西三河・三角点「東加塩」505.2mに登る2017年06月10日

3等三角点「東加塩」の標石
 下山後はもう1つ、岩根山の南西に位置する505.2mの3等三角点「東加塩」を目指した。夕方に予定があるので簡単に登れる山を選んだ。この山も全体的に等高線が絞り込まれてすっきりしている。山頂近くを送電線が通過しているのもいい。
 ところがここの登山口さがしで右往左往することとなった。R153から近いという理由で北小田町周辺を探した。R153の峠のバス停付近から踏み跡を探したが見つからず、人里へは車道が行きどまりであった。
 結局、古屋に回った。終点の民家の庭に車を止めさせてもらい、適当に山路を辿ると古い峠道が出てきた。地形図の等高線がくびれた辺りに着く。そこから尾根の順視路を辿れば鉄塔があり、すぐ先に大岩が乱積みになった山頂に着いた。三角点は分かりにくいが探せば見つかった。展望はない。
 民家から10分であった。住民にお礼を述べて帰った。古屋の狭い谷間にも水田はある。半分以上は廃田になっていた。国道に近く、隔絶された山村というわけではない。

西三河・岩根山561m(伊熊神社)を歩く2017年06月10日

おぶつなさんは産土神の意味とみられる
 緊急入院からほぼ1ヶ月経過、食欲の回復、ポタリングで大腿筋の鍛錬ともやってきた。まだ2時間3時間の山歩きは自信はない。
 ちょこっと、山を歩いてみようと、試歩の山として選んだのは西三河の岩根山(伊熊神社)であった。等高線を眺めてもほぼ円錐形の立派な山容が推察できる。山頂に三角点はないが、神社マークがある。

 国道153号から、堂ノ脇で左折する。旭高原元気村への案内板がある。惣田町で左折、加塩町からの道で右折する。しばらく走ると伊熊神社社叢へ案内する看板がある。頂上に至る車道で左折。軽四向きの狭い道を走る。どこかで歩き出すと思われたが直下まで行けた。しかし、未舗装になった辺りで車を止めた。歩きだしたらまた舗装になっていた。

 徒歩5分で登頂してしまった。これでは試歩にならない。
 頂上には杉の木立に囲まれた立派なお社が建っていた。これが伊熊神社である。右脇には大木があった。これも祠があり信仰の対象であろう。別社も建っている。裏手に回ると歩道になっていてぐるりと歩ける。裏手の大岩が何か曰くありげであるが何も説明はない。大きな黒御影岩に何かが彫られていた。

 おぶつな(奈の変体がな)さん凡てが凡て七十七の(以下判読不明)

 「おぶつなさん」をググるとと産土神のことであった。

「神道・日本語・日本文化を学ぶ」というHPには
「産土神(うぶすながみ)と氏神(うじがみ)は、世間一般では同じ意味で使われる場合が多いのですが、本来は異なる神として立て分けるべきです。

 産土神(うぶすながみ)とは、土(すな)を産み出す神、大地を始め万物を産み出す神です。
 産土神は、日本神道の神とのみ限定してはいけません。

 日本に限らず、地球上、大地ある限り、その土地に産土神(うぶすながみ)がいらっしゃる。神道であるとか、キリスト教であるとかに関わりなく、地球全土に産土神がいらっしゃるのです。

 この産土神が、その土地をお守りなさいます。
 つまり、その土地に生育する作物、植物、河川、その他の自然物をはじめ、その土地に住む人間の生活全般に密接に関わる働きをしておられるのが産土神です。

 氏神(うじがみ)とは、氏一族があって、その一族を守護する神のことです。
 先祖のみたま祭りをする際には、先祖のみたまたちと、その奥にいらっしゃる氏神様とを、お呼びしてみたま祭りをお仕えします。

 また、先祖のみたまが、あの世で修行を積み重ねて神格化なさると、その家の氏神の一柱となることもあります。」とあった。

 岩根山は産土神の山であったのだ。恐れ多くて三角点など埋設できなかったのだろう。
 それで社殿に近づいて参拝した。すると額がかかっていた。由緒書きである。
 社伝はこの山人らの信仰の歴史を伝えている。
 
一 村社伊熊神社ハ伊熊字笠松ノ海抜千四百尺ノ山上ニ鎮座ス勧請年月は未詳仁治三年再建寛政十年白山大権現ノ称号ノ神祇官統領神祇伯王ヨリ賜リツ安政四年四月正一位ノ位階ヲ賜ハル明治六年大権現ノ称号ヲ廃セラレ村社格トナル大正二年三月村社琴平神社ヲ本社二合祀ス大正八年八月十二日幣帛供進ノ神社ニ指定セラル

一 祭神
菊理比賣命
大物主命

一 境内反別
壱反五畝拾歩

大正九年九月二十七日
以上
 白山大権現とはウィキによれば「白山権現(はくさんごんげん)は白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、十一面観音菩薩を本地仏とする。白山大権現、白山妙理権現とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、全国の白山権現社で祀られた。」
 明治6年の廃仏毀釈が仏教と神道を分離してしまった。伊熊神社はかつては白山信仰の拠点だったと思われる。
 「全国の白山権現社の多くは、菊理媛神を祭神とする神道の白山神社となっている。」そうだ。社伝の琴平神社とは大物主命を祭神とする。すると別社がそれだろうか。大正2年の合祀だから比較的新しい。
 こんな小さな神も長い間には結構な波乱の内に鎮座してきたのである。

 小さな山上を一回りすると下山するのみであるが、鳥居の下へ本来の参道が下っていた。地形図では北東へつづく尾根である。それをたどると数分で下の鳥居に着いた。そこには馬頭観音(昭和六年十二月十日の碑文)など3体が建っていた。さらに山に向かって右側に細道が続いていて辿ってみると林道終点に着いた。これも参道だった。
 地形図の破線路も今は林道になったばかりだ。かつては峠道であった。右下に上伊熊の家が見えたので明瞭な山道を下ると草刈り中の人がいた。住民である。猪用のわなの檻の草を刈っていた。2日に1回は来るそうだ。捕まえても食べず、埋設するだけという。伊熊神社の里宮はないらしい。登り返すとさらに反対側にも山道が下っていた。昔は山道で行き来していたのである。
 愛知県の伊熊神社社叢の看板があった。植林の多い愛知県にはこれでも貴重な神社の杜として保存されている。
 参道を登り返した。途中には大岩があり、またまむし草も多かった。地質は花崗岩と思われた。山麓近くまで水田が拓かれているのは水が豊富な証拠である。

*自宅に戻ってから5万の地形図「明智」でチエックしたら平成元年6月18日に登った記録の書き込みがあった。下の鳥居の右側の道から登っていた。全く記憶にない。

1等三角点研究会の例会山行に参加2017年05月28日

2009年の例会では六谷山に登山した。
 入会年月は東海白樺に続いて長く30年くらいになる。例会山行には中々出席できないが勉強になることが多い会である。文字通り研究会である。草創期は1等三角点がどの山なのか情報がなかった。登らないと分からなかった。登った人は会報で情報を公開する。それを共有するための会だった。
 例えば当時は段戸山(今の鷹ノ巣山)は20万地勢図で△記号があったので1等三角点と思われたが、実は100mほど低い出来山だと知った際はへーっと思ったものだった。
 それが今は一覧性のある専門書も数々出版されて情報は豊富になった。しかし、その希少性はなくならない。半島、離島や僻地の1等はまだ情報の価値は高い。懇親会でもある離島の1等三角点に行くからと同行者を募る話も出た。
 27日は自宅を15時に出て県道58号を走り、保見の先の交差点を左折して金泉閣に向かった。約1時間で着いた。早速受付を済ますと大槻会長と旧交を温めた。そばには同窓の早川総支配人もいて挨拶を交わした。事前に行くことを連絡していたからだ。
 懇親会では京都、滋賀、大阪を中心に富山県、静岡県、千葉県、横浜市、宮崎県、北九州市、山口県、茨城県などからから集結した39名が交流することになった。知っている人は富山県のYさんのほか3名くらいになった。草創期の会員は高齢化で亡くなったり、動けなくなったりしたようだ。つい先だっても古参の新潟のYさんが死亡されたメールを受け取ったばかりだった。
 27日夜は猿投温泉に宿泊して英気を養った。28日はまたとない素晴らしい五月晴れになった。38名が登山に向かう。猿投神社の駐車場まで見送って別れた。

初校終える2017年05月23日

 昨日は行政書士の友人のサポートで、ほぼ4時間ほどかかったがクラッシュしたPCが復旧した。写真、ドキュメントもハードディスクから回収できた。元々はその道のプロだったというから聞いてみないと分からないものである。昔から医師、弁護士を友人にもてとか言われたが、今は、パソコンのハード、ソフトに強みをもつ友人を加えたい。あと税理士もいるといいですねえ。
 さて、緊急入院にあって遅々として進まなかった初校を何とか終えた。それも写真が復旧したからだ。写真をメモ代わりに撮影するので、プロパティの時間でコースタイム設定の参考にすることが出来る。あとは再校を待つことになる。こんどはどんなスタイルになるやら。
 今日は朝から原稿と未入力の経理伝票類を持参して事務所へ行った。それにウィンドウズ7のリカバリーCDも見つかったので一段落したら壊れたハードディスクを筐体に戻して、再インストールすることになる。7年目のPCだがまだ使える。同時にバックアップの方法を考えておかねばなるまい。
 仕事用には外付けハードディスクを置いてあるが、趣味のデータはまあなくても良いか、という感じでいい加減にやってきた。ところが最近は趣味のほうの有償原稿も増えた。今回もガイドブック用のデータはDVDに焼いておいた。限定的なのでやはり3つくらいは用意しておきたい。

天下峰を廻る、松平町を撮る2017年05月21日

 ガイドブックの再取材となった。当初の構想から一歩後退し、またサブコースで復活させることとなった。
 午前6時過ぎ出発。県道58から環状道へ、R301への左折を見過ごし、とんだ大回りになった。松平郷へは少し手前の滝川沿いの道を走る。取材時は工事中だった切通しも今日は済んでいる。乗り越すと坂上町だ。宮口川にかかる宮口橋付近に松平郷の道標がある。六所山へ1.9km、天下峰へ1.3km、王滝渓谷へ1.9kmとあった。
 ここから右折すると六所山へ行き、左折すると仁王に行く。最初は仁王に下る。今まで訪れたのは秋か冬だった。枯れたイメージがあったが初夏とあって天下峰が苗田に映えて美しい。宮口橋に戻って六所山を撮影。その先の六所神社下宮一の鳥居のある六所山遙拝所からも撮影するが、手入れがされてないため、樹木が邪魔する。少し移動しながらアングルを考えて撮影。
 次は六所神社下宮(山上を上宮という)の本堂や舞台を撮影。先の地蔵堂橋にある石の道標には右松平郷、下流は天下峰、上流は原生林とあった。松平郷へは軽自動車程度がやっとの作業道が続いている。これも正規の道である。途中分岐が何か所かあるが道標があって迷うことなく沢連(そうれ)を経て松平郷へ行ける。
 六所神社入口、六所苑にはすぐの林道坂上線出合まで行って戻る。宮口橋を元の道を走り、以前は王滝渓谷から豊松小学校を経由した道の分岐がある。左折する。ここにも古い石の道標がある。本文の最後の佛以外は判読不明で、下の右も九久平に読めるが不明瞭、左松平だけははっきり判読できた。九久平はぎゅうだいらと読み、大給城跡があるところ。松平家の支配だったから当たっているかも。
 左折すると細くなるが舗装のままで羽明(はあす)に下る。左折すると東宮口の地蔵堂橋からの道に会う。直進すると沢連に行く。松平家の遠祖という在原氏の墓所の案内板を見る。看板によれば松平郷を開いたのは在原信盛氏で、2代目の信重にとき、諸国を流浪中の徳阿弥が入り婿となった。松平太郎左衛門親氏を名乗り、松平家発展の始祖になったという。306mの山は地形図では無名であるが、在原山という。
 念のため、司馬遼太郎『街道をゆく43 濃尾参州記』の「高月院」を読むと少し違う。すぐに松平に定着したのではなく、まず吉良へ行ったというのである。そこで酒井家に逗留して娘に子を産ませた。吉良には落ち着かず、松平に来るのである。酒井家の娘が亡くなり、老父が育てていたが困って連絡したところ、酒井家を家臣にしたそうだ。
 下れば松平東照宮はすぐである。高月院にも寄った。前述の本には30年前の印象で「高月院は、いいですよ」とあるが、自治体の町起こしで「天下祭」などが催され、歴史に関係のない観光施設が建てられていることに驚き嘆いている。
 Pの野菜売り場で白っぽい玉ねぎ3個とホウレン草を購入した。JAによって牛肉を買った。自宅で玉ねぎ2個を刻み、牛肉と炒めた。ペロッと平らげた。脂っこいものでも食欲が戻ったようだ。

 さて、三河三霊山の六所山、松平親氏が天下太平を祈願した天下峰をめぐる歴史と信仰の松平郷をどうまとめようか。特にあの宮口川を中心に水田のひろがる山村風景は良い。山里が清潔である。ちょうど、アオサギも生息している。六所山の山麓であり、御神体として拝まれたのだ。松平と天下峰が直結し、六所山とも直結する。このトライアングルは面白い。ただ、焙烙山が高さしか評価されないのが気になる。

以下は「神社と古事記」のサイトから転載。
・三河三霊山とは
1六所山 六所神社
上宮(豊田市坂上町六所山)・八ケ峰神社・下宮(豊田市坂上町地蔵堂)などで構成される神社の総称である。御祭神は猿田毘古神・塩椎神・岐の神・日本武尊。御朱印の有無は不明。

2猿投山 猿投神社

3本宮山 砥鹿神社

・現在でも字金姓の小台地にたたずむ一の鳥居は、六所山を遙拝するのに最も適した場所にあるという。
・一帯はかつては松平郷といい、松平氏(徳川氏)発祥の地。永和3年・天授3年(1377年)8月19日、松平宗家初代松平太郎左衛門親氏が奥州塩竃六所大明神を六所山に勧請した。

それまで「吉木山」「蜂ケ峰山」などとされていた山名が、以降六所山と呼ばれるようになる。

産土神として奉拝されていた大山祇神は北東の蜂ケ峰に遷され、以来「隠居神様」と呼ばれながら六所神社摂社の八ケ峰神社として存続する。

新たに祀られた客人神の本殿は芳樹宮と名付けられ、六所大明神と称されて、松平氏・徳川氏の氏神として歴代当主の崇拝を受ける。

寧比曽岳余話2017年04月30日

点名:二タ宮
 昨日は寧比曽岳録画登山の宿題を片付けた。寧比曽岳の全景の写真が中々難しいと分かった。鈴鹿山系のように南北に長く山麓から見える山であれば撮影しやすい。ところが寧比曽岳は山の中の山で山麓といっても平野部はなく、山の一部を均してわずかな平地は田畑に利用して、家は山の斜面に建てている。寧比曽岳を直視する視点が少ない。
 4/28の録画行でも井山の山頂から撮影してもらったが鷹ノ巣山の右に出ているだけであり遠望過ぎるきらいがあった。担当からも全景写真の調達を依頼された。4/29は降雨率ゼロとあったので少し疲労気味であったがドライブなので出かけてみた。
 地形図で足助川の右岸側の山脈の稜線に林道竜岡伊勢神線が通じている。それを辿ってみた。竜岡町から旧愛知県憩いの村跡までつながっていた。この稜線は杉の幼木がびっしり植林されて一部の隙間も得られない。大多賀峠周辺の送電鉄塔順視路も歩いたが条件は好転しなかった。
 やむなく、東海自然歩道の一部からの撮影で妥協することにした。これは分県登山ガイド『愛知県の山』の寧比曽岳の写真の視点と同じ位置であった。
 あるサイトの写真も三角錐の立派な山容であった。この場所も探してみた。旧ねびそ魚苑の辺りからよく似た山容が見られた。地形図を吟味しながら考えてみると寧比曽岳の尾根は北に伸びている。等高線は下るにしたがいやせて細くなる。この傾向を峠近辺から見れば鋭角の山容になるわけだ。つまり寧比曽岳の写真には違いない。ただし山頂をとらえていないと分かれば推す訳にはいかない。
 御在所岳も東西に長く、近江側の1212mのコブと伊勢側の1200mの等高線を挟んで1209mの三角点がある。これを山麓から仰いで撮影するとロープウェイ駅舎のあるピークしか撮影できない。一応山頂をとらえているから大抵はこれで良しとして見ている。
 まだ時間はあるし天気も良い。段戸川右岸の林道にみな入ってみた。意外と前山が高く邪魔して良い写真にならない。以前、県道33号の開拓橋からとても立派な山が見えたので撮影した。ズームでアップすると何と中電の反射板が見えるではないか。寧比曽岳は1140mピークにすっぽり隠れていると分かった。
 R153に出て、稲武地区への水別峠を右折し黒田湖へ走った。しかし黒田湖からも何も見えなかった。湖岸道路を走ると県段戸山牧場へ出た。2車線の立派な道を下ると何と1140m峰と寧比曽岳の兄弟が2人並んでいた。これだこれだと喜んだ。
 地形図では1140mが主峰格で三角点のある寧比曽岳は主峰から北西に派生した尾根状の突起に過ぎないのだった。それがここからは兄弟のごとく並んでいる。来てみるものである。
 写真の手前の右側の930.4mの三角点は大多賀Ⅰ、大多賀峠の北の889.5mの三角点は大多賀Ⅱ、寧比曽岳の点名は大多賀Ⅲであった。きれいな三角測量と分かる。三等三角点は一方向に開けておればよく、それなら低い方がいい。
 1140mはガイドブックによれば富士見峠とするものがある。設楽町誌の江戸時代末期の古い絵図では石仏の名称が当てはまる。今のところ不明である。
 ともあれ、宿題は片付いた。まだ時間はあるので伊勢神トンネルを通過して伊勢神峠方向に走り林道竜岡伊勢神線を逆走した。そして、582.3mの三角点(点名:二タ宮(ふたみや))にタッチしたのを帰りがけの駄賃とした。

NHKウィチュウ「ゆる山へGO」録画登山行2017年04月29日

 山岳会の先輩筋から「ゆる山」に出ないか、と話があったのはかなり前のことになる。漠然とした話なのでなかなかイメージもつかめなかった。
 平成7年に『ひと味違う名古屋からの山旅』の出版にちなんだ民放TV局出演の経験もあるにはある。あの時はまるっと2日間つきっきりだったが、本の宣伝をしてあげるのだから、と出演料もなくボランティアになった。
 今回も天下のNHK様であり、山岳会経由なのでまたボランティアのつもりで引き受けた。ゆる山の候補10座選定以上には打ち合わせも進まず、どうなることかと思っていたら4月中旬になって急速に進展した。
 ゆる山の候補は10座あげて2座に絞り、カメラマンのことを配慮して寧比曽岳を1番手で推薦。2番手に岩小谷山を推薦。展望と手軽さを優先して岩小谷山に変更、下見にびわくぼ峠に登山してみたが、重たいTVカメラを携えては危険と察したので再び寧比曽岳に変更した。
 下見登山は4月21日に制作会社の担当者と同行して無難に終えた。当初、4月29日に予定したが、天気が変わりやすいので28日に繰り上げてもらった。 
 28日は快晴になった。朝4時半起床。マンションの窓から見ると東の三河高原の方が朝焼けしている。北風でやや寒そうだ。熱いお茶を飲む。テルモスにも熱いお茶を入れた。お茶は橋幸夫大使推薦の静岡茶である。朝食と久々にメンパに弁当を詰めた。6時前に出発。NHK前にはすでに1台ごついランクルが止まっていた。歩荷役のHさんだった。舘谷キャスター、カメラ、音声、監督のスタッフ3名と揃い出発。東新町ICから高速をつないで、東海環状に入り、鞍ヶ池PAスマートICから県道にでて足助へ。少し買い物を済ます。県道33を遡ると大多賀峠はすぐだ。ここに歩荷さんと案内の私はマイカーをデポする。
 1台に同乗。段戸湖の登山口に着いた。するとマイカーが半分ほど埋まっている。釣り客でもないが・・・。

 録画撮りはここから始まった。27歳といううら若き舘谷春香キャスターをガイドするという役目でカメラに向かってなにやら台本も持たず台詞をしゃべる。もとよりしゃべるのは得意ではないが思いついたことを言う。道道歩きながらしゃべることになる。林道のゲートから先が裏谷原生林の領域になる。
 ゲートを入った途端、せせらぎの方に大きなカメラを抱えたバードウォッチャーさんが屯していた。ははん、車は彼らだったのだ。なにやら小鳥の営巣地があるらしい。
 そこを離れて少し先で超望遠レンズを持ったバードウォッチャーに出会った。スタッフが声をかける。小鳥談義をする。見せてもらうと鮮明な小鳥の画像にびっくりする。おそらく何十万円もするだろう超望遠レンズで撮影するのだろう。
 五六橋で右折、トイレの場所から山道へ入る。いよいよ核心部である。せせらぎに沿う山道はこころを癒される。細道がせせらぎに下りているので水辺に近づいた。下見では魚影があったが今日は見えない。ササやぶ越しに若草が見えた。対岸に渡るとバイケイソウだった。流れが変わったので湿地帯になり、少数ながらバイケイソウの群落になったのだ。日光に映えて若草が美しい。
 せせらぎを後に、道々樹木の大きさに圧倒される。樹齢200年から300年ともいう。明治維新の50年前からの樹齢になる。下見の際は芽吹きも少なかったが1週間で森林は若やぐ感じになり、芽吹き、花も増えた。但し、シロモジかアブラチャンなのか図鑑なしでは同定出来ないのが残念。小鳥のコロニーでもあるのか鳴き声も盛んだ。いくらも標高差はなく900mから1000mまでゆったりとした歩みを楽しむ。これが愛知県随一の原生林である。大迫力の映像になったのではないか。
 峠状(菜畑峠)の乗り越しで一服。今までは矢作川水系でここからは豊川水系になる。山腹を巻くように檜の植林帯の水平道を歩く。途中で林道と交差する。そこの枯れ枝の配置から道迷い防止への見知らぬ登山者同士の配慮について説明する。
 さらに進む。湧水は飲んでいいと説明。駒鳥に続いて筒鳥が聞こえてきた。やや小さいと音声さんが嘆く。峠状(富士見峠)の鞍部に着いた。小休止後、1140m峰へ最後の登りが始まる。以前はササをかき分けて登らされたが、刈り払いされて、明るい。比高200mもないのですぐ到着。トイレが更新された。中電反射板を見にゆく。休み場には御料局三角点があった。かつては皇室の御料林の名残だ。
 緩やかに下って少し登り返すと三角点の埋まる山頂である。ここでもカメラに向かって舘谷キャスターと並び登頂の喜びをしゃべる。録画はこれで完了。やっと終わった。
 今日は山頂からのパノラマも素晴らしい。御岳、恵那山、南アルプスの巨峰群、北に目を転じると山霞みの中にぼうーっと浮かんだのは名古屋駅前のビル群だった。舘谷さんも大喜びだった。
 ウィチューでは川柳を募っているので舘谷さんも一句ひねった。私は俳人なので俳句を即興で詠んだ。

  遥かなる(春香)名古屋のビルも霞みけり

 春香さんの名前を織り込むつもりはなかったが結果として織り込んだ。これはオフレコである。

 私はかつて正月休みに4回渡道した。いずれも山スキーが目的だった。その計画の中に春香山もあったがついに叶わぬ夢に終わった。北海道の山は気温が低く、低山でも山麓まで真っ白になる。但し天気も悪いので登頂の実績は少なかった。
 彼女は東京生まれだが、名前から両親のうちどちらかが北海道出身と推察して聞いてみたら図星だった。大抵は父親である。
 誕生して雪ん子のような真っ白な愛娘を抱いた。たちまち故郷の春香山の白皚々(しろがいがい)とした山容が目に浮かんだ。そうだ、春香と名づけよう、と。まったくの想像であるが・・・。

 舘谷春香さんはスレンダー美人である。去る3月のフルマラソンも4時間台で走るとか。ほっそりした体つきはアスリートゆえだった。それなら心肺機能は発達しており、日帰り登山ぐらいは楽にこなせる。今回は入道ヶ岳に続いて2回目になる。さらに登山の面白さを倍増させたようだ。
 舘谷春香さんは文学を志す。川柳以外に小説を書くし短歌も詠むとか。以前の赴任先の富山は万葉集の故地だ。北日本新聞は文学賞を募る。裏日本の人達は筆豆である。そんな土地で4年も住めば物書きになる素地ができるのだろう。実際、山の本でも福井、石川、富山、新潟の岳人は出版をよくする。
 録画は直ちに編集されて7分に集約されるそうな。映像の情報力は半端じゃないからきっと充実したものになるだろう。そうあってほしいもの。
   春更けて足助の山に登るなり

4月句帳3 初音聞く2017年04月22日

原生林段戸裏谷初音聞く

段戸にも春告鳥や森の上

アブラチャン咲きて段戸の春を告ぐ

芽吹き山段戸裏谷原生林

せせらぎの水も温むやブナの森

筒鳥に耳傾けよ森の中

カモシカのじっと見てゐる春の山

春曇りそれでも猿投山見たり

山里の庭は桃色花盛り

4月句帳2 奥三河は山笑ふ2017年04月16日

  豊川市宝円寺の樹齢400年のしだれざくらは散り初め
  4/1に来た時はつぼみだったが瞬く間に盛は過ぎる
しだれざくら咲きて且つ散る宝円寺

山笑ふ表参道辺りかな

艶やかな赤や黄の色チュウリップ

  耕運機で田を耕す
蓮華田を耕す男ただ一人

  新城市設楽原歴史資料館
怒涛めく歴史雁峰山霞む

歴史など知らで芽吹きの木立かな

  塩津温泉からびわくぼ峠へ
春の日も浴びず日蔭の杉木立

春暑し風さはやかな峠かな

春山やかつて火山の岩襖

熊よけの笛に驚く春の山

草餅を食ふ空腹の身にしみる

山里は花桃多し奥三河

  稲武の喫茶店にて
シデコブシ白き花にも紅仄か

4月句帳2017年04月09日

  3/26 天白川俳句(話)会
長閑さやいつまで続く俳話会
・・・2010年5月以来、脱落者なしに続いてきた。80歳を超えなんとするこれからはどうなるのか。

  3/28 岳連理事会
八人の犠牲は重し春愁
・・・開口一番那須町の山で起きた高校生ら8人の雪崩事故の話題。出席者全員が立って黙祷し、哀悼の意を表した。

  3/29 某県議と会う
人の世に救いの手あり春の宵
・・・自分だけで解決するには荷が重い。そんな時政治家の助けも要る。政治家とは人脈のハブ空港(中継地)と知るし。

  3/30 さんぱつ
暖かやすその刈り上げ要望す

  3/31 弥生尽
遅々とした歩みなれども弥生尽

  4/1 豊田市自然観察の森ネイチャーセンター写真展
里山を丸ごと保つ木の芽時

春山や失われゆく里の景

  4/1 天白川緑道に雪洞(ぼんぼり)が灯る
天白の柳青める河川敷

雪洞に灯点りそぞろ歩きかな

  4/2 新城市鳳来湖の上臈岩撮影行
あちこちに咲くやキブシの花垂れり

ヤマツツジかつてはありし川合村
・・・湖底に沈んだ川合村には上臈岩の伝説があった。洞穴には高貴な女郎の櫛簪があったという。持ち帰ると葉っぱに変わるとか。

鳥交る上臈岩に巣のありぬ
・・・湖岸からバードウォッチャーが超望遠レンズで鳥の交尾を観察していた。固定したクライミング用ヌンチャクもしっかり見えた。繁殖期はクライマーも自粛するとか。

春のトビ湖面すれすれ飛来せり

  4/5 歯の治療
春愁やとみに通ひし歯科医院
・・・加齢にともない抵抗力が弱くなって歯のトラブルが増えた。

  4/5 元名古屋家裁調査官による成年後見制度のセミナー参加
春暑し八十席みな埋まる
・・・名古屋家裁の元調査官による初めてのセミナー開催。コスモスの岐阜や三重からも来場して81席は満席になった。

  4/5 山岳会の総会・例会
新参の若き人来て始まれり
・・・3月に例会見学、定光寺の岩登り参加で入会を意思表示した40歳の新人が正式に入会となった。4/3は単独で野伏ヶ岳に登山したという頼もしい新人である。

  4/6 中日信金尾張旭支店でシニア人材面談会に行く
尾北には仕事埋もれり春の昼
・・・昨年11月から経産省、中産連、信金の連帯で始まったシニア人材の発掘。富山県の高岡信金から一宮信金、豊川信金、四日市信金などに積極的に動いたが応答なし。係の人曰く「まだ決まった人は居ない」とか。「野に遺賢なし」なのか。若い社長のバイタリティを支援したい。

花冷えやベスト着て行く面談日

  4/7 コスモスあいち民法研究会(東区生涯センター)
セミナーの話してゐる春の暮
・・・昨年春からコスモスあいちに魂を入れるべく始まった広報活動も1年経過して成果を挙げてきた。まだまだこれからである。

春の夢語りつつ飲む水割りを

  4/8 橋幸夫 INブルーノート名古屋
春の宵一期一会のコンサート
・・・3/20に続いて名古屋に来るというので行って見た。怪しげなナイトクラブ風の雰囲気だ。橋幸夫も初めてのステージという。今夜の出会いは今日かぎりのこととコメント。同年代の女性同士のファンが目立った。全席50名くらいか、コスパが悪く、音響効果も今一。

春の夜のパフォーマンスのフアンかな
・・・リズミカルな曲で突如、立って両手を振り、足を躍らせる男性の老ファン。橋幸夫も目を丸くして、苦笑いして困惑気味だった。

春の夜やな踊りそと引き踊らせり
・・・店の女性スタッフが老ファンを制し、着席を促すが、広いスペースに導いて躍らせた。

歌われず後ろ髪引く春の夜
・・・今夜は得意の股旅演歌は抑え、都会風の歌に終始。そこが残念だった。「潮来笠」だけは歌ってくれたが。

御園座のビルに垂れたり春の雲
・・・小雨降る広小路を歩くと伏見駅の上に御園座のビルが出現。上には雨雲がかかっていた。年内に竣工し、来年3月には杮落公演がある。

花の雨人は少なし夜の道