おちょぼさんへ行く2021年02月28日

 今日は春霞の1日となった。三密を回避するために有名寺社の初詣も自粛していた。そろそろ商売の方も巻き返す時期がきたので海津のおちょぼさんことお千代保稲荷へ参拝に行った。東名阪道からの鈴鹿山脈は全山雲の中に隠れていた。
 待機すること30分くらいで無料駐車場に停めることができたからそんなに人手はないのだろう。ただし、参道に出ると閑散ではない。結構な人手がある。特に子供連れが多かった。
 油揚げとロウソクを買って本殿にお参りを済ませる。ここは行列ができていた。参拝後は隣の古堂にも名刺とお賽銭を投げた。税理士さんの名刺が多い。ここは税理士さんら自営業者のメッカなのである。
 2010年の開業以来何年か続けていたが確かにご利益はあった。コンスタントに売上があり、大金が必要な時には必ず手助けがあり、一等地である丸の内の一角に自己保有の事務所を構えることができたのもおちょぼさんのおかげである。ここしばらく、3年くらい参拝をさぼったせいで、2019年から業績不振が続いた。2021年から巻き返すぞ、と祈願した。
 参拝後には必ず買うのが、白菜のお漬物である。スーパーのは飽きて食べ残しが出るがここのは旨いので完食する。他に粘り強く生きようと、「伊勢芋」を買った。伊勢芋は野生的なほど粘り強い。スーパーでは中々見かけない。道の駅、田舎の農協などでチエックするが無いことが多い。
 というわけで春爛漫の半日を春浅き濃尾平野に過ごした。

天皇誕生日2021年02月23日

天皇陛下の御誕生日を心より御祝ひ申し上げ、皇室の弥栄を御祈念致します。


NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881411000.html
天皇陛下 61歳の誕生日


仲冬

在位中の天皇(今上天皇)の誕生日を祝う日。国民の祝日として、学校、会社などは休みとなる。今上天皇の誕生日は二月二十三日。この日皇居では一般参賀が行われ、天皇一家がバルコニーに立ち、国民の祝福に応える。

コレラの家を出し人こちへ来りけり 高浜虚子2021年02月13日

 (虚子五句集P43。「五百句」大正3年作)
・・・句意は明瞭。コレラに罹患した家から人が出てきてこっちへ向かって来る、自分も菌を移されないように気を付けよう、というのである。季語はコレラで夏の俳句)

 こんな俳句を思い浮かべたのは、数日前に、実弟の夫婦がコロナウイルスに罹患して入院中と知人を通じて聞いたからだ。
 本人から今電話があり、掛かりつけの病院に入院して一時の重い症状は脱したとのことだった。今はアビガンを注射されて回復の途上にあるとのことでほっとした。
 その話の中に、一足先に退院した妻が帰った際に、他の人との接触で、弟の妻にウイルスが移らないか心配だ、ということをまず話すという。本来なら、どうですか、退院できて良かったね、とお見舞いの一言を声掛けして欲しいのに忌避される態度に出られたことに憤慨していたのである。
 大正時代のコレラ流行でも人々はコレラの家から出て来た人と話をすると感染するんではないか、と疑心暗鬼になり、表記のような俳句が生まれたのである。時代は変わっても人心は変わらないのだと思う。

久々に鶏飯をつくる2021年02月06日

 久々に鶏飯を食べたくなった。親鳥が入荷しておれば作ろうとスーパーへ出かける。外は寒いがものすごくいい天気である。ホントは山行きだったが深夜遅くまで読書で朝起きられなかったのである。
 親鳥はあった。ごぼう、にんじんを下ごしらえする。フライパンでそれらの具材を炒める。脂は別に買った鳥皮を炒めてとった。火が通ったところで砂糖と醤油で調味する。別に炊いてある白飯に混ぜ込んでかき回すと出来上がる。ごはんはいつもより水を減らしたからぱりっとした炊き上がりになった。親鳥の肉のコクがしみ込んで美味しい。ごぼうの香りもしっかり。人参の色どりもカロチンの栄養価が高い。
 加えて、店頭でワカメの新物をみたので買いおく。量的には多めなので刻んで、一人分づつ、ポリ袋に小分けして、今日の分は別にして残りは冷凍した。前に買ったあさり汁に入れた。食べると体から悪いものが発散していくような気がする。
 栄養は「食物繊維(乾燥重量の約40%)、脂質、ミネラル」のほか、「アルギン酸は整腸作用やコレステロール低下作用が有名で、その確かな効果から、アルギン酸を添加した特定保健用食品も販売されています。フコイダンは、がん細胞の増殖を抑制する作用などが知られています。」というから侮れない。
 実は干しワカメも塩蔵品も備蓄はあるのだが、ワカメの旬は「わかめを採取する時期は大体2月頃から始まり、五月頃最盛期を迎えます。 寒中に生えてくる新芽を生で食べるのが、もっとももおいしいといわれています。」というわけで今である。

大寒の一戸も隠れなき故郷 飯田龍太2021年01月20日

 今日は気持ちの良い冬晴れの朝。猿投山もすっきり見える。これだけ明るいと山眠る季節もそろそろ終わり、春隣りの感がある。但し、今は寒の内だから外はまだまだ寒い。
 今日は大寒というので表題の句を浮かべた。まさにこんな日の故郷を写実的に詠んだのであろう。
 あと三日したら飯田龍太生誕100周年のイベントがはじまる。これは是非にも行きたい。
https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/exhibition/2021/01/100-4.html
 飯田龍太を知ったきっかけは前田普羅のことを書いた本を立ち読みしてからだった。普羅を知るには友人だった飯田蛇笏を知る。蛇笏の息子が龍太というわけだ。その書名は『俳句・風土・人生』(講談社学術文庫)だったと思う。今探してみたが見当たらないからどこかの本の下積みになっている。

冬来たりなば春遠からじ2021年01月07日

 今日は七日がゆ。ということで七草でお粥を朝食として食べるのですが、実は1/12にホテルで会食に朝がゆを食べる予定です。それが七日がゆの代わりになります。
 小寒は1/5でしたが、今日は窓から雪が降っているのが見えた。外出すると寒く手の冷たい日でした。実質的な小寒ではないか。「小寒(しょうかん)とは、「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなるころ。小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」といいます。寒が明けると立春」になる。で、日本酒1本と手袋を買い増しした。手袋なしでは素手で買い物袋やバッグを持って居れない気がした。
 山岳出版社からまた原稿依頼がきたので快諾した。こんな要件でもないと山へ登るモチベーションが湧かない。あの山この山と頭には描くが具体的に行動を起こすにはモチベーションである。低山であっても里山であっても体を動かすのは同じこと。

