富山市へ出張2022年02月10日

 朝6時自宅を出て地下鉄・植田駅へ。伏見駅で乗り換え、名駅西口へ行き、貸切バスを待つ。8時に出発、名古屋高速から名神、東海北陸道、北陸道と走った。ひるがのSAでトイレ休憩したが雪は想像以下だった。白川村を通過する際はさすがに豪雪地帯だけはある。福光SAでもトイレタイムを経て富山ICへ。目的の会場ビルは近い。
 ちょうど昼時である。また面談時刻は14時からなので2時間の余裕があるので新装なった富山駅ビルへ行く。路上の雪もほとんどないので歩きやすい。但しみぞれ交じりの雪が降ってくるのでビニール傘には重たい。
 富山城址の雪に囲まれた前田普羅の文学碑にも立ち寄る。今は観光客もいないので閑散としている。
 富山駅は以前のイメージのままでどこに何があるのか。とりあえず駅ビルの一角に吸い込まれると、すし玉の案内が誘う。入店すると今は回転していないのでレーンは違和感がある。紙に書いて板さんへ出す。熱々の茶わん蒸しを始め、のどぐろなど注文。お腹を満たして時計を見るともう13時30分だ。会場へ戻る。面談終了後は16時に帰名。ひるがのSAでチャーシュー麺を食う。18時ひるがのSA出発、名駅着19時30分位だったか。積雪路なく意外に早く往復できた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック