悠々とユーラシアの夢九山忌 拙作2021年03月21日

 九山は深田久弥の俳号。

雑学ねた帳には「昭和時代の小説家・登山家である深田久弥(ふかだ きゅうや)の1971年(昭和46年)の忌日。

「九山忌(きゅうざんき)」の名称は、山をこよなく愛した深田の俳号「九山」に由来する。
 深田久弥について
1903年(明治36年)3月11日、石川県江沼郡大聖寺町(現:加賀市)に長男として生まれる。東京帝国大学文学部哲学科を中退。

在学中は改造社に勤務し、1930年(昭和5年)に『オロッコの娘』などの小説を発表。これらの作品が好評を得て、同年に大学を中退して作家生活に入る。その一方で各地の山を登山する。

1933年(昭和8年)に小林秀雄らと「文学界」を創刊。1935年(昭和10年)に日本山岳会に入会。小説『鎌倉夫人』(1937年)、『知と愛』『贋修道院』(1939年)、『親友』(1943年)などを刊行。

1944年(昭和19年)に応召し、中国各地を転戦。復員後は越後湯沢、金沢などを転々とし、のち東京に転居。山岳随筆やヒマラヤ研究に力を注ぐ。1965年(昭和39年)に『日本百名山』で第16回読売文学賞(評論・伝記賞)を受賞。

1968年(昭和43年)に日本山岳会副会長に就任。1971年(昭和46年)、登山中の茅ヶ岳(山梨県)頂上近くにて、脳卒中で急逝。68歳。その場所には「深田久弥先生終焉の地」と表記された石碑が建てられている。
著書には随筆紀行集『山岳展望』(1937年)、『山頂山麓』(1942年)、『わが山々』(1948年)、ヒマラヤ紀行文『ヒマラヤ 山と人』(1956年)、『雲の上の道 わがヒマラヤ紀行』(1959年)、『ヒマラヤの高峰』(全5巻と別巻 1964~1966年)など。没後に『山の文学全集』(全12巻 1974~1975年)、『九山句集』(1978年)などが刊行された。」

と解説があった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック