沓掛時次郎の歌詞の ♪浅間三筋♪とは2017年04月19日

 橋幸夫が歌う「沓掛時次郎」(昭和36(1961)年、作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田正)は長谷川伸が昭和3(1928)年に股旅物の戯曲で創作された人物だった。
音曲:https://www.youtube.com/watch?v=Tul_g3_oQeo
 その中の歌詞に歌いこまれた浅間三筋ってなんだろうと調べてみた。何のことはない。活火山の浅間山から立ち昇る三筋(本)の煙のことであった。
 浅間山に関することや沓掛時次郎に関することをさかのぼると、結構いろいろ分かった。この歌は佐伯孝夫のまったくの創作ではなかった。先駆する民謡「小諸馬子歌」に
♪小諸出てみよ浅間の山に今朝も煙が三筋立つ♪
と歌う。なかなか風情がある。
音曲 https://www.youtube.com/watch?v=jru-axzBJHQ
 続けて、「沓掛小唄」というのもヒットした。
音曲:https://www.youtube.com/watch?v=g9a_jKsOmzA
歌詞:http://www.tei3roh.com/kutsukakekouta.htm
物悲しい音色が時代を語る。おそらく大ヒットしたのである。これは昭和4年とあるのでもう長谷川伸の作詞となっている。1番から5番まであるが1番と最後のみコピーする。
1 意地の筋金 度胸のよさも

 人情からめば 涙癖

渡り鳥かよ 旅人ぐらし

 あれは 沓掛時次郎

5 千両万両に 曲げない意地も

 人情からめば 弱くなる

浅間三筋の 煙の下で

 男 沓掛時次郎
以上
 島津亜矢の歌う「沓掛時次郎」の歌詞(作詞:宮沢守夫、作曲:村沢良助)は1番の意地の筋金を引く。5番の男 沓掛時次郎の結びも引いてある。
https://www.youtube.com/watch?v=ub6-DIQfAtY
 この歌はシングルでは発売されず、2014年のアルバム「亜矢の股旅・任侠演歌セレクション」に収録。さらにさかのぼると2004年のアルバム「極めつけ 島津亜矢の名作歌謡劇場」に収録。1993年の名作歌謡劇場シリーズの中で「お梶/沓掛時次郎」があった。これが最初であろう。平成5年だから亜矢ちゃんが22歳のとき歌ったのだ。
 橋幸夫の歌う「沓掛時次郎」は「浅間三筋の煙の下で」とやはり「男 沓掛時次郎」は同じだ。橋幸夫は18歳で歌っている。

 ともに長谷川伸の作詞「沓掛小唄」を踏まえたいわゆるオマージュの作品と知った。やっぱりなあ、良い歌、いい言葉はい意味でのパクリなんだと思う。昭和4年以来、昭和36年の橋幸夫、平成5年の島津亜矢と、約30年の間をおいて、歌い継がれてきたのである。名作の由縁である。

 締めくくりにはっと思って前田普羅の句集「春寒浅間山」を繰ってみた。普羅の俳句にも浅間三筋が詠まれていやしまいか。さすがにそれはなかった。
  春星や女性浅間は夜も寝ねず
  春星を静かにつつむ噴煙か
  つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ
  女性浅間春の寒さを浴びて立つ
・・・・浅間山のやわらかな山容に女性を見たという句意。普羅はごつごつした険しい山よりも女性的な山容の山が好きだった。富山県の金剛堂山にも久遠の恋の情を表すほどだった。  
しかし、
  榾を折る音ばかりして父と母
  母の顔父の顔ある榾火かな
・・・・普羅は若くして台湾に渡った両親との生き別れに寂しさを癒せなかった。15歳で山恋と書くほど山好きな少年になった。後記に「私は浅間が降り注ぐ女性に打ち勝てなくなった」とある。浅間山に母性を見たのである。生涯寂しさを漂わせた俳人であった。
 長谷川伸も幼くして母と生き別れの人生体験があった。これが作品の原点になっている。普羅も渡り鳥のように旅から旅へ、親の愛を受けられないまま、拗ねてやくざになってしまった時次郎に似ている。
 しかし、普羅は早稲田大の英文科を出たほどの教養人だったから身を持ち崩すことはなかった。意地もあっただろうが、俳句が人生の高みへの階段を登る手段となしたからだった。
4/23追記
 昭和14年の東海林太郎のヒット曲「名月赤城山」(矢島寵児作詞)にも「沓掛小唄」の歌詞中「意地の筋金」の部分が引用されていることが分かった。

哀悼!ペギー葉山さん死去2017年04月12日

NHKニュースから
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946071000.html?utm_int=movie-new_contents_list-items_019&movie=true
4月12日 14時59分
「ドレミの歌」や「学生時代」などのヒット曲で知られ、女性として初めて日本歌手協会の会長も務めた歌手のペギー葉山さんが12日、肺炎のため東京都内の病院で亡くなりました。83歳でした。
ペギー葉山さんは東京都出身で、昭和27年にレコードデビューしました。昭和33年には、NHK高知放送局の依頼で歌った「南国土佐を後にして」が、ふるさとを離れて働く人たちの望郷の歌として大ヒットしました。

その後も「ドレミの歌」や「ラ・ノビア」、「学生時代」など幅広いジャンルのヒット曲で人気を集め、昭和41年のNHK紅白歌合戦では紅組の司会を務めました。

また平成17年に亡くなった俳優の根上淳さんと仲のよいおしどり夫婦として知られ、根上さんの闘病生活を支えてきました。
その後も平成19年に、女性として初めて日本歌手協会の会長に就任するなど第一線で活躍し、おととし3月、放送文化賞を受賞しています。

所属するレコード会社によりますと、ペギー葉山さんは最近まで活動を続けていましたが、10日に東京都内の病院に入院し、12日昼前、肺炎のため亡くなったということです。
“バターの香り”教えてくれた大きな存在
ペギー葉山さんが亡くなったことについて、日本歌手協会の田辺靖雄会長は「戦後日本に軽音楽を通じて、洋楽・ポピュラーソングのバターの香りを教えてくれた大きな存在の歌手でした。亡くなるまで現役を通され、会長をひかれたあとも、後輩の私たちに温かく接してくださいました。お疲れさまでした。ごゆっくりお休みください」というコメントを出しました。
高知県知事「観光振興の大恩人」
ペギー葉山さんが亡くなったことについて、高知県の尾崎知事は「突然の訃報に驚いたし本当に悲しい。心から哀悼の意を表したい」と話しました。

高知県は、大ヒットした「南国土佐を後にして」が高知県への観光ブームを巻き起こしたことなどをたたえ、昭和49年、ペギー葉山さんに「名誉高知県人」の称号を贈っています。

尾崎知事は「曲がヒットしたことで高知県では『南国土佐』を1つのブランドとして長年、観光振興の取り組みを続けることができた。私たちにとっては大恩人だと思う」と功績をたたえていました。
以上
小屋番の山日記
http://koyaban.asablo.jp/blog/2007/11/25/2458224
 9年半前前に四国の山へ行った。本四架橋を渡る際にペギー葉山さんの「南国土佐を後にして」の曲をカーオーディオから流して今から四国だぞという雰囲気を出した。それくらいあの歌は四国にふさわしい。誰かがこれから行くのだから「・・・・後にして」の歌と合わん、と言ったが、シンボルだから良いのだと思った。
https://www.youtube.com/watch?v=1JcGhhPM3YQ
を聞いて偲びたい。

