徳重熊野社へポタリング2017年06月22日

徳重の熊野社本殿
 今朝はどんよりした梅雨曇り。まあこの時期はこんなものだろう。9時30分過ぎに自転車にまたがり出発する。
 目的地は緑区徳重の熊野社という古社である。これまでのも何度か前を通過してはいたが参拝したことはなかった。先日は「平針」三角点へ行くのに南へ振りすぎて「熊の前」へ迷い込んできた。
 今日のルートは平針から荒池の北の土手の道を走ったが途中で絶えた。未整備と分かった。戻って西の道を走り、平針南から路地を抜けると西神の倉に出た。下ると元町珈琲という喫茶店を見て、ああ、熊の前に着いたと思った。先日もそこで一服したので今朝も一服する。
 一服後、坂を下って熊野社の前に行く。要するに熊野社の西の境を走っているのである。但し、参拝の道は一つしかない。またもギアをこまめに切り替えながら登る。途中できつくなり下りて歩いた。すぐに本殿横に着いた。実は参道ならば途中に湧水地もあるようだ。今度は歩いて登拝しよう。
 由緒によれば祭神は伊弉諾尊イザナギノミコトと伊福利都連命イフリクベムラジノミコトという。
 名古屋市のHPから(一部編集)
「袖(注:神の間違い)ノ倉の神は熊野杜を指し、地名の由来はこの神社のある山が神の鎮まる座、御神座の山を呼んだことによる。
 古名の字名に伊副ケ根(いふがね)祝ケ根(いわいがね)とあるが、もともとイブクマノ神社の名で呼ばれていた伝承による。
 祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊福利都連命(いふくりべむらじのみこと)で熊野三社に源がある。
 この地一帯は江戸時代に尾張藩の御林だった山で明治になり宮林から民間に払し下げられ最近まで雑木林だった。近年開発され神社の社殿や参道が整備され昔の面影は無くなったが、3.7万崩(注:平方メートルの間違い)の特別緑地保全地区で桜並木は素晴らしい。参道入口に正観音堂があり、「右あすけ道」「左くまの権現道」の道しるべがある。」
 吉岡学公式ブログも丁寧な観察と調査の記録があり深く理解するための参考になります。
http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1563

 熊の前とは熊野社のことだった。神の倉も熊野社にちなむ地名だったのだ。
 参拝の後は独立標高点85mへの入り口を探しながら一周してみた。北面はゴルフ場に利用されている。その右わきに草深い道が登ってゆくのが見えたが確信はなかった。平針南から荒池経由で帰宅した。
 そして熊野社のことをググるうちに北東の独立標高点85mに毘沙門天像があると知った。今度は車で熊野社のPへ走った。
 参道から登拝して本殿の裏手に回ると鬱蒼とした照葉樹林の中に踏み跡が続いていた。地質はサバ土である。猿投山につづく東部丘陵はこの地質であり、近くの東郷町にある白土(しろつち)も「白粘土や磨砂が採掘されたので、いつの頃からか住民の間で「白土」というようになり、それが地名になった」そうである。
 神社から約10分で毘沙門天像に着く。大正年間の建立で岡崎市の人の名前が見える。毘沙門天は七福神の一つでインドの神様だ。北の守護神というがどこを守るのか。尾張氏の氏神の針名神社か、御岳山か、白山か。
 眺めはない。途中にゴルフ場との接点があったが仕切られていた。また草深い道にもつながっている。但し、南にステンレス?の階段道が下っていたので下りた。すると自転車でくまなく走ったはずの道に着いた。入り口には「毘沙門天王参道」と彫られた石碑があった。昼には気がつかなかった。登り返すのも何だから車道を歩いて適当に神社に向かうとドンピしゃでマイカーのあるPに着いた。所要10分のことである。

平針荒池界隈ポタリング~午後の部2017年06月20日

 午後3時過ぎ、充分な休憩後、また自転車に乗って平針へ行く。今度は荒池をチエックした。これまでに見たことのない大きな池だった。車道の西側の歩道を走った。すると中途から右へ曲がり、急角度で登り始めた。ギアを調整しながらこらえて登り峠を乗り越した。そのままダウンロードすると今朝のとんぼ池の分岐に出たので戻った。峠のところに自転車を置き、道路を挟んで、北側は農業センター、南側は何か不明だがワイヤーで囲ってある。
 どこかに弱点はないかと探ると、ワイヤーが広げてある。そこから道も踏み跡もないが何となく歩けるルートがあった。たどって登ると赤白のポールが立つ3等三角点に着いた。三角点「平針」は角が壊れている。人も来ないはずなのに不思議である。眺めはない。そのまま戻った。この三角点は初見と思う。
 自転車にまたがって、下り気味に行くと右の山側に登る小道に入った。そして例の針名神社の入り口につながっていた。さらに下るとやはり針名神社の正門に下った。
 下山後は農業センターに立ち寄った。そして構内を隈なく歩くと竹林に入る。ああ、これこそ針名神社境内に山続きでつながっており頭の中でようやく地理感が完成した。構内では搾りたての美味しい1本の牛乳を飲んだ。ホモゲナイズしていないので脂肪が浮いている。コクがあってうまい。
 構内のミニ売店ではコーチンの肉、スイカ、野菜などを売っている。牧舎がたち、温室が建つ。ここには名古屋の中の田舎がある。

平針荒池界隈ポタリング~午前の部2017年06月20日

 6/17から6/18の夏山フェスタも終わった。これが終わるといよいよ夏本番である。最後のセミナーで気になる膝痛の話を聞いた。入りは70%以上はあった。みなさんの関心が高い証拠である。
 膝痛のメカニズムがよくわかったが防止策として、講師は「体重を増やさないことですね」と断言。
 その通りです。処方は多々あるが、決め手は膝の負荷を軽減するしかない。というわけで今朝も少し遅めの目覚めで、7時過ぎにペダルをこぎ始めた。目指すは三角点「平針」63.5mと荒池界隈。
 自宅の標高が低いので一気に登らず、大根町を経て名二環を横切る、ある程度高度を稼いでから横断に入る作戦であった。ところが、南へ振りすぎて、緑区の熊ノ前に下り方向感覚が狂ってしまった。今さらまた坂を登り返すのも大変なので白土経由で県道56号に出て、東神ノ倉を迂回しながら北上、地理感のある荒池付近で左折、三角点を目指す。
 ところが向が丘の住宅地で微細な路地道に迷いこむ。かなり北へ行きすぎて、またバックして名古屋市農業公園の西縁を走っていたことに気付いた。当りがついたら急に徒労感がでて帰宅した。何のことはない。針名神社のすぐ南だった。
 地形図は過去15年間新情報を更新していないため、今はある道路も地図ではないことになっている。しかし古くからある道を辿ればよいと気付いた。平地の三角点ほどRFが難しいとはいうが本当である。
 自宅にもどってシャワーを浴びて体重計に乗るとトレパン姿のままで73kg。まあまあのところまで落ちてきた。

白山宮・足王社へお礼参り2017年06月13日

 6/11のクライミングで膝の痛みを感じなかった。つまり治癒が近づいている実感を得た。昨日は疲労と風邪気味で行けず、今朝、車で白山宮と足王社へ参拝した。ジムでもいよいよ復帰ですねと期待が大きかった。それに応えられると良い。
 今年前半は膝痛解消を目標に減量にこれ努めた。スキーも雪山登山もできない体になってしまった。沢登りも当然できない。
 減量に段階的に成功したが、5月半ばで健康障害が出て緊急入院してしまった。半健康状態も今月いっぱいで解消したい。
 5月中旬から始めたポタリングの参拝の成果も大きいように思う。ポタリングは膝に負荷をかけずに血行を良くする効果がある。大腿筋の強化もある。軽い山歩きで減量していけば最終目標の68kgに到達できるだろう。

平針・秋葉山へポタリング、そして針名神社へ2017年06月09日

 昨夜は上前津にある山岳会のルームで編集会議のため自転車で出向いた。約10kmはある。今時は7時台でも明るいからだ。往路も帰路も主要道の自転車道の凹凸が辛いのでなるだけ路地裏を走った。すると普段車で走らないから知らない発見がたくさんある。
 御器所(ごきそ)という由緒ありそうな地名の裏道は住宅でびっしりだ。そんな中に御器所八幡宮の案内を見たから少しUターンして参拝してきた。なかなかに立派な境内である。

 今朝は昨日の遠出の疲れもあって近場にした。そうだ、秋葉山を訪ねよう。自宅は6時30分に出発。原の交差点からはじまる県道58号(飯田街道、旧平針街道)を約2kmも走れば平針駅南への道と交差、直進すると秋葉山に登る参道があった。舗装だが歩いて登る。
 登りきると標高58mの独立標高点のある秋葉山の本殿の前に立つ。ここは慈眼寺という曹洞宗の寺院だった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%88%E7%9C%BC%E5%AF%BA_(%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82)
            針名神社へ
 さっき登った参道は北からの道だが実は南からも参道が登ってきていた。こっちが本道と思われた。そして地続きに針名神社へ続く道を走った。秋葉山は人の手が入らず、御手洗い場もアルミのひしゃくで水は枯れていた。ちょっと荒れた感じがしたが、こちらは車もあるし、立派なお社に御手洗場もある。ここのひしゃくは曲げ物である。
 新しい気分の残る境内を歩いて参拝した。
 歴史は「針名神社の創建は古く、延喜式神名帳の”従三位針名天神“の記載により、今から約1100年以上前と推察できる。
 「延喜式」とは、延喜五年(905年)に醍醐天皇の命により編纂が開始された「養老律令」の施行細則を集大成した全五十巻に及ぶ古代法典である。この「延喜式」の第九巻・第十巻に記載されている神社のことを式内社と呼び、針名神社も式内と冠しているのはこの史実によるものである。
 元々は現在地より約800m北、天白川左岸の元郷に祀られていたが、慶長年間(1612年頃)に徳川家康の命により平針宿が成立したと同時期に現在の社地に遷し祀られたとされる。
 現社殿・社務所・手水舎等は昭和天皇御即位五十年の奉祝記念事業として昭和51年11月6日に竣功した。境内地は約一万二千坪を有し、名古屋市内でも有数の規模を誇る神社である。」

 由緒は「主祭神の尾治針名根連命(おはりはりなねむらじのみこと)は、尾張氏の祖先神で尾張国一宮の真清田神社の御祭神でもある天火明命(あめのほあかりのみこと)の十四世孫にあたり、父の尾綱根命とともに犬山市の針綱神社にも祀られている。
 古代豪族尾張氏の氏神と考えられております。配神として、大巳貴命(おおなむちのみこと)又の名を大國主命(おおくにぬしのみこと)また、記紀神話の国造りの際に全国を回って国土開拓を協力した神とされる少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀っている。
 なお八幡神(応神天皇〔品陀和気命〕)を明治42年に合祀している。」とあった。

 古代豪族尾張氏の氏神とあれば、ここに大巳貴命が祀られているのは当然であろう。しかも大事にされていたから八幡神が優位になることはなかった。稲荷様も勧請されているので商売繁盛を祈願した。
 何より気に入ったのは秋葉山から針名神社の境内の閑静なことである。もちろん常緑樹が主であり、林床に日光が当たらないから地面が出ている。小鳥の鳴き声も聞こえる。散策には素晴らしい別天地であろう。
 社殿から高い場所への階段道を登ってみたら名古屋市農業センターの一角だった。少し南に3等三角点の「平針」63.5mが埋まる。さらに南は平針試験場である。

 針名神社からは路地裏の細道を走って原駅前の通りに出た。そこでパン食べ放題の喫茶店で休み帰宅した。

日進市の白山宮へ!雨の中の参拝ポタリング2017年06月07日

 今日は久々に曇り空になった。そのせいで小寒い感じだ。登山用の長袖シャツを着用して出発する。ズボンも少し厚めの生地にした。日進市へは名古屋市内を一番ストレスなく出ることだ。すると立体交差になっている名二環の下を通過するのがいい。
 県道をまたいで国道153号はトンネルをくぐるともうほとんど車に出会うことのない道になる。昨日は重たいカメラを持ったせいか白山宮へ行き損ねた。今日は軽くしたので大丈夫と思いきや小粒の雨が降って来た。引き返すには近づきすぎている。この時期の雨は濡れても大したことはあるまいと白山宮を目指す。県道57号を横断してすぐだった。
 車は2台止まっていた。自転車を止めて誰もいない参拝道を登りだす。御手洗場の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿で参拝、足王社で参拝した。ふと気付くと稲荷も祀ってあるので商売繁盛を祈願した。加齢に伴い神頼みが増えた。自転車にまたがって帰途についた。大降りにはならず帰宅中に乾いた。

余り苗を撮る2017年06月06日

 今朝もいい天気である。やっぱり小寒いので長袖を着た。出発は6時過ぎになった。撮影のためにザックにカメラを入れると結構重みを感じる。天白川沿いに走って日進市役所のかなり手前で撮影ポイントに来た。
 薄の穂が出て美しいところである。それにしても早すぎる。俳句歳時記では秋の季語になっているからだ。立秋の8/8以降でないと把握しにくい。最近の気候が少し早まっているのだろうか。その後は余り苗を撮影した。
 日進市役近辺まで足を伸ばしたが荷が重いせいか、白山宮の参拝は休んだ。一般道をUターンして帰途についた。途中、神明社という村社をお参りした。ここのひしゃくはあるにはあるが、プラスチック製だった。無人の村社になると簡素である。先の大戦の戦没者も祀られていた。タイサンボクの花も散り始めた。
 天白川沿いに戻ると、小学生の集団登校に出くわす。懐かしい光景である。国道153号を梅森西の交差点を渡り、名古屋市へ戻る。

日進市の足王社へ参拝!2017年06月05日

白山宮の右におはす足王社
 俳句雑誌の原稿を1本仕上げる。昨夜から見直すが最後が決まらず。『古事記』の漫画本、解説本、司馬遼太郎『この国のかたち』等を乱読。石頭でも読んでおれば少しは神道の知識が浸透するだろう。
 5/25に亡くなられた岡田英弘氏の著作の1冊も読みたいが、モンゴル史、東洋史、世界史は壮大で手が付かず。これまでの積読で結構たまっている。著作集の最終巻は買わなかった。メディアに出てこなかった学者は埋もれたままなのだろうか。
 読書に倦んで夕飯を外食。白山宮へちょっとドライブする。自転車で抜け道を知ったからスイスイ走る。途中、すすきらしい群落を見た。白い穂波がゆれて美しい。水田もほぼ植田になった。早いところは青々としている。日々成長している。またカメラで撮影したい。
 白山宮へは約7kmから8kmだった。自転車の運動量は往復15km程度。約2時間かかる。ちょうどいいくらいか。誰も居なかったPに着くとあちこちから参拝の車が着いた。たちまち数台が止まった。先客は鳥居の下で軽く会釈して参道を登った。
 杉の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿へ参拝後、足王社へ参拝する。中年女性の参拝客とすれ違った。いつもは早朝なので誰もいないが普通の時間帯はかなりの参拝客があるようだ。なにぶん、ここは常駐の神職や巫女(みこ)さんもいる。車のお祓いも受け付けているから経済的にも恵まれている。
 帰路は普通の車道を走る。白山宮の麓に来ると西には鎌ヶ岳の尖峰が見えた。別の所からは猿投山は無論、焙烙山や六所山も見えた。高い建物がないから意外に遠方まで見通しが良い。
 名古屋市に近づくと植えたばかりの水田に大西日が反射した。巨大な鏡面に反射してまぶしいほどであった。苗はひねもすこのエネルギーをいただいて大きく育つ。今読んでいる『古事記』のアマテラスオオミノカミの光かと思う。

日進市の岩崎城址へポタリング2017年06月04日

 6時過ぎ起床。今朝も快晴である。いつもより寒いので長袖を着用した。ネットによれば白馬山荘では降雪があったとか。冬に逆戻りしている。立山ではまたも小型飛行機が山に衝突したらしい。気象の変化が激しい日本の空は危険そのものだ。登山も同じである。
 小寒い中を自転車にまたがって天白川を遡るポタリングである。コースは昨日とほぼ同じで、梅森寄りに走ってみた。すると梅森八幡社があったので寄ってみた。八幡社というだけに後に回ると八幡造りの立派な社殿である。御手洗場は杉の曲げ物ではなく、竹を節で切って、コップにしてあった。これもありか。
 旧街道筋を走ると医者の家が大きく目立つ。狭い小路はさながら戦前の昭和の時代を物語る。道路こそ舗装してあるがマイカーが行き交う広さはない。もう1つ上に良い道が付いている。
 旧道筋を突っ走ると岩崎城が見える。眼下は植田が広がる田園地帯である。今日は岩崎城に寄っていく。県道57を若干北上すると岩崎城への入り口がある。自転車すら入るなとある。自転車を置いて歩き出す。一番高いところをへて古墳を見る。その前面が日進市の市街地や田園の展望台になっていた。ぐるりとまわるともう見どころはなく入口へ戻る。
 路地を走り抜けると白山宮のある丘が見える。今日はパスして日進市役所沿いに帰宅の途についた。
 さて、八幡社のことである。
 梅森では氏神としていた。ふたたび、司馬遼太郎『この国のかたち 五』(文春文庫)の神道を読むと、古事記や日本書紀に出てこない神を祀る外来神(渡来神)ということが分かった。
 6世紀に仏教が入って来た。入れ代るように日本の神々は没落していった。8世紀になって僧たちは神々にお経を聞かせて救済した。それが神宮寺という。
 八幡神が現れたのはこの時だった。最初は大分県の宇佐に始まった。この神は人格神といった。政治にも口出しした。仏教が盛んになると「自分はむかしインドの神だった」と託宣した。そして仏教を支持し、受け入れた。神が仏を讚仰した。これが神仏習合ということである。
 蕃神とも書いている。
 ウィキには「蕃神(ばんしん)とはその国、その土地の外部(外国、異国)からやってきた神。単に外国の神という意味ではなく、外来の神、つまり、外から入り込んできた後に定着し、その国、その土地で既に信仰の対象とされるようになってきている神を指していう。蕃神が信仰されるようになる経緯としては、意識的に布教される、あるいは、その国の人々が蕃神の存在を知り、自発的に信仰を始める、などが考えられる。
 もともと神道が信仰されていた日本においては、伝来当初の仏教について、「仏」を「蕃神」(トナリノクニノカミ)と呼ぶなどしていた。」とあった。今は死語になった。
 司馬の八幡神の書き方が面白い。
 「奉ずる人達の中央政権への働きかけが異常なほど活発だったことも以前ふれた。奈良朝の東大寺の大仏造営のときもこの神が託宣活動をし、ついに国家機関(東大寺)の域内にまつられることになる。
 同時にこの神はいちはやく仏教に帰依した。神仏習合という奇策を演ずることによって神々を亡びから救った功は小さくない。」
 後から来たものは少数派であり、弱者である。おおく発言して政治的にも活発に行動しないと埋もれてしまう。
 神道にもこんな重層性があったのかと思う。

日進市の足王社へ参拝するポタリング2017年06月03日

 昨日、司馬遼太郎『この国のかたち 二』(文春文庫)を読んだ。その中の「スギ・ヒノキ」の項に、
 古代、曲物が生活用具の主たるものだった。
 古代や上代につかわれたために、いまでも曲物は神事につかわれる。神前にたべものをのせてそなえる容器(神饌具)ーたとえば三方ーは曲物だし、またどの神社の境内でも、手洗い場に置かれているひしゃくも曲物であり、曲げ物でなければ清浄感が付随しない。以下略
 そうか、御手洗場のあのひしゃくは曲げ物だったのか。それを確認するための参拝でもある。
 今朝は、昨夜の飲酒がたたって、遅めの寝ざめになった。出発も7時過ぎになった。今日は路地裏の道を走りぬけて、日進市の県道57の「白山」の信号のある交差点まで走った。白山宮へはすぐだ。Pに駐輪する。参道を歩く。いくらもなく本殿に辿りつくが、振り返って、御手洗場でひしゃくを取り上げてみると、なるほど杉の板を薄くして曲げたものであった。
 私が登山用の弁当箱に愛用しているのも曲げ物であった。南木曽町の小椋さんの店で買った。これも杉の板を楕円形に曲げて底を付け蓋をセットにしてある。そしてうるしを塗ってある。塗らずにおくと水分がしみ込んで黒ずむという。
 今日の再発見はひしゃくは曲げ物ということであった。加えて、田園風景の中に余り苗を見たことだった。これは別項で書いておいた。
 帰路、立ち寄ったデニーズの玄関の真上の燕の子は今朝はもう巣立ちしていなかった。5/30には在った注意書きも撤去されていた。めでたし。