下着一枚の差2021年04月20日

 4/18の奈良県の沢登りで71歳の女性の死亡が伝えられた。低体温症」だった。このところはしっかり冷え込んでいた。そんなところへ沢の水で体を冷やすとダメージが大きい。
 ここで知りたいのはどんな下着だったのか。近年は個人情報を盾に真実が報じられないから他山の石として教訓にすることができない。そもそも、高齢の域に達すれば低温を感じにくくなるらしい。かつてGWの北アルプスの稜線で白馬に向かった中高年の数名が低体温症で全員死亡したことがあった。
 稜線の風吹きすさぶ中で低温下で立ち止まれば、ぐんぐん冷えてゆくだろう。ツエルトをかぶるなり、保温に努めないと低体温症になるのは自然の理である。
 奈良の沢登りの女性も低水温に慣れていない中で、また体も十分温まらないとこんな悲劇もありうるだろう。常に温かくする、衣類が一番、熱い飲み物でも作るのが良い。かつて夏の北アでも霧の中の低温で小屋に入り、熱いコーヒーを飲んだことで生き返った気がした。自分を飼いならしながらが登ることである。

低体温症2021年04月19日

奈良県川上村に沢登りに行った大阪の山岳会員4人の内、1人が低体温症で71歳の女性の死亡が伝えられた。上多古川らしいが、具体的な山行計画までは不明。
このところは気温が低いので、水をかぶることもある沢登りには不向きな気象状況だったと思われる。
18日は恵那市の笠置山に登ったが、1128mの低山ながら降雪があった。名残雪、終い雪などと言うが晩春でも油断出来ない。あらかじめ、低温は予測して、冬山の下着を着ていったから、ブルブル震えることもなく、無難に下山した。山岳遭難は想像力の欠如だと思われる。

毎年よ彼岸の入りに寒いのは 正岡子規2021年03月23日

 3月もすでに下旬になった。今日は彼岸の明けになる。掲題の句は子規の母がつぶやいた言葉をそのまま句にしたという。
 今月の17日の彼岸の入りは寒かったかな。でも22日は朝早く資源ごみを出しに外へ出たら寒かった。帰宅まで風があり寒かったことは確かである。子規の言わんとするところは入りの日だけではなく、彼岸の間中寒くなるよという句意だろう。
 3/22は1月末以来コロナウイルスに罹病していた実弟が退院した。無事に帰還出来て良かった。あたかもお彼岸の最中というのも意味ありげに思う。というのも祖母は気管支が弱くて年中喘息に悩んでいた。それでも養生に努めて80歳を越えて生きた。
 私も咳がひどい夜などは祖母の夢を見ることがある。何かの業かと思うが温かくなって湿度が増えると咳が消え、忘れてゆく。今年ばかりは先祖のご加護があったと思いたい。

ビタミンCの話2021年03月05日

 こんな動画が見つかった。
「ビタミンCは大量に摂る!ビタミンC健康法。ビタミンCの基礎を知ろう!抗がん作用、抗菌作用、抗酸化作用、そしてホルモンとの関わり。【栄養チャンネル信長】」

ビタミンC(アスコルビン酸)の威力 ― 2019-12-04
https://www.asablo.jp/app?cmd=preview&target_fqdn=koyaban.asablo.jp&target_path=/blog/2019/12/04/9185207

病は口から「ビタミンC恐るべし」2021年02月25日

 今日は朝食を抜いて午後遅くに食べた。昼食ではなくて中食である。運動不足で食欲もでないし、筋肉を使わないから循環が悪いかも知れない。中食は喫茶店でとったが少々の肉と結構な量のレタスの盛り合わせでお買い得な感じだった。これで730円。空腹も手伝って美味しかった。
 午後から電話があった。現在コロナで入院中の身内からだった。一時悪化していたが一息ついたらしく声が元気だった。このまま退院かと思ったがまだ微熱があり先になるという。
 結局ベッドの上で考えることもないのだが、今はただ医師の治療に専念するしかない。今やれることは毎食後の歯磨きである。病は口からという俚諺通りである。
 身内に語ったことは私の場合は、口腔内の清潔さが咳をゼロにしたという事実であった。それまでは一年中空ぜきに悩み、のど飴が欠かせなかった。一年中のど飴を舐めるから歯も虫歯になり治療にカネがかかった。
 2019.12.はじめ、今年は咳を無くそうと努めた。エアコンが犯人か、家ダニの死骸が犯人かは分からない。分かることは口腔内の粘膜の栄養であるビタミンCの摂取を試みてみた。いつもは歯磨きで出血があった場合に備えてあったビタミンCの原末を処方では一さじが規定だが、3倍から4倍水に溶いて飲んでみた。夜、歯磨き後、1回だけである。これを一週間続けたら咳はいつの間にか無くなったのである。サプリといえども習慣化は行けないので普通量に戻した。
 何だ、こんなことで空ぜきがなくせるのかと思った。ビタミンC恐るべしである。したがって2020年はのど飴を一切口にせずに済んだ。毎日の歯のメンテナンスであった。

コレラの家を出し人こちへ来りけり 高浜虚子2021年02月13日

 (虚子五句集P43。「五百句」大正3年作)
・・・句意は明瞭。コレラに罹患した家から人が出てきてこっちへ向かって来る、自分も菌を移されないように気を付けよう、というのである。季語はコレラで夏の俳句)

 こんな俳句を思い浮かべたのは、数日前に、実弟の夫婦がコロナウイルスに罹患して入院中と知人を通じて聞いたからだ。
 本人から今電話があり、掛かりつけの病院に入院して一時の重い症状は脱したとのことだった。今はアビガンを注射されて回復の途上にあるとのことでほっとした。
 その話の中に、一足先に退院した妻が帰った際に、他の人との接触で、弟の妻にウイルスが移らないか心配だ、ということをまず話すという。本来なら、どうですか、退院できて良かったね、とお見舞いの一言を声掛けして欲しいのに忌避される態度に出られたことに憤慨していたのである。
 大正時代のコレラ流行でも人々はコレラの家から出て来た人と話をすると感染するんではないか、と疑心暗鬼になり、表記のような俳句が生まれたのである。時代は変わっても人心は変わらないのだと思う。

コロナウイルスの感染拡大2020年12月30日

WEB中日新聞から
 「愛知県は30日、新たに294人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者数としては過去最多。うち名古屋市は139人。」
WEB岐阜新聞から
「 岐阜県と岐阜市は30日、新たに67人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりに発表される感染者数としては、最多となった29日の74人に次ぐ多さ。県内の感染者は累計2208人となった。」
・・・年も迫ってのこの拡大は嫌な気がする。とくに岐阜県は急増したがどうしたんだろう。

WEB産経新聞から
「 菅義偉(すが・よしひで)首相は30日、首相官邸で開いた大雪に関する関係閣僚会議で「新型コロナウイルスの新規感染者増加で『静かな年末年始』をお願いしているが、今回の大雪に備えるため不要不急の外出は控えてほしい」と呼びかけた。

 気象庁によると、同日から年明けにかけて上空の寒気が強くなり、北日本から西日本の日本海側に渡って平地も含めて大雪となる恐れがある。首相は関係省庁に改めて事前の備えが十分かを確認し、国民への迅速で分かりやすい情報発信と情報収集に努めるよう指示。「自衛隊などとも緊密に連携しながら先手先手の対策を講じ、安全安心の確保に万全を期す」と語った。

 その上で、国民に対しては「交通障害や施設への被害、屋根からの落雪や雪崩に十分警戒し、あらかじめ必要な備えをするとともに、最新の気象情報や道路交通情報に留意してほしい」と呼びかけた。 」

・・・GOTOは一時中止。ところが世界中の人の入国禁止はするがまた例外がある。中国のみ禁止というわけには行かないのだろう。それですべて中止にしたが中国などは緩和したままという。笊みたいな措置だ。
 初詣も人出は激減するだろう。かつてない寂しい正月風景になりそうだ。

国会議員初のコロナ禍で死亡2020年12月29日

https://www.youtube.com/watch?v=QdsF30HgD-0
 12月27日に亡くなった立憲民主党の羽田雄一郎参院議員について、死因が新型コロナウイルスの感染によるものであることが確認されました。
新型コロナの感染で現職の国会議員が亡くなったのは初めてです。

読売新聞は
「「俺、肺炎かな」と言った直後に意識失う…コロナ感染で死去の羽田雄一郎議員」
 立憲民主党の福山幹事長は28日の記者会見で、27日に急逝した同党の羽田雄一郎・元国土交通相の死因が新型コロナウイルス感染症だったことを明らかにした。新型コロナによる現職の国会議員の死亡は初めて。羽田氏は53歳だった。


 福山氏によると、羽田氏は22日に党の常任幹事会に参加し、23日は日帰りで長野市内で開かれた県連の常任幹事会に出席した。24日に秘書が「周辺者に新型コロナの陽性者が出たため、PCR検査を受けたい」と国会の診療所に連絡した。同日深夜に38・6度の発熱があり、25日朝にはいったん熱が下がったものの、都内のクリニックに27日午後からPCR検査を受ける予約をした。

 25、26両日は都内の自宅で過ごし、発熱が続いた。27日朝には平熱に戻ったが、秘書の運転する車でPCR検査を受けるクリニックに向かう途中で呼吸が荒くなった。羽田氏が「俺、肺炎かな」と言った直後、意識を失ったため、秘書はその場で救急車を手配したが、搬送先の東大病院で死亡が確認された。

 検視の結果、新型コロナに感染していたことがわかった。羽田氏は糖尿病、高脂血症、高血圧の基礎疾患があったという。
以下略
・・・基礎疾患がある。という原因は有名人の死亡は共通する言葉である。
 顔写真からは元気そうに見える。しかし基礎疾患を見ると生活習慣病ではないか。つきあい酒、会合での飲食を続けるうちに体に脂肪が蓄積し、且つスポーツもしないと肥満体質に陥る。これが怖い。

冬晴れ2020年12月10日

 今朝も快晴。猿投山も眠るがごとく見えている。北から東にかけてはやや曇っている。高空に冷気が差し込んでいるのだろう。しかし、まだ雪の声は聞こえてこない。少し良すぎる冬の一日。野菜も安値安定になっている。痛しかゆし。ところがコロナ禍は厳しい状況が続く。嬉しくない冬に入ってゆく。

腹筋の効用2020年12月04日

 11/29の登山で久々に6時間以上歩いた。そのせいか、腹筋が締まったように思う。当日は普通のおにぎりの1.5倍ある大きさのものをかじったが食べきれなかった。お茶しか受け付けなかった。その日は食欲はあっても多くは食べられなかった。
 やっぱり腹筋で内臓が持ち上げられているからだろう。つまり運動しないと胃下垂みたいになり、どれだけでも食える。ところが筋肉が締まるとズボンのベルトを締めるのと同じ効果がある。食欲はあっても入らない。
 11/30から12/2までは腹が張る感じだった。食べたくても食えない。腹筋が緩んだのか、昨日辺りから便通が大量に出るようになった。1日3回くらいはあった。今朝も朝早くからあった。その分ベルトの締まりが細めになった気がする。
 思えば11月は3連ちゃんで里山に通った。その後は遠方の山で6時間前後は歩いている。2連ちゃんだから足して5週連ちゃんだ。その運動効果であろうか。運動で筋肉が締まり少食になる。減量になるといいが・・・。
 今はタンパク質中心に青野菜をとることにしている。世間は感染者が増加の一途をたどる。誰彼が発言をされるが、検査よりも、三密回避と感染防止と体調管理が一番である。タンパク質、ビタミン、ミネラルを適切に補給していけば体は素直に反応してくれる。労わるということ。