『岐阜百秀山』出版!2021年05月06日

 イオンの千種店に丸善が居抜きで入った。中々行く機会もないが、買い物ついでに寄ったら、本書が目に入った。以前から出版の話は聞いていたが、中身を見たのは初見。まずはどんな山を選定したのか。あれだけ山が豊富な県なので良くぞ、100座に絞ったものである。
 東海支部でも東海の100名山を募ったら、たちまち150座になってしまい、200座に増やした。東海・北陸200秀山は共著なので特に基準もなく、集まってしまった。約80名の執筆者がそれぞれの個性で書いたから文体もバラバラになってしまった。
 著者の清水さんは周到に入念に選定し、先達にも査定してもらいながら準備されたらしい。単独の著者なので文章も査読してもらったという。したがって山は違えど統一性は保たれたわけである。
 それで、目次の山名を見ると、未踏は2座だけだった。漆山岳と輝山でともに飛騨の山である。漆山岳は道が無く藪漕ぎで近くまで登って時間切れで断念した。中途でブナの下にいたらいきなり熊が下りてきて谷底へ走り去った。後続に熊だ、と呼び掛けて注意喚起した。以来、単独では怖いし、こんな藪山に付き合う人もいない。輝山はスキー登山用に残してきた山だったが、すでに齢71歳になったので、果たして登れるか。
 というわけで、山ほどあった未踏峰も残り少なくなった。平均寿命まで後10年あるかないか。もう少し岐阜の山には遊ばせてもらうが、それにはもっと網羅的に山座数を増やして欲しいなあ。と著者に会ったら言おう。

山岳古道⑩2021年04月10日

 17時30分から、JACの古道調査事業のZOOMミーティングが始まった。東京本部、全国から関係者が59人に参加して、PTリーダーから説明、質疑応答などインターネットを介して会議をした。たった今、18時45分ごろ終了した。
 全部で200以上の古道が提案された。それから120を選定して記録として残す。2年余りあるがあっという間に過ぎるのでさっそく取り掛かることになる。
 どうしても関西周辺、東海周辺、中部山岳に偏在することになる。中国、四国、九州は少なく、長崎県、佐賀県がゼロ、和歌山県が1つしかないことに懸念が示された。しかし他県の会員でも良いので推薦することはできる。もっと集まると思う。
 調査にはGPSログを残すことが必須という方針が示された。ここが現代的です。アバウトではなく、明細に調べることになる。

楊海栄『逆転の大中国史』~ユーラシアの視点から~を読む2021年04月09日

文春文庫。
著者は、ペンネームは中国名、 大野 旭(日本名)
生誕 オーノス・チョクト(モンゴル名)
 56歳というからまだ若い。

アマゾンの広告から
 中華人民共和国「内モンゴル」で生まれ、北京で文化人類学を学んだ著者は、「漢民族」が世界の中心だという中華文明の価値観に、次第に違和感を覚える。
 日本に留学、梅棹忠夫氏に師事。ユーラシア草原を調査するうち、従来の常識とは全く違う、価値観の逆転した中国史が形成される。
 それは「中国四千年の歴史」という漢民族中心の一気通貫的な歴史観からの逆転である。ユーラシア草原に勃興した様々な民族こそが「中国史」の主役であり、漢人はそのなかのひとつに過ぎない。
 従来、日本人は「遊牧民族たちは、豊かな中華を強奪する野蛮人である」と教えられてきた。
 しかし、現代の中国人がほ文明をひらいた漢民族の子孫であるというのは、実は幻想なのだ、と筆者は説く。
 黄河に文明が花開いていたころ、北の草原にはまったく別個の独立した文明が存在した。北方の遊牧民と黄河の農耕民は対等の存在であり、漢人がシナを支配して「漢帝国」を称していた時代にすら、北方には別の国家が存在していた。漢人の国家が中国全土を支配していたことはなく、つねにいくつかの帝国が東ユーラシアに並立あるいは鼎立していた。その主役はスキタイ、匈奴、鮮卑、ウイグル、チベット、モンゴルといった周辺の遊牧民族である。
 我々が漢民族国家の代表、中国の代名詞と考える「唐」ですら、実は鮮卑の王朝である。いわゆる中華の文化が発展するのは、そうした周辺諸民族出身の王朝が世界に開かれた政策を取っていた時期であり、長城をめぐらし「壁の中に閉じこもる」のが習性の漢人によるものではないのだ。
 現在の中国人は、こうした真実の歴史を覆い隠し、自分たち「漢民族」が世界の支配者であったという幻想にしがみつき、周辺民族を弾圧する。今の中国を解くキーワードは「コンプレックス」だ。正しい中国史を正視しない限り、中国は歴史に復讐されるだろう。

・・・・目からうろこの史観でした。

 とはいえ、日本の国学者の本居宣長は『唐意』(からごころ)で江戸時代に指摘している。長谷川三千子『からごころ』も同じ。岡田英弘『世界史の誕生』も同じだった。

アマゾンから
 岡田英弘は
 なぜ歴史が必要なのか?ヘイドン・ホワイトは「なぜ、国家や社会共同体は、歴史を専門に研究する職人に税金を払うのか?」と疑問を呈した。
 中国(共産党)と韓国(旧両班)は、戦後たなぼた的に得た支配権を正当化するために、日本を悪者にしなければならなかった。政治の最終的勝者が、「歴史」を好き勝手に書く特権によって、「国民国家民族イデオロギー」扇動政治の形態を確立した。
 尖閣諸島の領有権で争っている最中に、中国政府が出した証拠「西太后の勅書」なるものを、著者らが偽作と見破ったことがある。満州語しか書けない西太后が漢文でしかも勅書を出すなど不可能だ、というわけだ。
 また、朝鮮民族文化と呼びうるものが成立するのは、新羅王国が半島南部を統一した7世紀後半以降で、日本の建国と同時期かそれ以降だった、にも関わらず韓国歴史家は、まだ成立していない朝鮮文化が日本文化の源流であり、帰化人(渡来人)=韓国人であるかのような歴史認識を主張している。
 岡田氏は、このような国家間・異文化間の史実認識(解釈)のギャップを憂い、後世覇権者の創作が入り込む余地のない史料文献を、共通認識議論の基礎にするような文献学に拘った。「国家間を越えた真実に到達するにはどうすれば良いのか」。
 これが歴史学における彼の不変の課題となった。一般読者は、古代ミステリーや英雄豪傑の武勇伝、江上波夫の北方騎馬民族征服説や司馬遼太郎の歴史ファンタジーに惹きつけられるが、彼は容赦なく切り捨てた。
 中略
 中国共産党は、「漢民族こそ炎帝と黄帝の子孫」という雅称を正当化させ、1950年以降、漢民族優生意識を植え付ける「民族識別工作」を進めている。
 新疆ウイグル自治区、チベット自治区に対する漢民族同化策や自然消滅政策は、仮想敵であるセム系ヘブライ族に対抗する政策の一環である。セム系ヘブライ族が、古代中国王朝(周、秦、漢)を植民地支配していたことが徐々に明らかになり始め、漢民族の優越性を貶めてしまうという危機感を持った中国共産党は、2016年に秦の始皇帝陵の発掘調査を今後30~50年間禁止すると発表した。
 『日本書紀』は司馬遷『史記』をユダヤ教的に天皇を神格化アレンジした借史であり、その日本古代天皇自身がセム系ヘブライ人、土着倭人は植民奴隷だった。
 「大和:Yamato」とは、ヘブル・アムル語の「ヤハウェの民:Ya-umato」が訛ったもので、ヤハウェとはユダヤ教における唯一絶対の神である。カタカナ、ひらがなは、ヘブル・アムル語をそのままあるいは変形した語で、まさに発音まで類似している。
 満州文字やモンゴル文字もヘブル・アムル語の変形である。高度な土木技術を持つ秦氏が渡来した時期に、大型古墳(天皇陵)が多数建立され内蔵物の調査が急がれるが、2010年宮内庁は、衆議院質問書の回答書で、896の陵墓(古墳)を封印し、一般学者による考古学調査を正式に禁止すると宣言した。
 明治維新時に『日本書紀』から創作した天皇史(単一日本民族の象徴)を守り続けなければならないからだ。宮内庁は、現在も明治維新の時に天皇を御守りすると誓った薩長なりあがり貴族の子孫によって構成されている。

奥三河・岩岳を歩く2021年04月05日

 奥三河有数の展望の良さで知られる岩岳。湯谷からの尾根ルートは10年以上前にガイドブックで紹介された。その後多くの登山者に歩かれ、踏み跡もしっかりしてきた。加えて、地元の有志だろうか、道標が新しく設置された。このルートの良さが認められたのだろう。
今日は再踏査し、かつ広域農道に下るルートを歩いた。
岩岳からは尾根を辿り源流に下る。せせらぎの音を聞きながら歩いた。源流の中程で三差路になり、右は湯谷から駒ヶ原への古い峠道を歩けるように整備したのか。左へはゆるやかな山道で中々に風情がある。桧に混じり、松の大木が残る。下生えの笹の緑が美しい。広域農道の標高770m付近に出た。後は農道を1キロメートル歩けば湯谷の登山口(標高680m)に戻る。尚、広域農道はほぼ走れる。工事中の所は旧林道に迂回する形で駒ヶ原に行ける。

「興亡の世界史」を読んで2021年04月03日

 興亡の世界史のシリーズを読むと少数民族が武力でまとめて帝国をつくり、後継者が世襲で続いているうちは内輪もめはないが、世襲が絶たれると帝国の崩壊が始まると分かる。
 また、異文化の民族を束ねて支配しても、やがて支配する側が異文化に飲み込まれて同化してしまうことがある。一つは飼いならすために譲歩することで支配が緩んでしまうのだろう。
 日本は戦前の一時期、大日本帝国を名乗ったが、敗戦で解体された。今時になって、また多文化共生、多民族共生などが謳われているがどういうことだろうか。
 日本に寄生したいがためのプロパガンダのようにも思える。しかし、歴史は様々なことを教えてくれる。
 勝ったはずのアメリカがなぜ、日本を守るはめになったのか。中国の共産化など先の読めないことが起きたからである。敗戦で丸腰になり、焦土と化した日本の主要都市に再軍備の余力はなかった。アメリカは世界一の強国になったがためにかえって手を焼いたのである。

登高(高(おか)に登る) 杜甫2021年03月26日

『杜甫詩選』(岩波文庫)

風急に天高くして猿嘯哀し
かぜきゅうにてんたかくして えんしょうかなし

渚清く沙白くして鳥飛び廻る
なぎさきよく すなしろくして とりとびめぐる

無辺の落木蕭蕭として下り
むへんのらくぼく しょうしょうとしてくだり

不尽の長江は滾滾として来る
ふじんのちょうこう こんこんとしてきたる

万里 悲秋 常に客と作り
ばんりひしゅう つねにかくとなり

百年 多病 独り台に登る
ひゃくねんたびょう ひとりだいにのぼる

艱難 苦だ恨む 繁霜の鬢
かんなん はなはだうらむ はんそうのびん

潦倒 新たに停む 濁酒の杯
ろうとう あらたにとどむ だくしゅのはい

・・・重陽の節句の詩。中国では、重陽の節句(9月9日)に郊外の丘など高い場所へ、家族や友人たちとピクニックに出掛け酒を飲む風習があった。これを「登高」という。
 俳句にも高きに登るとして取り込まれているが、9/9からは離れた気がする。
   登高の掌上に載せ近江富士 鷹羽狩行
・・・句意が今一不明だが、近江富士の頂上に着いて手をついて逆立ちでもしたんだろうか。或いは別の山に登り、遠望する近江富士を手のひらに載せて景色を楽しんだか。

春望 杜甫2021年03月25日

『杜甫詩選』(岩波文庫)

国破れて山河在り
くにやぶれてさんがあり

城春にして草木深し
じょうはるにしてそうもくふかし

時に感じては花にも涙を濺ぎ
ときにかんじてははなにもなみだをそそぎ

別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
わかれをうらんではとりにもこころをおどろかす

烽火 三月に連なり
ほうかさんがつにつらなり

家書 万金に抵る
かしょ ばんきんにあたる

白頭 掻けば更に短く
はくとうかけばさらにみじかく

渾て簪(かんざし)に勝えざらんと欲す
すべてしんにたえざらんとほっす

・・・超有名な漢詩である。敗戦後に日本に復員する兵士にはとりわけ心に響いたであろう。

望岳(岳を望む) 杜甫2021年03月24日

『杜甫詩選』(岩波文庫)から

岱宗 夫れ如何     
たいそう それいかん

斉魯 青未だ了らず  
せいろ せいいまだおわらず

造花は神秀を鍾め   
ぞうかはしんしゅうをきわめ

陰陽は昏暁を割く   
いんようはこんぎょうをさく

胸を盪して曾雲生じ  
むねをうごかしてそううんしょうじ

眥を決して帰鳥入る  
まなじりをけっしてきちょういる
  
会ず当に絶頂を凌ぎて   
かならずまさにぜっちょうをしのぎて

一たび衆山の小なるを覧るべし  
ひとたびしゅうざんのしょうなるをみるべし

・・・五岳の1つである泰山を遠望して作った詩。いつかはきっと山頂に立って足元の山々の小さく見えるのを眺めるであろう。

※衆山は漢語である。前田普羅の主宰する「辛夷」の雑詠欄の題名は「衆山皆響」とするからには愛読書であっただろう。

山と渓谷2021年4月号発売2021年03月16日

 3月15日発売。3月号のだんごの山特集に続き、4月号も独立峰45座の企画で乗鞍岳と恵那山を執筆したので掲載号を14日に一足先に受領した。いつもながら拙稿がきれいに編集されて眺めるのは楽しみなことである。売れると良いが。

堀端を歩く愉しさ柳の芽2021年03月10日

立木一成句集『渋柿』(自費出版)から
・・・名古屋城の堀端である。名古屋キャッスルホテルの前の堀端には枝垂れ柳が植えてあった。柳の芽吹き時にそこいらを歩くことで春の息吹きも感じている。