4月句帳2017年04月09日

  3/26 天白川俳句(話)会
長閑さやいつまで続く俳話会
・・・2010年5月以来、脱落者なしに続いてきた。80歳を超えなんとするこれからはどうなるのか。

  3/28 岳連理事会
八人の犠牲は重し春愁
・・・開口一番那須町の山で起きた高校生ら8人の雪崩事故の話題。出席者全員が立って黙祷し、哀悼の意を表した。

  3/29 某県議と会う
人の世に救いの手あり春の宵
・・・自分だけで解決するには荷が重い。そんな時政治家の助けも要る。政治家とは人脈のハブ空港(中継地)と知るし。

  3/30 さんぱつ
暖かやすその刈り上げ要望す

  3/31 弥生尽
遅々とした歩みなれども弥生尽

  4/1 豊田市自然観察の森ネイチャーセンター写真展
里山を丸ごと保つ木の芽時

春山や失われゆく里の景

  4/1 天白川緑道に雪洞(ぼんぼり)が灯る
天白の柳青める河川敷

雪洞に灯点りそぞろ歩きかな

  4/2 新城市鳳来湖の上臈岩撮影行
あちこちに咲くやキブシの花垂れり

ヤマツツジかつてはありし川合村
・・・湖底に沈んだ川合村には上臈岩の伝説があった。洞穴には高貴な女郎の櫛簪があったという。持ち帰ると葉っぱに変わるとか。

鳥交る上臈岩に巣のありぬ
・・・湖岸からバードウォッチャーが超望遠レンズで鳥の交尾を観察していた。固定したクライミング用ヌンチャクもしっかり見えた。繁殖期はクライマーも自粛するとか。

春のトビ湖面すれすれ飛来せり

  4/5 歯の治療
春愁やとみに通ひし歯科医院
・・・加齢にともない抵抗力が弱くなって歯のトラブルが増えた。

  4/5 元名古屋家裁調査官による成年後見制度のセミナー参加
春暑し八十席みな埋まる
・・・名古屋家裁の元調査官による初めてのセミナー開催。コスモスの岐阜や三重からも来場して81席は満席になった。

  4/5 山岳会の総会・例会
新参の若き人来て始まれり
・・・3月に例会見学、定光寺の岩登り参加で入会を意思表示した40歳の新人が正式に入会となった。4/3は単独で野伏ヶ岳に登山したという頼もしい新人である。

  4/6 中日信金尾張旭支店でシニア人材面談会に行く
尾北には仕事埋もれり春の昼
・・・昨年11月から経産省、中産連、信金の連帯で始まったシニア人材の発掘。富山県の高岡信金から一宮信金、豊川信金、四日市信金などに積極的に動いたが応答なし。係の人曰く「まだ決まった人は居ない」とか。「野に遺賢なし」なのか。若い社長のバイタリティを支援したい。

花冷えやベスト着て行く面談日

  4/7 コスモスあいち民法研究会(東区生涯センター)
セミナーの話してゐる春の暮
・・・昨年春からコスモスあいちに魂を入れるべく始まった広報活動も1年経過して成果を挙げてきた。まだまだこれからである。

春の夢語りつつ飲む水割りを

  4/8 橋幸夫 INブルーノート名古屋
春の宵一期一会のコンサート
・・・3/20に続いて名古屋に来るというので行って見た。怪しげなナイトクラブ風の雰囲気だ。橋幸夫も初めてのステージという。今夜の出会いは今日かぎりのこととコメント。同年代の女性同士のファンが目立った。全席50名くらいか、コスパが悪く、音響効果も今一。

春の夜のパフォーマンスのフアンかな
・・・リズミカルな曲で突如、立って両手を振り、足を躍らせる男性の老ファン。橋幸夫も目を丸くして、苦笑いして困惑気味だった。

春の夜やな踊りそと引き踊らせり
・・・店の女性スタッフが老ファンを制し、着席を促すが、広いスペースに導いて躍らせた。

歌われず後ろ髪引く春の夜
・・・今夜は得意の股旅演歌は抑え、都会風の歌に終始。そこが残念だった。「潮来笠」だけは歌ってくれたが。

御園座のビルに垂れたり春の雲
・・・小雨降る広小路を歩くと伏見駅の上に御園座のビルが出現。上には雨雲がかかっていた。年内に竣工し、来年3月には杮落公演がある。

花の雨人は少なし夜の道

橋幸夫お茶親善大使就任記念スペシャルコンサート2017年03月21日

 3/20、静岡県菊川市の菊川文化会館アエルで行われた橋幸夫のコンサートに行った。名古屋を8時30分に出発、東名高速を走って菊川ICで降りてすぐにアエルに10時30分到着。早速チケットを購入。4000円也。高速代は往復で4600円。10000円の遠州路の行楽になった。

