八曽山の行方不明は遺体で発見2021年11月24日

  21日、愛知県犬山市で行われた、山歩きのイベントにボランティアガイドとして参加した78歳の男性が、行方不明になっています。

 行方不明になっているのは、犬山市に住む、田口正人さん(78)です。

 田口さんは21日、犬山市が委託して行われた「犬山ふれあいの森ガイドトレッキング」にボランティアガイドとして参加し、約15人で山歩きをしていましたが、午前11時20分ごろに「乙女滝」と呼ばれる地点で確認されたのを最後に、行方がわからなくなりました。

 警察と消防などによる22日の捜索は午後4時半で終了し、23日朝から改めて捜索を予定しています。

 田口さんは身長175センチほどで細身。

 水色の上着に茶色いズボン、グレーの帽子をかぶり、サングラスをかけていたということです。

 24日の報道では
 22日に続き23日も午前8時頃から、約60人態勢で捜索が行われ、消防によりますと23日午前11時半過ぎに、1人の男性の遺体が見つかったということです。

 遺体は、がけの下で倒れていて、捜索していた警察官が見つけました。
以上
 年齢もあるが、やっぱりコロナにより体幹が狂っているんだろう。心肺機能も劣化しているだろうし、何でもないところで跨いだ沢も今時は滑落転倒しやすくなっている。道から離れたところの崖の下というところもガイドとしてはおかしい。しかし、個人情報の関係で原因究明はされないと思う。要するにどうしようもない事故である。