不夜城めく県庁や秋の夕2021年10月01日

 午後6時前くらいだったか、三の丸の官庁街を出ると信号待ちの目にとまったのは愛知県庁の建物だった。堂々としたたたずまいが素敵である。まだ少しばかり仕事がある時間帯なので窓という窓に明かりが灯っている。中々に荘厳な風景である。深夜であれば明かりは殆ど消える。今時が不夜城の表現である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック