長野立てこもり容疑者「悪口言われたと思い殺した」2023年05月26日

 また殺人立てこもり事件が起きた。NHKから
「25日午後4時半ごろ中野市江部で、男が女性2人をナイフで刺したうえ通報を受けて駆けつけた警察官2人を猟銃で撃って近くの住宅に立てこもりました。

この事件で現場近くに住む村上幸枝さん(66)と、竹内靖子さん(70)それに、中野警察署の玉井良樹警部補(46)と池内卓夫巡査部長(61)の4人が死亡しました。

立てこもったのは中野市議会議長の長男で農業を営む青木政憲容疑者(31)で警察は事件から半日がたった、26日午前4時半すぎに身柄を確保し、池内巡査部長に対する殺人の疑いで逮捕しました。

警察によりますと調べに対し「殺しました。撃ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

また、その後の調べで、動機について「被害者の女性に悪口を言われたと思って殺した。射殺されると思ったので駆けつけた警察官も殺した」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

警察はさらに詳しく事情を聞いて事件にいたるいきさつを調べることにしています。

容疑者とは
殺人の疑いで逮捕された青木政憲容疑者は農業で、長野県中野市内で農園を経営しています。父親と一緒に果樹農家をしていたと聞いている住民もいます。

父親は青木正道中野市議会議長で、父と母、それにおばと4人で暮らしていました。警察によりますと、平成27年以降散弾銃や空気銃など4丁の猟銃を所持する許可を得ていたということです。

また、現場近くに住む男性によりますと、5年ほど前、青木容疑者が猟銃の免許を取ったとして警察官からどのような人か聞かれたことがあり、その際男性は「普通の人だ」と答えた記憶があるということです。」
「容疑者の父親が議員辞職
逮捕された青木政憲容疑者の父親で中野市議会議長の青木正道議員が26日議員辞職を願い出て、許可されました。

議会事務局によりますと、理由については「一身上の都合」だということです。
【事件の概要】
25日午後4時半ごろ、中野市江部で、「男が女性を刺した」と110番通報があり、警察が現場に駆けつけたところ青木容疑者が警察官に猟銃のようなものを発砲し、自宅に立てこもりました。

この事件で現場近くに住み刃物で刺された村上幸枝さん(66)と、竹内靖子さん(70)、それに猟銃のようなもので撃たれた中野警察署の玉井良樹警部補(46)と、池内卓夫巡査部長(61)の4人が死亡しました。

容疑者が立てこもった自宅には当時、57歳の母親と60歳のおばがいましたが、いずれも25日夜から未明にかけて逃げ出し、警察に保護されました。

その後も1人で立てこもり続けましたが、事件から半日がたった午前4時37分、説得に応じて外に出てきたところを確保されました。

警察は亡くなった4人のうち池内巡査部長の胸を猟銃のようなもので撃って殺害したとして、殺人の疑いで逮捕しました。

警察によりますと取り乱す様子などはなく調べに対し「殺しました。撃ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

長野県警察本部は捜査本部を設置して事件のいきさつや動機について詳しく調べることにしています。」

・・・・警察官にためらいなく銃口を向けて殺害するから凶悪犯である。多分暴力団員と思ったが捕えて見れば31歳の若者でかつ中野市の青木正道市議長の息子だった。