余り苗を撮る2017年06月06日

 今朝もいい天気である。やっぱり小寒いので長袖を着た。出発は6時過ぎになった。撮影のためにザックにカメラを入れると結構重みを感じる。天白川沿いに走って日進市役所のかなり手前で撮影ポイントに来た。
 薄の穂が出て美しいところである。それにしても早すぎる。俳句歳時記では秋の季語になっているからだ。立秋の8/8以降でないと把握しにくい。最近の気候が少し早まっているのだろうか。その後は余り苗を撮影した。
 日進市役近辺まで足を伸ばしたが荷が重いせいか、白山宮の参拝は休んだ。一般道をUターンして帰途についた。途中、神明社という村社をお参りした。ここのひしゃくはあるにはあるが、プラスチック製だった。無人の村社になると簡素である。先の大戦の戦没者も祀られていた。タイサンボクの花も散り始めた。
 天白川沿いに戻ると、小学生の集団登校に出くわす。懐かしい光景である。国道153号を梅森西の交差点を渡り、名古屋市へ戻る。

日進市の足王社へ参拝!2017年06月05日

白山宮の右におはす足王社
 俳句雑誌の原稿を1本仕上げる。昨夜から見直すが最後が決まらず。『古事記』の漫画本、解説本、司馬遼太郎『この国のかたち』等を乱読。石頭でも読んでおれば少しは神道の知識が浸透するだろう。
 5/25に亡くなられた岡田英弘氏の著作の1冊も読みたいが、モンゴル史、東洋史、世界史は壮大で手が付かず。これまでの積読で結構たまっている。著作集の最終巻は買わなかった。メディアに出てこなかった学者は埋もれたままなのだろうか。
 読書に倦んで夕飯を外食。白山宮へちょっとドライブする。自転車で抜け道を知ったからスイスイ走る。途中、すすきらしい群落を見た。白い穂波がゆれて美しい。水田もほぼ植田になった。早いところは青々としている。日々成長している。またカメラで撮影したい。
 白山宮へは約7kmから8kmだった。自転車の運動量は往復15km程度。約2時間かかる。ちょうどいいくらいか。誰も居なかったPに着くとあちこちから参拝の車が着いた。たちまち数台が止まった。先客は鳥居の下で軽く会釈して参道を登った。
 杉の曲げ物のひしゃくで手を清める。本殿へ参拝後、足王社へ参拝する。中年女性の参拝客とすれ違った。いつもは早朝なので誰もいないが普通の時間帯はかなりの参拝客があるようだ。なにぶん、ここは常駐の神職や巫女(みこ)さんもいる。車のお祓いも受け付けているから経済的にも恵まれている。
 帰路は普通の車道を走る。白山宮の麓に来ると西には鎌ヶ岳の尖峰が見えた。別の所からは猿投山は無論、焙烙山や六所山も見えた。高い建物がないから意外に遠方まで見通しが良い。
 名古屋市に近づくと植えたばかりの水田に大西日が反射した。巨大な鏡面に反射してまぶしいほどであった。苗はひねもすこのエネルギーをいただいて大きく育つ。今読んでいる『古事記』のアマテラスオオミノカミの光かと思う。

日進市の岩崎城址へポタリング2017年06月04日

 6時過ぎ起床。今朝も快晴である。いつもより寒いので長袖を着用した。ネットによれば白馬山荘では降雪があったとか。冬に逆戻りしている。立山ではまたも小型飛行機が山に衝突したらしい。気象の変化が激しい日本の空は危険そのものだ。登山も同じである。
 小寒い中を自転車にまたがって天白川を遡るポタリングである。コースは昨日とほぼ同じで、梅森寄りに走ってみた。すると梅森八幡社があったので寄ってみた。八幡社というだけに後に回ると八幡造りの立派な社殿である。御手洗場は杉の曲げ物ではなく、竹を節で切って、コップにしてあった。これもありか。
 旧街道筋を走ると医者の家が大きく目立つ。狭い小路はさながら戦前の昭和の時代を物語る。道路こそ舗装してあるがマイカーが行き交う広さはない。もう1つ上に良い道が付いている。
 旧道筋を突っ走ると岩崎城が見える。眼下は植田が広がる田園地帯である。今日は岩崎城に寄っていく。県道57を若干北上すると岩崎城への入り口がある。自転車すら入るなとある。自転車を置いて歩き出す。一番高いところをへて古墳を見る。その前面が日進市の市街地や田園の展望台になっていた。ぐるりとまわるともう見どころはなく入口へ戻る。
 路地を走り抜けると白山宮のある丘が見える。今日はパスして日進市役所沿いに帰宅の途についた。
 さて、八幡社のことである。
 梅森では氏神としていた。ふたたび、司馬遼太郎『この国のかたち 五』(文春文庫)の神道を読むと、古事記や日本書紀に出てこない神を祀る外来神(渡来神)ということが分かった。
 6世紀に仏教が入って来た。入れ代るように日本の神々は没落していった。8世紀になって僧たちは神々にお経を聞かせて救済した。それが神宮寺という。
 八幡神が現れたのはこの時だった。最初は大分県の宇佐に始まった。この神は人格神といった。政治にも口出しした。仏教が盛んになると「自分はむかしインドの神だった」と託宣した。そして仏教を支持し、受け入れた。神が仏を讚仰した。これが神仏習合ということである。
 蕃神とも書いている。
 ウィキには「蕃神(ばんしん)とはその国、その土地の外部(外国、異国)からやってきた神。単に外国の神という意味ではなく、外来の神、つまり、外から入り込んできた後に定着し、その国、その土地で既に信仰の対象とされるようになってきている神を指していう。蕃神が信仰されるようになる経緯としては、意識的に布教される、あるいは、その国の人々が蕃神の存在を知り、自発的に信仰を始める、などが考えられる。
 もともと神道が信仰されていた日本においては、伝来当初の仏教について、「仏」を「蕃神」(トナリノクニノカミ)と呼ぶなどしていた。」とあった。今は死語になった。
 司馬の八幡神の書き方が面白い。
 「奉ずる人達の中央政権への働きかけが異常なほど活発だったことも以前ふれた。奈良朝の東大寺の大仏造営のときもこの神が託宣活動をし、ついに国家機関(東大寺)の域内にまつられることになる。
 同時にこの神はいちはやく仏教に帰依した。神仏習合という奇策を演ずることによって神々を亡びから救った功は小さくない。」
 後から来たものは少数派であり、弱者である。おおく発言して政治的にも活発に行動しないと埋もれてしまう。
 神道にもこんな重層性があったのかと思う。

日進市の足王社へ参拝するポタリング2017年06月03日

 昨日、司馬遼太郎『この国のかたち 二』(文春文庫)を読んだ。その中の「スギ・ヒノキ」の項に、
 古代、曲物が生活用具の主たるものだった。
 古代や上代につかわれたために、いまでも曲物は神事につかわれる。神前にたべものをのせてそなえる容器(神饌具)ーたとえば三方ーは曲物だし、またどの神社の境内でも、手洗い場に置かれているひしゃくも曲物であり、曲げ物でなければ清浄感が付随しない。以下略
 そうか、御手洗場のあのひしゃくは曲げ物だったのか。それを確認するための参拝でもある。
 今朝は、昨夜の飲酒がたたって、遅めの寝ざめになった。出発も7時過ぎになった。今日は路地裏の道を走りぬけて、日進市の県道57の「白山」の信号のある交差点まで走った。白山宮へはすぐだ。Pに駐輪する。参道を歩く。いくらもなく本殿に辿りつくが、振り返って、御手洗場でひしゃくを取り上げてみると、なるほど杉の板を薄くして曲げたものであった。
 私が登山用の弁当箱に愛用しているのも曲げ物であった。南木曽町の小椋さんの店で買った。これも杉の板を楕円形に曲げて底を付け蓋をセットにしてある。そしてうるしを塗ってある。塗らずにおくと水分がしみ込んで黒ずむという。
 今日の再発見はひしゃくは曲げ物ということであった。加えて、田園風景の中に余り苗を見たことだった。これは別項で書いておいた。
 帰路、立ち寄ったデニーズの玄関の真上の燕の子は今朝はもう巣立ちしていなかった。5/30には在った注意書きも撤去されていた。めでたし。

月の出や印南野に苗余るらし 永田耕衣2017年06月03日

 今朝もすっきりした五月晴れになった。北風が涼しいというより寒いほどだ。ポタリングでまた日進市の田園地帯を走る。今日目に付いたのは代田もかなり田植えが進み、植田になってきたことである。それに伴い、余り苗もそこかしこに見られた。この風景で思い出したのがこの俳句だった。
 農家では田植えに備えて苗を余裕を見て育てる。植え終わると片隅に苗が少し残っている風景、それが余り苗、苗余るという季語になる。
 掲載の俳句は山本健吉『現代俳句』で紹介されて有名になった。印南野はいなみのと読む。
 ウィキには稲美町でヒット。「兵庫県南部に位置し、神戸都市圏に属する。兵庫県南部の加古川と明石川に挟まれた印南野台地に位置し、兵庫県東播磨県民局に区分されている。古代では印南野と呼ばれており、播磨国風土記では入波と呼ばれている。万葉集では稲日・稲見と呼ばれており、この本に登場している印南野は古くからの歌枕である。」と案内。
 帰宅の途に就いたころには風向きは西風に変わり、空は薄曇りになった。

日進市の白山宮へポタリング2017年06月02日

日進市の白山宮の参道
 昨日、日進市の五差路に白山という交差点があった。安いガソリンスタンドを求めて走りまわった際に立ち寄ってみた。その名も白山宮とあり、平成になって新築した新しい社殿だった。
 そのうえ、足腰の関節の痛みを取るという「足王社」が本殿の横に移転されていた。サッカー神社ともいうらしい。元々は飯田街道沿いに在ったものらしい。早速参拝した。
 地形図では独立標高点77mのある丘陵地の山腹に位置する。特に山の名前はない。77mの山頂へはひらかれた道があったので登ってみたが何もなかった。植生は照葉樹林の林で眺めはない。
 下山して宮司さんに聞く。名古屋周辺には白山神社が多いこと、私の母の在所も三重県の白山町といった話をした。

HPに整理してあるのでコピペすると祭神は

主祭神 菊理姫命 伊弉冉尊 大巳貴命

配祀神 大山祗神 木花開耶姫命 稻田姫命

                 由 緒
  
 創立年代は不詳であるが、境内に古墳があることから古い年代に求めることができ、加賀国白山のご分霊を勧請した近郷無双の古社である。
 大永3年(1523)本郷城主、丹羽若狭守氏清(天文7年岩崎へ移城)が始めて祭祀を司ったとの記述が見られ、以来、湯立、笹踊り、棒の手、馬の塔(献馬)の神事が氏子によって伝承され、「白山の馬まつり」として人々に親しまれ、普く有名になった。
 近年では茅輪祭をはじめ多くの祭礼に年間を通じ数万人の参拝者が訪れる。
 社地は約1万坪を有し広大無辺なご神徳は、いやちこなるを拝します。
              むすびのご神徳
 主神、ククリヒメの神は、その名の通りすべてのものを括り結び合わせることをご使命とされ、古語に産靈をムスビと言っているように、すべてのものを産む力(生命力)が、生成化育の信仰を生み、人生は結びの和によって一層大きく発展することを教えています。
 離合集散ただならぬ世の中にあって生産者には、生産(むすび)の力を、商人には人を引きつける徳を、交際上には人に和を与え給う大神として、人々の上に、ますますムスビの徳を垂れ給うのであります。
以上

 昨夜は大気が不安定になり、雷鳴が響いた。風は北から吹いてくるので冷たい風と暖かい空気との摩擦で雷が起きたのだろう。寝付きにくいが、6月ともなると夜が短い。朝6時目覚め、6時30分には出発できた。自転車にまたがり、いつものコースを走る。三河山間部に雲が多いが、猿投山は見えている。
 本郷町から県道57を横切り、左折して山に向かうと白山宮のPに着く。自転車も置く。約35分のポタリングだった。途中、写真撮影もあるので25分くらいだ。ちょうどいい運動量になる。
 石の鳥居の右手に由緒が書かれている。古墳への道もついている。立派な参道である。新しい花崗岩の石畳が登ってゆく。上部で石段になる。まずは本殿に参拝し、続いて足王社に参拝した。昨日は中年の女性が参拝していた。若くても足腰の痛みはあるのだろう。サッカーの選手も参拝にきたようである。プロは練習と試合で怪我だらけであろう。時に神頼みにもなるのだ。
 77mへの登頂は省略して下山した。また自転車にまたがって日進の田園地帯を走った。大ぶりの野鳥が代田にいるのでよく見たらカイツブリのようである。珍しい鳥ではないが近くで見ると大きい。
 名古屋市平針駅に近くなると裏道、抜け道も途端に交通量が増えた。走らなくなると同時に危険を感じる。喫茶店で一休みして帰宅した。

朝のポタリング2017年05月30日

日進市の天白川支流の野方川合流地点付近の水田
 今朝も5時過ぎに目が覚めた。老齢の域に達すると目覚めが早いとはいうがこのまままどろむにはもったいないので5時30分過ぎに自転車で天白川沿いに走った。
 サイクリングロードを名二環の橋の下をくぐると対岸から日進市になる。平針周辺の住民がウォーキングしたり、ジョギングしたり、中には鉄亜鈴を持ちながら歩く人もいた。県道を渡って天白川右岸の道に入ると都会から一気に田舎になった。砂利道を走りながら川を覗くと大きな鯉が泳いでいるのが見えた。R153を横断する。この時間帯は閑散としている。
 砂利道をギアを切り上げて軽快に走る。今日は梅森町で引き返した。標高29mからR153に出て、交差点のデニーズで朝定を食べてコーヒーを飲む。無料の新聞を読みながらゆっくりする。玄関の真上には燕が営巣中で雛が2羽か3羽顔を出している。糞が落ちてくるから注意してとの注意書きがあった。いつ巣立つだろうか。
 県道から梅ヶ丘に曲がり、田園地帯を走る。不思議にも道路より一段高い水田に満々と水が湛えられている。よく見ると田の端に水道管が突き出ている。農家のおじさんに聞いてみた。
 「この辺りの田んぼってみな愛知用水から引いているんですか」と「ああそうだ」と。つまり天白川でありながら利水は木曽川水系なのである。そうか、日進市や平針周辺にはため池がとても多い。今は埋めてて住宅地などになって減っている。赤池も近年埋め立てられた。その代わりに東郷町にある愛知用水の調整池の愛知池から引いているのだろう。この庭園のような美しい水田も英知の賜物である。
 引き返した地点には廃田も見られた。ため池は埋まり、田は耕作地ではなくなった。10年に1度の大雨でも降ると水を受け止めることができなくなって一気に天白川に流入する。それが原因かどうかは断定できないが野並水害の遠因になっているのだろう。
 水田は広域ダムの機能も果たしている。日進農協のお米をせっせと買ってあげようと思う。勤務先の上司は日進農協でよく買っていた。あれはあれで大いに意味があったのだと思う。日進市産米を消費することで耕作を支え、田んぼを保全することで天白川下流域の水害を防止する。木曽川の水で育った米なら多分美味いだろう。

1等三角点研究会の例会山行に参加2017年05月28日

2009年の例会では六谷山に登山した。
 入会年月は東海白樺に続いて長く30年くらいになる。例会山行には中々出席できないが勉強になることが多い会である。文字通り研究会である。草創期は1等三角点がどの山なのか情報がなかった。登らないと分からなかった。登った人は会報で情報を公開する。それを共有するための会だった。
 例えば当時は段戸山(今の鷹ノ巣山)は20万地勢図で△記号があったので1等三角点と思われたが、実は100mほど低い出来山だと知った際はへーっと思ったものだった。
 それが今は一覧性のある専門書も数々出版されて情報は豊富になった。しかし、その希少性はなくならない。半島、離島や僻地の1等はまだ情報の価値は高い。懇親会でもある離島の1等三角点に行くからと同行者を募る話も出た。
 27日は自宅を15時に出て県道58号を走り、保見の先の交差点を左折して金泉閣に向かった。約1時間で着いた。早速受付を済ますと大槻会長と旧交を温めた。そばには同窓の早川総支配人もいて挨拶を交わした。事前に行くことを連絡していたからだ。
 懇親会では京都、滋賀、大阪を中心に富山県、静岡県、千葉県、横浜市、宮崎県、北九州市、山口県、茨城県などからから集結した39名が交流することになった。知っている人は富山県のYさんのほか3名くらいになった。草創期の会員は高齢化で亡くなったり、動けなくなったりしたようだ。つい先だっても古参の新潟のYさんが死亡されたメールを受け取ったばかりだった。
 27日夜は猿投温泉に宿泊して英気を養った。28日はまたとない素晴らしい五月晴れになった。38名が登山に向かう。猿投神社の駐車場まで見送って別れた。

予後観察2017年05月25日

 5/25、梅雨の先触れのような空模様である。朝9時過ぎ雨の中を出た。行先は入院先の病院である。9時半、受付を済ませて血液検査と尿検査をする。検査結果の出るまでの1時間以上を院内で空費する。
 名前を呼ばれて担当の医師と面談。血液、尿の検査結果は悪性のデータはなく完治したとのことだった。見せてもらうと入院中はデータのグラフが山のように盛り上がっていた。ばい菌が増殖していたのである。ただし、まだガンの疑いはあるのでもう1ヶ月経過観察することになる。投薬の処方箋をもらって出た。やれやれである。
 その後、医療費の精算、テレビカードの精算、果物ナイフの回収を済ます。病室ではあらゆる刃物の持ち込みはご禁制であった。髭剃りもダメで伸び放題だったが、病院の電気かみそりであらぞりはしたがさっぱりしない。不便なものである。普通の生活のなんと快適なことか。
 振り返れば、13日から14日はご飯は見ただけでむっとした。果物だけは何とか食べた。しかし、点滴だけでは衰弱するので、看護士にご飯をおにぎりにするように依頼した。15日の朝は2個のおにぎりのうち1個は食べれた。夜は1個は普通に食べて、2個目はお茶で流し込んだ。飯が食えるとおかずも残さず食べれた。不思議にも16日は少し元気になれた。データが改善したのか、医師が回診で明日以降退院もほのめかしてきた。20日までに退院できればありがたいと医師に懇願したら、17日に退院できた。
 これだけ短期で退院できたのは何とか早くよくなりたい、そのためにご飯を食べたい、おにぎりなら残飯の罪悪感なく、1個でも食べたら身体に力になる。そう考えたからだった。おにぎりの不思議な力に感謝する思いだ。食欲がなくてお茶で流し込んででも食うのは登山で実際にやったことである。入院は遭難と同じ、退院は生還である。

初校終える2017年05月23日

 昨日は行政書士の友人のサポートで、ほぼ4時間ほどかかったがクラッシュしたPCが復旧した。写真、ドキュメントもハードディスクから回収できた。元々はその道のプロだったというから聞いてみないと分からないものである。昔から医師、弁護士を友人にもてとか言われたが、今は、パソコンのハード、ソフトに強みをもつ友人を加えたい。あと税理士もいるといいですねえ。
 さて、緊急入院にあって遅々として進まなかった初校を何とか終えた。それも写真が復旧したからだ。写真をメモ代わりに撮影するので、プロパティの時間でコースタイム設定の参考にすることが出来る。あとは再校を待つことになる。こんどはどんなスタイルになるやら。
 今日は朝から原稿と未入力の経理伝票類を持参して事務所へ行った。それにウィンドウズ7のリカバリーCDも見つかったので一段落したら壊れたハードディスクを筐体に戻して、再インストールすることになる。7年目のPCだがまだ使える。同時にバックアップの方法を考えておかねばなるまい。
 仕事用には外付けハードディスクを置いてあるが、趣味のデータはまあなくても良いか、という感じでいい加減にやってきた。ところが最近は趣味のほうの有償原稿も増えた。今回もガイドブック用のデータはDVDに焼いておいた。限定的なのでやはり3つくらいは用意しておきたい。