湯豆腐や命の果ての薄明り 久保田万太郎2022年10月28日

 色んな人がいろいろに解釈をしている。背景を考えなければ平凡であるが、そこは作家の言葉の斡旋で読み過ごされないような心配りがある。命の果て、って何だろうと思わせる仕掛けがある。
 小林一茶もそうですね。
    露の世は露の世ながらさりながら
子供の儚い人生を詠んだ句です。
 名句の奥深さをじっくり味わいたいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック