おおむね山は山を愛する人に属す 白楽天2021年08月08日

白楽天、本名は白居易(772年〜846年)。集大成の白氏文集は、源氏物語、枕草子、和漢朗詠集などに影響を与えていると言われる。ちなみに、芭蕉の座右の書には白氏文集と源氏物語が入っている。


游雲居寺贈穆三十六地主  唐代:白居易

亂峰深處雲居路

共蹋花行獨惜春

勝地本來無定主

大都山屬愛山人


雲居寺に游び、穆三十六地主に贈る  白居易
     
亂峰(らんぽう) 深き處 雲居の路、

共に花を蹋で行き 獨り春を惜しむ。

勝地 本來 定主なし、 大都 山は山を愛する人に属す。

乱峰・・・無秩序に面白く並ぶ峰
勝地・・・景色の良い所
大都・・・おおむね

面白く重なる峰また峰の奥深く、雲居寺に通う路を
みんなと一緒に花を踏んで歩きながらひとり春を愛惜する
景勝の地はもともと決まった持ち主はいない
おおむね山は山を愛する人のものである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック