初夏や万国旗めく前線伸び 拙作2021年05月13日

東西に伸びた前線は梅雨入りへの序曲
 今日の天気図は太平洋上に東西に前線が伸びた形となった。東海地方の長期予報は明日は晴れるがあさって以降は不順な天気が続く模様である。いよいよ卯の花くたしの季節が来たのだろう。

https://weathernews.jp/s/topics/202005/130185/#:~:text=%E3%80%8C%E5%8D%AF%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%80%8D%E3%81%AE,%E3%81%A5%E3%82%86%EF%BC%89%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
「そして5月半ば頃からの雨は、梅雨の時期が近づいていることを知らせる「卯の花くたし」です。

その後、梅の実の熟す頃に、本格的な「梅雨」がやってきます。

これらの言葉は同じような天気現象を表現したものです。
しかし、昔の人たちはその時期に見られる植物を暦代わりに利用して、季節を敏感に感じ取ってきたのです。
まさに日本人特有の感性と生活の知恵であるといえるかもしれません。

家で過ごす事が多い今、ゆっくりと窓の外を見ながら、季節を感じてみるのはいかがでしょうか。」

・・・明日か明後日にも軽登山に行こう。

笊ヶ岳で行方不明の登山者が遺体で発見2021年05月12日

 早川町の老平を起点に笊ヶ岳を周回登山を試みた41歳の登山者が山頂から4km離れたところで遺体で発見された。多分ヒソダイラ辺りか。ここで力尽きた気がする。ヤマレコには13時間で周回した記録がある。かなりの無理すじだと思う。この時期はまだ雪もあるので高いところでは水を作ることができる。風当たりの少ないところでビバークというのが無難である。なぜこんな無理をするのか、多分日本300名山の達成を目指していたのだろう。或いはSNSを見て自分もやるぞと模倣したのかも知れない。目標を持つのは良いことだが実力以上の計画に陥りやすい。名山はゆっくり登れば良いのではないか。如何に早く周回する時間を競うのではなく、むしろ山での滞在時間を長くする工夫が欲しい。山中滞在というような本を書くつもりで自然に接したいものである。

野伏ヶ岳の捜索は?2021年05月09日

 早朝5時30分に名古屋を出発。石徹白へは8時30分に着いた。高速道路のおかげで早いものである。石徹白は何年振りかで訪れる。アルペンスキー場はウイングヒルズ白鳥リゾートスキー場に名を変えてやっている。石徹白スキー場は閉鎖し、白山スキー場はスノーウェーブパーク白鳥高原スキー場に名が変わった。
 以前との違いは別荘がとても増えたことである。以前に来た際に石徹白川右岸に別荘が並んでいて驚いたものだった。こんな豪雪地帯なので利用できるのは6カ月くらいだろう。
 白山中居神社に着いてみたが、Pには車2台あるのみ。対岸に渡ると品川ナンバーが1台置いてあった。これが行方不明者のマイカーだろうか。他には誰もいない。時折、釣り人らしいのが通りかかる。捜索本部があり、多数の捜索隊をイメージしていたが、これではどうしようもない。
 中居神社の社務所の人に聞くと5/5に一度ヘリコプターは飛んだがすぐに解散してしてしまったらしい。今は山頂への尾根も藪が出ているので、山菜とりと同じで捜索隊の二次遭難を考慮したとも言われた。どこで聞いても同じだと、自信ありげにいう。これではモチベーションが一気にしぼんだ。
 北陸へのドライブに切り替えた。中在所まで戻ると、鮎川信夫への詩碑への案内板があったので見に行った。

     山を想う          鮎川信夫

 帰るところはそこしかない
 自然の風景の始めであり終りである
 ふるさとの山
 父がうまれた村は山中にあり
 母がうまれた町は山にかこまれていて
 峰から昇り尾根に沈む日月

 おーいと呼べば
 精霊の澄んだ答えが返ってくる
 その谺のとどく範囲の明け暮れ
 在りのままに生き
 東洋哲人風の生活が
 現代でも可能であるのかどうか

 時には朝早く釣竿を持ち
 清流をさかのぼって幽谷に魚影を追い
 動かない山懐につつまれて
 残りすくない瞑想の命を楽しむ
 いつかきみが帰るところは
 そこにしかない

 石徹白は父親の出生地らしい。
http://itoshiro.net/map/map0310.html

 詩碑に佇んでいると、ぽつりと冷たいものが降ってきた。今日は雨になるのか。長良川流域では晴れていたが、日本分水嶺を越えると日本海側の気候になり、じめじめと湿った雨が降り、悪いのである。

遭難に不思議の遭難なし2021年05月07日

 今年のGWも多数の死者を出す山岳遭難が発生して終えた。中には行く不明のままで捜索を打ち切られた登山者もいる。
 中でも珍奇なのは九州の甑島の離島のナポレオン岩に取り付いたクライマーの救出劇があって驚かされた。クライマーはこんな珍奇な岩場を好んで探してはあちこちで騒動を起こしてきた。
1白山山麓の天然記念物の岩にピンを打ち込んだ
2東濃の天然記念物の岩にピンを打ち込んだ
3愛知県の岩場周辺でも屎尿の問題でトラブルがある
4熊野の那智の滝を登攀したクライマーがいた
5その他
 遭難事故はクライマーだけではないが何かと目立つのはなぜだろう。珍奇で、テレビ的な派手さがあり、ニュース性が高いのだろう。
 槍ヶ岳では3名が遭難死したが、登山を始めて1年目というから驚かされる。登攀技術だけなら街の人工クライミングゲレンデで修練はできるだろう。しかし、厳冬期と同様の気象条件で槍ヶ岳に挑戦するのは経験不足という他ない。しかもネットで気楽に組まれたパーティと聞くと如何にも今日的である。
 また相変わらず、登山届を出していない登山者が多く遭難した。出しても確実に救助される保証はないが、初動捜索に寄与することは間違いないだろう。
 石徹白の野伏ヶ岳の行方不明者も発見されることを期待してニュースに当たったが何も手掛かりはなかったまま、今日も終わる。

GPSと同行二人2021年05月04日

 http://www.maenaem.com/henro/bas.htm

 お遍路をはじめると、様々のところで目にするのが、この「同行二人」。「同行二人」とはお遍路がお大師さまと二人ずれという意味です。遍路では一人で歩いていても常に弘法大師がそばにいて、その守りを受けているとされています。そして、遍路で使われる杖には弘法大師が宿ると言われています。
以上

・・・昨日はヤマップの検証登山でしたが、四国遍路で使われる同行二人を思った。一人で歩いていても、弘法大師様といつも一緒という思想である。
 登山においては道迷いの遭難が一番多い。地形図をよく見ていない、世空言を考えていて、道を間違ったりする。山の中で慌てても危ないことが多い。滑落や転落も間違った結果の複合遭難化も知れない。
 間違った、怪しい、どっちかな、等の疑義を思えば、GPSを使えば自分がどう歩いて来たかをチエックできる。間違っていると判断したら引き返すことが可能である。現在地確認にGPSほど便利なものはない。但し、電池が要るので地形図の基本的な読み方の上に立っての道具である。

丸の内事務所整理2021年05月02日

 本州に二つの低気圧がまたがっているため、名古屋でも晴天ではあるが、寒く風が強かった。

 溜まった新聞紙、雑誌、書類などを整理。プラごみ、燃えるゴミも処分した。石油ストーブは灯油を抜いて収納。とりあえず雑務を片付ける。

遠足や守らせたまへ我が国を 拙作2021年04月30日

 4月29日の昭和の日には三ヶ根山の殉国七士廟に関係する話題が多々あった。山田氏のブログにあるように、今は名誉回復されて戦犯は居ない。そして昭和天皇もすぐ近くの宿舎まで来られて、殉国七士廟に向かって拝礼されたという。間違いだらけの東京裁判で犠牲になった人々への弔いであった。「裁判官全員が戦勝国の人々で構成された事や、米軍が行った原爆投下などの民間人への虐殺行為は全く罪に問われていない事、起訴状における「平和に対する罪」が第二次世界大戦当時は存在しなかった事」など、戦勝国側の事後法で処刑されたのである。
 純粋にハイキングで登ったり、ガイドブックの取材などで何度も登りにきた親しい山である。もちろん、殉国七士廟も訪ねた。その周辺には秋であればアサギマダラの群舞が見られて感動した。東南アジアへの旅立ちの準備でここに立ちよるのであろう。春は花も咲く。”遠足や守らせたまへ我が国を”と詠んだ。

変わる祝日・天皇誕生日2021年04月29日

 今日は朝から雨です。昨日の洗濯物が風に揺れているのでベランダから取込みました。窓からいつも眺める猿投山も今日は低い雲の中にお隠れです。

 今日は「昭和の日」です。ちょっと振り返ると、平成19(2007)年から新たに設けられた祝日です。
 以前は、みどりの日は昭和64、平成元(1989)年から平成18(2006)年まででしたが、5月4日移動しました。天皇誕生日昭和24(1949)年から昭和63(1988)年まで。天長節は昭和2(1927)年から昭和23(1948)年まで。1948年に国民の祝日に関する法律が制定、施行が7月20日になったので、翌年の昭和24年4月29日からになったわけです。
 そして、昭和天皇崩御後、天皇誕生日は上皇陛下の12月23日に変更された。平成元年12月23日から平成30年までは12月23日になった。平成から令和の御代替わりで、平成31,令和元(2019)年は天皇誕生日が無い。以降は平日になる。
 昭和の日の制定には昭和天皇を偲ぶ雰囲気があると思う。

特別展「壬申の乱」を見学・・・岐阜市歴史博物館2021年04月28日

 壬申の乱は、天武天皇元年(672)に天智天皇(626~672)の皇子・大友皇子(648~672)に対し、天智の弟で大友の叔父にあたる大海人皇子(?~686)が兵を挙げた、日本の古代史上最大の戦乱と言われています。
 美濃国を拠点とし、この戦いに勝利した大海人皇子は天武天皇となり、律令制度の整備や中央集権化を推し進めました。
 本展では、考古・歴史資料などから壬申の乱の経緯をたどるとともに、天武天皇のもとで戦った美濃国の豪族たちや、律令制度が整備されていく中での美濃国の様子にも迫ります。

ビデオを視聴
壬申の乱と東海地域
講師/元岐阜大学教授 早川万年さん
開催日時/4月24日(土)14:00~15:30

・・・というわけで、小雨の中午前中は地道を走ったのですが、意外に車が多くて難儀した。
 歴史は文物で過去を知るものとばかり思っていた頭には割れた皿などの展示品は意外にも発掘物が多くとまどいました。まるで古代遺跡の展示かと思った。
 ざっと見た感想では、女性が天皇の地位にあることはその時代は決して幸福な平和な時代ではないな、と思った。本郷和人『乱と変の日本史』によると、乱は戦争に次いで大きな闘いであり、国全体を揺るがすような大きな闘いを「乱」とし、影響が限定的で規模の小さな戦いを「変」と定義づけています。ただ本郷さんは中世に絞ったので壬申の乱は取り上げていません。
 地政学的な観点では岐阜県美濃の木曽川右岸が歴史の舞台になったのは、古代の伊勢湾の俯瞰図が証明しています。清須市と一宮市は島であり、後は海の底だった。木曽川は犬山辺りからは伊勢湾に流れ込むイメージでした。各務原アルプスの固い地層で木曽川の流れが南へ誘導されて、岐阜で長良川を合わせ、今の大垣市以南は揖斐川と長良木曽の氾濫で成立した沖積平野と思う。当然、古代の都市成立も木曽川右岸が中心になったわけである。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし・・・名古屋市長選に思う2021年04月27日

https://www.compass-point.jp/kakugen/4473/#:~:text=%E8%82%A5%E5%89%8D%E5%9B%BD%E7%AC%AC%EF%BC%99%E4%BB%A3,%E4%B8%AD%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%AF%80%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

 肥前国第9代平戸藩主、松浦清の言葉。正確に言えば、47歳で家督を息子に譲った後、松浦静山の名で執筆した随筆集『甲子夜話』の中の一節である。

 東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督、野村克也氏の座右の銘として話題になった。

 勝負は時の運とはいうものの、ひとつだけはっきり言えることがある。

 偶然に勝つことはあっても、偶然に負けることはない。

 失敗の裏には、必ず落ち度があるはずなのだ。

 「たまたま運がよかった」というのも、もしかすると、運を味方につけるような努力をしていたのかもしれないし、知らないうちに徳を積んでいたのかもしれない。

 だとしたら、運の善し悪しを決めるのは、日々の過ごし方の如何によるのだろう。
 勝った負けたで一喜一憂する必要はない。

 そこから何を学びとるのかが問題なのだ。

 何をもって成功というのか失敗というのかは、人それぞれ。

 ただし、二度と同じ目には遭いたくないと思うことがあるなら、それは失敗に学ぶべきではないか。

 ちょっとした手抜きが勝敗を分ける。

 先手をうった準備と努力をしていれば、危機を察知する直感力は冴えてくる。(170921 第356回)
以上
・・・今回の横井さん側の戦略は追い詰められていた。昨年末まで市長候補を探していた。打診してもみな断られていたらしい。3月になって切羽詰まって、横井さんが男になったのである。強敵・河村たかしに体当たりする覚悟で、まずは自民党を出た。無所属になって、野合を画策したら日本共産党まで相乗りしてきた。そして、市議も辞職し背水の陣で戦いを挑んでいった。
 獲得した票は48000票差だった。南区をのぞく各区で負けた。知名度不足という。それは覚悟の上だっただろう。
 相手の河村さんは大村知事リコールの不正署名偽造で叩かれている。逆風の吹くこの時とばかりに攻めたが、河村側の辛勝に終わった。
 シンボルカラーは真っ赤、そこへ共産党が加勢したから保守の横井さんまで真っ赤に染まってしまった。舌鋒鋭く河村市政の批判はすれども浸透はしなかった。山は動かなかったのである。
 横井さんが市議報酬の上げ下げの攻防の当事者でもあった。横井市長になったらたちまち市議報酬は1600万円にもどるだろうと有権者が考えたのも無理はない。
 河村さんはもともと自民党市議に多い横井さんのような政治家家業を排斥することを以て庶民革命というから、理に適う。