若狭駒ヶ岳の山旅余情2020年11月26日

 若狭駒の余情を楽しんでいる。筋肉痛が時間の経過でほぐれていくのと反対に、山旅の余韻は終わった後から後から湧いてくる。
 この山の紹介文の書誌学考察
A 昭和45(1970)年 伏木貞三『近江の山々』 (白川書院)

B 昭和47(1972)年 伏木貞三『近江の峠』(白川書院)

C 昭和59(1984)年 草川啓三『近江の山』(京都山の会出版局)

D 平成4(1992)年  山本武人『近江朽木の山』(ナカニシヤ出版)

F 平成11(1999)年 近江百山之会編著『近江百山』(ナカニシヤ出版)

G 令和2(2020)年 竹内康之「山と渓谷」誌11月号202Pのガイド記事

  駒ヶ岳の由来は

 Aは蔵書になく、検索で目次がヒットしたので見ると項目がない。

 Bには木地山から若狭へ越える峠道は3つあったと紹介し、木地山峠の項目を重点的に解説。駒ヶ岳については記載がなく、駒ヶ越と河内越の2本を簡単に紹介。下る予定だった尾根道は昔は池河内(木地山の真北)へ越えた峠道だったのだろう。河内越が2か所もあるので一方を駒ヶ越にしたのか。

 Cの本は駒の連想から駒ヶ岳由来を説く。したがって馬も通れる道だったと想像する。しかし、馬を通らせるにはS字形の道が必須であり、重量が重いから痕跡は残るだろう。奥三河の山間部の街道跡には残っている。(寺山)書きで寺山としてある。著者は若狭側から藪漕ぎで登っている。様子は今と大違いである。当時でも森林公園からの切り開きはあった。

 Dは写真のリアルさが際立つ良書。ここでは登山ルートとして上中町へ越えた河内越を紹介する。尚、若狭町は小浜市とばかり思っていたが、「2005年(平成17年)3月31日 - 三方郡三方町・遠敷郡上中町が合併し、三方上中郡の自治体として発足。」とあるので独立した自治体である。
 五万図熊川に残る破線路をトレースしているが藪漕ぎである。
麻生谷にかかる橋を渡るのは今も同じだが、杉は植えて20年くらいの若杉であり風景が違う。略図を見ると焼尾谷の対岸の道標にあった「ろくろ橋」は麻生川にかかる橋で昔はそこに登山口の道標もあったと思われる。
 ブナの疎林の落葉を踏みしめて歩いたが、写真で見ると当時は背の低い笹が茂っている。ブナも若く、日光が差し込んでいたのだろう。ここでも由来に触れているが、不明。
 寺山は若狭側の地名。ちなみに三角点の点名は寺山。木地山では河内越が正しい。駒ヶ岳山頂の写真は下は笹に覆われ、灌木が茂り、展望は皆無だろう。三角点は今は盛土の上に埋まるが当時は平地に埋まっていたと思われる。周囲の土砂が削られたのだろうか。Cでも三角点の周囲だけは同じである。

 Fでも由来に触れるが不明とする。ブナ林は千古斧鉞の森ではなく、炭焼きの際に切り残したという。つまり、ブナは良い炭にならず、意図的にブナを残して択伐していたのだ。
 確かに、ブナの文字は山毛欅、橅、椈、桕、橿と多い。2番目は国字ですが、木では無い、と有用な樹種ではなかった意味が込められている。水分が多いので曲がりやすく建築材にはならず、戦後はパルプ材になった。
 すると植林と同じ原理で間引き(間伐)することによって残ったブナは成長し易くなる。ブナは一番背が高くなるので成長とともに周囲の木や笹も発芽できず、ブナの純林になるのだろう。それを知らずに見て「ブナ林は良いなあ」と感動しているのである。
 今の登山口の近くにあるろくろ橋も昔は少し下流の分校跡から入山したらしいが、草深くなって今のところに移動した。するとあの道標は朽ちてもおらず、新しいように見えたが20年以上は経ったのか。
 結局駒ヶ岳の由来はどの本も言及されず、不明でした。それどころか、山名などなかったし、駒ヶ岳なんて初めて聞くと地元の人の話を紹介している。

 以下は駒ヶ岳異聞というか小説である。
 金達寿『日本の中の朝鮮文化』(講談社文庫)シリーズの長野県か山梨県辺りのどこかに駒ヶ岳は高麗ヶ岳という説を紹介している。いつの時代か、渡来人が大挙して日本に来たのだろう。ウィキペディアには「10世紀の最大版図時に高麗の領土は朝鮮半島の大部分に加えて元山市や 鴨緑江まで及んだが、1259年に高宗の時代に複数に渡る元の侵略で降伏・皇帝号喪失で元の属国になった。」とあるから乱世を逃れて日本に来たのかも知れない。
 確かに山梨県には北巨摩郡があり、甲斐駒がある。埼玉県には高麗神社がある。高麗の地名は意外に多い。但し、全国の駒ヶ岳の場所からのイメージでは一つにくくれない。北海道の駒は説明できないからだ。朝鮮人作家ならではの視点ではある。
 私の連想では、若狭には熊川宿(くまがわ)があり、韓国の釜山には熊川(ウンチョン)がある。百里ヶ岳は韓国の釜山とは500kmの距離にある。江戸時代の蕪村の俳句に「方百里」という言葉があるが、多分中国由来だろう。今の日本の換算では1里は約4kmなので400kmになる。実際は500kmもあるが誤差の範囲に入れても良い。
 昔の戦乱や乱世を嫌った職能集団は渡来人として対馬海流に任せて若狭湾にたどり着き、山越えで近江に流れ込んだ。
 他方で敦賀湾からも渡来人が流入してきた。敦賀はおつむの意味という。仏教徒や文人も来たのだろう。湖東にも朝鮮文化がある。
 演歌歌手の前田卓司の「小浜旅情」の歌詞には「御食国」の語彙があるが、皇室などへ海産物などを貢いでいた地域という。そういうルーツを持つ人々が遠い朝鮮半島の故郷を思い命名したのか。
 日本語の文字が発明され、普及するのは平安時代以降になる。和紙の普及も一般人には手に入らないから書き残すことはできず、口伝のみでは伝承できなかったのだろう。

”小酒井不木 この男がいなかったら江戸川乱歩はなかったかもしれない展”に行く2020年11月11日

 愛知県庁の仕事が担当者の休みで時間が空いた。それで名古屋市市政資料館へ出向いた。11/1から11/15まで開催中の「小酒井不木 この男がいなかったら江戸川乱歩はなかったかもしれない展」に行ってみた。
 何でこんな無名の人を知ったのか、自分のブログを検索してみたがヒットしない。何年か前には、御器所の小酒井不木の旧宅跡の前を通り過ぎたことがある。それだけなら偶然であるが、蟹江町の小酒井不木資料室まで足を伸ばしている。
 俳句だろうか。小酒井は中日新聞に掲載される「ねんげ句会」の発起人だった。それで調べて見たのだろうか。もう記憶がない。
人の検索で関連付けると

 小酒井不木、横溝正史、江戸川乱歩ではヒットしなかった。森下雨村だと以下。

 茶の花を心に灯し帰郷せり 村越化石
http://koyaban.asablo.jp/blog/2017/03/31/8436380

 映画「小島の春」鑑賞
http://koyaban.asablo.jp/blog/2007/08/16/1729307

 蟹江町のHPには「小酒井不木は、医学博士という科学的な知識を生かし、探偵小説の草分け的な存在といえる人です。江戸川乱歩をはじめ、探偵小説(後の推理小説・ミステリー小説)で活躍する後輩を育成しました。また、俳句にも情熱を注いだ彼は「ねんげ句会」の発起人でもあります。
そこで、魅力ある人物 小酒井不木の一生を紹介します。」と紹介されるが、蟹江町に関連付けてもヒットしない。

 新たな情報は蟹江町にある鹿嶋神社の句碑か。

 いつとんで来たか机に黄の一葉   小酒井不木

文学苑
鹿嶋神社の境内南側には、蟹江の風景を読んだ26基の句碑が並ぶ「文学苑」がある。蟹江町出身の建築家である黒川巳喜は小酒井不木が創立した「ねんげ句会」の同人でもあり、1968年(昭和43年)から18年間をかけて、私財を投じて故郷に「文学苑」を建設した。

 市会議員の横井利明氏のブログにもアップ
http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/2490508.html

古道に関する書物整理2020年10月31日

 今日は小寒い朝。洗濯を済ませて遅い中食を用意するとすぐ昼前になってしまった。午後は書物の整理整頓を行う。山岳会で古道をテーマにする事業が始まったので、関連の書物を集めておく。

山岳古道 推薦の目安

《推薦のポイント》

★できるだけ、4時間以上歩く距離があるところ
★山中を歩くことが多い古道
★歩いておもしろい道、興味がある道、歴史的文化的な要素がある道、忘れられている道など

1、 司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズ・・・作家としての紀行集

2、 藤森栄一「古道」と旧版「かもしかみち」・・・古代遺跡発掘に生涯を掛けた人の旅

3、 高桑信一「古道をゆく」・・・全国の古道を歩いた紀行集

4、 松濤明「風雪のビバーク」の中の「春の遠山入りに出てくる”小川路峠”・・・南アルプス登山の前山越え

5、 権兵衛街道・・・木曽の中山道がにぎわうに連れて伊那から木曽へと物資運搬のために権兵衛峠(木曽山用水)、姥神峠が開削された。

6、 東山道の御坂峠・・・万葉集にも詠まれた歴史ある道。北畠氏はここを越えたのだろう。

7、 木曽古道・・・中山道以前の山腹の古道。山里と山里をつなぐ道

8、 「ぎふ百山」の中の蠅帽子峠(官道)・・・水戸の天狗党800人が人馬、大砲を解体して越えた道。今はブナ林。

9、 青森県の算用子峠を越える松陰道・・・吉田松陰、松浦武四郎、菅江真澄が越えて蝦夷へ渡った道

10、 長野県への白巣峠を越える御嶽登拝道・・・地元個人の尽力で開削されたが中央線が開通すると寂れた忘れられた信仰の道

11、 福島から米沢市へ越える板谷峠(板谷街道)・・・上杉鷹山は江戸から旅してきた細井平洲(東海市出身)を普門院で迎えたという。

12、 飛騨から信濃へ越えた野麦街道・・・女工らが諏訪の製糸工場へ通った道。

12-1美女街道

13、 飛騨から信濃へ越えた安房峠の旧道・・・ウェストンが越えた?

14、 越中から飛騨へ入る飛騨街道・・・凡兆、ウェストン、小島烏水、普羅などが越えた。

青野菜を食う2020年10月28日

 久々に川島四郎『食べ物さんありがとう』(朝日文庫)を読み直した。10月初めに血尿があり、検査したら膀胱に腫瘍があった。70歳以上になると好発するという。つまり老化現象の1つである。
 このまま放置すると発達して癌化する恐れもあるし、されど手術で切除すれば再発率が60%はあるというから立ち止まって考えた。セカンドオピニオンもやったが同じく手術派であった。 
 かつての山の先輩で医師のU先生は放っときゃ治る、とよく言われたものである。切るなという近藤誠先生の本にもまったき同じで、放っときゃ治る、と書いてある。U氏は医師とてすべてが分かっているわけではないとも言われた。
 秋憂いがしばらく続いたが、一病息災である。より一層食事に気を配るしかない。そこで件の書名を思い出したのである。ビタミン、タンパク質を摂るだけではなく、青野菜を摂ってこそさらさらの血液ができるという。
 ライオンも仕留めたエサの草食獣の腸を食う。そこには青い草の栄養が詰まっているからだ。目からうろこの話である。
 川島さんは95歳まで長命を得た。もとは軍隊で兵隊さんの栄養管理をするのが本業だった。持論は兵隊の健康を作る人より、壊れた(怪我した)兵隊の修理屋である医師の方が偉いのか、という。否ほんとにそうだ。医師は大事だが優遇され過ぎている。
 1日1束のホウレンソウか小松菜を食べることにした。ブロッコリー、レタス、ニンジン、パセリ、セロリ、大根葉などをレパートリーに入れようか。1日1個のリンゴ(VCとペクチン)は医者を遠ざける、柿(VC)が赤くなると医者が青くなる。(風邪を引く人が減って医者の経営が危うくなるという例え)昔から伝わる話は本当です。

学問のカネと地位2020年10月27日

 菅新首相になってから「日本学術会議」で105名中6名が除外されたということで、ネットや新聞等で議論百出している。騒ぎ出したのが日本共産党発行の「赤旗」でそこから日刊紙へ飛び火して今は燎原の火のごとく燃え広がった。
 しかし、任命されなかった人には気の毒だが、地位が高くなっても相変わらず日本批判を続けているようでは仕方ないではないか。カネを出す人(国)をあれこれ批判するなんてどうかしている。「日本学術会議」の外にでて批判するのは一向に構わない。
 学問するということはカネがかかる。学問で国のカネを得たい、国のお墨付きの地位を得たいという乞食根性が情けない。
 今西錦司は京都西陣織の家に生まれた。家業は継がず、もっぱら好きな登山を続けるために生物学を専攻し、猿学の権威になった。京大時代の駆け出し時代は無給だったからむしろカネをつぎ込んだのであった。
 小林秀雄の講演を集めたCDの中に本居宣長の出版とカネの話が出てくる。松阪市で町の小児科をやり、源氏物語を教えたりして小銭を稼ぎ、それで古事記の研究書の原稿を書いていった。宣長は存命中は本の上梓を見ることはなかった。今の学者、評論家、作家なら部数いくら、印税いくらでという話になる。
 学者なら宣長のひそみに倣えと思うのである。

山積の本を読む2020年10月25日

 朝から天気が良かった。まさに秋日和の1日である。外出でも自宅でも快適な日だったと思う。私は買ったけど読んでいない山積の本を読み消化に努めた。枕元から片側約30センチまで積みあがってきた。読まない本は捨てるか段ボール箱に収納して書棚を空ける必要がある。その段ボールをどこへしまうかの問題もある。
 午後から喫茶店に行って新聞のまとめ読みも考えたが新聞も余り知的刺激のある記事が減った。なぜだろうか。今は激動期であり、転換期でもある。政治、文化、経済などが目まぐるしく動く。だからこそ、皮相的な新聞よりも底流をさぐる読書が重要になる。古典にも目を通したいし。
 新しい情報を運んでくる新聞や本が必ずしも真相をとらえているわけではない。今はやはりネットの時代なのである。とはいえ、活字げベースなのであるから読書は最重要である。

『山と溪谷』誌11月号2020年10月21日

 10/15に発売した「山と溪谷」誌11月号の売れ行きはどうかと、ジュンク堂栄地下店へ見に行った。発売時5冊以上は在ったが、1週間後の今は2冊残っていた。山岳書コーナーにまわって1冊あった『分県登山ガイド 愛知県の山』の在庫が無いことが分かった。相乗効果で売れたみたいです。やっぱり地元の山が取り上げられると、一度は登った山であっても買われるみたいだ。

セカンドオピニオン2020年10月16日

 今年の夏は殺人的な暑さだった。何とか命は生き永らえたが、内臓の一部が負担がかかったらしい。9月になっても暑さは変わらず、やっと彼岸以降になって日照時間の減少とともに冷えて来た。
 冷えてくると睡眠も深くよく眠れるようになった。過酷な暑さで内臓の一部にポリープが出来た。良性か悪性かは切除してみないと分からないと医師は言う。しかし今は仕事も抱えるし、やり残したことが多い。
 それに手術しても再発が60%から70%の確率で出るという。さらに調べるとこのコロナ禍で多くの手術経験者が死亡している事実。手術すると確実に免疫力は落ちる。外部からの細菌には耐えらないからコロナ感染で死んでしまう。
 コロナの治療法が確立してからにしようか。と悩みを話すうちにセコンドオピニオンを勧められたので行ってみた。その医師も同じ意見で、手術をせよ、という。西洋医学はとにかく患部を切ることのみ。これで踏ん切りは着いた。
 病院を出てから元医師の某氏に電話した。明るい声、90歳にしては発声もしっかりしている。先輩だった夫が亡くなって以来、11年ぶりのこと。この先生がいた病院でもある。酒の席で、病気はほっときゃ治る、という説だった。医師でもなんでも分かっているわけじゃない。とよく聞かされた。当時、食塩と高血圧には因果関係がないとも言われた。さいきんになってその説が事実と分かってきた。
 元医師曰く、医者のいうことは聞かなきゃだめよ、と言われたが、元気なら良いじゃない、とも言われた。食べても飲んでも美味しい。これを信じることにした。そうしたら落ち込んでいた気分が一掃した。仕事もはかどった。
 病は気から。切れば転移する。放置しても転移する。切って転移しない腫瘍は良性だったことになる。切らなくても良いわけである。それなら放置である。それが寿命ということと腹をくくった。

オイル交換も世相を反映している2020年10月15日

 マイカーのエンジン音が大きくなってきた。今日はオートバックスでオイル交換を頼んだ。エンジン音はコンディションを伝えてくる。もう換えておくれよ、との合図である。
 思えば、今年2月以来4800km走行していた。大体4000km前後でやるが、4月から今まで遠方へのドライブはしてこなかった。月平均800kmだから1日では26kmくらいになる。丸の内の事務所を往復するとそれくらいにはなる。事務所へも散発的に行っただけだった。買い物と通勤がほとんどであった。
 6月までは感染予防で地下鉄、バスの利用はせず、マイカーと自転車のみだった。名城公園に路駐してそこから丸の内に通ったが駐車違反を取られた。痛かったがコロナに冒されるよりは安くあがっただろう。その自転車も前輪が暑さでパンクしたのでタイヤ毎交換したばかり。おカネは出て行くばかりだが何事もメンテナンスは大切。
 皆が外出自粛していた4月から5月は軽油代も100円割れしていたが最近は107円から112円と上がり始めている。それだけ需要があり経済が活発化の兆しを見せているのだろう。
 何か明るい話は無いものか。
 そういえば、「山と溪谷」誌11月号が先日届いた。ちょっとだけ日帰り登山の企画に関与させてもらった。この企画もコロナ禍があったればこそ発想された。小屋泊まりの登山はどこも前年比2割から3割だったらしい。その分低山に行く。低山では遭難が激増中である。何にしても自分の名前が掲載されると良いものです。これは明るい話です。

秋冷の岳揃い立つ甲斐信濃 山元 誠2020年10月13日

句集『春星』よりP187
・・・さてどこからの山岳同定であろう。もちろん上信国境の山の一角に立ってのことに違いない。
 例えば浅間山は北が上州(群馬県)で南と西が信州(長野県)だから間近に高峰を仰ぐことができる。群馬県といえば、最高峰が日光白根山の2578mだから浅間山とは10m違いでほぼ互角である。群を抜いて高い山はない。
 一方で浅間山のすぐ南には赤岳2899mが聳える。揃い立つという表現だから八ヶ岳連峰の眺めは壮観であろう。直線距離にして約90km西には槍ヶ岳も見えるだろう。北アルプスの眺めも峰々が雪で白くなれば鋸の歯に見えてくる。日本でここでしか見られない山岳風景である。
 作者の目はいつしかふるさとの立山の姿を追っていることだろう。三角錐が剣岳、端正な山容は立山か。実家を継いだものの先立たれた弟への思いも募るだろう。今は亡き父母と弟、句に秘められた郷愁と山恋の重なる想いを読み取りたい。