列伝原稿の構想2021年11月13日

 支部報のバックナンバーを辿ると酒のよもやま話、中高年の山岳遭難特集、ルートファインディング、猿投の森等の積極的な論考があるが今一です。
 そこで『異端の登攀者』を読んだら出てきた。橋村さんの原点はRCCⅡにあると断じた。成城大山岳部の資料も見つかったから参考になりそうです。
年譜
昭和12(1937)年 東京生まれ

昭和35(1960)年 23歳 成城大学経済学部卒業。在学中は山岳部に所属、剱岳や穂高岳で数々の初登攀を記録。

昭和39(1964)年 27歳
・日本山岳会入会。紹介は田中栄蔵、岸田権二、梶本徳次郎。
・RCCⅡの時報4月号に紹介
  橋村一豊君
成城大学山岳部OBで、東男の代表たるにふさわしい天才クライマーであるが、現在関西勤務で年1回の会心なる登攀が念願とか。

昭和41(1966)年 29歳 日本山岳会東海支部アンデス学術遠征隊に参加。アコンカグア南壁を第四登
RCCⅡの時報6月号に投稿「同人消息」② 橋村一豊君(RCCⅡ気付セニョール・オクヤマへの書信から)

「諸兄お元気ですか。アコンカグアの南壁は成功しました。悪いとは聞き及んでいましたが流石に手強い奴で、40日に亘る苦しい斗いでした。登攀の技術的部分は、例えば滝谷や剣など、日本の冬山で鍛えた我々の腕で充分こなせると思いましたが、只6000mをこえた高所でⅤ級(注:5級)というような処が出てくるので、非常に消耗的な登攀で、体力的にとても苦しかったです。ザイルは1500m位フィックスしましたが、これを掴んでのあえぎ、あえぎの荷上げは全く苦しい日々の連続でした。
 今秋たけなわのメンドーザ市へ下り、名物のぶどう酒を楽しんだり、美しいセニョリータを眺めたり(ばかりでもない)して休養中です。次はパタゴニア・アンデスを探検し、サンチャゴ経由船便で5月に帰国します。では、アディオス。」

昭和44(1969)年 32歳 RCCⅡ退会

昭和49(1974)年 成城大学ジャヌー(現クンパカルナ)遠征隊に登攀隊長として参加。第二登を果たす。

平成16(2004)年 東海支部に「猿投の森づくり」の会を立ち上げ、代表になる。

平成31(2019)年10月 逝去。享年82

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック