石油ストーブを開封2021年01月02日

 2日は夕方まで寝床で山積する本を読む。初読みである。夕方から事務所へ行き、石油ストーブを開封して使う。中型の火力は偉大である。温かさが違う。今までは小さめのストーブで良かったのはエアコンと併用していたからだ。エアコンは完全に壊れた。
 補完用にセラミックヒーターを使ったが5年くらいで故障してしまった。粗大ごみである。給油が面倒だし火災の恐れはあるが石油ストーブが安心である。大事に使えば何年でも持つ。
 年賀状を整理する。出した人、もらった人をエクセルで表にしておく。出したのは68枚で1枚は書損だが1枚が誰にだしたか不明になった。車で帰る途中で思い出した。いつもはやり取りが無い人だった。新規の受信は5名以上に増えた。解消した人も5名くらいなので総数は変わらず。
 粗大ごみと言えば今日は掃除をしょうとクリーナーのスイッチを入れたら故障してしまった。さっきまで赤いパイロットランプが点灯していたのに。これも新調するか。今日は古新聞を水に浸してちぎって床にまき散らし、箒で掃いた。綿埃は水に濡れた新聞紙片が吸収する。床は水で拭いたようにきれいになった。今日は掃除初めになった。