神留守の猿投の山もくろぐろと 拙作2021年11月27日

 11月ももう終わりかける土曜日の朝。今週は急がしたかったせいで冷蔵庫に食品がたまった。それを調理しながら、また洗濯しながら家事を進める。本当は布団を干したいがあいにく雲が多くしかも寒気が強いのでやめた。
 不図遠くを見ると黒々とした猿投山が見えた。そういえば今は神無月で神様がお留守である。ということで即興で一句を作った。晴れておれば恵那山、冠雪の御嶽山も見えるはず。どの山も神のおはす山である。
 これからは望岳のハイキングも良い季節である。富士を見る、御嶽を見る、伊吹山を見るなどいくらでもある。
 昨夜の岳連WEBミーティングでは登山のトレーニングは登山が一番であった。山に登ることが体幹を鍛える。山へ行こう。