は過ごせた。やがて17時半近くになると宴会会場に入場。薬師岳のテーブルを割り当てられた。東海支部のT支部長がテーブルマスターである。他支部は2名のみであった。
 天皇陛下が入場されて拍手で迎えた。会員数は500名の割れんばかりの拍手である。即位の祝意も含めての事である。天皇と同じ会場で同じ料理を食べて時間を過ごすのは大変にぜいたくな時間である。料理はフランス料理である。ワインも出た。
 会長あいさつに続き、永年会員表彰、新入会員紹介、物故者への黙祷などが続く。最後は豊橋市の福井酒造の四海王の樽酒の鏡開きになる。登壇者は最初はさすがに天皇陛下は見学と思われた。お声がかからなかった。皇太子時代は常連であった。係りの人も表情を見て取って最後にお声がけされた。大そう喜ばれた。
 車椅子の谷垣氏など数名が登壇して全会員が掛け声で樽の蓋が割られた。後に各テーブルに配られた。檜の香りが酒に移り独特の味わいになった。
 乾杯用のビールが注がれて乾杯。そしてフランス料理が次々運ばれて宴たけなわになった。天皇が在席中は各テーブル内の交わりしかできなかった。天皇が退席されて入り乱れての交流になった。二次会も別の部屋で行われた。ここでも旧交を温める。お開きになると府中市へ電車で帰り、部屋に入る。時はすでに零時を回っていた。睡眠不足と疲れでぐっすり眠った。

会員の退会さはに木の葉髪 拙作2019年11月14日

 今朝は傘を持って居る人が居たので外を見ると時雨模様だった。それでも雨合羽を着ていたので少雨なら大丈夫とポタリングに出た。いつもの喫茶店でモーニング。山岳会の忘年山行の段取り、公正証書遺言の段取りなどのメールの返信などを処理して丸の内事務所へ。今週は認知症関連の記事が多い週刊誌を3冊購入。事務所ではストーブに点火して暖房。エアコンより暖かい。
 さて掲載の句は年末になって山岳会のベテラン会員の退会の届け出が続いた。みな会歴が長く、退会すれば寂しいことになる。しかしさいわいにもネット経由で延べ8人の入会者があった。縁故入会、一般紙面からの入会者は絶えて久しいので退会者が続くのは辛い。11月になって髪の毛も心なしか抜け毛が増えた。退会が原因というわけではない。生きるもの全てが生気を失ってゆく11月である。髪の毛が抜けるように寂しいのである。そういえば、髪という字は長い友と書く。抜け始めてわかる、髪は長~い友達なのである。そんなCMがあったなあ。

秋晴れ2019年11月05日

 今日はは清々しい朝。わが窓から猿投山もいつもよりくっきり見える。黒々としている。もうすぐ山眠る季節に入るがすでに寝ているようだ。空気中の水蒸気が減ったのだろう。もしやと御嶽山の方向に目を凝らすとかすかに見える。間違いなく御嶽山の輪郭である。但し今は冠雪していないのだろう。だから黒っぽい。自転車の空気が減って今日はポタリングを休止したがこれからは良い季節になる。いやむしろ小寒いくらいだ。昨夜は原稿を2本書き上げた。あと少しで外に出かけられる。

老人性低体温症2019年11月04日

遭難を考える講演会
 このところの冷え込みで秋山遭難が増えてきた。北アでは72歳の老登山者が低体温症で死亡した。 
 登山の基本は、温かい衣料(行動中は軽く、休止中は防風対策、冷えに対策して工夫)、十分な水と食料(非常食も含む)、後不時露営に備えて、ツエルト、防寒着、体力が許せばコンロ、コッヘルで暖を取れる準備を固めていきたい。これらの装備をいつでも使えるようにしておくことも大切だ。
 今時は携帯電話など連絡手段も必須になった。秋山は早く日没する。早出早着きが常識。これから冬至までは日照時間が少なくなる一方なので行動時間が限られることも念頭に置きたい。

 テルモという医療器具のメーカーのHPから
 高齢者では暑さ、寒さに対する感覚が鈍くなり、身体の反応も弱くなっています。具体的には、暑くても汗をかきにくく、汗の量も少なくなります。また暑いと皮膚の血流が増えて体内の熱を逃がそうとするはずですが、高齢者の場合、暑くても皮膚の血流量が増えにくくなります。
 逆に寒くなっても皮膚の血流量があまり減らないため、体内の熱を逃がしてしまい、体を冷やしやすくなります。
 老人性低体温症
寒いとき、高齢者の手に触ると、温かく感じることが多いと思います。本来、寒いときは皮膚の血管が縮まって血流量が少なくなり、体内から熱が逃げるのを防ぐ仕組みがあります。しかし若い人にくらべて高齢者の皮膚血管はその反応が鈍いため、体内から熱が奪われやすくなります。
 さらに体内で熱を作り出す反応も高齢者では弱いため、体が冷えてしまいます。
 寒いときに体の中心部の体温が35℃以下に下がった状態を「偶発性低体温症」といいますが、高齢者の体温が低くなったときの状況をとくに「老人性低体温症」と呼びます。
以上
・・・・こんな老人の生理を考慮して秋山冬山に対応する必要がある。2012年のGWの白馬岳の稜線をTシャツ1枚だけで登っていた中高年のパーティ6人が全員低体温症で死亡している。
 「豊後ピートのブログ」から
「GWの白馬岳で6人が凍死 4」
https://blog.goo.ne.jp/bongo-pete/e/2b0dc77309ffd5dee6f12fe543b436f5#comment-list

 結局は当ブログの右に掲げたコラムにある跡部昌三さんの箴言に尽きると思う。
「悪天候は人を死地に追い込むためにあるのではないということである。厳冬1月も寒冷さ、風雪の狂う高所では、人の生存を拒否しているようであるがそこへ登ろうとするものは、それがどのようなものかは、すでに分かっているはずである。また、それに立ち向かう自由と、さける自由は登山者自身に許されている」

 自分の限界を知っておく。所詮自然の猛威には勝てない。頑張って褒められるのは人間界の虚構の中での話である。