つるむらさきのお浸し2024年03月29日

 昨夜、半値で買ったつるむらさきのおひたしを作って食べた。まずは鍋でお湯を沸かし、つるむらさきを茹でる。軽く火が通ったら笊に挙げて2㎝程度に切る。小皿に盛って胡麻油をひと回しする。花かつをかけて汁の素で和える。
 文字通りつるっとして口触りが良い。だし汁とゴマ油の風味も相性がいいので一品として日本酒の当てにもなりそうだ。

 ネットから拾った効能は

・ツルムラサキには、ビタミンA・C・E、葉酸などのビタミンや、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル、さらにβ-カロテンなどが豊富に含まれています。

・つるむらさきは体の熱やや血の熱を取り除く作用もあります。 熱による炎症全般、化膿性の皮膚病、血熱による出血などの改善に役立ちます。

・つるむらさきには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が含まれています。 食物繊維は、腸の粘膜を守り、腸内環境を整える働きがあります。 腸内環境を整えることで、肌荒れや便秘の改善につながります。

以上のように大変優れた野菜だと知りました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック