相続金を送金完了2023年12月25日

 午前中に近場の銀行から送金手続きを執った。3名の相続人には銀行振り込み、協力者の3名には現金書留で送金した。ところが送金手数料はすでに相殺した上で送金額を計算したことを思い出したので慌てて送金料をプラスして振込用紙に記載した。寸前まで何が出てくるか分からない。
 エクセルの表計算機能をを駆使して作成したが%で出す場合の小数点以下の丸め方を忘れていた。だから電卓でも計算するが1円の違いが出てくる。それらを修正しながらようやく完了したわけである。2019年以来表計算から遠ざかっていると細かいことは忘れる。
 相続の計算資料を同封してそれぞれに中郵便局から郵送した。夕方になってコメダでほっと一息した。
 自分用の口座へも売上相当額を振り替えた。わづかであっても利益は自営業者の懐を癒す。
 この金で
①本棚の新調                         4万円
②プリンターの更新                     5万円
③夏用のタイヤの新品への交換            4万円(4本)
④旅行費用・・・スキー行、名山紀行、観光など   10万円
⑤車検                             10万円
合計で33万円にもなる。やっぱり稼がなくては。

書類の計算のまとめ2023年12月19日

 相続手続きの各書類の計算のまとめを行った。疑問点は明日に相続人と最終の打ち合わせをする予定。

相続手続きの事務の追い込み2023年12月18日

 相続金の送金準備のために銀行へ出向いて振込用紙をあらかじめもらった。郵便局では現金書留の封筒を3枚購入。年賀状ももう投函できるとのことで40枚を購入した。

日曜出勤2023年12月17日

 丸の内事務所の整理整頓を実施。書籍の整理を行う。フロアの掃き掃除もして清潔清掃も心掛ける。相続関連の書類の見直しと訂正などもやった。

未支給年金の手続き終わる2023年12月07日

 午後、書類を整えて年金事務所へ行き相談する。書式は2回目でようやく合格となった。そう難しいことではないが解釈を的確にするべく修正を重ねた。
 書類一式を請求者に郵送して住民票を取得したら最寄りの年金事務所へ提出するだけにしておいた。これで完了。

相続書類の点検2023年11月25日

 昨日に続き、相続財産の精算のための計算書を作成。古い通帳を改めて点検すると、ここで気が付いたことは未支給年金が振り込まれていたことだ。死亡届はあちこち提出したはずだが年金事務所へはまだ未届けのようなので11/27に確認することとした。生計を共にする親族はいないので基本的には返金手続きをすることになるだろう。

丸の内事務所に泊る2023年09月17日

 8月に続いて2回目の事務所で泊った。仕事の続きは今夏最高の気温に気力を殺がれてやる気が出なかった。冷房を効かせて睡眠するが日曜日なので騒音は少なかった。昼頃までごろごろして午後は遅い中食を食いに行く。若干の片づけを済ませて自宅に帰る。しばらく自炊をしないうちに冷蔵庫に作りだめした食品が腐敗していたのですべて廃棄した。月曜日のプラごみ、空き缶、生ゴミを前夜の内に出しておく。雑務を整理する。

徹夜2023年08月27日

 今夜は徹夜で事務所の会計事務を片付けた。何と2月から止まっていた。事務所の冷房を効かせ隣のマンション工事の騒音も消える深夜から取りかかった。会計ソフト入力は一段落したがまだ残る仕事がある。会計帳簿をベースにして相続の精算後、新たな書類作成だ。

相続業務完了2023年07月31日

 朝8時過ぎ、今日は東海ICから高速に入った。一昨日はR23で行ったが名古屋市から四日市を抜けるまでは断続的な渋滞で進まなかった。今日は久居ICまで利用して中勢バイパスで伊勢市に向かう。当然余裕で着いたので安いGSを探して給油する。1リットル131円と名古屋市よりも安い。当然人気店で待たされた。
 コメダで時間を調整して銀行へ。少し早めに着いた。時間までに関係者が集まって書類に押印。こちらは7/29に済んでいるので見届けるだけだ。多額の残金を出金して振込んでもらった。被相続人の死亡から20ヶ月かかった。
 後税務署で譲渡税の話を聞いたが中々難しい。相続人を1名に絞ったから代表者に課税される。配分はどうするか。さらに裁判所で報酬付与の審判の説明も受けた。書類作成していくらという仕事ではない。自分の仕事の値付けが難しい。裁判所で審判してもらうことにした。
 昔は書士会で定額が決まっていた。誰がどんな難しい仕事をしても統一されていたのだった。今はフリーとなった。客観的な物差しがないのでこれはこれで困ったものである。相続人の信頼がないとやれない仕事である。
 これはいくらだから、これは儲かるからやるわけではない。いつまでにやるとも決められない。さて仕事はまだ終わらない。
 帰名中に津市でうなぎ屋の看板があり即入った。3時過ぎの中途半端な時間帯はどこも休憩中だったがここは開店していて助かった。美味しいうなぎで活力を取り戻す。

伊勢市出張2023年07月29日

 朝8時過ぎ自宅を出発。R23で行く。やや渋滞のまま鈴鹿市へ。津市の手前の河芸町から右折して河芸環状から左折し中勢バイパスに入る。久居、松阪を経て伊勢市入り。松阪市を過ぎると途端に車の流れが良くなった。すでに2時間余りで11時を過ぎた。12時前だが昼食も済ませたい。約束は13時だが12時30分には着きたい。R23沿いのスシローに入店。新しいやり方に不慣れだがまあ仕方ない。
 12時過ぎて不動産のある家に寄り道したら相続人がいた。燐家に挨拶していた。不動産屋の店に着いて、司法書士さんを待つ。ほどなく来店されて書類作成に入った。雑談交じりで無事に済んだ。
 その後はまたR23を名古屋に向けて走ったが暑い。エアコンの効きが悪いと感じるが気温38℃ではそうなるか。何とか自宅に着いた。