茶の花や退きどきを知る為人 鷹羽狩行2017年06月25日

 俳句文庫(平成5年、春陽堂)鷹羽狩行集から。
 主な略歴は以下の通り。俳人協会のHPから。
1976年 「毎日俳壇」選者
1978年 「狩」創刊、主宰
1993年 俳人協会理事長。「東京新聞」俳句欄選者(9年間)
2002年 俳人協会会長。勲四等旭日小綬章。
2015年 日本芸術院賞受賞、日本芸術院会員
2017年 俳人協会名誉会長、俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会名誉顧問

 今年で87歳と高齢ながら現代俳人のトップリーダーとして活躍する。掲載の句は意味深長。為人はひととなり、とルビがある。要するに性格である。いつまでも権力の座にしがみつく人が多い。退け時は実は難しいものである。大抵は花道をつくって引退させるように仕向ける。その微妙な人事の妙を俳句に詠んだ。
 今年4月で名誉会長に退くことがあった。春陽堂俳句文庫の略年譜によれば47歳で会社を退職して俳句専業になったとある。以来40年間俳句のプロとして生きてきたわけである。もう充分に句業を果たしたということか。とはいえ、句は若いころのものだ。若くして人生を達観していたのだろう。
 特に日本芸術院会員は価値が高い。俳人では3人しかいない。これに選ばれたら「退きどきを知る」ことになる。
 この俳人の特徴はや、かな、けりをほとんど使わないことである。だから掲載句は例外中の例外である。一句の完成度を求めて推敲をするそうだ。散文の断片に陥りやすい危うさを避けながら大向こうをうならせる句を発表してきた人らしい。

   叱られし星か流れて海の上      鷹羽狩行

 こんな句を見ると

   海に出て木枯らし帰るところなし   山口誓子

 のオマージュかなと思う。師の名句を模倣して模倣の跡を消す。

   十薬や才気ささふるもの狂気     鷹羽狩行
 
 いわゆる機知に依存してきた俳人である。機知=観念は50年もたてば何のことか意味不明になる。しかし、少しユーモアに傾いた句に人気がある。優しいまなざしが誰にも共感を呼ぶ。この俳人の真骨頂というべし。

   天瓜粉しんじつ吾子は無一物    鷹羽狩行

徳重熊野社へポタリング2017年06月22日

徳重の熊野社本殿
 今朝はどんよりした梅雨曇り。まあこの時期はこんなものだろう。9時30分過ぎに自転車にまたがり出発する。
 目的地は緑区徳重の熊野社という古社である。これまでのも何度か前を通過してはいたが参拝したことはなかった。先日は「平針」三角点へ行くのに南へ振りすぎて「熊の前」へ迷い込んできた。
 今日のルートは平針から荒池の北の土手の道を走ったが途中で絶えた。未整備と分かった。戻って西の道を走り、平針南から路地を抜けると西神の倉に出た。下ると元町珈琲という喫茶店を見て、ああ、熊の前に着いたと思った。先日もそこで一服したので今朝も一服する。
 一服後、坂を下って熊野社の前に行く。要するに熊野社の西の境を走っているのである。但し、参拝の道は一つしかない。またもギアをこまめに切り替えながら登る。途中できつくなり下りて歩いた。すぐに本殿横に着いた。実は参道ならば途中に湧水地もあるようだ。今度は歩いて登拝しよう。
 由緒によれば祭神は伊弉諾尊イザナギノミコトと伊福利都連命イフリクベムラジノミコトという。
 名古屋市のHPから(一部編集)
「袖(注:神の間違い)ノ倉の神は熊野杜を指し、地名の由来はこの神社のある山が神の鎮まる座、御神座の山を呼んだことによる。
 古名の字名に伊副ケ根(いふがね)祝ケ根(いわいがね)とあるが、もともとイブクマノ神社の名で呼ばれていた伝承による。
 祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊福利都連命(いふくりべむらじのみこと)で熊野三社に源がある。
 この地一帯は江戸時代に尾張藩の御林だった山で明治になり宮林から民間に払し下げられ最近まで雑木林だった。近年開発され神社の社殿や参道が整備され昔の面影は無くなったが、3.7万崩(注:平方メートルの間違い)の特別緑地保全地区で桜並木は素晴らしい。参道入口に正観音堂があり、「右あすけ道」「左くまの権現道」の道しるべがある。」
 吉岡学公式ブログも丁寧な観察と調査の記録があり深く理解するための参考になります。
http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1563

 熊の前とは熊野社のことだった。神の倉も熊野社にちなむ地名だったのだ。
 参拝の後は独立標高点85mへの入り口を探しながら一周してみた。北面はゴルフ場に利用されている。その右わきに草深い道が登ってゆくのが見えたが確信はなかった。平針南から荒池経由で帰宅した。
 そして熊野社のことをググるうちに北東の独立標高点85mに毘沙門天像があると知った。今度は車で熊野社のPへ走った。
 参道から登拝して本殿の裏手に回ると鬱蒼とした照葉樹林の中に踏み跡が続いていた。地質はサバ土である。猿投山につづく東部丘陵はこの地質であり、近くの東郷町にある白土(しろつち)も「白粘土や磨砂が採掘されたので、いつの頃からか住民の間で「白土」というようになり、それが地名になった」そうである。
 神社から約10分で毘沙門天像に着く。大正年間の建立で岡崎市の人の名前が見える。毘沙門天は七福神の一つでインドの神様だ。北の守護神というがどこを守るのか。尾張氏の氏神の針名神社か、御岳山か、白山か。
 眺めはない。途中にゴルフ場との接点があったが仕切られていた。また草深い道にもつながっている。但し、南にステンレス?の階段道が下っていたので下りた。すると自転車でくまなく走ったはずの道に着いた。入り口には「毘沙門天王参道」と彫られた石碑があった。昼には気がつかなかった。登り返すのも何だから車道を歩いて適当に神社に向かうとドンピしゃでマイカーのあるPに着いた。所要10分のことである。

平針荒池界隈ポタリング~午後の部2017年06月20日

 午後3時過ぎ、充分な休憩後、また自転車に乗って平針へ行く。今度は荒池をチエックした。これまでに見たことのない大きな池だった。車道の西側の歩道を走った。すると中途から右へ曲がり、急角度で登り始めた。ギアを調整しながらこらえて登り峠を乗り越した。そのままダウンロードすると今朝のとんぼ池の分岐に出たので戻った。峠のところに自転車を置き、道路を挟んで、北側は農業センター、南側は何か不明だがワイヤーで囲ってある。
 どこかに弱点はないかと探ると、ワイヤーが広げてある。そこから道も踏み跡もないが何となく歩けるルートがあった。たどって登ると赤白のポールが立つ3等三角点に着いた。三角点「平針」は角が壊れている。人も来ないはずなのに不思議である。眺めはない。そのまま戻った。この三角点は初見と思う。
 自転車にまたがって、下り気味に行くと右の山側に登る小道に入った。そして例の針名神社の入り口につながっていた。さらに下るとやはり針名神社の正門に下った。
 下山後は農業センターに立ち寄った。そして構内を隈なく歩くと竹林に入る。ああ、これこそ針名神社境内に山続きでつながっており頭の中でようやく地理感が完成した。構内では搾りたての美味しい1本の牛乳を飲んだ。ホモゲナイズしていないので脂肪が浮いている。コクがあってうまい。
 構内のミニ売店ではコーチンの肉、スイカ、野菜などを売っている。牧舎がたち、温室が建つ。ここには名古屋の中の田舎がある。

平針荒池界隈ポタリング~午前の部2017年06月20日

 6/17から6/18の夏山フェスタも終わった。これが終わるといよいよ夏本番である。最後のセミナーで気になる膝痛の話を聞いた。入りは70%以上はあった。みなさんの関心が高い証拠である。
 膝痛のメカニズムがよくわかったが防止策として、講師は「体重を増やさないことですね」と断言。
 その通りです。処方は多々あるが、決め手は膝の負荷を軽減するしかない。というわけで今朝も少し遅めの目覚めで、7時過ぎにペダルをこぎ始めた。目指すは三角点「平針」63.5mと荒池界隈。
 自宅の標高が低いので一気に登らず、大根町を経て名二環を横切る、ある程度高度を稼いでから横断に入る作戦であった。ところが、南へ振りすぎて、緑区の熊ノ前に下り方向感覚が狂ってしまった。今さらまた坂を登り返すのも大変なので白土経由で県道56号に出て、東神ノ倉を迂回しながら北上、地理感のある荒池付近で左折、三角点を目指す。
 ところが向が丘の住宅地で微細な路地道に迷いこむ。かなり北へ行きすぎて、またバックして名古屋市農業公園の西縁を走っていたことに気付いた。当りがついたら急に徒労感がでて帰宅した。何のことはない。針名神社のすぐ南だった。
 地形図は過去15年間新情報を更新していないため、今はある道路も地図ではないことになっている。しかし古くからある道を辿ればよいと気付いた。平地の三角点ほどRFが難しいとはいうが本当である。
 自宅にもどってシャワーを浴びて体重計に乗るとトレパン姿のままで73kg。まあまあのところまで落ちてきた。

白山宮・足王社へお礼参り2017年06月13日

 6/11のクライミングで膝の痛みを感じなかった。つまり治癒が近づいている実感を得た。昨日は疲労と風邪気味で行けず、今朝、車で白山宮と足王社へ参拝した。ジムでもいよいよ復帰ですねと期待が大きかった。それに応えられると良い。
 今年前半は膝痛解消を目標に減量にこれ努めた。スキーも雪山登山もできない体になってしまった。沢登りも当然できない。
 減量に段階的に成功したが、5月半ばで健康障害が出て緊急入院してしまった。半健康状態も今月いっぱいで解消したい。
 5月中旬から始めたポタリングの参拝の成果も大きいように思う。ポタリングは膝に負荷をかけずに血行を良くする効果がある。大腿筋の強化もある。軽い山歩きで減量していけば最終目標の68kgに到達できるだろう。

浜松スクエアークライミングジムdeボードクライミング2017年06月11日

 朝9時、金山を出発。ナビは三ケ日で出よ、というので出たらやはり早かった。距離は100kmちょっと。着いたら11時半を回っていた。地道をはしらされたのが大きい。周囲は田舎地帯にあるポツンとした建物である。
 ここで登録料1000円と使用料2500円を支払って会員になる。シューズ、ギヤ、などは持ち込み可能なのでこれだけである。利用者はそんなには多くはいないので順番待ちはなかった。
 見学を決め込む積りだったが折角だからと1本やってみたらボードの半ばでロープダウンした。腕に力を入れすぎとルートがやや高度だったみたいだ。
 それで優しいルートをやるとするすると最高点まで登攀できた。3本目も場所を変えて、ややグレードの高いルートをやってみたらするすると最高点に到達できた。全員3回から4回はやれたところでお開きにした。
 今回の収穫は膝の痛みを感じなかったことである。ボルダリングはドスンと落ちるので避けたがトップロープに確保されての降下は軟着陸で膝への負荷が少ない。
 帰りは三方ヶ原SAのスマートインターチエンジから入線した。

西三河・三角点「東加塩」505.2mに登る2017年06月10日

3等三角点「東加塩」の標石
 下山後はもう1つ、岩根山の南西に位置する505.2mの3等三角点「東加塩」を目指した。夕方に予定があるので簡単に登れる山を選んだ。この山も全体的に等高線が絞り込まれてすっきりしている。山頂近くを送電線が通過しているのもいい。
 ところがここの登山口さがしで右往左往することとなった。R153から近いという理由で北小田町周辺を探した。R153の峠のバス停付近から踏み跡を探したが見つからず、人里へは車道が行きどまりであった。
 結局、古屋に回った。終点の民家の庭に車を止めさせてもらい、適当に山路を辿ると古い峠道が出てきた。地形図の等高線がくびれた辺りに着く。そこから尾根の順視路を辿れば鉄塔があり、すぐ先に大岩が乱積みになった山頂に着いた。三角点は分かりにくいが探せば見つかった。展望はない。
 民家から10分であった。住民にお礼を述べて帰った。古屋の狭い谷間にも水田はある。半分以上は廃田になっていた。国道に近く、隔絶された山村というわけではない。

西三河・岩根山561m(伊熊神社)を歩く2017年06月10日

おぶつなさんは産土神の意味とみられる
 緊急入院からほぼ1ヶ月経過、食欲の回復、ポタリングで大腿筋の鍛錬ともやってきた。まだ2時間3時間の山歩きは自信はない。
 ちょこっと、山を歩いてみようと、試歩の山として選んだのは西三河の岩根山(伊熊神社)であった。等高線を眺めてもほぼ円錐形の立派な山容が推察できる。山頂に三角点はないが、神社マークがある。

 国道153号から、堂ノ脇で左折する。旭高原元気村への案内板がある。惣田町で左折、加塩町からの道で右折する。しばらく走ると伊熊神社社叢へ案内する看板がある。頂上に至る車道で左折。軽四向きの狭い道を走る。どこかで歩き出すと思われたが直下まで行けた。しかし、未舗装になった辺りで車を止めた。歩きだしたらまた舗装になっていた。

 徒歩5分で登頂してしまった。これでは試歩にならない。
 頂上には杉の木立に囲まれた立派なお社が建っていた。これが伊熊神社である。右脇には大木があった。これも祠があり信仰の対象であろう。別社も建っている。裏手に回ると歩道になっていてぐるりと歩ける。裏手の大岩が何か曰くありげであるが何も説明はない。大きな黒御影岩に何かが彫られていた。

 おぶつな(奈の変体がな)さん凡てが凡て七十七の(以下判読不明)

 「おぶつなさん」をググるとと産土神のことであった。

「神道・日本語・日本文化を学ぶ」というHPには
「産土神(うぶすながみ)と氏神(うじがみ)は、世間一般では同じ意味で使われる場合が多いのですが、本来は異なる神として立て分けるべきです。

 産土神(うぶすながみ)とは、土(すな)を産み出す神、大地を始め万物を産み出す神です。
 産土神は、日本神道の神とのみ限定してはいけません。

 日本に限らず、地球上、大地ある限り、その土地に産土神(うぶすながみ)がいらっしゃる。神道であるとか、キリスト教であるとかに関わりなく、地球全土に産土神がいらっしゃるのです。

 この産土神が、その土地をお守りなさいます。
 つまり、その土地に生育する作物、植物、河川、その他の自然物をはじめ、その土地に住む人間の生活全般に密接に関わる働きをしておられるのが産土神です。

 氏神(うじがみ)とは、氏一族があって、その一族を守護する神のことです。
 先祖のみたま祭りをする際には、先祖のみたまたちと、その奥にいらっしゃる氏神様とを、お呼びしてみたま祭りをお仕えします。

 また、先祖のみたまが、あの世で修行を積み重ねて神格化なさると、その家の氏神の一柱となることもあります。」とあった。

 岩根山は産土神の山であったのだ。恐れ多くて三角点など埋設できなかったのだろう。
 それで社殿に近づいて参拝した。すると額がかかっていた。由緒書きである。
 社伝はこの山人らの信仰の歴史を伝えている。
 
一 村社伊熊神社ハ伊熊字笠松ノ海抜千四百尺ノ山上ニ鎮座ス勧請年月は未詳仁治三年再建寛政十年白山大権現ノ称号ノ神祇官統領神祇伯王ヨリ賜リツ安政四年四月正一位ノ位階ヲ賜ハル明治六年大権現ノ称号ヲ廃セラレ村社格トナル大正二年三月村社琴平神社ヲ本社二合祀ス大正八年八月十二日幣帛供進ノ神社ニ指定セラル

一 祭神
菊理比賣命
大物主命

一 境内反別
壱反五畝拾歩

大正九年九月二十七日
以上
 白山大権現とはウィキによれば「白山権現(はくさんごんげん)は白山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、十一面観音菩薩を本地仏とする。白山大権現、白山妙理権現とも呼ばれた。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、全国の白山権現社で祀られた。」
 明治6年の廃仏毀釈が仏教と神道を分離してしまった。伊熊神社はかつては白山信仰の拠点だったと思われる。
 「全国の白山権現社の多くは、菊理媛神を祭神とする神道の白山神社となっている。」そうだ。社伝の琴平神社とは大物主命を祭神とする。すると別社がそれだろうか。大正2年の合祀だから比較的新しい。
 こんな小さな神も長い間には結構な波乱の内に鎮座してきたのである。

 小さな山上を一回りすると下山するのみであるが、鳥居の下へ本来の参道が下っていた。地形図では北東へつづく尾根である。それをたどると数分で下の鳥居に着いた。そこには馬頭観音(昭和六年十二月十日の碑文)など3体が建っていた。さらに山に向かって右側に細道が続いていて辿ってみると林道終点に着いた。これも参道だった。
 地形図の破線路も今は林道になったばかりだ。かつては峠道であった。右下に上伊熊の家が見えたので明瞭な山道を下ると草刈り中の人がいた。住民である。猪用のわなの檻の草を刈っていた。2日に1回は来るそうだ。捕まえても食べず、埋設するだけという。伊熊神社の里宮はないらしい。登り返すとさらに反対側にも山道が下っていた。昔は山道で行き来していたのである。
 愛知県の伊熊神社社叢の看板があった。植林の多い愛知県にはこれでも貴重な神社の杜として保存されている。
 参道を登り返した。途中には大岩があり、またまむし草も多かった。地質は花崗岩と思われた。山麓近くまで水田が拓かれているのは水が豊富な証拠である。

*自宅に戻ってから5万の地形図「明智」でチエックしたら平成元年6月18日に登った記録の書き込みがあった。下の鳥居の右側の道から登っていた。全く記憶にない。

平針・秋葉山へポタリング、そして針名神社へ2017年06月09日

 昨夜は上前津にある山岳会のルームで編集会議のため自転車で出向いた。約10kmはある。今時は7時台でも明るいからだ。往路も帰路も主要道の自転車道の凹凸が辛いのでなるだけ路地裏を走った。すると普段車で走らないから知らない発見がたくさんある。
 御器所(ごきそ)という由緒ありそうな地名の裏道は住宅でびっしりだ。そんな中に御器所八幡宮の案内を見たから少しUターンして参拝してきた。なかなかに立派な境内である。

 今朝は昨日の遠出の疲れもあって近場にした。そうだ、秋葉山を訪ねよう。自宅は6時30分に出発。原の交差点からはじまる県道58号(飯田街道、旧平針街道)を約2kmも走れば平針駅南への道と交差、直進すると秋葉山に登る参道があった。舗装だが歩いて登る。
 登りきると標高58mの独立標高点のある秋葉山の本殿の前に立つ。ここは慈眼寺という曹洞宗の寺院だった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%88%E7%9C%BC%E5%AF%BA_(%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82)
            針名神社へ
 さっき登った参道は北からの道だが実は南からも参道が登ってきていた。こっちが本道と思われた。そして地続きに針名神社へ続く道を走った。秋葉山は人の手が入らず、御手洗い場もアルミのひしゃくで水は枯れていた。ちょっと荒れた感じがしたが、こちらは車もあるし、立派なお社に御手洗場もある。ここのひしゃくは曲げ物である。
 新しい気分の残る境内を歩いて参拝した。
 歴史は「針名神社の創建は古く、延喜式神名帳の”従三位針名天神“の記載により、今から約1100年以上前と推察できる。
 「延喜式」とは、延喜五年(905年)に醍醐天皇の命により編纂が開始された「養老律令」の施行細則を集大成した全五十巻に及ぶ古代法典である。この「延喜式」の第九巻・第十巻に記載されている神社のことを式内社と呼び、針名神社も式内と冠しているのはこの史実によるものである。
 元々は現在地より約800m北、天白川左岸の元郷に祀られていたが、慶長年間(1612年頃)に徳川家康の命により平針宿が成立したと同時期に現在の社地に遷し祀られたとされる。
 現社殿・社務所・手水舎等は昭和天皇御即位五十年の奉祝記念事業として昭和51年11月6日に竣功した。境内地は約一万二千坪を有し、名古屋市内でも有数の規模を誇る神社である。」

 由緒は「主祭神の尾治針名根連命(おはりはりなねむらじのみこと)は、尾張氏の祖先神で尾張国一宮の真清田神社の御祭神でもある天火明命(あめのほあかりのみこと)の十四世孫にあたり、父の尾綱根命とともに犬山市の針綱神社にも祀られている。
 古代豪族尾張氏の氏神と考えられております。配神として、大巳貴命(おおなむちのみこと)又の名を大國主命(おおくにぬしのみこと)また、記紀神話の国造りの際に全国を回って国土開拓を協力した神とされる少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀っている。
 なお八幡神(応神天皇〔品陀和気命〕)を明治42年に合祀している。」とあった。

 古代豪族尾張氏の氏神とあれば、ここに大巳貴命が祀られているのは当然であろう。しかも大事にされていたから八幡神が優位になることはなかった。稲荷様も勧請されているので商売繁盛を祈願した。
 何より気に入ったのは秋葉山から針名神社の境内の閑静なことである。もちろん常緑樹が主であり、林床に日光が当たらないから地面が出ている。小鳥の鳴き声も聞こえる。散策には素晴らしい別天地であろう。
 社殿から高い場所への階段道を登ってみたら名古屋市農業センターの一角だった。少し南に3等三角点の「平針」63.5mが埋まる。さらに南は平針試験場である。

 針名神社からは路地裏の細道を走って原駅前の通りに出た。そこでパン食べ放題の喫茶店で休み帰宅した。

痩せたければダイエットしてはいけない2017年06月08日

 今朝の中部経済新聞の16面の見出しだ。日刊ゲンダイから購入した記事である。
 要旨は以下の通り。
1 減量を目的にした食生活は、かえって肥満を招く。
2 おやつを饅頭などの和菓子にする。
3 「食事量を減らしなさい、カロリー制限をしなさい」とは言わない。
4 「体重を減らして健康に」というアドバイスは健康をむしばむ。ダイエットや体重をコントロールするための行動はむしろ体重増加につながる。
5 カロリー量を減らせば必然的に食事量が減り、体に必要な栄養素が量的にあるいは質的に不足する。
以上
 なかなかに難しいものです。
 
 食事制限や食事療法は一つ間違えば体を痛めてしまう。病気になってしまう。さまざまな情報が飛び交うが注意したいことです。