平針荒池界隈ポタリング~午後の部2017年06月20日

 午後3時過ぎ、充分な休憩後、また自転車に乗って平針へ行く。今度は荒池をチエックした。これまでに見たことのない大きな池だった。車道の西側の歩道を走った。すると中途から右へ曲がり、急角度で登り始めた。ギアを調整しながらこらえて登り峠を乗り越した。そのままダウンロードすると今朝のとんぼ池の分岐に出たので戻った。峠のところに自転車を置き、道路を挟んで、北側は農業センター、南側は何か不明だがワイヤーで囲ってある。
 どこかに弱点はないかと探ると、ワイヤーが広げてある。そこから道も踏み跡もないが何となく歩けるルートがあった。たどって登ると赤白のポールが立つ3等三角点に着いた。三角点「平針」は角が壊れている。人も来ないはずなのに不思議である。眺めはない。そのまま戻った。この三角点は初見と思う。
 自転車にまたがって、下り気味に行くと右の山側に登る小道に入った。そして例の針名神社の入り口につながっていた。さらに下るとやはり針名神社の正門に下った。
 下山後は農業センターに立ち寄った。そして構内を隈なく歩くと竹林に入る。ああ、これこそ針名神社境内に山続きでつながっており頭の中でようやく地理感が完成した。構内では搾りたての美味しい1本の牛乳を飲んだ。ホモゲナイズしていないので脂肪が浮いている。コクがあってうまい。
 構内のミニ売店ではコーチンの肉、スイカ、野菜などを売っている。牧舎がたち、温室が建つ。ここには名古屋の中の田舎がある。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック