台風12号接近2011年09月01日

 事務所へ出かけようと自宅をでると台風12号接近にともなう蒸し暑い空気が漂う。たまらない暑さを感じる。残暑というのでもない。明後日の富山県の剣岳登山も流されそうだ。
 かつて盆休みに東北の朝日連峰に行った。あの時も台風が太平洋岸を伺っていたが朝鮮半島に反れていったから出発したのだが初日は登山口の奥深く歩いて、避難小屋で一夜を明かした。水底が見えていた谷が翌朝一転して用水路みたいな濁流に変わった。ラジオの予報では一旦朝鮮半島に反れた台風は上空の偏西風で日本海に押し流されて何と北上して、東北を襲ったのだった。
 一夜どころか過ぎ去るまで二夜、三夜を明かすことになった。登山は前途中止にして、車まで戻り、走ると前方では山側の土砂崩れで通行不可能になっていた。徒歩で警察へ緊急電話し、県営ダムの関係機関に電話をつないでもらい、待つこと久でようやくブルが来て一掻きして帰れた。ブルのオペレーターはお盆休みなのにとぶつぶついう。
 名古屋に帰ると南の飯豊連峰でも山中に閉じ込められた多数の登山者の報道にびっくりした。だから、新田次郎の山岳遭難をテーマにした小説にもあるように日本の天気図に台風が到来しているうちは山に行くなという、気象官らしい登山の掟を思い出す。気象に関してはフィクションばかりではないぞと思ったものだ。
 さて、天白川には白いコサギが一羽、川の真ん中に立っている。まさか好物のドジョウを捕食しているのではないだろうな。自分をドジョウに例えた野田さんが首相に選ばれたばかりだからしばらくは我慢して他のフナなどを食べてやれよ。そう願いたい。
 栄のトップカメラに寄る。以前修理に出した一眼レフカメラを受け取る。オートフォーカスが壊れるなんて考えもしなかった。7月始めの羅臼岳への登りでおかしくなった。最初はバッテリーの消耗と思っていたがどうもおかしいのでいじっているうちにフォーカスが合わないことに気付いた。10000円弱で済んだ。
 丸善に寄って本を物色するがこのごろ丸善ばかり来ている。もう買う本はないはずだが物色するとあるものだ。平積みは日本や世界の政治・経済のことばかりでうんざりする。欧米の帳簿上の経済が破綻していかに他国に付を回そうか深謀遠慮の時代が続く。欧米の収奪の経済から日本流の栽培の経済に「チエンジ」するべき。
 コラムニスト高山正之氏の『スーチー女史は善人か-変見自在』が新潮文庫で今日出たばかりなので購入。『サダム・フセインは偉かった-変見自在』も文庫で読んだ。単行本の『サンデルよ、「正義」を教えよう -変見自在』(新潮社、2011年8月) が余りにも面白かったので次々手を延ばしている。ユーチューブに投稿されている動画も面白かった。
 他に講談社文庫で太田直樹『満州裏史-甘粕正彦と岸信介が背負ったもの』を購入。アマゾンで注文しておいた福田和也『地ひらく-石原莞爾と昭和の夢』上下巻(文春文庫)もあわせて満州にかけた男たちの話である。エリート軍人とエリート行政マンの確執というか、騙しあいと想像するが・・・。読んでのお楽しみ。
 栄界隈の蕎麦屋でざる蕎麦で軽く済ます。

剣岳登山は中止2011年09月02日

 台風情報:2011年9月2日12時30分発表 大型で強い台風12号は、2日11時には室戸岬の南約300kmにあって、北北西へ毎時10kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、2日21時には室戸岬の南約120km、3日9時には福山市付近へ達し、4日9時には日本海を北上し、5日9時には沿海州で温帯低気圧に変わる見込み。台風周辺海域および進路にあたる海域は大シケ、進路にあたる地域は暴風や大雨になるため、厳重な警戒が必要です。

 というわけで剣岳登山は已む無く中止と10時にリーダーから苦渋の決断の電話あり。台風は四国から中国山脈を越えて日本海に抜けると偏西風の影響でやや東よりに推移して行くでしょう。すると北陸に暴風雨をもたらす可能性大。山はまた行ける。

 昨日の小説のこと。新田次郎の新潮文庫『偽りの快晴』でした。
 書き出しは「道草台風とか遅速台風とかいう名前が新聞紙上に現れたのは、ついひとつき前のことである。八丈島南方に接近してから、急に速度を落とした台風12号に対する呼称であった。こういう台風の異名がでたのは初めてであるが、台風がある地点まで近づいて来て急に速度を減ずるということはそう珍しいことではない。」
 最後の方は「この遅速台風の土曜日におけるごまかし晴天のために、行動を起して遭難したパーティーはアルムクラブ山岳会のほかにもあった。」10月中旬の台風だったためにビバーク凍死したパーティーが多かった。そこで「台風接近中は、いかなる理由があっても山へ登ってはならないという、山の掟は結果的には正しかった。」と結んでいる。

 この台風と同じ、小説の中の台風も12号ですね。しかも時速10kmと遅速台風の状況も同じ。たった今13時30分発表でみると時速は15kmにややアップ。名称はタラスというんですね。

 窓の外からは虎落笛(もがりぶえ)のようなひゅーひゅーという音に加えて大粒の雨音も聞こえてきました。

あるベタ記事2011年09月04日

 今日も朝から強風が吹き荒れる。外へ出たいが億劫になるのでまた、コラムニスト・高山正之氏の本を読み耽る。
 今日の朝日新聞朝刊7面に「孫文と梅屋庄吉交流展覧会開幕」の見出しのベタ記事が目に付いた。7面は国際情報が満載される。発信元は香港で林望となっている。(まさか、あの書誌学者ではないでしょうね。)主催者、場所は書いてないが3日から開幕したそうだ。
 記事によると「今年は革命100周年にあたり、中国の近代化の幕開けを支えた日本人の存在を通して中国や香港の人々の対日歴史観に新たな視点を提供する狙いだ。」とある。
 孫文の辛亥革命は日本人が資金協力した云々は確か、高山氏のシリーズにも触れていた箇所があったので再読したが探すと容易には見つからない。重要な語彙は索引を付録でつけて欲しいものだ。
 新潮文庫『サダム・フセインは偉かった』の”偉そうに見せるコツ”という見出しにあった。文章は軽く書いてあるが内容的には重い。この中で「日本は彼を励まし、カネをやり、失敗して追われれば匿ってもやった」という件。ここでは借金とある。
 もう一つの見出し”白人に媚びる支那人”の中にも「そうやって面倒をみてやった孫文は、白人国家と日本を天秤にかけて結局はソ連になびいた」とも。高山氏は日本人の援助を受けながら結局、欧米側に裏切った孫文の不実を指摘した内容の文だった。その中に梅屋庄吉の名前までは書いてなかった。
 梅屋庄吉と孫文でググって見ると東京国立博物館で7/26から9/4まで「孫文と梅屋庄吉 100年前の中国と日本」の特別展が開催されていたことが分かった。行ってみたいが時すでに遅し。主催は同館と毎日新聞だが中日新聞や朝日新聞から報道された記憶がない。見落としだろうか、有意義な展示会とおもうが他社だと無視するのだろうか。
 毎日新聞のHPに飛んでいくと日本に亡命中の孫文と日本人女性の内縁関係から生まれた孫まで存在していることも知った。
 欧米は支那を物資で支援し、日本を孤立させて戦わされた。今後、日中は何があっても戦わないことだ。日本は負けたが欧米の植民地は独立し、解消した。植民地を無くした欧米は今や国家財政が貧窮して小国に落ちぶれた。これは大きな成果だったと思う。
 敗戦国なのに世界第三位の経済規模を誇るまでに復興した。しかし、そのことが日本憎し、と今も様々な妨害や恨みにつながっている。
 歴史の真相は広く、深い闇の中である。高山氏の本はそうした闇に光を当ててくれる。

丸山健二著『田舎暮らしに殺されない法』を読む2011年09月05日

 長年の付き合いのあったAさんがついに愛知県の自宅を処分して安曇野へ引っ越された。但し、膨大な蔵書の保管のために名古屋市内にマンションを構えているという。経済的に余裕あらばこそである。
 いわばパッピーリタイアメントである。余生を安曇野のかつて北アルプスの冬山登山に明け暮れた思い出に浸れる環境の中において畑作や鮎釣り、あるいは登山にと忙しく過ごす日々のことを綴った「安曇野だより」を恵贈された。
 元理系の先生らしい簡潔な文章で綴られた日常生活をテーマにしたエッセイ風の文章がびっしり縦書きで書かれている。
 子息の軸足も実は信州と関東に置かれているのでむしろ近づいたのであろう。この点はホントにハッピーである。
 但し、田舎暮らしは容易じゃないぞ、と思わないでもない。表題の本は以前に単行本で立ち読みした程度だった。当然という感じで買わずに置いた。がこの5月に朝日文庫に収録されていたので改めて読んでみた。一読するとかなり覚悟の上で田舎暮らしをしなさいという警告書である。A先生ならばこんな程度は承知の上だろうか。
 時間が許せば田淵行男の書物などの山岳名著、イギリスの自然史の最高峰『セルボーンの博物誌』や釣り文学の名著『猿猴川に死す』などひもときながらゆったり過ごすイメージはいい。
 私の前勤務先の上司も定年後は農業といって退職したが68歳でガンでこっそり亡くなっていた。あと2人も稲作をグループでやったり、畑を借りてやる人も居るが田舎から出てきた私には不可解なことだった。体力も衰えていくというのに・・・と。
 豪雪で知られる石徹白の河川敷にも別荘地が建売されていたがあんなところで大水でもでたらと余計な心配をする。昔から住んでいる人たちは一段も二段も高い台地に住んでいるというのに。
 この本にも今まで誰も住んでいなかったところは何らかの訳合っての事と指摘している。沖積平野はただでさえ危険だし、傾斜地はがけ崩れが心配だ。かつて木曽山脈南部の廃村松川入なども100年後になって水害に耐えられず、廃村になってしまった。経済的、生活的にも山は暮らしには厳しいことばかりと思っている。たまに行くからいいのである。
  しかし、居を構えてしまった以上は無難に過ごされるように祈らずに居れない。
 とにかく辛口の老後の人生論になっている。読んで損はない1冊だった。

QBハウスで散髪2011年09月07日

 買い物ついでにQBハウスで散髪をしてみた。所用時間10分で1000円也がウリの新形態の理容業である。
 9/3に野田首相が近くのQBハウスに行ったことがニュースに流れて、私も行って見た。今までは月1回程度、1700円の格安店だった。
 感想は700円の違いなら洗髪、剃刀で髭もそってもらった方が割安感があること。さっぱりするんじゃないかと思う。
 但し、時間が短いので多忙な時は重宝する。心配だった後のきわぞりの方も中々丁寧に仕上がっている。単にカットのみする訳ではないと分かった。
 昔は3000円以上はしたが理髪師はサービスの積もりで必ず、中日ドラゴンズの話題を持ちかけてくる。名古屋人なら大抵ドラファンだろうと、振ってくるのが煩わしかった。肩を揉んだり、確かにサービスだが無用なものでもあった。それで恐る恐る1700円の店にチエンジした。何も違わないので定着していた。
 今又新手のサービス手法である。しばらく行って見ようか。

重陽の節句2011年09月09日

重陽や小津の名前を久に聞く

秋の夜や情け無用と聞く話

ことさらに身に入む演歌「夫婦坂」

秋暑しすっぽんが浮く川面かな

野分してわがマンションの揺るるなり

尾頭が皿をはみ出す秋刀魚食ぶ

播州・ふるさとの富士紀行①八千種富士2011年09月12日

 9/10(土) 午前4:30天白出発。第二名神を快適に通過、名神のSAで朝食後、中国道に入る。今回は7座が目標。第一登目は八千種富士。
飯盛山 197.9m 兵庫県神崎郡福崎町 
 中国道福崎ICからすぐに登山口に行ける。
 神社があり、公民館のPから登山口の案内に従って登る。10分余りで登頂。山頂からの眺望は一部に開けるのみ。もとよりこの時節ではぼわっとして望めず。薮蚊が多く、腕など刺される。次は加西市の長富士227.6mに向かうが登山道が見出せず、断念し、次の高御位山へ向かう。
 秋の蚊に嫌と言うほど刺されけり   拙作

播州・ふるさとの富士紀行②播磨富士2011年09月13日

加古川市/高砂市 304m 高御位山 最寄のICは山陽道加古川北IC

 残暑厳しい折ながら、何でこんな超低山をいくつも漁るのか。JACの50山ラリーというイベントがあっていくつかあるジャンルの内の一つがふるさとの何とか富士なのである。私自身はエントリーしてないのだが山友の応援なのである。
 残りは後7座というので関西を草刈場にして山座数を稼ごうという魂胆であるが長富士は見事追い返された。
 気を取り直して、高御位山に来た。この山は登山口に立派なトイレや駐車場もあり、山頂までコンクリートの階段でつながる整備ぶりに驚いた。
 山頂は巨石で構成されていて、御位(みくら)のクラは岩場の意味があることから盤座(いわくら)信仰の山でもあったと思う。愛知県にも多くある。頂上におわす奥社には2リットルのペットボトルが沢山奉納されていた。きっと水に関係ある謂れかなとも推理してみる。道中、溜池が沢山あったから昔は雨乞いの山だったか。三角点も遠慮して奥社の近くに縮こまって座していた。
 山頂からの眺望にも優れて、この山は真冬に登りたい気がした。瀬戸内海、四国の山々、中国山地の山々、美作の方面に目をやるがこの時期ではぼーっとしてはっきりしない。
 検索中に発見した高砂市山麓の中学校の校歌
           校   歌  
1.明けゆく光 眉あげて
  力と 仰ぐ 高御位山
  伸びよ鍛えよ この若さ
  かざす 自律の 旗たかく
  鹿島の森に ふきなびく
  おお鹿島 われら 鹿島中学校

2.新汐はるか 陽に映えて
  かがやき寄せる 瀬戸の海
  みがけ 真心 朝夕べ
  花とほほえむ 友愛は
  鹿島の庭に 咲き匂う
  おお鹿島 われら 鹿島中学校

3.学びの広場 すこやかに
  生い立つところ 印南野よ
  希望 はばたく 翼から
  夢はひろがる 明日を呼び
  鹿島の空に 虹かける
  おお鹿島 われた 鹿島中学校

 3番の印南野(いなみの)の語彙については下山後、地元の人らしいハイカーに聞いたがそれは昔の地名というのみであった。
 私は「月の出や印南野に苗余るらし   永田耕衣」の俳句で知っていたのであるが更に調べると万葉集にも出てくる古来からの地名でもあった。「印南野を行き過ぎがてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ 柿本人麻呂」、「印南野の浅茅押しなべさねる夜のけながくしあれば家し偲はゆ 山部赤人」など。
 だから件のハイカー氏には「何と古臭いことを聞くやつだ」くらいに思われたのかも知れない。
 秋の田や印南野に池あまた見し           拙作
 桔梗(きちこう)の凛として立つ風姿なり       拙作

播州・ふるさとの富士紀行③小富士山2011年09月14日

姫路市 173m 麻生山 姫路バイパス経由

 まさか姫路市の小山にまで登るとは思わなかった。その名も小富士山173mで、地形図にも掲載されているれっきとした富士山である。この山の山頂に古いが麻生権現なる奥社があって信仰の山にふさわしい。山頂は平らかで姫路港も俯瞰できる。市川の東にこじんまりとそびえるから港湾の船の指標にもなったのではないか。
 山道は十分手入れがされていて途中の小池には数尾の金魚まで泳いでいた。そのすぐ上には湧き水らしい水溜りもあって信仰の山らしい。大きな岩には太い鉄の鎖が垂れ下がっているので帰りに試みにクライミングしてみた。鎖に頼るばかりでちっともクライミングにはならなかった。S君ならフリーで登攀してしまうだろう。
  小富士山誰にも会わず吾亦紅   拙作

摂州・ふるさとの富士紀行④有馬富士2011年09月15日

三田市 角山 374m

9/11(日)前夜は久々に宿探しのスリルを味わった。兵庫県といっても全県が都市ではなく、多くは農村、山村の集合体ということです。JRの駅前ならば旅館やチエーンホテルくらいはあると思ったのが間違いで駅から駅へと宿探しのドライブに神経を使った。最終的に西宮駅前に落ち着くことができた。夜8時を過ぎていた。
 ロングドライブと残暑の元でのハイキングの疲れも熟睡で何とかとれた。街中からナビに従って複雑な経路を辿って再び郊外へと脱出した。今日の1登目はずばり有馬富士。昨日の三田市に舞い戻ったのである。至る所に有馬富士の名前を拝借した施設が目に付いた。
 ナビのおかげでスムーズに登山口へ案内されて行く。車を置いて歩き出すともう峠になり、荒れた岩場の尾根を登ると樹林下の山頂だった。初老の男が一人眺めのある所から山麓を静かに見下ろしていた。私も岩に腰を下ろして休んでいると後続の人らも登ってきた。時折、さわやかな風が吹き抜けてゆく。着いてすぐに下山になる。何とも頼りない1登目だった。今日もあと2座を目指したいからだ。

 絶頂の風はさわやか有馬富士   拙作