鉢盛山は朝餉まつ山 鉢伏は 夕めし終えて月をまつ山 太田水穂2020年08月10日

<iframe frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0" width="500" height="400" src="http://maps.gsi.go.jp/?hc=hic#11/36.124287/137.951889/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1"></iframe>
ブログ「犀川を溯る」から
 「あなたの手紙、いつもいつもなぜあゝ云うよい筆が早速にまわるだろうと感服にたえません。それは花のかんばしい野を清い水がさらさらと流れるようで す」
 これは、女学校で国語を教えていた青年教師が卒業したばかりの教え子に送った手紙の一節です。教え子は奥安曇野の南小谷に住む渋谷貞子。青年教師は、太 田貞一、歌人の太田水穂。いまから百年も前、明治三十九(一九〇六)年のことです。
 太田は当時、松本高等女学校、いまの蟻ケ崎高校の教師でした。
 貞子の文学的才能を高く評価していた太田は、文学仲間の吉江孤雁に彼女を紹介し、翌四十年、二人の結婚式で媒酌人をつとめました。
 貞子に吉江を紹介した手紙があります。
 「その人は丈は五尺五寸ぐらい、身体は肥えている方で、頬も豊かな目の丸い、笑うと愛嬌豊かな姿、小さい時から美少年と云われました。…只今は早稲田へ 教師に出る傍ら、独歩社という文学の社を立てて出版著述をしています…」
 当時、太田は吉江と文芸雑誌「山比古」の同人同士であり、上京するごとに吉江宅に泊まっていました。
 吉江と同宿していたのが、やはり同人だった松本郊外の和田出身の窪田空穂でした。
 太田は和田小学校長をしていた頃、「この花会」を創り短歌刷新運動をしていました。窪田はその頃からの文学仲間でした。
 吉江と貞子の結婚した明治四十年、太田はやはり松本高女での教え子だった亀井藤野と窪田との媒酌人も務めたのでした。
 また彼自身も、その二年後、「この花会」で知り合った有賀みつ(四賀光子)と結婚し上京、大正四(一九一五)年「潮音」を創刊し、中央歌壇で妻と共に活 躍します。


 吉江や窪田にとっても活躍の時代が訪れます。
 吉江は母校・早稲田大学に初めて仏文科を創設、教え子から西条八十、日夏耿之介、井伏鱒二、広津和郎、宇野浩二など錚々たる人物を輩出させます。
 窪田は早稲田大学の教授を務める傍ら、「槻の木」を発刊、「国民文学」派の歌人として著名になります。
 中央で活躍する彼らの脳裏からいつも離れなかったのが、自分たちを育ててくれた故郷の自然でした。
 鉢盛山は朝餉まつ山 鉢伏は 夕めし終えて月をまつ山 水穂
 塩尻の原新田(塩尻短歌館のある場所)に生まれ育った太田水穂にとって、東と西に望む二つの「鉢」の山は忘れられない山でした。
 湧きいづる泉の水の盛りあがり くづれるとすれや なほ盛り上がる 空穂
 窪田が和田から松本の高等小学校まで片道八キロかけて登下校したときを思い出して詠んだ歌です。当時、お母さんが握ってくれた三つのおにぎりの二つは昼 食に食べ、残りの一つは帰りの島立の湧水のほとりで食べた記憶を蘇らせたものです。
 いまは、わさび畑がたった一枚残るほどに減ってしまった奈良井川扇状地の湧水も、明治の頃はこんなにも水量が豊かだったのでしょうか。


 吉江の妻・貞子は、窪田の「槻の木」短歌結社に所属し短歌を詠んできましたが、昭和十五(一九四〇)年に夫を亡くし、四十六年に八十四歳でこの世を去り ました。
 
 きのふまで鳴きける百舌鳥を思ひつゝ 夕さりて夫と野路を歩む
さだ子
 
 師・太田が嫁ぐ前に送った手紙のような、夫を支えての生涯でした。
 「君の性格は、余の見るところでは、このような人に配偶されて最もその光輝を発揮するように思われるのです。…夫の事業に同情を存し、夫の事業をよく理 解して、夫と共に苦楽相い合する生活を趣味ある土台の上に立てるように」

(地域史研究家=安曇野市)
隔週日曜日掲載
以上
・・・今日は山の日の祝日なので山を詠んだ歌人の歌を掲げました。

水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る 金子兜太2020年08月11日

ブログ「金子兜太アーカイブ Tuta Kaneko Archive」から
ソース:https://kanekotota.blogspot.com/2015/06/blog-post_24.html

「池田 
この墓碑は、何で作ったんですか。

金子 
石、石。もちろん石。かなり大きい石。

池田 
あ、棒じゃないんですか。

金子 
棒じゃないです。棒の墓碑ももちろん二、三本立ってますよ、すでに。最後に石にしたんですね。これもエピソードがありましてね、カナカ族の酋長に土地を借りないかんわけ。置く場所を借りる。カナカ族は酋長が居ますから、各島にね。ところが酋長が未だに土地を貸してくれないと、これはトラック島を訪問した人の話です。日本の軍隊に対する憎しみを持ってるわけだ。けっこう最後は彼らの食料を取り上げたり、女性に対してもひどいことをしてますからね、だから怒ってるんだ。今でもこの墓碑は寝てるっていう話があります。これは行ってきた大から最近、最近っていっても数年前ですが聞きました。実際は「置きて去る」つて、立ってるというわけじゃないんだけど、でもまあ、貴女の言うとおり、木の墓標と合わせて、それも含めて何本も何本もあるから。

池田 
それが海の方から見える。実際に見えるわけではないでしょうけど心に見える。

金子 
見えるという思い。実際は見えない。遥かに遠ざかったからね、夕方でしたからね、見えない。見えるという思い。だからカナカ族のほうで土地を貸してくれないなんて問題は、この句にとってはどうでもいいんです。私の中で映像としていつまでも消えない。今でも消えないと言っていいでしょうね。これが戦後俳句の私の出発ですから。」

・・・・引揚船の上で、目に見えるのは船尾から白く泡立つ水脈だけしかない。はるかに島を思いながら心象風景を句にしたんですね。生涯是反戦詩人に終わった。

 年譜には「1944 昭和19年 25歳 3月、主計中尉に任官。3月初め、トラック島夏島(現、デュブロン)第4海軍施設部に赴任。」とあった。

 大先輩のMさん(1913~2009、国鉄労働者、非合法時代の日本共産党員、エスペラント語の大家、JAC会員)もニューギニア戦線へ送り込まれて九死に一生を得た。ほとんどの同僚は現地で戦死した中を生還した。Mさんは96歳で死んだ。
 ジャングルの中を病気と飢餓に耐えて彷徨った人は押しなべて長命を得た点でも共通している。俳人の金子兜太(1919~2018)は99歳、俳優の池部亮(1918~2010)もインドネシア北東部のハルマヘラ島へ配属されてジャングルを彷徨った。92歳で没した。ジャングルの中に戦友を置いて日本へ生還した元兵隊には言葉もないであろう。

 先日、スマホの小さなモニターで映画「ビルマの竪琴」を鑑賞したが、引揚船の場面の映像にふと反応したのが表記の俳句であった。戦争でおびただしい数の日本兵の死を弔うために僧侶となってビルマに残る日本人の物語である。
 戦争が終わって日本に帰国できる喜びよりも現地に残したままの墓碑の守りが気になる。金子には贖罪感も多々あったことだろう。

山岳会ブログに異変2020年08月12日

  東海白樺山岳会ブログ
http://tss1962.blog.fc2.com/

 以上は山岳会や山岳遭難、その他の情報をアップしてきたブログである。最近は山岳遭難が多発しているので注意喚起の目的で集計を取り始めた。第一段階は山岳四団体から外出禁止の流れから登山自粛が始まった4月下旬から解除された6月上旬までと、越県での登山も解除された6月下旬以降の2回に分けて特集する形にした。

 第一回の集計からは「70歳以上の登山者はフレイルが原因の遭難に気をつけよう」と呼びかけた。
http://tss1962.blog.fc2.com/blog-entry-1234.html

 第二回目はまだ集計中であるがあっという間に40件を超えた。7月末まで15件、8月以降は現在37件になった。合計42件になった。凄い増え方である。2回目のデータからはまだ「これだ」という特色までは見えてこないがテーマは
「増え始めた山岳遭難~データをして語らしめる
http://tss1962.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html

 8/9の段階で一応まとめてみたのは以下に書いた。
①発生件数   男性17件   女性9件
②死亡件数   男性6件    女性6件  合計12名
③1週間以上経過後続報なしは(生還か、報道のみがないのか不明)   男性のみ2件
・・・過去鈴鹿の釈迦が岳でも朝明渓谷の奥にクルマが放置されていたため、騒がれて名古屋市中村区の60歳代男性の遭難と判明しました。捜索されたが不明。3年後、滋賀県側の滝つぼで白骨死体で発見。家族、友人のきずなが薄れると捜索はほぼ警察、消防のみ1週間程度で終わります。遭難すると何とか見つけて欲しいという家族の悲痛な叫びがボランティアを呼び執念で発見につながったことがありました。家族がいるかどうかではなく、社会的に孤立を招かない生き方が大切と考えます。
④複数パーティなのに登山中別行動の遭難が2件あり、1件は死亡、1件は捜索中
・・・登山中はパーティを割るな、というのは登山者の掟です。後続が遅れていても分岐では待機し合流します。パーティから分かれて自分は下山はこっちへ行くという別行動は事故の元です。
⑤70歳以上は10名、内5名死亡(女性3名)あり、5月の集計データと比べて年齢層の分散化がある。10歳代2件(高校ワンゲル部は1件でカウント)、20歳代3件、30歳代1件、40歳代1件、50歳代6件、60歳代3件、年齢不明1件。
・・・相変わらず70歳代が多いのはステイホームで体力と筋力が減退したことと思います。目標どおりではなく、行けるところで撤退もあるように柔軟に実施したい。
⑥行方不明は12件(男性8件、女性4件)あり。滑落は8件(男性4件、女性4件)あり。
・・・70歳以上になって、話し相手がないと認知症が進むことが知られています。比婆山の行方不明事故を見ても男性の不可解な行動が見られます。家族や主催者も騒がないのだろうか。警察はそこまで分析する訳ではないので他山の石として学ぶことになる。
⑦沢登りの事故でも増水中なのに入渓して流され2名死亡した。渡渉の技術の不足と判断力不足である。
・・・沢登りは総合力が試されます。RF,登攀技術、確保技術、ビバーク、渡渉技術など。かつてのJAC広島支部の3名の溺死事故は増水した川での渡渉の失敗でした。登山の経験年数が長くても、若くても技術体力があっても判断を間違えば事故になります。
 しかし、8/9以後も続々増え続けているので数字は暫定的ということになる。

 今日は某新聞社から取材を受けた。以上に整理したことを縷々述べておいた。 
 東海白樺山岳会ブログの1日のアクセスカウントが500件を越えた。かつてないことである。コロナ禍の中の遭難に対して読者の関心が非常に高まっていると思う。山岳遭難の多発が異変なのである。ではどうすれば良いのか。コロナウイルスの感染を抑制しなければ収束はしない。そんな環境下での登山の楽しみ方も考えて取り組む必要はある。とはいえ、記者に話したことは登山の基本であった。

1 登山届けを出す。登山計画書を作る段階で山の概念が頭に入る。
2 コロナ禍以前は何でもなくこなしていた山ではあるが、3ヶ月ものホームステイの結果失われたものは何か。体力、特に筋力、関節の柔軟性、登山技術の基本、装備、同行者とのコミュニケーションなど多々ある。
3 低山ほど枝道が多く、道迷いになりやすい。道迷いを防止するにはコンパスと地形図による現在位置のチエックが欠かせない。
 ガイドブックで紹介された低山でも登山者から忘れられた山は藪が刈り払われても5年ほどで藪の繁茂する登山道になり、下山で迷い易い。登る際はすでに付けた赤布が目につく範囲で次ぎの赤布を付けて歩き、下る時はそれを外しながら歩く。
4 スマホのヤマップアプリが人気を集めている。最近ではココヘリを組み合わせて利用すると、万一の事故でもヘリコプターの救助捜索のサービスまで登場している。ただし有料であり、スマホのGPS機能は常時現在位置を探すため電波の消耗が早いといわれる。従って利用するには予備バッテリーとスマホをつなぐケーブルも必須である。
 登山口がインターネットにつながらない場所でスタートしようとしても利用できないのでつながる場所で、アプリを一旦起動し、地形図をダウンロードするなどの準備だけしておき、登山口で現在位置を示すマークを押すとスタートできる。
5 低山の道迷いでは、ビバークの心得もしておきたい。マッチ、ライターをポリ袋で防水処置をしてザックに収納。
 タネ火になるのは古新聞紙、ローソクを折れないようにトイレットペーパーの芯に入れてポリ袋で防水、牛乳パック(高級パルプなので)の空き箱、宴会で使う着火剤(ホームセンターや百金で売っている)、低山帯なら山野に落ちている杉、桧、などの枯れ木、流木、落ち葉、亜高山帯なら白樺、岳樺の樹皮がよく燃える。
6 一般の行動食のほか、非常食も必須である。
7 お盆を過ぎて秋になると、英語でオータムともいうが、fallともいうように日没が一日一日早くなるので、ヘッドランプも必須である。
7 雨が降らない予報であっても、雨がっぱは必須であり、いざビバークでは一番上に着て、防風着にも活用できる。ツエルトがあればいうことはない。
8 その他、服装、登山靴等々考えておくことは多い。
9 リーダーには登山技術や知識があるだけでなく、経験豊富で的確な判断力のある人を選びたい。登山の安全はリーダーの資質にかかっている。かといって、リーダーだけにおんぶしてもいけない。
 会社経営なら、社長が判断を誤って倒産させると生活が苦しくなるが命まではとられない。登山ではたとえ低山であっても落命に至ることもある非情なスポーツであると知っておきたい。

炎天の遠き帆やわが心の帆 山口誓子2020年08月13日

 俳人の山口誓子は東大卒、住友のエリート社員だった。戦前から病気もちであった。四日市市の富田で療養していた。今も家は実在するが、他人に譲渡されており中へは入れない。外には療養地だったことの碑がある。肋膜炎の療養の為に昭和16年から28年迄の12年間、三重県の四日市市富田、天ヶ須賀海岸、そして鈴鹿市白子の鼓ヶ浦に居住していた。
 近くにある句碑
https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/haiku/kuhi/detail?id=457443

 暑い夏の日に遠く伊勢湾に浮かぶ帆船を見たのであろう。戦後まもない日に病弱で孤独な自分の心境を海に浮かぶ帆船に託した。白砂青松の冨田浜の療養の甲斐があり、病は段々癒えていった。
 約10年後の昭和31(1956)年5月9日に日本山岳会のマナスル遠征隊が世界初登頂を遂げた。敗戦後の日本人に勇気を与えた。
 昭和34(1959)年4月29日に御在所岳ロープウェイが開通するが、山口誓子は開通する前に自力で登山を試みる。世話を焼いていた地元の人は心配して籠まで用意したが乗らなかった。自力で登り宿に帰り、医師の診察を受けている。大抵は登頂で万歳するが彼は下山後に万歳した。病を制服したことへの安堵感であった。
 冨田の療養先からは様々な名句が生まれている。病弱であることは名句の下敷きになるのだろうか。石田波郷も然りである。山口誓子は戦争には行っていない。病弱だったが92歳まで生きた。

訃報 渡哲也さん 享年782020年08月14日

NHKニュースから

 渡哲也さんが亡くなったことについて、石原プロモーションは「長きにわたり病との闘いの末去る令和2年8月10日午後6時30分に肺炎のため都内の病院にて旅立ちました。ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とするコメントを14日午後7時半すぎ公式のツイッターに掲載しました。

 この中で、葬儀については静かに送ってほしいという故人の強い希望により、14日、家族葬という形で執り行い、お別れの会やしのぶ会なども行わないとしています。

 また、香典や弔電などの儀も故人の遺志により、辞退するとのことです。

 そのうえで、「何卒、故人の遺志をご理解いただけますようお願いいたします。皆様のお心の中にて故人への祈りを捧げていただけますことを心よりお願い申し上げます」としています。
以上

・・・つい先だって、FBの友達が「くちなしの花」をアップしたので「渡哲也のヒット曲の「くちなしの花」の動画をアップしたばかりだった。
 お悔やみ申し上げます。
 裕次郎が石原プロを作った際に渡哲也も入社した。すると裕次郎は無名の新人の渡哲也にもお辞儀して丁重に扱ってくれたことに感動したらしい。あの有名な裕次郎さんが自分に頭を下げて迎えてくれたというのだ。そんなエピソードを何かで読んだ。
 78歳とは早いとも言えないがもう少し活躍してくれても良かったと思う。

終戦記念日2020年08月15日

 今日は終戦記念日。ということで、時間があれば靖国神社へ参拝したい。それがかなわないなら三ヶ根山の七士廟へ、しかしこの炎暑では倒れるかも知れないので愛知県護国神社と考えていたが、日長、スマホやPCの操作で終わりそうだ。我ながら情けなや。
 せめて、田端義夫の「かえり船」を聞きましょう。引き揚げ船に乗って家族の元へ帰国できた人はまだ良かった。戦地の土になった兵士もあるし、民間人も不明な人もあるだろう。75年前の1945年の今日はそうした戦争にひと区切りした日。
 今年の夏は異変続きである。まずは大きな交通事故が起きなかった。例年はお盆ころまでに鉄道、飛行機、バス、船など、日本のどこかの交通機関で事故が報じられることがあった。
 それがないのは幸いだが、コロナ禍で外出を自粛しているからだ。愛知県は大村知事から8/24まで越県での不要不急の外出自粛要請がでていることがある。事故はなくともクラスター感染の報道は毎日ある。加えて山岳遭難の報道も毎日ある。6/19の越県解除以来44件、8月だけでも29件にも上った。
 私自身も中央アルプスか」御嶽山の前衛峰に行くつもりだったがすべて中止、延期した。近場の鈴鹿はコロナ禍よりもヤマビル禍が怖い。そもそも鈴鹿でさえ越県である。
 愛知県の山はめぼしい山はみな登ったから食指が動かない。盛夏に登山するにはやはり2000m以上、せめて1500m以上の山に立ちたい。というわけで今年の夏山は散々である。

酷暑列島 月曜も40℃前後の暑さに警戒 危険な暑さの出口は?2020年08月16日

2020.08.16 18:03の気温分布図
 https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2020/08/16/9395.html

17日(月)も広く猛烈な暑さで、40℃に迫る暑さの所もあるでしょう。ただ、22日(土)頃になると、酷暑をもたらす太平洋高気圧が後退する予想も。

40℃の酷暑
きょう16日も日本列島は猛烈な暑さに見舞われました。最高気温は静岡県浜松市船明で40.9℃、浜松市で40.2℃とどちらも観測史上1位の暑さとなりました。

17日(月)も太平洋高気圧が列島に張り出し、酷暑が続きます。関東から九州は広く35℃以上で、40℃に迫る暑さの所があるでしょう。引き続き、熱中症のリスクが高くなります。万全な熱中症対策をなさって下さい。こまめに水分をとり、適度に塩分もとりましょう。屋内では適切にエアコンを使い、無理のないようにお過ごし下さい。エアコンなどが設置されていない屋内、屋外での運動や活動は、中止や延期などを検討しましょう。暑さがピークの時間帯の不要・不急の外出はできるだけ避けることも大切です。
体温超えの暑さの出口は?

この先も太平洋高気圧の勢力は衰えず、まだ厳しい暑さが続きます。21日(金)くらいまでは39℃前後の体温超えの暑さの所があるでしょう。東京も35℃くらいの暑さが続き、名古屋や大阪は38℃くらいまで上がる日が多くなりそうです。

22日(土)以降は一旦、太平洋高気圧はやや勢力を弱め、九州の南付近まで後退する予想も。多少暑さはトーンダウンしそうです。九州から関東でも猛暑日から解放される所が増えるでしょう。

ただ、長期予報では9月上旬にかけても全国的に気温は平年より高い予想です。猛烈な暑さは多少は収まっても、秋めくのはまだ先。厳しい残暑が続きそうです。

・・・しばらくは殺人的な高い気温が続くそうです。やりきれない。今日は麦わら帽子を買いました。また遅すぎたのですが、ベランダに葦簀を取り付けました。朝一で東の空からカーっと照り付けてきます。少しでも和らぐと良いです。

登山の死いつかわが身に銀河浴ぶ 平岩武一2020年08月17日

 東海白樺山岳会ブログで遭難件数を列挙し始めて、6/19から8/16までの約2ヶ月弱で49件発生した。7月末までで15件、8月だけを取り上げても34件ということになり、1日でほぼ2件発生していることになり、これは異常事態である。
 昨年の8月と比較すると名山や日本アルプスが多いが今年は北アに集中し、全国各地の低山に拡散した傾向がある。コロナ禍で有料、食事付きの山小屋が北アに限られるのでこれは予想通りといえる。
 もう一つは高齢登山者の遭難多発と死亡率の高さが群を抜いている。特に道迷いから行方不明になる事例が後を絶たない。ただでさえ、高齢になれば筋力低下は免れないのに知ってか知らずか、滑落死が多い。高齢者の滑落、転倒、転落は死につながりやすい。筋力の低下は左右前後のバランスをつかさどる重要な筋肉なので、意識的なタンパク質の摂取が必須であろう。加えてVB1,VB2,VB12などとVCも重要なものである。
 お盆休みも終わって、山岳遭難も一段落するだろう。8/21からは猛暑も一服するとの予報が出ている。どこかの静かな山域で静養したいものである。ステイホームは何もしないようでも結構体力を消耗している。在宅の熱中症患者が死亡することもある。暑いというだけでも消耗するのである。

乱読三昧2020年08月18日

 日々猛暑なので外出の気力が湧かず。今日は研修を1つ忘れてしまい、開始時刻で気がついて電話で欠席を伝えた。ウェブあり、ズームありで方式も煩雑になった。リアルに戻れないかと思う。
 朝から乱読が続く。昔の週刊誌も捨てずにとってある。ちょいと引っ張り出して何で買ったかと改めて読み直す。更には以前読んだ本に行き当たるまで渉猟を繰り返しやっと記憶の中の文章に行き着いた。一度は眼を通しておくと頭の片隅には残るものである。
 久々に事務所へ。書店で知事リコールの書籍を買った。中日に広告が載ったからだ。リコールは成立するか否か。尾張地区の少し若い知人は成立を危ぶむ。三河地区の同年代の女性の友人2人に聞くと「それなあーに」なんて言っているからほとんど知られていない。
 昨年夏のアイトレ自体に興味や関心がないと何だか騒いでいるわね、で終わる。記憶に残らないのだろう。8/25から周知し、署名集めに進んで行くがエベレスト登山よりは楽なはず。みんなで真剣に取り組むことになる。結果はついてくるだろう。追い風が吹くか逆風か。

カラオケで「くちなしの花」を歌い追悼2020年08月19日

 名古屋市の成年後見制度の親族関係の調査業務を受託し、その担い手を募った。応募多数につき、親族関係の知識に関する考査があった。基本的な例題であるが高齢の頭では考えるのに時間がかかる。というより記憶力の問題である。というわけで頭に血が上った。1時間少々で終わった。
 少し早いがカラオケスナックのお店で、渡哲也の「くちなしの花」を歌唱した。他に数曲歌って今度は喉が疲れてしまった。渡さんの供養になっただろうか。今回は対馬へ旅した際に繰り返し聞いた桂銀淑さんの「すずめの涙」にも挑戦したがやっぱり難しい。
 昨年の青森の山旅で繰り返し聞いた吉幾三「津軽平野」、美空ひばり「津軽のふるさと」などゆっくりなスローテンポの曲が歌いやすい。後、橋幸夫「沓掛時次郎」は歌うと元気が出る。多分股旅ものだからだろう。

 渡哲也さん、安らかにお眠りください。