スキー始め2020年12月27日

めいほうスキー場から
 朝4時自宅を出発。某所でWさんと合流し、Wさんのマイカーであるスバルのフォレスターに乗せてもらった。一宮ICから東海北陸道に乗り、郡上八幡ICで降りてめいほうスキー場へ行く。沿道の山肌はスキー場が近づいてもほとんど雪がない。晩春の山みたいだ。それでもスキー場内には何とかあるみたい。新聞情報では積雪110センチで△マークだから全面滑走が出来なかった。
 もう一人豊田市からくるSさんとはPで確認できた。3人そろった。身支度してリフトを2本乗り継いでトップへ。出発前にスキー板にシールを貼ろうと探すが無い。忘れてしまった。大失態。仕方なく2人に行ってもらった。私はゲレンデスキーで遊ぶことにした。
 とはいえ、水分の多い人工雪で固めたせいかゲレンデが凍結してしまい、スキー板がエッジングしがたい。バランスを崩し気味ながらなんとか下ったが疲れた。車に戻って休憩である。これが高齢スキーヤ―の悲しさである。
 昼になると彼らからメールでトップに下山したとの連絡があり、こちらもリフトで登る。トップで合流し、滑降することにした。朝と違い、昼は良く晴れて、乗鞍岳、御岳山の巨峰がどっかと座している。御嶽の向こうは中央アルプスだろう。北には笠ヶ岳、槍穂高連峰などが白銀に輝く。いつもながらここはロケーションが素晴らしい。
 2人に聞くと結局積雪が無く、藪を抑えての登山では進まず、途中で引き返してきたとのことだった。車の中でスマホのヤマップの軌跡を見ると鞍部辺りから一向に進行しなかったのはヤブと格闘中だったからだ。以前も烏帽子岳を目指したが藪で閉口して途中で戻ったことがあった。これじゃ藪スキーだな、と笑った。
 ゲレンデスキーのアイスバーンも朝よりは軟化して処しやすくなった。Sさんは毎年ゲレンデスキーだけはやっていたそうでバランスが良い。何より細身なので敏捷性がある。
 途中のレストハウスで休憩と昼食タイム。その後も中間のエリアで何度もゲレンデスキーに徹して遊んだ。帰路は温泉には入らず帰名。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック