数々の動画を今も志村の忌 拙作2021年03月30日

 3月29日は志村けんさんの命日だった。ググってみると今もたくさんの動画が流れておりよく見られている。死んだ実感がない芸能人だった。こんなに親しまれた人も珍しい。

 志村けんさん、一周忌…兄・知之さん、今もテレビで流れる特番に「改めて凄いと感じる」
https://news.yahoo.co.jp/articles/69ad06ddf20f5c259cf7e6c4bd809fbe223d940a
 昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎のため70歳で亡くなった志村けんさんの一周忌法要が命日の前日である28日、出身地の東京都東村山市内の寺でしめやかに営まれた。15年に他界した最愛の母・和子さん(享年96)の七回忌も併せて行われた。親族は墓を囲んで記念撮影。兄・知之さん(74)は「まだ踏ん切りがつかない」と大きな喪失感を抱えながらも、一人で旅立った弟へ温かい家族の愛情をささげた。

 【知之さんと一問一答】

 ――法要を終えた心境は。

 「無事に終えられてお墓参りもできました。でも、まだ踏ん切りはつきません。今もテレビで特番が流れているのは改めて凄いと感じる」

 ――志村さんの遺作で昨年放送されたNHK連続テレビ小説「エール」も見ていましたか。

 「そうですね。全て録画していました」

 ――全国のファンの方々にはどのような言葉を掛けたいですか。

 「毎日のようにファンの方々がお墓や家に花を持ってきてくださることに感謝しています」

 ――夏にはアイーンのポーズをかたどった銅像が西武線東村山駅前にお披露目される。

 「銅像の制作資金をご支援いただいた皆さんに本当に感謝しているし、夏の完成を楽しみにしています」

 ――今日は志村さんの一周忌とお母さまの七回忌を兼ねられていた。

 「ちょうど一周忌と七回忌が重なっていたので一緒にできてよかった」

 ――気が休まらない日々が続いたのでは。

 「三回忌が終わったら七回忌まで間隔が空くから、そこでようやくホッとするんじゃないかな」