笊ヶ岳で行方不明の登山者が遺体で発見2021年05月12日

 早川町の老平を起点に笊ヶ岳を周回登山を試みた41歳の登山者が山頂から4km離れたところで遺体で発見された。多分ヒソダイラ辺りか。ここで力尽きた気がする。ヤマレコには13時間で周回した記録がある。かなりの無理すじだと思う。この時期はまだ雪もあるので高いところでは水を作ることができる。風当たりの少ないところでビバークというのが無難である。なぜこんな無理をするのか、多分日本300名山の達成を目指していたのだろう。或いはSNSを見て自分もやるぞと模倣したのかも知れない。目標を持つのは良いことだが実力以上の計画に陥りやすい。名山はゆっくり登れば良いのではないか。如何に早く周回する時間を競うのではなく、むしろ山での滞在時間を長くする工夫が欲しい。山中滞在というような本を書くつもりで自然に接したいものである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック