志村けん去(ゐ)んでますます春愁い 拙作2020年03月30日

志村けんさんが逝去

 昨日も行きつけの喫茶店で話していたばかりだった。志村けんさんの兄(73)が、話もできない、状態と。生死をさ迷っていたと知り、そして、死去の報に絶句する。この芸能人だけは死なせたくないですね、と異口同音に話した。こんな明るいキャラクターの人に死なれると武漢ウイルスへの憎しみが増す。

いづくより鹿の呼ぶ声霊山寺 拙作2020年03月28日

伊賀市名産の組み紐
  27日、郵便受けをみたら、伊賀市役所から封書が届きました。何だろうと開封したら、文書と組み紐が同封されていました。昨年11月30日(土)に登った霊山寺で投句した俳句が当選したというお知らせでした。武漢ウイルスでうっとうしい毎日ですが、ちょっぴり鬱な気分を明るくしてくれました。
https://maps.gsi.go.jp/
 選者の宮田正和氏をググると「宮田さんは31歳から俳句を始め、1975年に全国的な俳壇の登竜門である「角川俳句賞」を県内で初めて受賞。80年には「山繭俳句会」を結成し、主宰者として会活動をリードしながら、後進の育成でも多大な功績を挙げている。また、県俳句協会の設立に発起人として尽力し、県内の俳句文化の普及と向上に貢献した。」そうです。
 師系は「風」の沢木欣一(金沢市)で写生を基本とする俳人。中日俳壇の選者栗田やすし(「風」の後継誌の「伊吹嶺」創刊主宰)さんと同じ師系になる。沢木欣一は深田久弥とも近しい俳人で、1971.3.21に茅ヶ岳で死んだ時、「さながらに羽化登仙の山霞」と親密でないと詠めない追悼句を寄せた間柄だった。
 選者の宮田さんは三重俳壇の第一人者と分かりました。1933年生まれの高齢ながら今も頑張っておられます。こんな偉い選者に即興の拙作を選定していただき、丁寧な句評も大変うれしいです。それと組み紐もありがとうございます。伊賀市役所様にはお礼お申し上げます。

対岸のぼんぼり霞む花の雨 拙作2020年03月27日

 昨晩は天白川右岸の緑道沿いのぼんぼりが点いたことを発見した。季節は確実に巡るのにちょっと寂しい花見の季節になった。住まいの天白川堤防の桜並木の桜も3分咲きになっただろうか。今日は雨である。窓から眺めるぼんぼりも霞んでいる。

 森山直太朗の「さくら」をお聞きしましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=jqMCjCSSk6k

 この人が歌うとどうなるか
【さくら(独唱)】 島津亜矢
https://www.youtube.com/watch?v=ZichF_PPIQM

 もう一人今春小学校を卒業して4月からは中学生になるという東亜紀ちゃんの小学生4年次のカバー曲です。
【さくら】森山直太朗over東 亜樹、小学4年生
https://www.youtube.com/watch?v=WI94_7vpcxc

玄米を五分づき米に精米する2020年03月24日

 昨日は好天で様々な雑用が片付いた。給油に行って、3/22の飛騨の山でパーキングで朝は凍結しているが下山時には雪解けの後の泥で汚れたマイカーの洗車も済ませた。春の泥という季語があるが、雪解けや雨も多くなり泥んこになりやすい。しかし都会では失われた季語かも知れない。
 農協の隣を通過する際に玄米の買い物を思い出したので寄った。玄米5kgを買ってPに一角にある精米機で5分を選択して精米する。玄米1900円+精米機100円で2000円。5分づき米は食べて2時間以内くらいに排便が促されると発見した。何が原因か。少なくとも玄米の糠の50%は除去されるので炊飯しやすく、繊維質は残る。残った糠層にはVB,VE、ミネラルなどが白米より豊富に残る。この為に便秘はしなくなった。便秘するときは外食が続いて栄養が偏った時だ。

 農協には玄米も普通に置いてある。但し、5kgの白米と玄米は嵩がかなり違いがある。白米の5kgは大きく、玄米の5kgはややコンパクトに見える。白米は捨てるところがないのに玄米を5分づきにすると糠の一部を捨てることになりさらに嵩が減る。何だか経済的に損する気分だが栄養価は高い。

  ********************************************

参考サイト「ライスピア米蔵」
https://www.ricepier.jp/%E3%81%8A%E7%B1%B3-%E9%9B%91%E7%A9%80%E8%BE%9E%E5%85%B8/%E5%88%86%E3%81%A5%E3%81%8D%E7%B1%B3%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C/

分づき米 あれこれ・・・ 7分・5分・3分・1分づき
 玄米にはビタミンやミネラルなど身体に必要な栄養素が豊富に含まれていますが、硬くて消化吸収が悪く、玄米にこだわる方以外の人にはなかなか馴染めません。

そこで、玄米の優れた栄養素を残しながら、食べやすくした分づき米をお勧めします。

精白米は、玄米から果皮・種皮、糊粉層と呼ばれるぬか部分を完全に取り除いたものです。

分づき米は、精米の際に玄米から胚芽やそのぬかの部分を一部残して精米したお米をのことです。

分づきには精米度合によって【三分づき】、【五分づき】、【七分づき】などがあり、数字が大きい順に精白米に近くなります。

胚芽やヌカには食物繊維やカルシウム、鉄などのミネラル、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれており、精米度合が低いほうが栄養価は高くなります。

五分づき米(半づき米) ★やせたい人には効果的!

玄米のヌカ層を半分取り除いたお米のことで、胚芽もヌカも50%以上残っています。胚芽の栄養は、ほぼそのまま白米と玄米のちょうど中間なので、玄米ごはんの香りとごはんの甘みが楽しめます。

栄養素を白米と比較すると、ビタミンEは2倍以上、ビタミンB1は4倍以上、繊維質も約2倍含まれています。玄米より消化吸収が良く、食べやすくなります。ただし、食味は白米より劣ります。

※浸水時間は最低2時間以上、炊飯時の水量は白米の2割増しで炊いて下さい。‥[歩留=96%]

ぬか層が少し残り、

胚芽の栄養はほぼそのまま白米と玄米のちょうど中間なので、玄米ごはんの香りとごはんの甘みが楽しめる

春牛蒡を食う・・・私の『土を喰らう日々』2020年03月23日

 時々無性に土の香りがする牛蒡を食べたくなるのは農家の生まれのせいもあろうか。先だっても買い置きした牛蒡を洗ってささがきにした。包丁の背で皮も少し削いだ。水にさらしてあくをとり下ごしらえをする。ものすごく匂う。その後は、フライパンにごま油を落とす。熱したフライパンにひね鶏を刻んで入れて炒めます。砂糖、醤油で味を調えて火が通ったところで出来上がり。
 食べてみると、肉質は硬い。あるブログによると「(鶏全般ですが)ヒネとは、「卵を産み尽くした頃のメス鶏」を指します。「親鶏」「廃鶏」などとも呼ばれ、採卵用に飼われていた鶏が年をとり嫌な表現になってしまいますが、「利用価値がなくなった」鶏が「ヒネ鶏」として出荷」とあります。
 しかし、旨い。牛蒡の香りと簡単には咀嚼できず、口の中でガムみたいに歯でよく噛んで柔らかくしてから飲み込む。その時は肉のうまみを味わう。牛蒡の香りと鶏肉の味わいの一品は元気づける。

事務所の決算2020年03月09日

 先日から事務所の決算事務にかかった。各勘定科目の仕訳のチエックである。特に未払金は細目を分けている。各細目の合計がやっと一致して明日からは帳簿のプリントに入れる。それが整ったら国税庁の確定申告書作成コーナーへの入力を開始できる。3/16から1ヶ月延期されたがなるだけ早く終わらせたい。
 1月は対馬の山旅の余韻で紀行文など整理するうちにぼおっとしてしまい、2月はコロナ騒動を追ううちに茫然自失になった。半ばには発熱をともなう風邪も引いた。3月に入ってやっと自分を取り戻した。と思いきや3月中の会合はすべて休止になった。政府はなるだけ出歩かないように呼びかけている。
 2月には仕事らしい仕事もなく1社のみ会計指導の打ち合わせ、3月になって相談に乗った。今後もお呼びがあることを期待して。それの請求書作成をするうちに忘れていたデスクワークを多々思い出した次第である。やはり仕事があるっていうことは癒される。小さな仕事でも自分が用いられるのは良いことである。
 今朝はよく晴れてベランダから白い御岳が見えた。山の呼ぶ声が聞こえるようだ。2月は大鼠山、高丸、青田山をやれた。3月ももう少し積雪がないか、ふたたび大鼠山に行きたい。友人とは猪臥山も検討している。

すっきりと見へし猿投の山笑う2020年03月06日

 今日はいい天気だった。猿投山の右肩下がりの段差もくっきり見えた。あの辺にオオウスノミコトの墳墓がある。オオウスノミコトはヤマトタケルの兄である。
 今年は日本書紀1300年の節目の年に当たる。尾張地方はヤマトタケルの故地が大変多い。大方は自転車で経めぐった。ただ日本書紀1300年の記念行事はもうすぐ終わる。武漢肺炎の拡散防止で開催期間が短縮されたためだ。また機会を見つけて行ってみたい。

身をかがめ立ち向かふごと春北風2020年03月05日

3/5の15時現在の実況天気図
 今日は北風が強かった。ビルに当たり増幅されて飛ばされそうなほど強かった。春の天気は降る吹く曇である。冬は西高東低の気圧配置だが天気図を見ても北海道をはさんで二つの低気圧が座るシベリアからの北風が吹き込む。北はもっと荒れたであろう。

鼠めく瑞雲が浮く天皇誕生日2020年02月23日

 今日は令和のはじめての60歳の天皇誕生日である。今年は子年なので陛下も子年になる。
 自宅の窓からは猿投山がよく見える。その上に鼠によく似た雲が現れた。そして西へと流れてあれっという間に消えた。これは今日の日を奉祝して現れた瑞雲かも知れないと思われた。

その会見は

令和2年】天皇陛下お誕生日会見[桜R2/2/23]
https://www.youtube.com/watch?v=Q2m2rv4j-lg

風花のやうにちらつく春の雪2020年02月18日

 今朝早くゴミ出しに出たら上から風花のような雪が舞った。すぐ消えるはかないものだった。名古屋の空は晴れているが西北の方が雪雲っぽい。文字通り風で運ばれてきたのだろう。