「柿」がテーマの鑑賞文の原稿書き完了2021年01月06日

 予てから選句してあった俳句誌の鑑賞文の原稿を書き終えた。季語は柿である。柿と望郷がテーマになった。検索も多用して思ったのは柿の栽培の北限が山形県と知って驚いた。もともと南方系の果物のはずであるが栽培方法や技術が発達したのである。同じくイネ科の水稲も今は北海道で普通に栽培されて愛知県の店で買うことができる時代であるから驚くに値しないかも知れませんね。
 また作者の姓名も南方系の人なのですが女性は結婚して夫の姓を名乗ることが多いから姓名から出身地を割り出すことはできない。
 WEBの国土地理院の地形図の検索窓で「柿平」をググると全国で17ヶ所あった。関東、中部、東海、中国山地などの広がりがある。柿は地名になるほど盛んに植栽されたのだ。愛知県だけでも4ヶ所はあった。古くは飢饉に備えた栽培だったが今は商品経済であろう。東海地方でも地名にならないまでも産地は多い。
 本巣市、豊橋市、昨年秋に見た滋賀県高島市今津の柿畑はホントに広がりがあった。HPを見ると力を入れているのである。
「柿のミズオ」から
http://www17.plala.or.jp/kaki320/#:~:text=%E6%BB%8B%E8%B3%80%E7%9C%8C%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%B8%82%E3%81%AF,%E4%B8%AD%E6%97%AC%E3%81%AB%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6%E5%8F%8E%E7%A9%AB%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
「滋賀県高島市は、琵琶湖の西岸にあり、県下最大の富有柿の産地で「近江今津の柿」として親しまれています。富有柿は、11月中旬から12月中旬にかけて収穫されます。」なのだそうだ。
https://www.sankei.com/west/news/151028/wst1510280043-n1.html
「滋賀県高島市今津町深清水地域を中心に生産される「今津の富有柿」がまもなく旬を迎える。柔らかい果肉と優しい甘さが人気。12月上旬ごろまでが食べごろだ。
 同地域のカキの産地としての歴史は古く、大正初期に岐阜県の養蜂家が持ち込んだ穂木を在来のカキに接ぎ木繁殖したのが始まりとされている。現在は約20ヘクタールで40人が栽培している県下最大のカキの産地となっている。」
 そういえば、干し柿と生柿の買い置きがあった。生から食べて行こう。

貸金庫の解約2021年01月05日

 今日は成年後見人として被後見人の貴重品を預けていた銀行の貸金庫を解約に行った。後見活動は2012年に始まり、2018年に被後見人の死亡で終わったがその後は相続手続きも担ったので必要だった。それも2019年3月には終わったので2020年には解約しても良かったが忘れてしまったのである。
 年末に買い物をし過ぎないように心掛けていたがちょっと買い過ぎた。それも今日は大体片付いて来たので買い足すことにした。肉、魚、野菜、惣菜などを購入。
 夕方は山スキー靴の改修を行った。足首が太いのでバックルが締まらない。針金を使って2センチ程度のフックを取り付けて滑降中は足の固定をしっかりできるようにした。またスキー板の流れ止めの紐を追加することにした。2mmの紐と小さなカラビナをアマゾンに注文した。

仕事始め2021年01月04日

 今日から世間は仕事始め。しかし特に切羽詰まった仕事はないため寝正月を継続する。某氏から電話があった。早速広告の仕事の段取りが始まる。
 午後にもなると読書にも倦むので年賀状の返礼を書いて投函しに行った。途中で行きつけの喫茶店によって初喫茶を味わう。ここのコーヒーは旨い。そこからわざわざ遠い郵便ポストまで自転車で走った。ついでに銀行にも寄って通帳記入した。するともう暗いので自転車のライトを点灯させた。これは普段はスマホの充電器も兼ねる優れものである。

パソコンを受領2021年01月03日

 早も3日になる。今日も寒いけど午後から大須に行く。昨日は行けなかったので認証作業を済ませたパソコンを受領した。同時に買うと7000円引きというのでイイヤマのディスプレイも購入した。これで明日以降梱包を解いて利用を開始できる。
 クルマで栄の大津通りを通過したらブルーのイルミネーションが異様な雰囲気を醸し出していた。ちょっと青みが強すぎる気がする。道路沿いのお店はどこも行列したり店内一杯お客で混雑中だった。コロナ何のそのという勢いである。景気は気からなのでスタートダッシュで日本経済が発展すると良い。
 丸の内の事務所へ灯油を運び込む。これで1ヶ月は持つだろう。やっぱり石油ストーブは温かい。加えて静かである。電気仕掛けがあるとどうしても運転音がするし故障もありうる。メンテナンスしながら使える安心感は代えがたい。
 三の丸に路駐した。その前に愛知県護国神社に初詣を済ませた。手水鉢は空だった。感染を恐れて中止したのか。参拝客もまばらである。これが令和3年の正月風景である。栄の賑わいとはまた別にある。