豊橋市の連絡会に出席2023年06月12日

 歴研の支部の連絡会が豊橋市の市民会館で行われた。リアルな会合は3年ぶりのことになる。今後の方向、会費納付、7/15の本会、研究輯録10号発刊、新人は5名入会されてうち3名が出席、全員が自己紹介で締めくくった。
 会議は10時に間に合うように名古屋の自宅を午前7時50分に出発。天白区内も交通量が多く、名古屋ICは混雑することから県道57号、R153,県道520を経て三好ICから東名高速に入った。渋滞気味で時間がかかった。高速道路も豊田ICまではR23並みに交通量が多い。
 音羽蒲郡ICで出てR1へ。R1は意外にも空いていたので豊橋市入りは早かった。10分前に到着。1時間くらい早めについて喫茶店で休みたかったがギリギリである。
 会合が終わった後は、豊橋駅前の山の店のモンタニアに寄る。昭和50年代には松葉公園の前の小さな店だった。ニッカ―ボッカとかキスリングを買った覚えがある。何と47年前だ。今は3階建てで店舗は1Fと2Fで営業中。登山ブームで大きく発展したのだろう。
 次は精文館書店の郷土本コーナーに寄る。特に食指の動く本は無かった。昼食時間になったので近くのパスタやで腹を満たす。
 相変わらず雨が降るので旧作手村の長の山湿原に向かう。R301沿いにあるのでそのまま豊田市経由でR153に合流して帰名できた。