くっきりと浅間の煙今朝の秋 山元 誠2020年10月12日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。2017年

 つい最近木曽の御嶽山を間近に眺めたがもう噴煙は収まっていた。しかし、浅間山の噴煙は絶えることがない。だから江戸時代に中山道が開通し、馬子が職業として成立すると「小諸馬子唄」が民謡として唄われた。その一番を引く。
♪小諸出て見りゃ 浅間の山に
今朝も三筋の 煙立つ♪
 掲句は「小諸馬子唄」を俳句にしたような気がした。
 ちなみに前田普羅の句集「春寒浅間山」をみた。普羅の俳句にも浅間山の煙が詠まれていた。 
  春星や女性浅間は夜も寝ねず 
  春星を静かにつつむ噴煙か 
  つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ 
・・・浅間山のやわらかな山容に女性を見たという句意。普羅はごつごつした険しい山よりも女性的な山容の山が好きだった。
 長谷川伸の戯曲「沓掛時次郎」。義理と人情の股旅ものと呼んだ。「沓掛小唄」の作詞も手掛けた。♪浅間三筋の煙の下で♪と唄う。これを土台に演歌にもオマージュが産まれた。橋幸夫が「沓掛時次郎」で同じフレーズを唄う。沓掛は中軽井沢となって消滅したが浅間山の煙は永遠だろう。


小諸馬子唄
https://www.youtube.com/watch?v=8ZdplEEr6Mc

大衆に親しまれた沓掛小唄
村田英雄の沓掛小唄
https://www.youtube.com/watch?v=JBxXCjuQkmY

橋幸夫の「沓掛時次郎」
https://www.youtube.com/watch?v=JV98WVbzPYg

 これ以降もバリエーションはありますが、島津亜矢の「沓掛時次郎」には浅間は辛うじてあるが、最近の福田こうへい「あれが沓掛時次郎」には浅間三筋の言葉は継承されませんでした。後になると人間同士の絡みが残されるのみ。やっぱりあの噴煙をあげる浅間山の風景のイメージで歌わないと。
 日本の文学と芸能の融合が文芸を産んだ。俳句はその最たるもの。芸能は伝統的な民謡や文学をちょいと切り取って分かりやすく腑分けする。民謡から歌謡曲へ、そして演歌へと受け継がれた。いくら演歌であっても写実的な歌詞は必要です。そこに行かないと得られない風景描写が人心を引き付けるのです。風景と物語が日本文芸の核心です。
あっ、句集名の「春星」は普羅句集『春寒浅間山』の句に見る春星の句へのオマージュかも知れませんね。

飛騨の山と「高校三年生」の歌詞のハルニレ2020年09月12日

 猪臥山の原稿を書いているとき、不図思い出したのが、下山路で見た「ハルニレ」の木だった。これは中学2年か3年のころ大ヒットした「高校三年生」の歌詞の2節目に出てくる♯ニレの木陰に♪のニレであると知った。それで『東海・北陸の200秀山』を読むと何と私が書いていた。そしてニレのことも書いているではないか。
 今度の原稿にも是非書いておかねばなるまい。作詞したのは丘灯至夫(1917年2月8日 - 2009年11月24日)で、福島県田村郡小野新町(現小野町)の出身なので、ニレが普通に生えているのだろう。
 小野町ではきちんと「丘灯至夫記念館」とホームページを設けて顕彰している。
 略歴をコピペさせてもらう。
大正 6年 0歳 2月8日福島県田村郡小野新町(現小野町)に西田屋旅館(現存)に西山亀太郎、モトの六男として生まれる
昭和 4年 12歳 福島県郡山市金透小学校尋常科を卒業
昭和 7年 15歳 福島県郡山市立郡山商工学校(現・福島県立郡山商業高等学校)商業科を卒業
昭和10年 18歳 詩人・西條八十に師事 詩、歌謡、童謡などの作詞の道に入る
昭和16年 24歳 日本放送協会(NHK)郡山放送局に入局 17年退社
昭和17年 25歳 毎日新聞社(東京)に入社 福島支局記者として勤務
昭和24年 32歳 日本コロムビア株式会社専属作詞家となる
昭和38年 46歳 「高校三年生」(舟木一夫・歌)他の作詞により日本レコード大賞作詞賞を受賞
昭和39年 47歳 童謡「ワン・ツー・スリー・ゴー」(交通安全の歌)補作により日本レコード大賞童謡賞を受賞
昭和47年 55歳 毎日新聞社を定年退職 出版局特別嘱託となる(終身名誉職員)
昭和57年 65歳 地方自治功労により福島県田村郡小野町特別功労表彰を受ける
昭和63年 71歳 芸術文化功労により勲四等瑞宝章受賞
平成 2年 74歳 県外在住功労者知事表彰を受ける
平成13年 85歳 福島県小野町 名誉町民第1号
平成21年 92歳 11月24日永眠
以上
 次はハルニレです。
 国土交通省北海道開発局のHPには
「ハルニレは北海道を代表する木のひとつで、「エルム」ともよばれる落葉樹。川沿いなどの湿った土地によく育ちます。豊頃町を流れる十勝川河川敷に立つハルニレは、樹齢が130年以上にもなり、まちのシンボルとなっています。紅葉も終わり、すっかり葉を落としたハルニレは、どこかホッとしているように見えました。」とありました。
 どうやら北の木なんですね。

 木の情報発信基地には
「ニレ科ニレ属。落葉高木。北海道、本州、四国、九州さらにサハリン、朝 鮮、中国などに分布する。高さ20-25m、直径50-60cmになる。大きなものは高さ30m、直径100cmに達する。ハルニレは、アイヌのユーカラ神話では、美しい女神とされていて、それにみとれた雷神が足をすべらせ、その上に落ち、女神は身ごもり、人の祖先であるアイヌラックが生まれたとされている。
 また、別名アカダモとも呼ばれ、元来東北地方から入った方言名である。ヤチダモあるいはアオダモの類ではと勘違いしかねないが、まったく関係はない。葉は互生、長さ3-12cm、葉縁に二重きょ歯がある。花は早春に黄緑色の小さい花を葉に先立って古枝の先に咲かせる。翼果は長さ10-16mmの膜質の倒卵形で、種子は翼上部にある。年輪が明瞭な環孔材。心材は暗褐色、辺材は褐色をおびた灰白色である。木理がはっきりしているので、コブや根に近い箇所にはとくに美しい杢が出る。重く硬い。切削・加工はやや困難であるが、曲げに強いので、曲木には適している。耐朽・保存性は高くない。用途として、家具、器具、車輌、単板などがある。淡泊な木材が好まれる場合には、ムクの木材として、また天然木化粧単板の材料としても使われる。」

カラオケで「くちなしの花」を歌い追悼2020年08月19日

 名古屋市の成年後見制度の親族関係の調査業務を受託し、その担い手を募った。応募多数につき、親族関係の知識に関する考査があった。基本的な例題であるが高齢の頭では考えるのに時間がかかる。というより記憶力の問題である。というわけで頭に血が上った。1時間少々で終わった。
 少し早いがカラオケスナックのお店で、渡哲也の「くちなしの花」を歌唱した。他に数曲歌って今度は喉が疲れてしまった。渡さんの供養になっただろうか。今回は対馬へ旅した際に繰り返し聞いた桂銀淑さんの「すずめの涙」にも挑戦したがやっぱり難しい。
 昨年の青森の山旅で繰り返し聞いた吉幾三「津軽平野」、美空ひばり「津軽のふるさと」などゆっくりなスローテンポの曲が歌いやすい。後、橋幸夫「沓掛時次郎」は歌うと元気が出る。多分股旅ものだからだろう。

 渡哲也さん、安らかにお眠りください。

終戦記念日2020年08月15日

 今日は終戦記念日。ということで、時間があれば靖国神社へ参拝したい。それがかなわないなら三ヶ根山の七士廟へ、しかしこの炎暑では倒れるかも知れないので愛知県護国神社と考えていたが、日長、スマホやPCの操作で終わりそうだ。我ながら情けなや。
 せめて、田端義夫の「かえり船」を聞きましょう。引き揚げ船に乗って家族の元へ帰国できた人はまだ良かった。戦地の土になった兵士もあるし、民間人も不明な人もあるだろう。75年前の1945年の今日はそうした戦争にひと区切りした日。
 今年の夏は異変続きである。まずは大きな交通事故が起きなかった。例年はお盆ころまでに鉄道、飛行機、バス、船など、日本のどこかの交通機関で事故が報じられることがあった。
 それがないのは幸いだが、コロナ禍で外出を自粛しているからだ。愛知県は大村知事から8/24まで越県での不要不急の外出自粛要請がでていることがある。事故はなくともクラスター感染の報道は毎日ある。加えて山岳遭難の報道も毎日ある。6/19の越県解除以来44件、8月だけでも29件にも上った。
 私自身も中央アルプスか」御嶽山の前衛峰に行くつもりだったがすべて中止、延期した。近場の鈴鹿はコロナ禍よりもヤマビル禍が怖い。そもそも鈴鹿でさえ越県である。
 愛知県の山はめぼしい山はみな登ったから食指が動かない。盛夏に登山するにはやはり2000m以上、せめて1500m以上の山に立ちたい。というわけで今年の夏山は散々である。

訃報 渡哲也さん 享年782020年08月14日

NHKニュースから

 渡哲也さんが亡くなったことについて、石原プロモーションは「長きにわたり病との闘いの末去る令和2年8月10日午後6時30分に肺炎のため都内の病院にて旅立ちました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とするコメントを14日午後7時半すぎ公式のツイッターに掲載しました。

