冬来たりなば春遠からじ2021年01月07日

 今日は七日がゆ。ということで七草でお粥を朝食として食べるのですが、実は1/12にホテルで会食に朝がゆを食べる予定です。それが七日がゆの代わりになります。
 小寒は1/5でしたが、今日は窓から雪が降っているのが見えた。外出すると寒く手の冷たい日でした。実質的な小寒ではないか。「小寒(しょうかん)とは、「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなるころ。小寒から節分までの三十日間のことを「寒の内」といいます。寒が明けると立春」になる。で、日本酒1本と手袋を買い増しした。手袋なしでは素手で買い物袋やバッグを持って居れない気がした。
 山岳出版社からまた原稿依頼がきたので快諾した。こんな要件でもないと山へ登るモチベーションが湧かない。あの山この山と頭には描くが具体的に行動を起こすにはモチベーションである。低山であっても里山であっても体を動かすのは同じこと。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック