新刊!髙山正之+馬渕睦夫『世界を破壊するものたちの正体 日本の覚醒が「グレート・リセット」の脅威に打ち勝つ 』を買いに行こう2021年03月02日

秘かに浸透するディープ・ステートのプロパガンダにはもう騙されない!

今回アメリカ大統領選挙はディープ・ステートの存在を鮮明に浮かび上がらせた! そして、いまだトランプ陣営を謗り続けるメインストリーム・メディアと、その報道をただトレースするだけで主体性も客観性も見受けられない日本のメディア……。
ディープ・ステートとメインストリーム・メディアの連携は、これからも世界を破壊していくのか? 「グレート・リセット」という名の国際干渉主義に日本は耐えていけるのか? 歴史修正主義とレッテルを貼り、日本をいまだに縛り付けるのは何物か? 陰謀論と決めつけ議論をシャットアウトする勢力の魂胆は? アメリカで起きている異常事態は、この日本でも水面下で侵攻しつつある。フェイクを生み出すメディアの姿を歴史的事実から紐解く髙山正之氏と、メディアが伝えない国際情勢の因果関係を元外交官の視点から分析する馬渕睦夫氏――ふたりが腹蔵なく語り合った、日本人の覚醒の書。


本書「プロローグ(馬渕睦夫氏)」より抜粋

ディープ・ステートの実態が暴かれたた今日、次に取り組むべき課題として歴史修正主義を取り上げました。ディープ・ステートが書いた正統派歴史観に疑問を呈したのが歴史修正主義ですが、「陰謀論」と「歴史修正主義」というレッテルを貼って自らに気の喰わない言論を封殺してきた彼らの悪業を克服することが、本書のテーマである私たちの「覚醒」に繋がるからです。

本書「エピローグ(高山正之氏)」より抜粋

何の国益もない戦争が続き、その間に戦争をやめようとしたケネディは暗殺され、ニクソンは辞任させられた。
そして今回「戦争をやめる」と言ったトランプが異様な大統領選でホワイトハウスを追われた。
米市民はここに至って「もしかして我々の知っている米国政府とは別の組織が米国を操っているのではないか」と怪しみだした。
あのウイリアム・ハーストのように新聞もそっち側と組んで国益とは無関係の戦争を煽っているのではないか。そう考えるとニューヨーク・タイムズやCNNがトランプを終始詰り倒すのか、すっきり理解できる。
日本の新聞はそうしたしがらみはないはずだ。ワシントン駐在の特派員は岡目八目、寧ろ冷静にその辺を評価できるはずだが、本書にもあるように、そうした記事は見えない。
日本は今、極悪非道の支那を面前にしている。反日親中のバイデンはもはや頼れるパートナーではない。
日本の新聞は今こそ健康なジャーナリズム精神を取り戻して、自衛できるようマッカーサー憲法からの脱却とか、まともな世論喚起を考えてもらいたいものだ。

[本書の内容]
プロローグ 馬渕睦夫
第一章 アメリカの現実
第二章 歴史は語り繰り返す
第三章 縛られる日本
第四章 日本が覚醒する日
エピローグ 髙山正之

※グレート・リセットとは?
より良い世界をもたらすために、私たちの社会と経済のあらゆる側面を見直し、刷新すること。

世界情勢の改善に取り組む国際機関である「世界経済フォーラム(WEF)」が、2021年5月に開催するダボス会議のテーマを「グレート・リセット」にすると発表したことから、注目を集めている。ダボス会議は世界経済フォーラムの年次総会であり、世界経済や環境問題など幅広いテーマで討議される内容は、各界から注目されている。

世界経済フォーラムがグレート・リセットの必要性を訴える理由としては、新型コロナウイルスの感染拡大が経済成長、公的債務、雇用、人間の幸福に深刻な影響を及ぼしていること、そして気候変動や格差の拡大といった社会問題が危機的状況にあることが挙げられる。これらの危機からより良い世界を取り戻すためには、その場しのぎの措置ではなく、まったく新しい経済社会システムを構築しなければならないという考えを表明している。
以上

宮崎正弘+宮脇淳子『本当は異民族がつくった!虚構国家中国の真実』を読む2021年03月01日

ビジネス社刊。2018.12.12。
内容説明
平気でウソをつく面の皮の厚い人だけが成功する中国人に日本人はどう対抗すべきか。日本国民に告ぐ!これ以上、騙されてはいけない!!

目次(若干編集)
第1章 強盗国家の常識

P33 英雄のいないウイグルのメモ

東トルキスタン共和国は1933年と

1944年 新疆北部(モンゴル系)に二度目に設立

二度目の共和国の指導者が死亡後

1955年に新疆ウイグル自治区成立

ISISに共鳴するイスラム過激派が誕生

新疆南部のオアシス都市の人はカシュガル人とホータン人でまとまりはない。

世界各地のウイグル人の団体は13あるがみんなバラバラ

日本でも喧嘩してる

横の連絡なし

・・・結局ウイグル人の悲劇の原因はウイグル人自身にもある。かれらをまとめる強烈な指導者が現れないことには当面漢民族からの虐待が続く。中国における毛沢東、朝鮮における金日成、ベトナムにおけるホーチミン。すべては若い頃からの教育であろうか。日本ならば小異を捨てて大同に就くことですぐまとまるのだが。ただイスラムが支援しているとのことでこのままで置かれるわけではなさそう。

第2章 漢字支配と歴史捏造の実態
第3章 中国を動かす客家コネクション
第4章 中国は大分裂するのか
第5章 「習王朝」権力闘争の行方
第6章 経済大崩壊の末路
第7章 いやでも中国人と戦う時代

著者等紹介
宮崎正弘[ミヤザキマサヒロ]
1946年石川県金沢生まれ。評論家。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長、貿易会社経営などを経て、1982年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇デビュー。中国ウォッチャーとして知られ、全省にわたり独自の取材活動を続けている

宮脇淳子[ミヤワキジュンコ]
1952年和歌山県生まれ。1976年京都大学卒業、1982年大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、1983年から東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員ほかを歴任。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

おちょぼさんへ行く2021年02月28日

 今日は春霞の1日となった。三密を回避するために有名寺社の初詣も自粛していた。そろそろ商売の方も巻き返す時期がきたので海津のおちょぼさんことお千代保稲荷へ参拝に行った。東名阪道からの鈴鹿山脈は全山雲の中に隠れていた。
 待機すること30分くらいで無料駐車場に停めることができたからそんなに人手はないのだろう。ただし、参道に出ると閑散ではない。結構な人手がある。特に子供連れが多かった。
 油揚げとロウソクを買って本殿にお参りを済ませる。ここは行列ができていた。参拝後は隣の古堂にも名刺とお賽銭を投げた。税理士さんの名刺が多い。ここは税理士さんら自営業者のメッカなのである。
 2010年の開業以来何年か続けていたが確かにご利益はあった。コンスタントに売上があり、大金が必要な時には必ず手助けがあり、一等地である丸の内の一角に自己保有の事務所を構えることができたのもおちょぼさんのおかげである。ここしばらく、3年くらい参拝をさぼったせいで、2019年から業績不振が続いた。2021年から巻き返すぞ、と祈願した。
 参拝後には必ず買うのが、白菜のお漬物である。スーパーのは飽きて食べ残しが出るがここのは旨いので完食する。他に粘り強く生きようと、「伊勢芋」を買った。伊勢芋は野生的なほど粘り強い。スーパーでは中々見かけない。道の駅、田舎の農協などでチエックするが無いことが多い。
 というわけで春爛漫の半日を春浅き濃尾平野に過ごした。

楊海英『中国人の少数民族根絶計画』を買う2021年02月27日

 産経NF文庫。2020.1.24発刊

 第19回正論新風賞を受賞した論考。著者は中国人名ながらオーノス・チョクトというモンゴル人である。1964年生まれで静岡大学教授で文化人類学を教える。恐ろしい書名だが、モンゴル人の立場で書かれているからそうなるのだろう。
 つまり歴史的には漢民族=シナはモンゴル人に支配された時代があったのです。こんな本を買ったのもシナに滅ぼされようとしているウイグル人のことを知るためです。

 これまで断片的に書いているが、胡の話です。中国共産党の政治家である胡錦涛の胡は従来から、シナを取り囲む匈奴の1つでした。胡は別称ですが、漢民族が名乗っているのはすでに混血がなされたのではないかと思います。
胡(こ)は、中国の姓の一つ。『百家姓』には158番目に挙げられている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1_(%E5%A7%93)

ブログ「「中国人の名前」についてのメモから

・中国人の名前のつけかたの歴史的変遷は、中国社会の構造の変遷と結びついている。
中国人=漢民族+少数民族(非漢民族)

・姓を見れば大まかな先祖がわかる?
江…南方系の姓。川の地名を、中国の北方では「…河」「…水」、南方では「…江」と呼ぶ。
  【比較参考】谷の地名を、西日本では「…谷」、東日本では「…沢」と呼ぶ。
林…南方系の姓。福建省や広東省に多い。「三国志演義」に林姓のキャラがいない理由は、三国志は北方人中心の話だから。
金…東北系の姓。先祖が匈奴人、蒙古人(モンゴル)、満洲人、朝鮮人の可能性がある。
姜…西北系の姓。紀元前11世紀、殷王朝を滅ぼした周の「姫姜連合」の中心人物「太公望」「呂尚」「姜子牙」。
馬…西北系の姓。先祖が遊牧民族や(三国志の馬超)、イスラム教徒(マホメットの「マ」)である可能性がある。
康…康居国(現在のカザフスタンにあった国)から大昔に中国に渡来した人々の子孫である可能性がある。
安…安息国(パルティア。現在のイランにあった国)から大昔に中国に渡来した人々の子孫である可能性がある。

清水ともみ+楊海英著『私の身に起きたこと とあるウイグル人女性の証言』を買った2021年02月26日

 hontoから
 中国が支配する新疆ウイグル自治区。エジプトで結婚し、三つ子を授かったウイグル人女性が実家に帰ると、赤ん坊とともに拘束され、電気棒などの拷問を受け…。ウイグル人女性の証言をもとに、ウイグル弾圧の実情を漫画で描く。【「TRC MARC」の商品解説】

 中国によるウイグル人への弾圧を告発するノンフィクション漫画。
 ウイグル人による実際の証言にもとづく本作品は、2019年にウェブ上で発表されるや否や、衝撃を持って受け取られ、SNSで瞬く間に拡散されていきました。有志の手によって世界14ヵ国語に翻訳され、ワシントンポスト、ガーディアン、ブルームバーグ、CNNなど多くの海外メディアによって紹介されています。

・・・私ども日本人はウイグル人について何も知らない。学校で学んだ記憶もないのは当然で、中国の建国後に侵略されたのである。

 宮脇淳子『かわいそうな歴史の国の中国人』(徳間書店)には、P184~「現在の中国が領有する国土の64%は中国ではない」という。
 ウイグル人はトルコ系の言葉を話すイスラム教徒です。と書いてある。新疆ウイグル自治区を英語では東トルキスタンという。トルキスタンはトルコ人の住むところの意味。
 中央アジアはひとつながりの土地であり古来から中国の不可分の土地という主張は嘘という。
 ウイグルが中国の領土にされたのは?
 昔、遊牧帝国「ジュンガル」があった。チンギスハーンの女系子孫が建てた帝国である。清朝とも争ったが、最後は内部分裂した。ジュンガルはモンゴル人であり後継者争いで兄弟喧嘩した。1775年に乾隆帝がモンゴル騎兵を派遣してジュンガルを滅ぼした。新疆自治区の全域がジュンガルの支配地だった。そのまま清朝の最大版図となった。今の中国は清朝を受け継いだことにした。
 以下重要なことが書いてあるので詳細は本書による。

 中国のウイグル人の人権蹂躙はひどいものです。こんな国で来年の冬に北京オリンピックが主催されるが、良いのかということです。これを日本のメディアは記事にして報じないのですが、ですからほとんどの日本人は知らないのです。しかしネットの動画で発信されています。清水さんの本も動画で知ったわけです。

病は口から「ビタミンC恐るべし」2021年02月25日

 今日は朝食を抜いて午後遅くに食べた。昼食ではなくて中食である。運動不足で食欲もでないし、筋肉を使わないから循環が悪いかも知れない。中食は喫茶店でとったが少々の肉と結構な量のレタスの盛り合わせでお買い得な感じだった。これで730円。空腹も手伝って美味しかった。
 午後から電話があった。現在コロナで入院中の身内からだった。一時悪化していたが一息ついたらしく声が元気だった。このまま退院かと思ったがまだ微熱があり先になるという。
 結局ベッドの上で考えることもないのだが、今はただ医師の治療に専念するしかない。今やれることは毎食後の歯磨きである。病は口からという俚諺通りである。
 身内に語ったことは私の場合は、口腔内の清潔さが咳をゼロにしたという事実であった。それまでは一年中空ぜきに悩み、のど飴が欠かせなかった。一年中のど飴を舐めるから歯も虫歯になり治療にカネがかかった。
 2019.12.はじめ、今年は咳を無くそうと努めた。エアコンが犯人か、家ダニの死骸が犯人かは分からない。分かることは口腔内の粘膜の栄養であるビタミンCの摂取を試みてみた。いつもは歯磨きで出血があった場合に備えてあったビタミンCの原末を処方では一さじが規定だが、3倍から4倍水に溶いて飲んでみた。夜、歯磨き後、1回だけである。これを一週間続けたら咳はいつの間にか無くなったのである。サプリといえども習慣化は行けないので普通量に戻した。
 何だ、こんなことで空ぜきがなくせるのかと思った。ビタミンC恐るべしである。したがって2020年はのど飴を一切口にせずに済んだ。毎日の歯のメンテナンスであった。

定例会のリアル2021年02月24日

 久々に山岳会の定例会に出席。ズームで出席も数名いるので人数は少なかったが、リアルな会合はやっぱりいいですね。今夜は古手の会員から伝統行事の継続と意義を見直しの疑義が飛び出て少し長引いた。
 伝統だからと言って毎年反省もなしに続けて良いのか。現場の会員らは意義を感じておらず、やらされ感があるというのである。趣味の会でそれは無いよ、という強い主張で緊迫した雰囲気になった。
 ボトムアップならば良いが、トップダウンは承服しがたいのである。確かにそうだ。再審議ということになった。
 もう一つは遭難事故の顛末である。昨年6月の事故当事者がまだ立ち直っていないという。4日間山中を彷徨うという事故で滝から転落し、下山できなくなった。その人は登山届を出しておらず、どこの山へ登ったのか誰も知らない。家族が本人のPCの履歴から推測で分かった。登山口へ行ったら車があった。そこから警察と山岳会の捜索が始まった。
 幸いに発見されて九死に一生を得た。しかし高齢で山岳会幹部の若い指導者に従わない。自分の方が偉くて山岳会は自分を救済する義務があると勘違いしているのだろう。プライドの高いのはまあ人間社会では通用するが自然では通用しない。つける薬が無い。今後は登山届が無いのは救助しないことにしよう、という話になった。腹立たしい話である。

天皇誕生日2021年02月23日

天皇陛下の御誕生日を心より御祝ひ申し上げ、皇室の弥栄を御祈念致します。


NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881411000.html
天皇陛下 61歳の誕生日


仲冬

在位中の天皇(今上天皇)の誕生日を祝う日。国民の祝日として、学校、会社などは休みとなる。今上天皇の誕生日は二月二十三日。この日皇居では一般参賀が行われ、天皇一家がバルコニーに立ち、国民の祝福に応える。

株式相場は高値波乱へ2021年02月16日

 丁度昨年の今頃だったか、コロナウイルスを終息させようと経済を停滞させてきた。3月以降は公共施設も休止が相次ぎ、会合が流れてしまった。昨日辺りから日本もようやくワクチン接種が始まったらしい。
 株式市場はこれまでも日銀が買い支えてきたが、半年後の経済回復を見越して外国人投資家のマネーもはいってきたらしく、株価が高値で推移している。節分天井彼岸底のセオリーはどこえやら、コロナバブルの様相になって来た。
 株価というのは値幅制限がある。

「当日に株価が変動する上下値幅です。

基準値段 制限値幅
100円未満 30円
100円以上 200円未満 50円
200円以上 500円未満 80円
500円以上 700円未満 100円
700円以上 1,000円未満 150円
1,000円以上 1,500円未満 300円
1,500円以上 2,000円未満 400円
2,000円以上 3,000円未満 500円
3,000円以上 5,000円未満 700円
5,000円以上 7,000円未満 1,000円」
以下省略
 高値になればなるほど値幅が大きくなる。しかし、上昇にも限界はある。いずれは乱高下の大きい高値波乱が来る。これが暴落のサインである。

 「株価の上昇トレンドが一服し、高値圏で横ばいに転じると、株価が毎日のように大きく動くことがあります。高値波乱と呼ばれる現象で、株価が大きく下落する前兆とされています。反対に底値圏でもみあいを続けるうちにしだいに日々の値動きが荒くなってくるケースもあり、こちらは安値波乱と呼ばれます。」

コレラの家を出し人こちへ来りけり 高浜虚子2021年02月13日

 (虚子五句集P43。「五百句」大正3年作)
・・・句意は明瞭。コレラに罹患した家から人が出てきてこっちへ向かって来る、自分も菌を移されないように気を付けよう、というのである。季語はコレラで夏の俳句)

 こんな俳句を思い浮かべたのは、数日前に、実弟の夫婦がコロナウイルスに罹患して入院中と知人を通じて聞いたからだ。
 本人から今電話があり、掛かりつけの病院に入院して一時の重い症状は脱したとのことだった。今はアビガンを注射されて回復の途上にあるとのことでほっとした。
 その話の中に、一足先に退院した妻が帰った際に、他の人との接触で、弟の妻にウイルスが移らないか心配だ、ということをまず話すという。本来なら、どうですか、退院できて良かったね、とお見舞いの一言を声掛けして欲しいのに忌避される態度に出られたことに憤慨していたのである。
 大正時代のコレラ流行でも人々はコレラの家から出て来た人と話をすると感染するんではないか、と疑心暗鬼になり、表記のような俳句が生まれたのである。時代は変わっても人心は変わらないのだと思う。