五十嶋一晃『類例のない伊藤孝一の登山』届く2020年05月28日

五十嶋一晃『類例のない伊藤孝一の登山』
 昨日ポストに投函されていた。
2020年3月18日発行
著者:五十嶋一晃
発行者:五十嶋博文
発行所:五十嶋商事有限会社
定価:2500円+税

表紙には
「冬期未踏の北アルプス最深部を開拓しながらその映像を残した男
それは自己実現欲求を叶える山行と撮影であった」
これが著者の五十嶋氏の伊藤孝一研究で得られた結論であった。

・・・感想

伊藤孝一の四女の都留子氏かた提供された豊富な一次資料をぜいたくに採用

既刊の伊藤孝一を書いた著作物の検証

日本の近代登山史と照合しながら伊藤孝一の登山の価値を見出す

名古屋が生んだ稀代の登山愛好家にして日本で初めて冬の北アルプスに映画カメラを持ち込み、映像で登山を記録した業績は日本登山界の金字塔

アルピニズムは異教徒と同じで、伊藤は日本古来の手法で登った。映画カメラ、衣服や道具は輸入品だったけれど

 伊藤孝一は尾張藩の御用商人の末裔として生まれた。『名古屋商人史』には鼈甲を商う商人として記録されている。廃藩置県、明治維新で尾張藩も解体された。武士は廃業し御用商人の中には不良債権を抱えて倒産したであろう。伊藤孝一の先祖はどさくさをうまく切り抜けたらしい。不動産を中心に莫大な資産を残してもらったが、昭和の初め中川運河の用地提供で税金のトラブルに巻き込まれて資産を失った。

晩年は東京都三鷹市で余生を送った。

戦後は忘れられた登山家であった。伊藤孝一が再び世に注目されたのは毎日新聞名古屋本社のカメラマンだった上田竹三氏の執念で戦前の失われた貴重なフィルムが赤沼家の蔵にあることを突き止めたことで大きな展開を見せ始めた。
登山史、山岳映像の専門家から高く評価されて富山県立山博物館で展示される機会も得た。
映画は私も見た。赤沼さんの経営するスキー宿であった。まさかその伊藤孝一が名古屋の生まれとは汁知らずだった。

「ステイホーム(家で過ごそう)アクション」2020年04月29日

 信濃毎日新聞によると「 阿部守一知事は28日、大型連休が29日に本格的に始まるのを前に県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は控え、自宅で過ごすよう改めて呼び掛けた。県外からを含めた春山登山の自粛も促すため、北アルプスや八ケ岳など主要登山口の駐車場約20カ所について、閉鎖を管理者に依頼したことも明らかにした。

 知事は「ステイホーム(家で過ごそう)アクション」と銘打ち、外出自粛をアピール。市町村にも協力を求めて防災行政無線などで呼び掛けるほか、県外からの訪問自粛の徹底を図るため、高速道サービスエリアで館内放送やチラシ配布などをする。」
・・・要するに北アルプスの春山登山はGWが書き入れ時なのに来てくれるな、というのである。もちろん、チャイナウイルス感染防止とクラスター感染防止が目的。山岳遭難も毎年起きているから救助の際に感染者が遭難した場合はヘリのパイロット、隊員、運び込まれた病院関係者などにも感染拡大する懸念がある。陽性だった場合はヘリのパイロットは2週間待機を余儀なくされる。交代要員は余りいないはずなので冷や冷やしているわけだ。

北アルプスの山小屋はGWの期間中営業休止2020年04月14日

 北アルプス山小屋友交会所属のゴールデンウィークの営業を予定しておりました13 施設では、新型コロナウイルス「緊急事態宣言」発令を踏まえ、5 月 6 日までの間、宿泊営業を休止いたします。尚、今後の状況により、休止期間が変更になることがあります。ご理解賜りますようお願い申し上げます。
  宿泊営業以外の項目については下記のとおりですが、内容の変更や縮小など通常とは異なる対応となります。また期間も変更となる場合があります。下記情報は、ゴールデンウィーク営業予定の施設のみの情報です。
以上

 というわけで、チャイナウイルス禍は北アルプスを目指す登山者にも大きな影響を与える。しかし、自力で登山することを禁止したわけではない。昔ながらのテントをかついでいく場合は許されている。それも自粛の範囲といえばそうだが、絶好の春山登山の機会を見逃すわけにはいかない。但し、事故は常に留意するのは当然であるが、コロナ禍の最中で事故になると社会への負荷が大きい。慎重な判断が以前にも増して求められる。

雪崩死亡事故相次ぐ2020年02月02日

 このところバックカントリースキーヤーの雪崩による死亡事故が相次いでいる。1/31の北海道のトマムスキー場の場外での事故で外人が死亡したばかりだった。今朝ニュースを見ていたらまた北海道のピンネシリ岳703mで外人が死亡していた。
 さらに驚いたのは乗鞍岳でも雪崩に起因する死亡事故があったことである。しかも名古屋市の人であった。乗鞍岳は若いころからよく通った山であるが雪崩なんて聞いたことがない。北東斜面ってどこだろう。
 寡雪が伝えられていたがこのところ高い山では降っている。また緯度の北の方でも積雪があった。しかしどこでもここ最近急に降り出した感がある。加えてバックカントリースキーは粉雪を楽しむ趣向なので雪崩と背中合わせになる。
 雪崩だけはどれだけスキーの経験を重ねても予知の能力を高めることはできまい。降雪期はたとえ好天でも絶好のパウダーゾーンである沢筋に入らないことだ。特に尾根の風下の雪庇が出るような斜面は雪崩れる危険がある。これまでに何人ものベテラン登山家の命を奪ってきた。
 どかっと降ってまだ不安定な雪山の怖さを教えてくれた。他山の石と心得て行くことになる。

原稿を送信2019年08月14日

 8/12に下山してやっと疲労が取れてきた。中区の郵便局へ留め置きの郵便物を受領に行く。事務所に行きたかったが今日は平日でPも有料しかないので引き返す。
 それから自宅で中経向けの山の原稿書きに着手する。実はほぼ書き終えていたが、登山の経験を加筆することにした。何分穂高岳がテーマなので古い記憶だけよりも新しい見聞を書いた方が良いに決まっている。但し、完全踏破とは行かず、天狗のコルでエスケープしたのでその部分は文学的脚色で書いた。果たして編集者に通じるか。

エミール・ジャべル『一登山家の思い出』(尾崎喜八・訳)を読む2019年08月13日

 今夏は穂高連峰に挑戦。敢え無く天狗のコルで敗退した。

 8/11の夜、岳沢小屋で瞑想した。この時、尾崎喜八の名訳でなる『一登山家の思い出』がふと浮かんだ。
 我々が敗退を決めたあの天狗のコルこそはジャベルの言う”コル・デ・パレッス(怠け者の峠)”ではないか、と。
 古書で買った文庫本が見つからず、検索で以下がヒットした。特に⑦を読むとヨーロッパアルプスであれ日本アルプスであれ、変わらないのだと、思う。

 ジャベルのことども
https://aach.ees.hokudai.ac.jp/xc/modules/Center/Review/trance2/arctic.html
 本書「一登山家の思い出」はジャベルの死後、その残した手記から友人のエドワール・ベラネック教授が登山紀行17編、随筆1編を選んで年代順に編纂して出版したものである。ジャベルはウィンパーやママリーやティンダルのような大登山家とはみなされていないが、山岳文学の古典として残る本書の著者としての地位は高い。友人のE.ランベールは序「エミール・ジャベル」で彼の登山について次のように述べている。

「ジャベルは山に対して一つの熱情を持っていた。彼には永くアルプスの脚下を離れて生きる事は出来なかった。アルプスは彼の上に一種の魔力をふるっていた。彼の心は平野の風景の魅力を等しく理解する程に自由だった。しかし、アルプスの自然が形と現象との種々相をもって人格的象徴の無尽蔵の世界を彼に提供した時、平野の風景は彼の眼には単に風景としか映らなかった。遥かに見える山頂、それは彼自身だった。あの別の山頂、それも亦彼自身だった。 ~中略~ 彼が山頂に達することは、学者が何かを発見する喜び、才能の士が追及して遂に至上の努力によって見出す喜び、それに似た喜びを手に入れる事だった。」

「トゥ―ル・ノワールの初登攀」の中の次の一文は、ジャベルのアルプス初登攀の感激を記したものであるが、山に対するほとばしる情熱を見ることができる。

「未だ何人の足も置かれた事のない或る山頂を踏むことには、単なる自負の満足意外に全く別な何物かがあるのである。其処には魂の奥底に直接触れる一つの痛々しい独特な感じがある。それは、これらの岩が最初に存在して、大空の下にその誇らかな裸体を掲げた数へ切れない時以来、何人も未だ其処を訪れず、如何なる眼も今君の見ている物を見ず、世界の開闢以来其処につづいていた沈黙を破った最初の声が君の声であり、そして人類の最初の代表者として此の野生の領域へ現れる特権を受けた者が、群衆の中から偶然にも選抜された人間、即ち君であるという事を、君が自分に言って聞かせる事に他ならない。~中略~
 我々の野蛮な祖先が、当時まだ森林におほわれていた、そして其処に今日では我々の耕作地や都会が広がっている土地を、初めて自分達の物にした頃、もしも或る小高い所へでも登るような事があると、彼らは一つの石の小山を積み上げた。古いケルト語を保存している英吉利の登山家達が、いまだ口にするあの積(ケ)石(ルン)を。同様に吾々も、自分達の山の処女山頂をきはめる度に、太古の伝統にしたがうというよりも寧ろ一種の本能から、同じ事をする。そしてその積(ケ)石(ルン)は、彼等祖先にとってと同様に吾々にとっても亦、単に個人的な虚栄心の記念碑ではないのである。それは何よりも先ず次のような事を意味する。『人間が此処へ来た。今日以後この一角は人間のものである。』」


http://www.ozaki.mann1952.com/index.html
詩人 尾崎喜八
1892〜1974
ジャベル『一登山家の思い出』からの転載です。

      「二夏の思い出」を編集しました。
① アレートを伝わって行くと高さ約一〇メートルばかりの絶壁の立っている地点へ達する。そこはかなり危険で、未熟な者だと助けなしには越えることができない。もっとも右手へ降りて捲いて行くこともできるが、岩登りの心得のある者にはおもしろい場所である。

② 熟練した者ならば、西方に面した岩組を攀じてたいした苦痛なしに直接山頂へ登ることができる。しかし、岩壁の透き間とか、踏みはずしやすい場所とか、岩庇とか、その他岩登り家の不思議な偶像に対してあまり執着を持たない人たちのためには、シュザンフを眼下に見てしばしば雪に被われている斜面の横腹を通って、そこから最後の肩へ達する方がいっそういい。サルヴァンのガイドたちはこの肩にコル・デ・パレッスー(怠け者の峠)という名をつけた。

③ シャンベリーのガイドは単にダン・デュ・ミディ峠と呼んでいる。しかし、怠け者峠の名こそ万才である!

④ 実際、人が楽々と坐っても、もうプラン・ネヴェの氷河や、六つの尖峰や、ペンニーンの連山や、トゥール・サリエールや、モン・ブランの球帽を眺めることのできるこの峠からは、反対に、ダン・デュ・ミディの最後の斜面がまだ長々と、疲労に顫えている脚膕ひつかがみや、使い果たされた肺臓に対してひどく長々と、かつは急角度に峙っているのが見られるのである!

⑤ 怠け者は顔を上げ、元気のない一瞥で距離を測り、杖や囊を投げ出し、それから身を倒して、もう先へは進まないと断言する。そして、こんなことは毎夏一度以上もあるのである。サルヴァンのガイドたちはばかではない。怠け者峠とは旨くつけたものだ。そうではないか?

⑥ 真の登攀家はそこでは立ちどまらない。しかし、大多数の登山者はそこで気持ちのいい駐屯をする。その後でたまたま一人の怠け者がまた顔を上げて仔細に距離を測り、最後の努力を試みようと勇敢な決心をし、途中二十度も足を停めて自分の決心を半分ぐらい後悔しながら。それでも結局他の山頂と同じように誇らかなその山頂へ達するのである。

⑦ しかし、親愛な読者諸君、もしも諸君にしてコル・デ・パレッスーは単にダン・デュ・ミディだけにあると信じるならばそれはまちがっている。モン・ローズにせよモン・ブランにせよ、またその他の山にせよ、すべて苦しい登路を持つ山嶽の大多数には、その半腹にこの峠があるのである。またあらゆる道徳的高所への途上に、学問の半途に、徳の半途に、この峠の存在することも事実ではなかろうか。勇気ある者は追求して、結局は到達する。臆病な者は斜面を測り、絶望し、中止する。そして、彼の努力はといえば、失敗の恥を贏(か)ち得ることに役立つだけである。
 ああ! 称うべきはコル・デ・パレッスーでのエネルギーである。

岳沢小屋から上高地、新穂高へ2019年08月12日

 老鶯の鳴き声で目が覚めた。すぐ近くまで来ているようだ。なんと優雅な山小屋であることか。
 昨夜は夕食は食べたが朝食は依頼しなかった。相棒はコーヒー好きなので淹れ立てのコーヒーを頼んでパンをかじった。それが朝食である。のんびりと岳沢小屋からの一級の山岳景観を楽しんだ。
 さてと重い腰を上げた。重太郎新道を上高地へ向かって下った。小岩のごろごろした歩きにくい一般登山道ではあるが昨日の悪路と比較すると何と歩きやすいことか。
 樹林の中の道をようやく車道と交差した。上高地の一角に着いたのだ。途端に観光客が増えた。気温も高くなった。遊歩道を歩くと清流が美しい。梓川の流れに岳沢の伏流水も混じるのだろう。
 平坦で安楽な道を行くと森の奥に瀟洒な建物が見えた。あれが日本山岳会の上高地山岳研究所か。相棒と別れて立ち寄ることにした。管理人さんが1人と他の客など数名がザックなど置いてあった。セルフだがお茶をいただく。すると見たことがある男性と出会った。岐阜支部のSさんとKさんたちだった。Kさんとは笈ヶ岳に登ったことがある。しきりに昔話になった。
 上高地山岳研究所を辞して河童橋まで歩く。そこからの穂高連峰は絵になる風景だ。何度も見たがやはりカメラに収めた。そして相棒と出会い、BSへ。平湯行きに間に合った。平湯では新穂高に連絡した。新穂高では鍋平に自力で登る元気はなくまたロープウェイのお世話になった。車に戻って一段落。槍見橋の手前の登山者専用をうたう温泉入浴と昼食を済ませた。R41で帰名した。

西穂山荘から天狗のコル2019年08月11日

 朝3時、相棒はもう起床していた。売店へ移動して朝食代わりの弁当をとるがあまり食欲はなくおにぎり1個のみ食べた。そのうち、JACのOさんが名乗って私にあいさつされた。同じ委員会のメンバーであり、奥穂へ向かうという。彼らはさっさと弁当を食べて出発していった。早いパーティは2時半に出発、続々とヘッドランプが続いていた。山荘前の賑わいが途絶えたところでようやくこちらロートル組は4時30分に出発した。もちろん「まだへっとランプが要る。早目に出たいがどこかでもたついて邪魔になることへの忖度もある。
 丸山、西穂独標、西穂までは一般登山道を行く。山頂が近づくと登山者の往来が増えてきた。鎖場では登攀と下降組で譲り合いになる。登山者が多いとそういうことになる。団子になってゆくともっともたつくだろう。
 さて、約3時間で西穂に到達すると、すぐに下降が始まる。ストックを畳んでパックする。鎖場になるのでスピーディには行かない。慎重に下降する。間ノ岳、天狗岩、天狗の頭を登攀したり、下降したりを繰り返す。緊張で喉がカラカラになるのでしばし休憩を入れて水を飲む。カメラ撮影は余裕がなく1枚も撮れなかった。
 実は検索すると8/11に上高地から西穂山荘へ登り、私たちを追い抜いてジャン、奥穂、岳沢小屋、上高地と1日でトレースした韋駄天が居ました。その人の写真の時刻ではヘリが飛んできたのは10時過ぎでした。天狗のコルへは10時49分と記録。われわれは12時過ぎですから抜かれてしかも1時間以上早いペースで歩いています。
 我々は天狗岩付近から奥穂の遭難者を救助体制にあるヘリを見ています。韋駄天氏らの写真では山名板のない頂上を天狗の頭としています。われわれはここはどこなんだろうと、訝っていました。結局天狗の頭だったんですね。しかも韋駄天氏らは西穂から2時間30分で到達。我々はコルに着くのが12時過ぎですから4時間はかかった。すると天狗の頭は1時間引いても4時間かかった。圧倒的な彼らの登攀力に舌を巻く。
 岩稜の連続のみならず、脆弱な岩質、へつり、垂直の鎖場、ナイフリッジ、直射日光をまともに受けながら、緊張で乾いた喉を飴でごまかすがかえってねばついて飴が溶けなかった。
 それでも60代後半のロートル組2人は天狗のコルまでは辿り着けた。ここでは初めてルートの選択ができる。前進か、エスケープか。12時過ぎであり、ジャンにはガスが立ちこめる。遭難者の救助でホバリング中のヘリもガスが晴れないとみて引き返していった。結果、奥穂の小屋まで後4時間というか、午後5時になってでも行くか、どうか。2人で検討した結果、岳沢小屋へ下る方を選択した。相棒がかつて岳沢小屋から往復したことがあったことも心強い。
 前途変更を決心するともう気楽な気分になり1時まで大休止。どんどんガスが湧いてくる。これは靉靆というのだろう。
 13時過ぎ、左手の倒壊したコンクリートで補強した小さな避難小屋を見た。がれきの急斜面を下降する。地図上では廃道で破線路は削除されているが、白いペンキの〇印と矢印でしっかり残っている。とはいえ、浮石の連続で歩きにくい。岩雪崩を起こさないようにゆっくり踏みながら下降する。下部では傾斜も緩んで道型が出てきた。ガスは少しぽつりと来たが降雨ということではない。幸い雷雲の活動は収まっている。
 意外にも前から2人パーティーとすれ違う。クライミングだろう。やがて草付きの尾根上の斜面に乗りストックを出してペースを上げる。地形図では間ノ沢と天狗沢の間のわずかな盛り上がりに見える。草付きになるとシモツケ、フウロソウ、キンバイ、トリカブト、アザミなど多彩な高山植物の群落になった。そしてまた意外にも後方から軽装のクライマー2人に抜かれた。聞くとジャンから下ってきたという。
 草付きの緩斜面から天狗沢を横切り、無名の小沢を横切る。そして長い草付きの斜面をたどると岳沢小屋が見えてきた。 (多分)、コブ沢を横切ると小屋に着いた。約3時間で16時を回った。一方で韋駄天氏らは16時38分に河童橋にゴールインしたそうな。
 小屋ではまず缶チューハイ1本を仰ぐように飲み干す。そして静かな山荘の生活になじんでいく。とても良いロケーションの小屋である。乗鞍岳が素敵な姿で見える。近くには六百山を従えた霞沢岳がやたらに大きくそびえる。背後は西穂からジャン、奥穂、前穂、明神の岩峰の大伽藍である。
 気になる天狗のコルから奥穂へは他人の記録では最大の難関ルートでありロープを出す場面もあるとか。

記録
https://visitmatsumoto.com/tokotoko/%E8%A5%BF%E7%A9%82%E9%AB%98%E5%B2%B3%EF%BD%9E%E5%A5%A5%E7%A9%82%E9%AB%98%E5%B2%B3%E3%80%81%E5%B2%A9%E7%A8%9C%E7%B8%A6%E8%B5%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E8%B8%8F%E7%A0%B4/

トレイルラン
遥かなる穂高の呼び声 西穂~ジャン~奥穂~上高地 周回
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1967695.html

新穂高から西穂山荘へ2019年08月10日

 8/9の夜10時岐阜の可児市で合流後、東海北陸道で高山市、平湯を経由して新穂高へ8/10の深夜到着。県道沿いはオーバーしていて入れず、鍋平の登山者用Pへ誘導される。暗くて分からないが、なんとかスペースを確保してP。車内を整理して2人が横になれるスペースを作る。
 今日は西穂山荘へ行くだけなのでゆっくり起きて準備。ロープウェイ駅へ歩く。朝一から満員である。2番目の箱に乗れた。駅に着いてからも相棒は朝食を食べている。入山届をチエックされて外にでてゆっくり樹林帯の道を登る。日陰とはいえすぐに汗が噴き出す。
 小屋へは1時間40分で到着。何度目の宿泊だろうか。焼失する前の小屋に泊まって初の西穂登山を果たした。隣の人は朝3時ごろからごそごそし出して奥穂へと向かっていった。私はまだ30歳代、そのころは西穂がやっとのことであった。
 これまでにこのルートを踏破したいという山岳会会員は居なかった。しかし先輩や中途入会のベテラン会員は登っているのでいつかはトレースしたかった。今回ようやく30年ぶりにその夢がかなえられるかと来た。
 小屋では夕食タイムまでゆっくり寛いだ。

穂高連峰縦走へ2019年08月09日

 台風が2つも太平洋上でさまよっている。天気図に台風が見えたら山に行くなとは新田次郎の小説の中の格言的なセリフである。8/7には南アルプスの北岳で落雷で死んだ登山者が報じられた。お盆が近づくとそろそろ雷の季節になる。
 これから行く西穂高岳でも過去に大きな被雷の死亡事故があった。「1967年8月1日の気象状態は、本州を挟む形で高気圧が2つ並んでおり、南海上には台風があったため、大気の不安定な状態となっていた。」(ウィキ)
 ウィキにある当時の天気図とよく似ている。左様、今も台風が2つあり、東の高気圧が強いために東進をはばまれている状況か。しかもシベリア大陸寄りに低気圧が並んでいて冷たい空気を運ぶ。亜熱帯と亜寒帯の気団が列島を挟んで均衡を保っている。気団の勢力の駆け引き次第で、均衡が崩れると落雷をともなう荒れた天気になる。気圧配置はそっくりだ。
 西穂高に登ったら奥穂まではエスケープルートが1本あるとはいえ、簡単には逃げられない。高い尖峰、岩塔、高い樹木、自分自身も落雷の通り道になる。それなので黒い雷雲を見たら引き返すか、なるだけ午前中に奥穂の小屋へ駆け込めるか。