 牧之原市、御前崎市、掛川市、菊川市、島田市がバックアップして「橋幸夫「ちゃっきり茶太郎」コンサート実行委員会を立ち上げて実施された。会場のアエルは定員1200名であるがほぼ満席だった。
 昭和の歌謡界を一世風靡した橋幸夫も73歳となった。だが人気は未だ堅持されて集客力は抜群だった。1部はちゃっきり茶太郎カラオケ大会2部は橋幸夫スペシャルコンサートに分けて実施。
 カラオケ大会は全国から316名の応募があり、テープで審査されて、厳選された14名がステージに登壇して股旅物の新曲「ちゃっきり茶太郎」の1番を歌う趣向で競われた。選ばれた人は青森県、栃木県、神奈川県、三重県、千葉県、愛知県西尾市、岐阜県各務原市と地元もあった。年齢は32歳から70歳代まであり女性も2名居た。三重県の紀平さんは女性で骨折の身を押して参加された。紀平さんと聞いただけで、ああ、津市辺りの人と見当がついた。
 歌唱のレベルが高く、橋幸夫、ビクター社員、作詞家・鈴木紀代さんら審査委員も迷ったらしいが、青森から参加された人が5万円の賞をもらった。特別賞も紀平さん他2名が選定された。結構盛り上がった。
歌は
 https://www.youtube.com/watch?v=IPiwZbxVHNc
 乗りやすいリズムと歌詞はいわゆるふるさとソング、というかご当地ソングそのものだった。鈴木さんは長山洋子の作詞を手掛けてきたベテラン作詞家で、出身は浜松市の西遠女子学園高校の28回卒業生、今年67回生が卒業したというから、57歳?の働き盛りと見える。
 歌詞の最初に西行法師の名歌「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」の歌枕になっている小夜の中山を持ってくるから引き込まれてしまう。富士、牧之原、駿河湾、遠州といやがおうにもナショナリズムを掻きたてる仕掛けがある。だからといって地元が頼んだわけでもないのに、とのエピソードもどこかの市長が話された。人の縁が縁をつなぎ、今回の大使就任になり、お茶の販売促進の大役を担うことになった由。
 そのせいか、どうか、下は3歳から11歳の子供5人がたっての頼みで出演して「ちゃっきり茶太郎」を歌ったり、回転したりでパフォーマンスを繰り広げた。
 後援の地元5市長は開演直後にあいさつされたが、中盤の橋幸夫ショーからは静岡県知事の川勝平太氏も来場し、「370万人の県民を代表して・・・」とコメント。豊かな県勢にしては意外に少ないんだな。
 さて、肝心の橋幸夫は1943年生まれの御年73歳だそうな。私が中学生の頃から人気者であった。近所のお姉さんはTVの番組の橋さんにキャーと黄色い声をあげていたいたことを思い出す。彼女らも今はいいお婆ちゃんになったろう。会場の特等席にはファンクラブが充てられていた。皆70歳前後の婦人が多かった。ブラジルの日系人社会に招かれること3回という。「こんな年寄の橋幸夫のどこが良いんだろう・・・」とトークを交えながら笑いをとり、様々な話題を振りながら往年のヒット曲を歌った。落ち着いたステージはマイウェイを歌うフランクシナトラを彷彿させる。いや、日本独自の立派なエンターテイナーになったのだと思う。
 締めは永遠の名曲「いつでも夢を」の歌声が会場全体にひびいた。来て良かった。
https://www.youtube.com/watch?v=K7gUdZqgCJY
 菊川ICから西進した。朝も今も遠州路は春霞に閉ざされて富士山は見えなかった。

訃報 演歌界の名伯楽 船村徹先生2017年02月17日

 日本山岳会だよりのメールを開くと、船村徹先生の訃報を伝える内容だった。
【訃報】
船村 徹 様(14674)84歳
栃木支部 通常会員
2017年2月16日逝去されました。

通夜 22日午後6 時、
葬儀 23日午前11時から
会場 護国寺
   〒112-0012 東京都文京区大塚5-40-1
   電話 03-3941-0764
喪主 蔦将包(つた・まさかね)様(ご長男)
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
以上
 もう84歳にもなっていたことに驚いた。作曲家としての実力は知らない人は居ないだろう。とにかくヒット曲の多い人だった。あの曲が、あの曲も、というくらい数多い。演歌の大家だった。歌手にとっては船村徹作曲のデビュー曲が一生のヒット曲にもなっている。一人や二人ではないから演歌界の名伯楽と言えよう。

 そんな先生は意外にも「山の日」の制定に熱意を示した。日本山岳会の正規の会員でもあった。これを知ってからいっぺんにファンになった。
「「山の日」の言いだしっぺは船村徹さんか? 」
http://koyaban.asablo.jp/blog/2015/08/12/7731748

 昨年の8月11日の「山の日」の制定を見届けて、力尽きたのだろうか。

  ふるさとの山河に還る二月かな   拙作

 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。

渡辺真知子「迷い道」を聴く2017年02月10日

 ソース:https://www.youtube.com/watch?v=XZlr800Q22Y

 「迷い道」なんてこんな歌が流行った時代もあったなあ。1977年というから昭和52年のことだった。もう40年も前だ。彼女が20歳くらいのデビューとか。すると今は60歳か。
 聴きはじめたら癖になりそうなくらい軽快なリズムが心地よい。今の時代を反映した歌詞にも感心する。渡辺氏の作詞作曲そして歌唱もなんて天才的な人だこと。
 韓国のパククネ大統領がロウソクデモの末に失脚した。その辺りからこの歌の歌詞の最後のフレーズを目にするようになった。なるほど♪迷い道くねくね♪だ。本当は別れた恋人への片思いの歌なんだけど・・・。
 トランプは迷いなくアメリカファーストを打ち出したけれど、欧州の指導者が迷っている。支那の指導者も同じだろう。日本を悪者にして、自国民の不満をそらすことに懸命だな。
 山の方の遭難も道迷いが増えている。♪ひとつ曲がり角ひとつ間違えて迷い道くねくね♪。まるで喜劇じゃないの、と不器用な自己を見つめる。否、山の道迷いは悲劇につながる。ライブに行きたくなった。

島津亜矢が紅白で歌うのは「川の流れのように」2016年12月21日

 先日、恒例のNHK紅白歌合戦で歌う歌が発表された。島津亜矢は美空ひばりの最後の歌になった「川の流れのよう」を歌うことに決定。昨年は「帰らんちゃよか」で好評だった。今年もふるさと熊本向けかなと思いきや意外な歌になった。しかし、良く考えてみると来年は美空ひばりの生誕80周年と分かる。
 NHKはなんとか顕彰する機会を狙っていたに違いない。カバーする歌手は多い。その中から島津亜矢に白羽の矢が立った。歌手生活30周年、ますます円熟味を増す島津亜矢。ファンの数も年ごとに増えている。今年は親切な亜矢友のお陰でみよし市でNHKの歌番組の録画に入場する機会が得られてライブな歌声を堪能した。このイベントは盛り上がった。そのような貢献もカウントされているに違いない。
 日本歌謡史に燦然と輝く美空ひばり!とはいえ、まだそんなに長い伝統があるわけではない。西洋音楽の楽器の普及と歌曲の普及が日本流に昇華された結果であろう。古くから庶民の生活を歌謡の形で歌われてきた。それに曲を付けたものだろう。
 万葉集は天才歌人・柿本人麻呂以後の歌人は人麻呂の模倣という(土屋文明)。俳句は江戸時代に現れた芭蕉を祖述しておるに過ぎんという(高浜虚子)。ならば歌謡曲は天才少女歌手・美空ひばりの模倣というべしか。七色の声音を歌い分けるという美声は最初から完成の域にあったという。
 島津亜矢が美空ひばりの後継者たらんとするには持ち歌のヒットが欲しいところ。この機会に作詞家、作曲家がこれはという歌を提供してやれるかだ。新曲の作詞を観察していると何だか私小説的である。時代をぱっと切り取って大衆の共感を得られる歌詞が欲しい。中国の詩人・杜甫、李白も写実的ながら社会の共感を得たという。杜甫に学んだ芭蕉の「荒海や・・・」の句も誰にも分かりやすくスケールが大きい。
 熊本出身の天才少女歌手も周りの助けが要る。師の星野哲郎亡き今こそ要ると思う。

「山の日」に聞く歌は「山河」♪2016年08月11日

 作詞:小椋 佳、作曲:堀内孝雄。オリジナルは五木ひろしだが島津亜矢の歌唱力が断然素晴らしい。コンサートで生で聴いたがコブシがなく素直に歌い上げる。
https://www.youtube.com/watch?v=wWVyGQ-QLYg

山の日の歌「山・美しき」が流れる♪2016年07月21日

 昨夜、飲食店で食事中に北島三郎の歌声を聴いた。今までにない歌だったので聞き耳を立てて聞いていたら歌詞にうろ覚えがある。あっ、これは「山・美しき」じゃないか。最後のフレーズ”山よいつでもありがとう”である。
 店主にあれはどこのラジオか、と問うと、有線放送とのことだった。帰宅後ググってみたが有線で流しているという発表はない。空耳だったのか。調べの美しい良い歌だ。

 14日毎日新聞で発表された山の日の歌の最優秀賞曲の「山・美しき」の歌詞は以下の通り。

            山・美しき
作詩 関根和夫 作曲 叶弦大 編曲 丸山雅仁

 歌 北島三郎

1 ふるさとの 山は忘れない

  いまも心に 生きている

  さみしい時は 輝く峰を 仰ぎ見て

  大きな夢を 追いかけた

  山よ いつでも ありがとう

2 堂々と 山は動かずに

  雨や嵐に 耐えている

  孤独な時は みどりの息吹 吸いながら

  明日(あした)の希望(のぞみ) 追いかけた

  山よ いつでも ありがとう

3 遥かなる 山は教えてる

  いつも未来の 道しるべ

  迷った時はのびゆく尾根に手を合わせ

  信じた道を 追いかけた

  山よ いつでも ありがとう

春の夜や昭和は遠くなりにけり2016年03月19日

      3/17 みよし市 BS日本のうた録画に参加
 ガチな島津亜矢ファンからお誘いを受けて応援に行った。昭和46年生まれの島津亜矢と昭和48年生まれの水森かおりのスペシャルステージを中心に往年の名歌手も出演する豪華な歌謡ショーにうっとりする。昭和歌謡全盛のころに赤ちゃんだった2人が揃って平成の芸能界に活躍する姿に感動する。放映は4/17。

  会場はみよし市のサンアート。午後5時半既に多くのファンが集う

春の夕三々五々と集まれり

徹夜して並ぶ亜矢どち春寒し

  昭和の名曲を島津亜矢が男歌、水森かおりが女歌の担当
   でメドレーで歌い継ぐ趣向

春の風邪癒へて元気な島津亜矢

春の夜や昭和は遠くなりにけり

活き活きと昭和を歌ふ弥生かな

どっぷりと昭和に浸る春の夜

さながらに春の夢見る心地して