 この中で、葬儀については静かに送ってほしいという故人の強い希望により、14日、家族葬という形で執り行い、お別れの会やしのぶ会なども行わないとしています。

 また、香典や弔電などの儀も故人の遺志により、辞退するとのことです。

 そのうえで、「何卒、故人の遺志をご理解いただけますようお願いいたします。皆様のお心の中にて故人への祈りを捧げていただけますことを心よりお願い申し上げます」としています。
以上

・・・つい先だって、FBの友達が「くちなしの花」をアップしたので「渡哲也のヒット曲の「くちなしの花」の動画をアップしたばかりだった。
 お悔やみ申し上げます。
 裕次郎が石原プロを作った際に渡哲也も入社した。すると裕次郎は無名の新人の渡哲也にもお辞儀して丁重に扱ってくれたことに感動したらしい。あの有名な裕次郎さんが自分に頭を下げて迎えてくれたというのだ。そんなエピソードを何かで読んだ。
 78歳とは早いとも言えないがもう少し活躍してくれても良かったと思う。

ただ一人帆をあやつれり梅雨の海 拙作2020年06月18日

 歌手の橋幸夫さんのFBに素敵な海の写真がアップされた。湘南あたりだろうか。西日が落ちかかって海面に光の帯ができた。鈍色に光る海である。手前には浜辺が見えて、少し先にウインドサーフィンの若人が一人船に乗っている。わずかな風をあやつって海の上を滑らせる光景である。表題の句は写真に付けてみた。

「琵琶湖周航の歌」を聴く2020年04月05日

ソース:https://www.youtube.com/watch?v=NgIIQt8ONos&fbclid=IwAR3wjjDIkw_ryMzQRTbo7c4ByAzSbtADWZLt4lSFA4fFWgAaKBmKKkB9BuQ

 琵琶湖汽船が運航する「ビアンカ」というクルーズ船の中をコンサート会場にして演奏と歌唱を楽しむ動画です。撮影者はお客さんでしょうか。長浜港を基点に午後2時に出航して午後5時には戻る。海津大崎の桜並木を湖上から眺める。
 しかし今年はコロナウイルス禍で中止されたみたい。

志村けん去(ゐ)んでますます春愁い 拙作2020年03月30日

志村けんさんが逝去

 昨日も行きつけの喫茶店で話していたばかりだった。志村けんさんの兄(73)が、話もできない、状態と。生死をさ迷っていたと知り、そして、死去の報に絶句する。この芸能人だけは死なせたくないですね、と異口同音に話した。こんな明るいキャラクターの人に死なれると武漢ウイルスへの憎しみが増す。

対岸のぼんぼり霞む花の雨 拙作2020年03月27日

 昨晩は天白川右岸の緑道沿いのぼんぼりが点いたことを発見した。季節は確実に巡るのにちょっと寂しい花見の季節になった。住まいの天白川堤防の桜並木の桜も3分咲きになっただろうか。今日は雨である。窓から眺めるぼんぼりも霞んでいる。

 森山直太朗の「さくら」をお聞きしましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=jqMCjCSSk6k

 この人が歌うとどうなるか
【さくら(独唱)】 島津亜矢
https://www.youtube.com/watch?v=ZichF_PPIQM

 もう一人今春小学校を卒業して4月からは中学生になるという東亜紀ちゃんの小学生4年次のカバー曲です。
【さくら】森山直太朗over東 亜樹、小学4年生
https://www.youtube.com/watch?v=WI94_7vpcxc

ここらで止めてもいいコロナ♪2020年03月10日

 https://www.youtube.com/watch?v=KKGApcWVMx4

あの娘を ペットに したくって
ニッサンするのは パッカード
骨のずいまで シボレーで
あとでひじてつ クラウンさ
ジャガジャガのむのもフォドフォドに
ここらで止めても いいコロナ

 懐かしい自動車ショー歌。歌詞の1番にコロナが謳われているのを思い出した。表題は歌詞の最後のフレーズです。コメント欄にはいちはやく終息を願って書き込まれていました。笑
 星野哲郎って演歌だけじゃくてこんな歌まで作ったんですね。昭和39年(1964年)の歌ですが、車名ではクランのみ生き残っています。さすがはトヨタです。

自動車の歴史 ~年表~
https://gazoo.com/article/car_history/150327_1.html
を見ると昭和39年は東京五輪の年でした。トヨペットコロナの三代目が発売された。とある。完成したばかりの名神高速を走ったのもコロナでしたね。

トヨタ自動車75年史
https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/production/production/japan/production_volume/index.html
には昭和39年のトヨタの国内年間生産台数は425,764台しかなかった。

 昭和31年発売のクラウンはトヨタ初のみならず日本初の国産乗用車の歴史があるので今も頑張っている。トヨタの矜持である。自動車のパンデミックが始まるのはカローラの出た昭和41年ごろからだった。弟のコロナはいつしか車名も消えた。
 今年になって急速に流行したコロナウイルスで車名のコロナを浮かべた人も多いはず。トヨタは生産ラインが一時ストップした。販売中なら二重の被害を被るところでした。
 息抜きに取り上げてみました。