門前もアジア人めく残暑かな 拙作2023年08月25日

 23日の夜は久々に山岳会で納涼会みたいな飲み会を開催した。場所は大須の一角にある中華料理のお店である。懐かしい歌声が聞こえてくる。多分台湾の歌手であるが名前が思い出せない。ああ、テレサテン。
 それはそうと大須商店街では俳句を募っている。一人2句までで10月末締切。選者は夏井いつき先生である。
 会合の前に30分ほど時間があったので大須観音を一周してきた。ここは天井の高いアーケード街なので炎熱が降り注ぐことはない。しかし冷房もないからやっぱり暑い。汗を拭き拭き歩いた。
 気が付いたのは大須観音だけではなく、お稲荷さんもあった。他にも小さな社はある。お稲荷さんにはなぜかアジア人親子の旅行者が集まっていた。正月でもないのに参詣するとは日本人ではないと思って耳をそばだてていると中国語らしい会話が聞こえた。大須観音でも10名くらいのアジア系外国人の旅行者がいた。
 写真の通りには李さんの店という台湾人の店もあるし韓国人の店もある。中々にエスニックな風景があった。