岳連法人化準備の話2021年09月09日

 今夜はまたWEBミーティングで岳連の法人化準備の話合いの場を持った。遅々として進まぬようだが、時間の経過で議題は深まってきている実感がある。
 複式簿記も入力して集計や仕訳の実際を見てもらうようにしてみた。別の人からは定款の話も出てきて、先行する他県の岳連の状況のチエックもされてきている。
 当面は社団法人の計算書類を法の要求する水準までもっていかなければなるまい。これまでの単式簿記から複式簿記は初心者には高いハードルであるが、現状の金銭のやり取りの記録であるからさほど高度な技術や知識が求められているわけでもない。全国の社団法人ならどこでも直面している課題であるから何としてでもやり遂げねばならないと強調しておいた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック