南九州一等三角点の山旅③ 権現ヶ尾と野間岳2015年01月01日

2015年1月1日最初の1等三角点が座す欧州の城塞のような権現ヶ尾
 今日は元旦だ。全国各地の神社仏閣は初詣で賑わっていることだろう。1等三角点教の信徒としてはまず権現ヶ尾484.5mを目指した。ホテルの美味しい朝食バイキングも2回目で要領を覚えた。正月らしく料理も揃っている。洋風雑煮もあった。コーヒーも飲みたいだけ飲める。
       権現ヶ尾へ
 ホテルを出てR225から県道20号に入る。途中の錦江高原ホテルへ左折。再び左折してそこを目指す。雪が降っているので合羽を着た。ホテルのフロントに風の丘への通行許可をもらいに行く。所定のカードを預かった。徒歩10分くらいらしいがありがたく車で楽させてもらった。風の丘らしく風車が1基据えつけてある。かなりの強さの風雪混じりで帽子が飛ばされた。少しよろけながらヨーロッパのお城のような建物の階段を上がる。建物の山頂にちゃんと1等三角点が埋まっていたのには感心した。2015年の最初の三角点であるがこの風と雪では長居は出来ない。早々に下った。雪は少し積もりそうなくらい降ってきた。急いで下りフロントにカードを返却した。ホテルからは鹿児島湾、桜島などの夜景が楽しめそうだ。ゴルフ場であるが泊まるたけに来ても良い。
 ホテルを出ると次は野間岳を目指した。県道20号からR270、R226と走る。野間岳は野間岬からそそり立つような絶壁の上に聳える山で南さつま市辺りから遠望すると開聞岳をスケールダウンした山容に見える。最初はあれっ、開聞岳が見えるのかな、と思った。
       野間岳へ
 アクセスはいくつもあるが地図で見当をつけて笠松から入った。峠を越すと立派な山容の野間岳が現れて車を止めて眺め、写真も撮った。少し先まで下ると黒瀬と祓川を結ぶ県道に出て、野間岳への道標まで現れてあとは椎木からスムーズに登山口まで来れた。野間岳の登山口は野間神社である。今日は元旦とあって清められた境内には淑気があった。登山靴に履き替えて野間岳まで0.7kmの道標に導かれて神社への石段を登る。宮司さんは1人で頑張って居られた。高い杉の方に道標があり、そこから遊歩道が続いていた。最初はセメントで固められていたが、泥んこの道に変わった。登山道は全体に照葉樹林の下で何も見えないが、途中には東シナ海を眺めるポイントが2ヶ所あった。低い割には高度感がある。登るほどに急登になり岩を攀じる。鉄の鎖もあって急峻な登山道を安全に登れるように配慮されていた。
 山頂に着くとまた雪が降ってきた。こんな南西の山で雪だなんて。実は北西の季節風の影響をまともに受けるからで、今日でも宮崎県の方は晴れているのである。薩摩半島の東端の1等三角点に登ったことになる。
 海は俯瞰できたが、360度の展望は天気のせいで駄目だった。粘ってもだめと諦めてくだった。神社に下ると誰も居なくなっていた。正月というのに淋しい。社務所に寄った。名古屋から来ました、と告げると、僕も名古屋に居た、というではないか。よく聞くと伊勢の皇學館大学のOBだった。皇學館大の博物館こも行ったことがある、とか、神宮といえばそれは伊勢神宮のこと、とか、日本三大遊郭だった古市の話もして少し話がシンクロしてきた。懐かしそうにされた。次は下山岳ですが、この雨では中止して、知覧特攻平和会館にと告げて去った。ここが初詣になった。
 登山口のPまで来ると女性の登山者2人とすれ違った。登りに来る人も居たのだ。
     知覧特攻平和会館へ
 椎木まで下って黒瀬から野間半島を一周した。国道からも野間岳の岩壁が良く見えた。半島の先端には九州電力の風車があった。行ってみたが遊べるような施設はなかった。R226から県道、R225、また県道を走り南九州市の知覧特攻平和会館を目指した。
 小高い丘にあった。また雪が舞うので傘をさした。知覧の護国神社に参拝後、平和会館に入館。すると目に飛び込んできたのはノーベル賞受賞の赤崎先生の新聞記事だった。へー、ここが出身地だったのか。名古屋では鹿児島県出身というくらいの紹介であるから気がつかなかった。先生は継続は力なり、を実践。その哲学の背景には若くして国のために命を犠牲にした同胞への無念の思いがあったのか。研究成果を挙げるまでの道のりは臥薪嘗胆の言葉が似合う。
 入館して一回りする。400名以上の特攻隊員の遺書と写真がある。中には当時日本国だった朝鮮人の名前もあった。朝鮮の人らも日本人として戦ったのである。敗戦後は戦勝国を気取り、狼藉を働いた人と同じとは思えない。それにしてもこれだけあると涙がこぼれそうになる。
 「ホタル」という映画にもなったようだ。私をここへ連れてきたのは映画「永遠のゼロ」だった。沖縄を米軍に奪取されまいと最後の手段として特攻が考えられたらしい。当時としてはこれしかなかったのだろう。
 W・ウェストンの『日本アルプス 登山と探検』(英文)の冒頭にこう書いてある。「今日の日本において、世界はまのあたりに、国民的な威信をなおそこなわないで保ちながら西洋文明に同化適応する力を発揮している東方一国民の、類い稀な例証を見ることが出来る。その上、この注目すべき民族が、現在では予測できないほど将来豊かに発展することは、ほとんど疑問がない。この民族は、国民的な威信の向上のためには、恐らくどんな自己犠牲も払えるのである」 ウォルター・ウェストン(1861-1940)『『日本アルプス 登山と探検』(英文)を著す。明治29年の発刊である。
 この英人宣教師にして登山家は「おそらくどんな自己犠牲でも払える」と看破している。特攻の精神を見るとまさにその通りであった。鬼畜米英は日本民族の性格を知り抜いた上で石油禁輸で挑発し、戦争に引きずり込んだのであろう。調子に乗って戦線を広げすぎたこともあるが、「どんな自己犠牲でも払う」という性格はわが民族独自の性格なのであろう。だから畏怖され、孤立することもあるのだ。
 ますます降雪強まった知覧を後にした。ホテルへは県道23号を辿った。R225からは桜島が冠雪していた。美しい。

 一等の徒に風雪のお元日     拙作
 日本の南の果や初詣        拙作
 シナ海の怒涛寄せ来る冬の海  拙作