小泉武夫『猟師の肉は腐らない』を読む2017年08月25日

 書店をのぞいてふと見つけた新潮文庫である。2014年に単行本が出て2017年4月に文庫化された。日経新聞連載で知った『食あれば楽あり』は読んだ。この本も文庫化された。掲載の本は最初は発酵学の蘊蓄を傾けたエッセイかと思ったが何と小説であった。この著者は小説も手がけているんだ。
 山岳文学というと深田久弥、新田次郎、田中澄江辺りが有名だ。山に登ったり下ったりで中々文学にはなりにくい。新田文学はなんでも気象学に収れんされてしまうので飽きた。
 さて、お得意の発酵学からはどんな文学を?
 舞台の設定の八溝山地というのが気になっていた。以前から八溝山には登山したいと思っていた。そこを舞台にどんな物語を展開しているのか興味津々で読み進めた。 
 登場人物は八溝山地に生れの猟師の義っしゃんと猟犬のクマ1頭、それに小泉さん自身らしい東京の先生である。一人称である。
 とにかく出てくるのは山暮らしの猟師の創り出す食べ物がテーマであった。実は私も農家の生まれなので子供時分から蜂の子、川魚などは自分で捕って食べていた。鶏も飼い、年末、葬儀などのイベントがあれば1羽つぶしたものだった。うなぎも祖父に連れられて仕掛けに行った。大きなミミズを隣家の畑に断ってとり集め、それをすぐに仕掛けて川に沈めた。朝4時ころ、子供の時分にはそんな早起きはできず、祖父が回収に行き、何匹か仕掛けに入っていた。それをためてひと夏に何度か天然ウナギを食したものである。
 そんな田舎暮らしの食い物のネタがいっぱい詰め込まれた「小説」だから楽しく読み、またサバイバルなどと声高に云わなくとも自然の中でカネ要らずのグルメを堪能する夢や可能性を抱かせるのである。
 実際、読んでいる最中に買い置きした豚肉の調理を思いついた。猪肉の燻製とまではいかないが、豚肉に天然塩を振り、おろしにんにくを合わせた。しばらく置くと水分がしみ出して、終わったころで天火で焼くと実にやわらかくおいしい味になった。燻製ならなお美味であろう。マンション暮らしでは煙は御法度なのである。
 水郡線の矢祭山駅で降車する件までは事実であろう。その先からフィクションの小泉発酵学ワールドの世界に入る。
 先生が山奥に住む義っしゃんへの手土産に背負うものとしては
1 粕取焼酎・・・いまだ飲んだことがない。アマゾンでぐぐると高いがワンクリックで買える。
2 飛魚のくさや・・・これも未食である。ただし、飛魚のだしは、冷麦、ソーメンの汁として、何種類かアマゾンで買った。スーパーの有名メーカーの均一で甘めの出しには飽きがきているからだ。
 飛魚の出しを使ったら抜群にうまい。焼そばや卵焼きの出しにも使っている。ペットボトルの残り少なくなって見えてきた飛魚はカレーの隠し味にする予定だ。
 とこれだけだが義っしゃんの大好物なのだ。
 一方で文中の山のメニューに素材は
1 赤蛙
2 岩魚  甘露煮、燻製
3 山女
4 鮠
5 蝮
・・・・これは血を飲む。焼酎に漬け、まむし酒にすることもあるようだ。三重県の田舎の叔父はマムシを見つけると捕まえて首をはね、生き血を飲んだ。但し、昨今の農山村では田畑や農道にも農薬をまく。それに汚染された蛙、蜥蜴などの小動物を蛇が飲み込むと食物連鎖で、農薬の濃度が高くなる。そのマムシ酒を飲んだ息子が急死、そんなはずはないと老父が試飲したらやはり死んだニュースが奥三河であった。今は注意が要る。
6 縞蛇
7 鶫
8 山鳩
9 鶉
10 猪肉の燻製
・・・愛知県足助町の山奥では今でも猪が大活躍するらしい。この前行った山の伊熊神社の麓の山家では2日に1回は巡回してくるそうだ。そこで罠を仕掛けてある。捕獲すると埋設するとか。足助町ではジビエとして「山恵」なる解体会社をつくって猪肉の販売に乗り出した。私も購入したことがある。そんなに美味いものならここでも燻製を売ってくれないだろうか。
11 じゃがいもとニンジン
12 キューリ、トマト、
13 蝗 佃煮
14 地蜂の子の甘煮、炊き込みご飯
・・・・これは奥三河や東濃の山村で食える。先だって、新城市のゆーゆーアリーナの食堂のメニューにもあった。須山御嶽山に行く際、地蜂の採集禁止の警告板を見た。いまや、珍味ゆえに希少性のある財産になった。
15 野兎
16 納豆
17 山ブドウとあけび
18 どじょうの蒲焼・・・・これは豊橋の松葉公園の近くの小さなうなぎ屋で食えたが今もあるかな。うなぎ養殖の池にどじょうを放しておく。うなぎよりあっさりした味でしかも安かったからちょくちょく食べた。蒲焼、柳川鍋ともに美味かった。
19 かぶと虫の蛹・・・これもクヌギの丸太を割った際に蛹(白っぽい幼虫)が出てきた。祖父の話で焼いて食った記憶がある。ヘコキムシ、クワガタムシ、カミキリムシもある。
20 山羊の乳・・・・日進市の田園地帯をポタリングしたていたら、山羊を飼っている家を発見した。都市近郊ではいまどき珍しい。富山県立山町の道の駅みたいな土産物センターでも山羊を飼い、山羊の乳のソフトクリームを売っている。
21 その他の植物の根や実の話
以上は第1部の長閑なること宇宙のごとしに出てきた食味である。梅雨明け近い、というから7月初旬の八溝の夏の四泊五日の山暮らし体験記であった。
 第2部は八溝の初冬の候である。あれから2年5ヶ月後の12月初旬、三泊四日の山暮らしに出かける。そこの食生活は如何。今度も粕取焼酎は無論、魚の缶詰、くさや、カレールー、塩鮭、を持参。
1 猪肉の味噌漬け
2 渓流魚のカレー・・・イセエビのカレーは聞いたことがある。魚は出しが良く出るのでカレーには良い。鮎が安くなれば鮎カレーを作るか。鮎をカラカラに焼いて出しにすると美味いかもしれない。鮪缶、アサリ缶、鮭缶などのストックは欠かさない。

 さて、あれだけの食材をあてに飲んでは食い、食っては飲んでいる場面ばかりである。しかし、それではいくら発酵学の蘊蓄が盛りだくさんでも物語性がない。
 事実上は猟師の山暮らしなので猟犬の「クマ」の話と猟銃の村田銃の話も出てくる。なかでも「クマ」は高安犬と秋田犬のハイブリッド(優性遺伝)の設定になっている。 
 ここまで読んではたと思い出したのは戸川幸夫『高安犬物語』(新潮文庫)の本だった。動物文学の嚆矢とされる名作である。作者は直木賞も受賞した。この小説は高安犬物語、熊犬物語、北へ帰るなど5編の中短編からなり、1から3編が高安犬がテーマになっている。
 熊犬物語には希少種であり、秋田またぎ犬と掛け合わす話がでてくる。また病気で手術する話もあり、もちろん村田銃の話も出てくる。小泉氏もこの本を下敷きにしているな、と感じさせる。この知識の挿入が本書を発酵学の蘊蓄を傾けた食道楽三昧に堕落させないスパイスの役目になっている。

 ただし、時代の設定が不明な点が消化不良を起こしている。というのも早川孝太郎全集Ⅳの「常陸八溝山麓の狩詞」に語彙がまとめられている。前文のみ引用してみよう。

<太子町を立ちて八溝山麓黒沢村に一泊、翌日は矢祭山を見、国境を踰え磐城の平原に入る。水の流れ依然南に向うが不思議なり。あたかも秋の盛りにて遥かにみる東白川郡の山々一様に染まり、低き丘の次々に続きし様印象深し。東館に一泊、翌朝立ちて塙に向う。徒に家のみ大なる者並びたり。知る人も無く町を一巡して、またもや道を田に出で、そこに働く人をとらえてモンペの話を聞く。モンペは近年の輸入なり。
塙、花輪、鼻輪。阿武隈川のほとり武隈の塙の松。
有名なる賽の神。
磐城の塙も似た地形なり。秋田県と岩手の境の花輪、これも同じ地形なり。山形県にもあり。喬木村に稲荷神社あり。そこの祭特色あり。人の名もききたれどついにたずね行かず終わりたり。著者の欄外書き込み>

八溝山   茨城、栃木、福島の三県に跨り、久慈郡の北端を占める常磐一の高山である。頂上に八溝神社を祀り、代々の神主を磯神の高階氏と言って、遠く紀伊の鈴木氏の末である。ここ三、四〇年前までは、附近一帯に猪鹿が多かったので、今の黒沢村のうち、蛇穴、磯神、上の宮、上郷等部落はほとんど狩を渡世にしていたのである。現今では猪はほとんど影を絶ち、僅少の鹿が頂上付近に棲息するというが、それもあるいは疑問とするくらいである。したがって狩りの生計は跡を絶って、狩詞ばかりがわずかに遺っている。
以上
 昭和3年11月「民族」に初出した文の時点でさえ、狩はもう廃れていたのだった。したがって小説が成立するのは少なくとも大正時代以前というのが私の推測である。
 文中の住所には東白川郡矢祭町とある。これは昭和38年に合併後の地名だ。
 水郡線が開通したのは明治30年であるから結構早い。矢祭山駅は昭和12年3月開業である。
 アマゾンの本書のコメント欄にはかすみ網猟禁止とか現代の基準からみて違法性を指摘する。鳥獣保護法は明治初期から制定されているが、かすみ網の禁止そのものは1947年以後である。
 時代考証するととてもでたらめの小説と突っ込まれている。私もそう思う。しかし、ここは小泉発酵学の蘊蓄を吐露する場所として八溝山が選ばれたのだ。小説たるゆえんである。読後感としては悪くないのである。

西三河・岩根山561m(伊熊神社)を歩く2017年06月10日

おぶつなさんは産土神の意味とみられる
 緊急入院からほぼ1ヶ月経過、食欲の回復、ポタリングで大腿筋の鍛錬ともやってきた。まだ2時間3時間の山歩きは自信はない。
 ちょこっと、山を歩いてみようと、試歩の山として選んだのは西三河の岩根山(伊熊神社)であった。等高線を眺めてもほぼ円錐形の立派な山容が推察できる。山頂に三角点はないが、神社マークがある。

 国道153号から、堂ノ脇で左折する。旭高原元気村への案内板がある。惣田町で左折、加塩町からの道で右折する。しばらく走ると伊熊神社社叢へ案内する看板がある。頂上に至る車道で左折。軽四向きの狭い道を走る。どこかで歩き出すと思われたが直下まで行けた。しかし、未舗装になった辺りで車を止めた。歩きだしたらまた舗装になっていた。

 徒歩5分で登頂してしまった。これでは試歩にならない。
 頂上には杉の木立に囲まれた立派なお社が建っていた。これが伊熊神社である。右脇には大木があった。これも祠があり信仰の対象であろう。別社も建っている。裏手に回ると歩道になっていてぐるりと歩ける。裏手の大岩が何か曰くありげであるが何も説明はない。大きな黒御影岩に何かが彫られていた。

 おぶつな(奈の変体がな)さん凡てが凡て七十七の(以下判読不明)

 「おぶつなさん」をググるとと産土神のことであった。

「神道・日本語・日本文化を学ぶ」というHPには
「産土神(うぶすながみ)と氏神(うじがみ)は、世間一般では同じ意味で使われる場合が多いのですが、本来は異なる神として立て分けるべきです。

 産土神(うぶすながみ)とは、土(すな)を産み出す神、大地を始め万物を産み出す神です。
 産土神は、日本神道の神とのみ限定してはいけません。

 日本に限らず、地球上、大地ある限り、その土地に産土神(うぶすながみ)がいらっしゃる。神道であるとか、キリスト教であるとかに関わりなく、地球全土に産土神がいらっしゃるのです。

 この産土神が、その土地をお守りなさいます。
 つまり、その土地に生育する作物、植物、河川、その他の自然物をはじめ、その土地に住む人間の生活全般に密接に関わる働きをしておられるのが産土神です。

 氏神(うじがみ)とは、氏一族があって、その一族を守護する神のことです。
 先祖のみたま祭りをする際には、先祖のみたまたちと、その奥にいらっしゃる氏神様とを、お呼びしてみたま祭りをお仕えします。

 また、先祖のみたまが、あの世で修行を積み重ねて神格化なさると、その家の氏神の一柱となることもあります。」とあった。

 岩根山は産土神の山であったのだ。恐れ多くて三角点など埋設できなかったのだろう。
 それで社殿に近づいて参拝した。すると額がかかっていた。由緒書きである。
 社伝はこの山人らの信仰の歴史を伝えている。
 
一 村社伊熊神社ハ伊熊字笠松ノ海抜千四百尺ノ山上ニ鎮座ス勧請年月は未詳仁治三年再建寛政十年白山大権現ノ称号ノ神祇官統領神祇伯王ヨリ賜リツ安政四年四月正一位ノ位階ヲ賜ハル明治六年大権現ノ称号ヲ廃セラレ村社格トナル大正二年三月村社琴平神社ヲ本社二合祀ス大正八年八月十二日幣帛供進ノ神社ニ指定セラル

一 祭神
菊理比賣命
大物主命

一 境内反別
壱反五畝拾歩

大正九年九月二十七日
以上
 白山大権現とはウィキによれば「白山権現(はくさんごんげん)は白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、十一面観音菩薩を本地仏とする。白山大権現、白山妙理権現とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、全国の白山権現社で祀られた。」
 明治6年の廃仏毀釈が仏教と神道を分離してしまった。伊熊神社はかつては白山信仰の拠点だったと思われる。
 「全国の白山権現社の多くは、菊理媛神を祭神とする神道の白山神社となっている。」そうだ。社伝の琴平神社とは大物主命を祭神とする。すると別社がそれだろうか。大正2年の合祀だから比較的新しい。
 こんな小さな神も長い間には結構な波乱の内に鎮座してきたのである。

 小さな山上を一回りすると下山するのみであるが、鳥居の下へ本来の参道が下っていた。地形図では北東へつづく尾根である。それをたどると数分で下の鳥居に着いた。そこには馬頭観音(昭和六年十二月十日の碑文)など3体が建っていた。さらに山に向かって右側に細道が続いていて辿ってみると林道終点に着いた。これも参道だった。
 地形図の破線路も今は林道になったばかりだ。かつては峠道であった。右下に上伊熊の家が見えたので明瞭な山道を下ると草刈り中の人がいた。住民である。猪用のわなの檻の草を刈っていた。2日に1回は来るそうだ。捕まえても食べず、埋設するだけという。伊熊神社の里宮はないらしい。登り返すとさらに反対側にも山道が下っていた。昔は山道で行き来していたのである。
 愛知県の伊熊神社社叢の看板があった。植林の多い愛知県にはこれでも貴重な神社の杜として保存されている。
 参道を登り返した。途中には大岩があり、またまむし草も多かった。地質は花崗岩と思われた。山麓近くまで水田が拓かれているのは水が豊富な証拠である。

*自宅に戻ってから5万の地形図「明智」でチエックしたら平成元年6月18日に登った記録の書き込みがあった。下の鳥居の右側の道から登っていた。全く記憶にない。

日進市の足王社へ参拝!2017年06月05日

白山宮の右におはす足王社
 俳句雑誌の原稿を1本仕上げる。昨夜から見直すが最後が決まらず。『古事記』の漫画本、解説本、司馬遼太郎『この国のかたち』等を乱読。石頭でも読んでおれば少しは神道の知識が浸透するだろう。
 5/25に亡くなられた岡田英弘氏の著作の1冊も読みたいが、モンゴル史、東洋史、世界史は壮大で手が付かず。これまでの積読で結構たまっている。著作集の最終巻は買わなかった。メディアに出てこなかった学者は埋もれたままなのだろうか。
 読書に倦んで夕飯を外食。白山宮へちょっとドライブする。自転車で抜け道を知ったからスイスイ走る。途中、すすきらしい群落を見た。白い穂波がゆれて美しい。水田もほぼ植田になった。早いところは青々としている。日々成長している。またカメラで撮影したい。
 白山宮へは約7kmから8kmだった。自転車の運動量は往復15km程度。約2時間かかる。ちょうどいいくらいか。誰も居なかったPに着くとあちこちから参拝の車が着いた。たちまち数台が止まった。先客は鳥居の下で軽く会釈して参道を登った。
 杉の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿へ参拝後、足王社へ参拝する。中年女性の参拝客とすれ違った。いつもは早朝なので誰もいないが普通の時間帯はかなりの参拝客があるようだ。なにぶん、ここは常駐の神職や巫女(みこ)さんもいる。車のお祓いも受け付けているから経済的にも恵まれている。
 帰路は普通の車道を走る。白山宮の麓に来ると西には鎌ヶ岳の尖峰が見えた。別の所からは猿投山は無論、焙烙山や六所山も見えた。高い建物がないから意外に遠方まで見通しが良い。
 名古屋市に近づくと植えたばかりの水田に大西日が反射した。巨大な鏡面に反射してまぶしいほどであった。苗はひねもすこのエネルギーをいただいて大きく育つ。今読んでいる『古事記』のアマテラスオオミノカミの光かと思う。

日進市の岩崎城址へポタリング2017年06月04日

 6時過ぎ起床。今朝も快晴である。いつもより寒いので長袖を着用した。ネットによれば白馬山荘では降雪があったとか。冬に逆戻りしている。立山ではまたも小型飛行機が山に衝突したらしい。気象の変化が激しい日本の空は危険そのものだ。登山も同じである。
 小寒い中を自転車にまたがって天白川を遡るポタリングである。コースは昨日とほぼ同じで、梅森寄りに走ってみた。すると梅森八幡社があったので寄ってみた。八幡社というだけに後に回ると八幡造りの立派な社殿である。御手洗場は杉の曲げ物ではなく、竹を節で切って、コップにしてあった。これもありか。
 旧街道筋を走ると医者の家が大きく目立つ。狭い小路はさながら戦前の昭和の時代を物語る。道路こそ舗装してあるがマイカーが行き交う広さはない。もう1つ上に良い道が付いている。
 旧道筋を突っ走ると岩崎城が見える。眼下は植田が広がる田園地帯である。今日は岩崎城に寄っていく。県道57を若干北上すると岩崎城への入り口がある。自転車すら入るなとある。自転車を置いて歩き出す。一番高いところをへて古墳を見る。その前面が日進市の市街地や田園の展望台になっていた。ぐるりとまわるともう見どころはなく入口へ戻る。
 路地を走り抜けると白山宮のある丘が見える。今日はパスして日進市役所沿いに帰宅の途についた。
 さて、八幡社のことである。
 梅森では氏神としていた。ふたたび、司馬遼太郎『この国のかたち 五』(文春文庫)の神道を読むと、古事記や日本書紀に出てこない神を祀る外来神(渡来神)ということが分かった。
 6世紀に仏教が入って来た。入れ代るように日本の神々は没落していった。8世紀になって僧たちは神々にお経を聞かせて救済した。それが神宮寺という。
 八幡神が現れたのはこの時だった。最初は大分県の宇佐に始まった。この神は人格神といった。政治にも口出しした。仏教が盛んになると「自分はむかしインドの神だった」と託宣した。そして仏教を支持し、受け入れた。神が仏を讚仰した。これが神仏習合ということである。
 蕃神とも書いている。
 ウィキには「蕃神(ばんしん)とはその国、その土地の外部(外国、異国)からやってきた神。単に外国の神という意味ではなく、外来の神、つまり、外から入り込んできた後に定着し、その国、その土地で既に信仰の対象とされるようになってきている神を指していう。蕃神が信仰されるようになる経緯としては、意識的に布教される、あるいは、その国の人々が蕃神の存在を知り、自発的に信仰を始める、などが考えられる。
 もともと神道が信仰されていた日本においては、伝来当初の仏教について、「仏」を「蕃神」(トナリノクニノカミ)と呼ぶなどしていた。」とあった。今は死語になった。
 司馬の八幡神の書き方が面白い。
 「奉ずる人達の中央政権への働きかけが異常なほど活発だったことも以前ふれた。奈良朝の東大寺の大仏造営のときもこの神が託宣活動をし、ついに国家機関(東大寺)の域内にまつられることになる。
 同時にこの神はいちはやく仏教に帰依した。神仏習合という奇策を演ずることによって神々を亡びから救った功は小さくない。」
 後から来たものは少数派であり、弱者である。おおく発言して政治的にも活発に行動しないと埋もれてしまう。
 神道にもこんな重層性があったのかと思う。

日進市の足王社へ参拝するポタリング2017年06月03日

 昨日、司馬遼太郎『この国のかたち 二』(文春文庫)を読んだ。その中の「スギ・ヒノキ」の項に、
 古代、曲物が生活用具の主たるものだった。
 古代や上代につかわれたために、いまでも曲物は神事につかわれる。神前にたべものをのせてそなえる容器(神饌具)ーたとえば三方ーは曲物だし、またどの神社の境内でも、手洗い場に置かれているひしゃくも曲物であり、曲げ物でなければ清浄感が付随しない。以下略
 そうか、御手洗場のあのひしゃくは曲げ物だったのか。それを確認するための参拝でもある。
 今朝は、昨夜の飲酒がたたって、遅めの寝ざめになった。出発も7時過ぎになった。今日は路地裏の道を走りぬけて、日進市の県道57の「白山」の信号のある交差点まで走った。白山宮へはすぐだ。Pに駐輪する。参道を歩く。いくらもなく本殿に辿りつくが、振り返って、御手洗場でひしゃくを取り上げてみると、なるほど杉の板を薄くして曲げたものであった。
 私が登山用の弁当箱に愛用しているのも曲げ物であった。南木曽町の小椋さんの店で買った。これも杉の板を楕円形に曲げて底を付け蓋をセットにしてある。そしてうるしを塗ってある。塗らずにおくと水分がしみ込んで黒ずむという。
 今日の再発見はひしゃくは曲げ物ということであった。加えて、田園風景の中に余り苗を見たことだった。これは別項で書いておいた。
 帰路、立ち寄ったデニーズの玄関の真上の燕の子は今朝はもう巣立ちしていなかった。5/30には在った注意書きも撤去されていた。めでたし。

初校終える2017年05月23日

 昨日は行政書士の友人のサポートで、ほぼ4時間ほどかかったがクラッシュしたPCが復旧した。写真、ドキュメントもハードディスクから回収できた。元々はその道のプロだったというから聞いてみないと分からないものである。昔から医師、弁護士を友人にもてとか言われたが、今は、パソコンのハード、ソフトに強みをもつ友人を加えたい。あと税理士もいるといいですねえ。
 さて、緊急入院にあって遅々として進まなかった初校を何とか終えた。それも写真が復旧したからだ。写真をメモ代わりに撮影するので、プロパティの時間でコースタイム設定の参考にすることが出来る。あとは再校を待つことになる。こんどはどんなスタイルになるやら。
 今日は朝から原稿と未入力の経理伝票類を持参して事務所へ行った。それにウィンドウズ7のリカバリーCDも見つかったので一段落したら壊れたハードディスクを筐体に戻して、再インストールすることになる。7年目のPCだがまだ使える。同時にバックアップの方法を考えておかねばなるまい。
 仕事用には外付けハードディスクを置いてあるが、趣味のデータはまあなくても良いか、という感じでいい加減にやってきた。ところが最近は趣味のほうの有償原稿も増えた。今回もガイドブック用のデータはDVDに焼いておいた。限定的なのでやはり3つくらいは用意しておきたい。

天下峰を廻る、松平町を撮る2017年05月21日

 ガイドブックの再取材となった。当初の構想から一歩後退し、またサブコースで復活させることとなった。
 午前6時過ぎ出発。県道58から環状道へ、R301への左折を見過ごし、とんだ大回りになった。松平郷へは少し手前の滝川沿いの道を走る。取材時は工事中だった切通しも今日は済んでいる。乗り越すと坂上町だ。宮口川にかかる宮口橋付近に松平郷の道標がある。六所山へ1.9km、天下峰へ1.3km、王滝渓谷へ1.9kmとあった。
 ここから右折すると六所山へ行き、左折すると仁王に行く。最初は仁王に下る。今まで訪れたのは秋か冬だった。枯れたイメージがあったが初夏とあって天下峰が苗田に映えて美しい。宮口橋に戻って六所山を撮影。その先の六所神社下宮一の鳥居のある六所山遙拝所からも撮影するが、手入れがされてないため、樹木が邪魔する。少し移動しながらアングルを考えて撮影。
 次は六所神社下宮(山上を上宮という)の本堂や舞台を撮影。先の地蔵堂橋にある石の道標には右松平郷、下流は天下峰、上流は原生林とあった。松平郷へは軽自動車程度がやっとの作業道が続いている。これも正規の道である。途中分岐が何か所かあるが道標があって迷うことなく沢連(そうれ)を経て松平郷へ行ける。
 六所神社入口、六所苑にはすぐの林道坂上線出合まで行って戻る。宮口橋を元の道を走り、以前は王滝渓谷から豊松小学校を経由した道の分岐がある。左折する。ここにも古い石の道標がある。本文の最後の佛以外は判読不明で、下の右も九久平に読めるが不明瞭、左松平だけははっきり判読できた。九久平はぎゅうだいらと読み、大給城跡があるところ。松平家の支配だったから当たっているかも。
 左折すると細くなるが舗装のままで羽明(はあす)に下る。左折すると東宮口の地蔵堂橋からの道に会う。直進すると沢連に行く。松平家の遠祖という在原氏の墓所の案内板を見る。看板によれば松平郷を開いたのは在原信盛氏で、2代目の信重にとき、諸国を流浪中の徳阿弥が入り婿となった。松平太郎左衛門親氏を名乗り、松平家発展の始祖になったという。306mの山は地形図では無名であるが、在原山という。
 念のため、司馬遼太郎『街道をゆく43 濃尾参州記』の「高月院」を読むと少し違う。すぐに松平に定着したのではなく、まず吉良へ行ったというのである。そこで酒井家に逗留して娘に子を産ませた。吉良には落ち着かず、松平に来るのである。酒井家の娘が亡くなり、老父が育てていたが困って連絡したところ、酒井家を家臣にしたそうだ。
 下れば松平東照宮はすぐである。高月院にも寄った。前述の本には30年前の印象で「高月院は、いいですよ」とあるが、自治体の町起こしで「天下祭」などが催され、歴史に関係のない観光施設が建てられていることに驚き嘆いている。
 Pの野菜売り場で白っぽい玉ねぎ3個とホウレン草を購入した。JAによって牛肉を買った。自宅で玉ねぎ2個を刻み、牛肉と炒めた。ペロッと平らげた。脂っこいものでも食欲が戻ったようだ。

 さて、三河三霊山の六所山、松平親氏が天下太平を祈願した天下峰をめぐる歴史と信仰の松平郷をどうまとめようか。特にあの宮口川を中心に水田のひろがる山村風景は良い。山里が清潔である。ちょうど、アオサギも生息している。六所山の山麓であり、御神体として拝まれたのだ。松平と天下峰が直結し、六所山とも直結する。このトライアングルは面白い。ただ、焙烙山が高さしか評価されないのが気になる。

以下は「神社と古事記」のサイトから転載。
・三河三霊山とは
1六所山 六所神社
上宮(豊田市坂上町六所山)・八ケ峰神社・下宮(豊田市坂上町地蔵堂)などで構成される神社の総称である。御祭神は猿田毘古神・塩椎神・岐の神・日本武尊。御朱印の有無は不明。

2猿投山 猿投神社

3本宮山 砥鹿神社

・現在でも字金姓の小台地にたたずむ一の鳥居は、六所山を遙拝するのに最も適した場所にあるという。
・一帯はかつては松平郷といい、松平氏(徳川氏)発祥の地。永和3年・天授3年(1377年)8月19日、松平宗家初代松平太郎左衛門親氏が奥州塩竃六所大明神を六所山に勧請した。

それまで「吉木山」「蜂ケ峰山」などとされていた山名が、以降六所山と呼ばれるようになる。

産土神として奉拝されていた大山祇神は北東の蜂ケ峰に遷され、以来「隠居神様」と呼ばれながら六所神社摂社の八ケ峰神社として存続する。

新たに祀られた客人神の本殿は芳樹宮と名付けられ、六所大明神と称されて、松平氏・徳川氏の氏神として歴代当主の崇拝を受ける。

榎本一郎『俳句と川柳』を読む2017年05月04日

 週刊新潮の高山正之氏の変見自在と藤原正彦氏の管見妄語は必ず目を通す。今週は藤原氏の「ユーモアとバランス」の言葉があっていたく感じるところがあって断片をメモった。
 ユーモアには駄じゃれから辛辣な皮肉、風刺、ブラックユーモアなど多種多様あるが、これらすべてに共通なのは、「いったん自らを状況の外におく」という姿勢である。ユーモアとはバランス感覚の跨張された表現と言ってよい。対象にのめりこまず距離をおく。ラットレースから距離を置く。内発的動機。
 いやあ、上述の言葉こそ川柳の本質を言い当てているではないか。イギリスのインテリとの会話から生まれた発想である。

 こんな言葉に敏感になったのは、実は今、榎本一郎『俳句と川柳』を読んで、俳句と川柳の違いを学んでいるからである。私の世話をする句会にも自分は川柳をやりたいと悩んでいる男性がいるが、それなら辞めて自分で勉強するかというとそうでもない。松山市出身ということが俳句への内発的動機の一つであるに違いない。私は、俳句も川柳も俳諧の仲間という以上の違いを説明できなかった。
 特に川柳は内実をしっていても身分を明らかにできない人が皮肉をこめて詠んできたものと思った。
 
  役人の子はにぎにぎをよく覚え

  子が出来て川の字形りに寝る夫婦

  かみなりをまねて腹がけやっとさせ

  ひんぬいた大根で道を教えられ
  
 どれも記憶に残りやすい江戸川柳である。

 それでこの本を見つけて飛びついた。読んでも中々難しいものである。詳細すぎて理解が進まない。

 俳句は若者にも詠まれていて人気上昇中であり、川柳も年一回はどこかの会社が優秀作として発表している。どちらも根強い人気がある。

 俳句はホ句の独立した文芸、川柳は平句にルーツがあるという。

 俳句の観賞文を書くために多くの俳句から選別する。ふと思うのは連用形で結句する俳人がいることだ。連用形で結句すると川柳に思えてならない。所属の結社誌にもそんなことを書いた覚えがある。前の主宰は特に俳諧味とか、諧謔をよく強調された。

 最近読んだ加藤耕子氏の句集『空と海』から

  原生林蛭に身の血を分かち合ひ 

をして「作者は蛭に吸血されても、身の血を分ち合い、と平然としている様子が諧謔を呼ぶ。 」と書いた。一般的には吸血中だから忌み嫌うものという常識がある。じっと自分の体の血を吸う蛭を観察して一句をなしているのだから俳人精神の賜物といえばそうか、と思う。しかし、可笑しいのである。「かまととぶる」かのようなこらえる笑いを呼ぶ。それは上品な笑いとはいえる。笑いをとるための笑いではないからだ。 

 この俳句の川柳との違いは初句で切れていることと季語の認識である。しかし何となくしまらない気がする。脱力感をぬぐえない。

 現代俳人の指導者は俳句の立句性を忘れたか、詠めないのか、あるいは嫌い、平句に向かっているのだろうか。日常をちょいと切り取って作句することを指導する。足元にこそ詩の原点があるかのような発言も目にする。
 ある短歌会でも旅行による観光的な詩歌をこっぴどく批判し、芭蕉のような行き倒れ覚悟の旅で作った詩歌は高貴だと発言する先生がいた。ちょっと言い過ぎである。

 川柳の穿ち(着眼点)は「いったん自らを状況の外におく」という姿勢がないと詠めない。俳人は状況と一体になっているふしがある。私は自然と一体になった時に詠める。また見えているのに見ていないことを思い起こさせる。俳句でその状況を思い起こせる。

 本書を読むと、川柳でも指導的立場の人の主張は様々で一筋縄ではいかない。それでも榎本氏は川柳をあらわす文芸と結論する。俳句は切れにあるとする。国際化をにらんでのことである。夏石番矢氏の指摘を引用して外国人がHaikuを詠めば季語と五七五も捨てられるそうだ。残るのは切れだけということらしい。

 脈絡を外れるが山本健吉が若いころ「俳句研究」誌の編集長として波郷、楸邨、草田男を「人間探求派」として推した。虚子の花鳥諷詠に反発して、彼らのように「人間を詠め」という。このことが後々には駄句の山を築くことになった、とある俳人の指摘を読んだ。
 日本人の悪いところは一斉に同じ方向になびきやすいことであろう。その意味でも、「いったん自らを状況の外におく」という姿勢は大切だと思う。

渡部昇一氏死去2017年04月18日

 産経新聞から
 本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子(みちこ)さん。後日、お別れの会を開く。ここ数日、体調を崩していた。

 昭和5年、山形県鶴岡市生まれ。上智大大学院修士課程修了後、独ミュンスター大、英オックスフォード大に留学。帰国後、上智大講師、助教授をへて教授に。専門は英語学で、「英文法史」「英語学史」などの専門書を著した。

 48年ごろから評論活動を本格的に展開し、博学と鋭い洞察でさまざまな分野に健筆をふるった。51年に「腐敗の時代」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。同年に刊行された「知的生活の方法」は、読書を中心とした知的生活を築き上げるための具体的方法を論じ、100万部超のベストセラーとなった。
 57年の高校日本史教科書の検定で、当時の文部省が「侵略」を「進出」に書き換えさせたとする新聞・テレビ各社の報道を誤報だといちはやく指摘し、ロッキード事件裁判では田中角栄元首相を擁護するなど論壇で華々しく活躍。一連の言論活動で「正確な事実関係を発掘してわが国マスコミの持つ付和雷同性に挑戦し、報道機関を含む言論活動に一大変化をもたらす契機となった」として60年、第1回正論大賞を受賞。東京裁判の影響を色濃く受けた近現代史観の見直しを主張するなど、保守論壇の重鎮だった。平成27年、瑞宝中綬章。主な著書に「日本史から見た日本人」「ドイツ参謀本部」など。フランシス・フクヤマ「歴史の終わり」など翻訳も多数手がけた。
以上
 哀悼の意を表する。
 享年86歳だった。若いころからTVなどの時事番組で知った。その後はベストセラーの『知的生活の方法』で改めてファンになった。
http://koyaban.asablo.jp/blog/2016/12/14/8275366
 続々出版される本は大抵は購読してきたはずだ。驚くのは知的生活の提案者らしく蔵書が膨大で和英合わせて15万冊に及ぶらしい。
 渡部氏のやり方を知ってからは本を消耗品扱いするのをやめた。雑誌といえども何でこんなものを買ったのかと思うが後で読み直すと意味はあった。失敗と成功の積み重ねで失敗を減らしていくのだろう。的確な本の選択眼蔵書術も教わった気がする。
 蔵書専門のマンションの購入も夢見ているがそれを維持する収入がないことで実行できないでいる。夢で終わる公算大であるが、渡部氏から得たものは大きかった。
 梅棹忠夫からは行動のための読書術を教わり、渡部昇一氏からは知の計算外の蓄積の大切さを教わった。無用なものでも継続すれば無用でなくなり、体系が生まれると知った。専門家でないことが新鮮な発想を生むのである。
 渡部先生!やすらかにお眠りください。お別れ会には上京して出席したいものだ。

句会と加古宗也ミニ研究2017年03月27日

 3/26午後、平針駅近くの喫茶店に集まる。今日は冬眠中だった2名が出席したが熱心なOさんが急用で欠席されたうまくいかないものです。しかし、久々ににぎわいを取り戻す。

 1人が古い写真をみせてくれた。いずれも俳句教室に通っていた頃のスナップで「若竹」の加古宗也氏が写っている。 地味ながら名古屋で人気の俳人である。
 ふらんす堂のHPの著者紹介から「1945年、愛知県西尾市生まれ。1970年、村上鬼城の高弟・富田うしほ、潮児父子に師事。「こころの俳句」を学ぶ。1977年、俳誌「若竹」編集長。1990年、富田潮児より「若竹」継承、主宰となる」とある。
 村上鬼城といえば、ウィキペディアの作風のページに「自らも不遇な環境に置かれていたため、困窮した生活や人生の諦念、弱者や病気への苦しみなど、独特の倫理観で憐れみ、哀しみを詠った句が多いのが特色である。また、本人も耳が不自由だったためか、身体障碍者に対する感情を詠ったものが多く(但し、今日では差別語として好ましくない表現を用いた句もあることを留意する必要がある)、阿波野青畝など影響を受けた俳人も多い。また、座右の銘が「心眼」ならぬ「心耳」であったことから、今日では「心耳の詠み人」と呼ばれる」と紹介される。
 いわゆる境涯性の強調された俳句が多い。自らの弱さをさらけ出す。私の脳裏にも
   冬蜂の死にどころなく歩きけり   鬼城
くらいの記憶はある。
 さて、加古宗也先生は作句指導のみならず書くこともできる俳人である。「俳壇」に連載していたものをまとめて書籍化した『定年からの俳句入門』は購読した。無難な内容であった。
 検索で主宰の書斎訪問というユーチューブを見つけた。
 https://www.youtube.com/watch?v=T0aKRB1ZehU
 俳句雑誌「若竹」は1000号を越えた。2015年8月のふらんす堂のブログにある。
 http://fragie.exblog.jp/m2015-08-01/
 俳句雑誌が1000号を越えた結社はそんなに多くないと思われる。前田普羅系の「辛夷」は2010年に1000号となった。当時でも10誌くらいと聞いた。ひたすら愚直に発行し続けることになる。
 先だってつるまい図書館で各誌のバックナンバーをまとめ読みした際、私が40歳から45歳まで投稿していた「武都紀」誌の短歌誌も含めて発行を休む結社誌が数誌はあった。主宰の死亡とともに結社を解散する話も聞く。高齢化の波が結社にも訪れている。
 加古主宰は1945年生まれで主宰としては若い方だ。4人に1人は高齢者になる高齢化社会では弱者が増加することになり、境涯性の俳句は増えるだろう。
「「俳句一筋、鬼城一本」この八字をもって「若竹」を歩んで来ました。
「若竹」はかたくなに村上鬼城一本でやって参りました。その頑固さ、頑なさでやってきた一方で、私などは本当に気楽に淡々にやってきました。力んでやった覚えは全然ありません。本当に有難いと思います。そんな中で一〇〇〇号を迎えられのは嬉しいことです。
 良い仲間に恵まれました。奇跡と言うべき仲間に恵まれて今日まできました。同時に俳壇の先輩、それから友人が本当に久しく声を掛けていただいて、今日も大勢の方が駆けつけてくれ、また「若竹」一〇〇〇号の記念号に多くの人が本気で原稿を書いてくれました。素晴らしくありがたいことだと感謝でいっぱいです。
 感謝を胸にこれからも「愚直に」次に進んでいきたいと思っております。ぜひ皆さまも何卒優しく見守ってくださればと思います。」
 主宰の人柄がよく現れた文である。「人を愛すること」という最後の言葉はどの主宰も同じことを言っている。人の支えがないと解散しかない。誌友、会員は投稿を通じて結社誌の発行を支え、又、資金源でもある。

 結局、文学というか、文芸の根幹はそれに尽きる。しかし、俳句は人間しか読まないのだから敢えていうことでもないと思っている。江戸時代の宗匠らは俳句はこう詠め、こう考えよ、と指導した。それを月並俳句と子規は批判した。
 https://jphaiku.jp/how/tukinami.html
 手厳しいが現代の主宰もこの傾向はあるように思う。

 「俳句研究」誌編集長として、山本健吉は人間探求派を唱えたのは若干28歳のころだった。当時は皆若かったから追随する俳人が多かったのだろう。現代俳句は駄句の山を築いたとも指摘される。草田男の結社は解散した。楸邨はどうなのか、波郷は?境涯性を追求する、人間愛を追及するのは真理とはいえ、心しておかねばなるまい。自分の弱点をさらけ出すのが境涯性ではないのである。モノに託すことが重要である。

 芭蕉の句のように自然を読みながら人間性が出ていることが重要であろう。普羅も自然を詠みながら人間がよく出ている。決して幸せな人生ではなかったのに境涯性を謳わず、自然の美に昇華した。これぞ文学である。だから何年たっても飽きることなく探求していける。