急がば高速道路の愚2024年03月12日

 朝7時半から8時半の朝食会の予定だったが、目覚まし時計のアラームを設定し忘れた。起きたのは7時20分。さて、キャンセルするか。しかし、まあギリギリでも間に合えば良いか、と考えて7時半に出発した。朝の渋滞に約40分の所用時間がかかる。
 吹上IC付近からで思い付きで、少しでも早く行こうと名古屋高速に入って見たら東別院ICの手前から大渋滞だった。多くの利用者が9時の出社時間に間に合うように高速を利用しているから車が集中する時間帯だった。後で知ったが終いである。
 結果的に、遠回りになった。8時半ギリギリにホテルの地下駐車場に入った。聞きたかった講話はもう終わり掛けていた。終わった後、朝食をいただいた。高速料金を上乗せすると高い朝食代についたわけである。
 急がば高速道路は真逆の判断になってしまった。或いは時は金也という言葉もシステム社会では愚である。インターネットでシステム化されると利用者が集中してかえってコストが高くついている。時間もかかる。時々システムの破綻もある。
 急がば、早寝早起きを見直すべし。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック