初夏や万国旗めく前線伸び 拙作2021年05月13日

東西に伸びた前線は梅雨入りへの序曲
 今日の天気図は太平洋上に東西に前線が伸びた形となった。東海地方の長期予報は明日は晴れるがあさって以降は不順な天気が続く模様である。いよいよ卯の花くたしの季節が来たのだろう。

https://weathernews.jp/s/topics/202005/130185/#:~:text=%E3%80%8C%E5%8D%AF%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%8D%E3%81%AE,%E3%81%A5%E3%82%86%EF%BC%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
「そして5月半ば頃からの雨は、梅雨の時期が近づいていることを知らせる「卯の花くたし」です。

その後、梅の実の熟す頃に、本格的な「梅雨」がやってきます。

これらの言葉は同じような天気現象を表現したものです。
しかし、昔の人たちはその時期に見られる植物を暦代わりに利用して、季節を敏感に感じ取ってきたのです。
まさに日本人特有の感性と生活の知恵であるといえるかもしれません。

家で過ごす事が多い今、ゆっくりと窓の外を見ながら、季節を感じてみるのはいかがでしょうか。」

・・・明日か明後日にも軽登山に行こう。

桜鯛あらも大事に売られけり 拙作2021年05月01日

 肉も欠かさず食べてきたが、たまには魚が食いたい、とスーパーをのぞいた。そろそろ鯛が出回るころなので、鯛のアラ煮とメニューを決めて早めに行った。ワンパックだけ愛媛県産の天然真鯛があったので求めた。
 ネットで鯛のあら煮でぐぐると調理法がどどっとヒットするので易しい方法で下ごしらえをする。
 まずは水道を出しっぱなしにして鯛の骨や切り口の血あいを古い歯ブラシと串焼きを食べた後とっておいた串の鋭い先っぽで洗い出しておく。これが臭みの元になるらしい。知らないときはそのまま醤油と酒、みりん、砂糖で煮付けていただけだった。下ごしらえをきちっとすると確かに臭みはない。
 煮立てて少し間を置いて味をにじませる。それから酒の肴の一品にして食べる。あっ、三河の名酒は昨夜で空っぽになった。生酒は水も醸造用アルコールも加えないからすっと舌に馴染んで飲める。少しは水っぽい方がぐいぐいやれるかも知れない。また設楽町の山に行ったら、蓬莱泉の量り売りを買おう。

変わる祝日・天皇誕生日2021年04月29日

 今日は朝から雨です。昨日の洗濯物が風に揺れているのでベランダから取込みました。窓からいつも眺める猿投山も今日は低い雲の中にお隠れです。

 今日は「昭和の日」です。ちょっと振り返ると、平成19(2007)年から新たに設けられた祝日です。
 以前は、みどりの日は昭和64、平成元(1989)年から平成18(2006)年まででしたが、5月4日移動しました。天皇誕生日昭和24(1949)年から昭和63(1988)年まで。天長節は昭和2(1927)年から昭和23(1948)年まで。1948年に国民の祝日に関する法律が制定、施行が7月20日になったので、翌年の昭和24年4月29日からになったわけです。
 そして、昭和天皇崩御後、天皇誕生日は上皇陛下の12月23日に変更された。平成元年12月23日から平成30年までは12月23日になった。平成から令和の御代替わりで、平成31,令和元(2019)年は天皇誕生日が無い。以降は平日になる。
 昭和の日の制定には昭和天皇を偲ぶ雰囲気があると思う。

知らぬ仏より馴染みの鬼・・・名古屋市市長選挙に思う2021年04月25日

 ことわざ辞典から
https://kotowaza.jitenon.jp/kotowaza/3376.php

意味:どんなに善い人でもよく知らない人より身近な人、懇意にしている人のほうが頼りになるというたとえ。知らない仏様より、よく知っている鬼のほうがいいという意から。「知らぬ神より馴染みの鬼」ともいう。

・・・共産党までも加えて、野合して票固めもばっちりのY候補対12年間の実績のあるK候補との闘いも今日で審判が下される。K候補に何か失政があったのかと言えば、地域委員会がうまく機能していないなと思う程度。
 K候補は大村知事リコールも支援していた。T事務局長の虚偽署名の疑いで捜査中であるが、これも逆風になった。無党派層の票しか期待できないので孤立無援というわけではないが、街頭演説で訴えかける辻説法が大衆的で親しみやすい気がする。ドラゴンズの歌をそらで歌えるからよっぽどファンなのであろう。
 大衆のこころをばっちりつかんでK候補の圧勝だろうか。

先ず隗より始めよ・・・名古屋市長選挙に思う2021年04月24日

 名古屋市市長選挙の投票日は4/25に迫った。今日一日候補者は声を枯らしての舌戦に挑む。色んなネット記事と反応する読者のコメントを読むと河村さん6,横井さん4の割合で現職が優勢に見える。先だっての中日新聞の記事でも河村優勢が伝えられて、横井支援者からはため息が漏れた。
 名古屋を変える、名古屋が変わる、横井が変わるですか。しかし、横井さんは河村さんが変えた名古屋市政を元の市政に戻そうと画策してきた張本人ですからね。
 市議会をリコールしてまで報酬を800万円に半減したが、1000万円に戻し、更に1455万円まで戻して来たのは横井さんでした。しかも市長になったら544万円にするというのですから、これまでの経緯を知っている有権者から見れば子供だましだと見破られてしまいます。
 横井さんは小学校教員ですから何も知らない子供あいての教育者ですし、大学を出て、職業として教育の現場に立ち、いきなり「先生」と呼ばれてきた。だから自分が如何にも人格的にも優れているとうぬぼれてしまうわけです。それは職業的地位に対する呼称であり、車掌さん、お巡りさんと同じものです。
 教育者だった松原市長の時代には市議報酬、市職員給与が高額になり、日本一になっていた。そこを河村市長が10%カット、市議も50%カット、自らは一期の退職金4220万円辞退、市長給与2800万円を800万円に下げてきたのです。
 先ず隗より始めよ、ですね。

減税とパーキンソンの法則・・・名古屋市長選に思う・・・2021年04月23日

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-19697.html
「 MBAのグロービス経営大学院」のHPからコピー

 パーキンソンの法則とは、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソン(1909-1993)の著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』の中で提唱された法則。当時の英国における行政の組織・運営の分析から生み出されたものであり、以下の2つがよく知られている。



第一法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第二法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する



第一法則は、英国の官僚制における役人の状況を観察し、仕事の有無に関わらず役人の数が一定割合(年率5.17〜6.56%)で増加していることから導き出された。部下を増やしたがる、お互いに仕事を作りあうといった役人の持つ習性により、人数が増えたことによる一人ごとの仕事量の減少が労働時間の減少にはつながらないとしている。



第二法則は、予算財源を常に使いきってしまい、税負担が際限なく増加する英国の国家財政状況の観察から導き出された。この法則は、つまり「人は時間やお金といったあらゆる資源を、あればあるだけ使ってしまう」ことを意味している。



「30分で終わるはずの会議も1時間で設定していると、1時間ぎりぎりまでかかってしまう」、「収入が増えたはずなのにその分支出も増え、お金がまったく貯まらない」などのエピソードは身近な事例としてわかりやすい。パーキンソンの法則は、残業時間の削減や貯蓄に取り組む際の戒めとなるだろう。
以上
・administrationとは管理、運営、経営、統治、行政、施政、管理者側、経営者陣、(大学などの)本部、当局

 経営も行政も元の英語はadministrationです。

 河村氏に期待するのは中小企業を経営して培った経営手腕です。コストダウン、賃金カット、人員削減、下請けに出す、などなど社員に嫌がられる不人気な仕事も経営者には大切なことです。公務員のトップたる市長にもこの経営手腕が発揮されたわけです。市議は大株主から送り込まれた役員にたとえられます。社員は職員です。民営化は下請けに出すこと、つまりアウトソーシングです。
 これらの素質があるのは河村氏だけだったと思います。市議や職員から不評なのは承知の上だったでしょうが、それをやったことで市政はぎくしゃくするデメリットもありますが、民主主義の元では仕方ない。教育畑出身の首長はこれができないのです。
 教育畑出身の首長は、本山市長は敬老パスで人気を得ましたが大盤振る舞いしてしまい、今は、若干の負担金付きになりました。松原市長は円満な人格者だったらしいですが、給与、報酬で大盤振る舞いでした。具体的な体験的な事例があります。仲谷義明愛知県知事は管理教育をウリにしたが、悪弊を残した。名古屋五輪誘致を独断で決めてしまい、失敗すると責任を取る形で首つり自殺された。家族問題で悩んだという説もある。本山、仲谷時代は名古屋高速道路が進展せずに、むき出しの鉄筋の部分が赤さびが出ていました。管理教育と関係がありそうなことですが、西三河で生徒の自殺も相次ぎました。
 野性的ですが打たれ強い河村たかしさんを支持するものです。

春の雨2021年04月17日

 早朝は燃えるゴミを出しに出た。原稿チエックの仕事があるが、午後からの岳連ズーム会議が気になって手につかない。構えているだけだが、新時代の会議は慣れるまでが大変な仕事だ。午後になるとPCの前でソフトをクリックして見る。簡単ではないが2回目の、また全体ではもう4回はやったから直感的に会議に入れた。中身的には大したことがないのだが、それでも顔を出すことに意義があるというのことである。終了後は雨の降りどおしの中を買い物に出かけた。

笠寺観音へ2021年04月16日

 朝8時30分過ぎに自転車にまたがる。ちょっと小雨のようなものがパラつくがまあ良いか。天白川左岸に沿う堤防道路を走り、野並から右岸へ渡る。
 すぐに左折して南へ行ったところでまた笠寺へ登り気味に走ると観音様に着いた。スマホの計算では7.6km。30分ほど走ったら少し汗がにじむがハンカチを忘れた。
 今日は六の市とかで参道には露店が並んでいた。境内の一角で河村市長の演説が始まっていた。まあ公約と政治信条だからもう頭には入っているが、生の迫力は違う。多くのスタッフに囲まれていた。一人の爺様が何やらけんか腰で市長に話しているが、取り合わない。きりがないからだ。
 民主主義はすべての大衆の意見に従うわけではない。尊重はするが自分の信念を理解し支持することを集める手法である。
 演説が終わったら握手してもらった。そしてお参りしてから帰宅した。

確定申告を済ませた2021年04月14日

 朝はひんやりと気持ち良い。昨夜から頑張ってPCに入力してやっと確定申告書をプリントアウトした。実は3月下旬にも大方はできていたが詰めがなく、根気が続かずに期限の15日直前にまで伸ばしてしまった。税務署に申告後は市民税事務所にも回ったが、申告は不要との指導で助かった。
 一昨日は名古屋市長選の期日前投票も済ませて国民の権利義務を行使できて一段落した。
 そう安心したら突然大阪で1000人以上のコロナ感染がありまたもや大騒ぎになっている。愛知県もどうなるやら。数の上では少ないが、油断すると感染拡大を繰り返している。いつになったら終息するやら。

春の長雨または春霖(しゅんりん)2021年04月13日

 自宅の窓から猿投山が良く見える。今日は標高600m付近の頂上にかすかに雲がかかっている。低く垂れ込めた雨雲だろう。
 今日の9時現在の天気図を見ると、朝6時現在で、昨日まで好天をもたらした高気圧が北太平洋上に移動した。南シナ海と日本海の上空に前線が延びているので、天気は雨になった。これは明日の朝まで続く。9時の予想天気図では関東に前線が南北に延びる。東シナ海から西日本には高気圧が張り出しており、西日本は回復するだろう。
 このように当面はくるくる天気が変わりやすい。女心と春の空というのは俗説だと思うが・・・。