支部報が縁のたよりや梅雨の雷 拙作2021年06月17日

 母校と山岳会の大先輩のSさんのミニ評伝を書いたら結構反響があった。第一に九州のIさんから手紙とお菓子をいただいた。Iさんの要望でSさんの未亡人にそのミニ評伝の掲載された支部報を送ったところ、昨日はお礼のはがきが届いた。
 大量遭難や晩年の病気など「いろいろありましたけど懐かしく思い出された」としたためてあった。昭和8年生まれならば88歳のご高齢になる。しかし、よわいを感じさせない筆圧の効いた達筆のはがきを読むとしっかりしておられる。何よりである。
 反響はまだまだ続き、次号の原稿の校正をしていたら明らかに拙稿に反応した文章があった。しかも元支部員である。そういう古い世代の象徴的な人物だったと改めて思った。みんな若かったのだ。
 外では雷が鳴っている。北の冷たい気流と南の温かい気流がぶつかり合ったのだろう。梅雨晴れ間にどこかの山をふらつきたいものだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック