裏木曽・高時山を歩く2014年09月30日

高時山頂上からの御嶽山
 9/27、御嶽山が水蒸気爆発を起こして3日目。懸命の捜索救助活動が続けられている。にもかかわらず、危険な火山ガスの発生で長時間は滞在できず、限定的なようだ。鈴鹿なら応援に行けるが特殊な高山では邪魔になるだけであろう。
 なるだけ近いところから御嶽を眺めたいと探したのが裏木曽の高時山である。検索するとランプの宿として知られる渡合温泉への林道は4月に修復し開通していることが分かった。加子母側の長い林道走行は避けたいから温泉から登ることにした。
 R257から付知峡へ入る。R257自体は昔は南北街道と言ったらしい。わざと古い町並みの街道を走ったこともある。そして、さらに驚くのがこの県道である。
 明治時代初期には御嶽信仰の登拝の道として開削された。主導者は私財を投入して完成させ、感謝されたが、家運は傾いた。中央線はまだ開通しておらず、白巣峠を越えて王滝へ行く方が近道にもなった。そんな歴史を刻んだ石碑があった。中央線の開通とともにこの道の登拝道としての役目を終えて廃れた。もっぱら林道として利用されている。
 渡合温泉への道は遠かった。県道から林道へ、そして未舗装の道へと進む。そのどん詰まりに温泉はあった。かつて1度、入湯させてもらったことはある。あの時は林道を走れるだけ走ってそこから歩いたから楽な山歩きだった。木曽越峠の歯痛地蔵だけは記憶がある。
 渡合温泉は夫婦で経営されているようだ。朝早く着くと主人がどこかへ出かけるようだったので、山道のインフォメーションをもらった。親切に紙に書いて教えてくれた。まづ滝を見学しなさい、と。というので旧道を歩くことになった。この道は初見であった。滝までは良い道があった。滝からは利用者も余りないせいで踏み跡程度になった。古い道標はそこかしこに残っているので何とか迷わずに歩けた。基本的には谷沿いに歩くが、一部崩壊箇所もあり、薮に覆われていたりする。初心者向きではない。約1時間もしただろうか、林道へ上がった。しばらく林道を歩くとまた道標で山道に導かれた。ここもススキで覆われて分かりにくいが突破すると何となく山道に開かれて行く。ヒノキの植林内を急登してトラバース気味に行くと木曽越峠だった。
 峠は加子母側の林道と付知側の林道がゲートで遮断されて行き来はできないが、開発し過ぎである。かつて慈しんだ峠の歯痛地蔵は辛うじて保存されていた。
 峠から一旦林道に下り、又登ると御嶽展望台があった。間じかに噴煙を上げる御嶽を眺めた。そこからしばらくでまた林道に下り、登り返した。この尾根はヒノキ、トチノキの大木が残る素晴らしいものだが、自然破壊がやり切れない。尾根伝いに登ってゆくと御料局の8の文字のある標石があった。付知側は国有林だからかつては御料林だったのか?
 1434mを経てさらに長い釣り尾根を登りかえすと御嶽山に開かれた山頂だった。2等三角点が埋まる。これだけ良い眺望であるが、御岳信仰の祠などはない。
 今も多くの登山者が山頂付近で心肺停止のままで救助を待っている。未発見の登山者もいるかも知れない。朝方から捜索救助のヘリコプターの音がひっきりなしに聞こえてきたが、可及的速やかな捜索救助を祈る。遭難された登山者を思い、手を合わせた。
 高時山は御嶽山の南南西の位置にある。噴煙を噴き上げる火口が良く見える。噴煙は北西の風に流されて東に流れてゆく。右に三笠山、左の継母岳も良く見える。継母岳は崩壊しそうなほど鋭角に聳えている。何事もなければ豪快な山岳風景であるが遭難者や家族を思うと心が痛む。
 25分ほど滞在して下山。峠からは山道を下ったが、旧道へは降りずに林道を下った。長い林道歩きだった。温泉に戻ると奥さんにあいさつして帰った。

雪虫舞う2006年11月19日

 裏木曽・小秀山は前夜発で行きました。出発が遅くなり乙女渓谷に着いたのは夜11時半過ぎでした。この時期の乙女渓谷は当然誰も来ていません。閑散としています。家型テントで仮眠。
 夜半にざーっと雨が降っていましたが大降りではなく助かりました。朝は非常に寒い。ここは標高数百はある。身支度を整えたがまだ晩秋の気分が抜けきらず装備、服装とも不十分でした。二の谷を予定したが小雨では滑りやすいので断念した。三の谷もどうか。それでも行けるところまでは行くことになった。三の谷の登山口までは林道をとぼとぼ歩きます。三の谷登山口からは小屋の前を通るいつものコースです。名残の黄葉が林内を明るくしてくれます。急な登山道をこなしていくと岳樺の生えた所に来て明るくなる。ここからは隣の拝殿山も見えた。その向うの白草山もよく見える。足元には雪が見え始めた。1400m付近から雪でした。
 段々高度を上げて二の谷の分岐に着くがここからはまだ通行禁止の看板が立っていた。もう開通したはずであるが。雪は次第に多くなり、手袋も濡れて悴む。軍手、皮手と取り替えたが濡れると冷たい。毛糸の手袋が欲しい。兜岩で装備が不十分なこともあり登頂を断念して下山した。兜岩付近は積雪5センチ、ガスで視界なしでした。晩秋と初冬が同居するこの時期の亜高山帯の登山の難しさを感じた。下山時には上部で雹、下部では雨も降っていました。大雨にならなかったことは幸いでした。営林小屋近くの山の神に祈ったからでしょうか。でも今は神様は出雲に出かけてお留守のはず。
 名残の黄葉を楽しみながら12時に下山した。車の付近で白い綿を付けた虫が舞い飛ぶ。ああ!綿虫だ。雪虫、白ばんば、雪蛍、大綿など俳句の季語にもなっている。アブラムシの仲間らしい。綿虫は風のない曇りがちの日に飛ぶ。初冬の風物詩である。綿虫が飛ぶと初雪が近いというがもう山の上では一足早く降雪を見た。かつて高賀山の山頂、奥茶臼山の林道などで見た。皆11月中であった。
 W君が次の御前山の登山口の偵察に行くという。R41に出て道を案内した。登山口付近に至る林道の周辺では意外にも黄葉が最盛期でした。暖冬で遅かったようだ。下呂温泉で冷えた体を温めて帰った。
   山の神留守の祠に何を願ふ        拙作
   舞ふ綿虫捕まえてまた飛び立ちし     拙作