普羅の徒を迎へ花咲く父祖の山 山元 誠2020年10月11日

山元 誠句集『春星』から。これも以前に「辛夷」連載コラムの「好句考」の鑑賞文を転載する。

 平成二十二年四月十七日十八日の『辛夷』一千号記念大会は有意義な大会であり、特別な二日間であった。掲句は二日目の立山山麓での吟行で得られた。好天のもとで数十名が山野に散ってコブシや桜の花を、雪解け水がほとばしる谷を、それぞれが詠んだ。中でも出色の一句と思う。
 作者は立山山麓の産である。記念大会に馳せ参じた十七日には「春光や山河溢るるバスの窓」と詠んでふるさとの山河への挨拶をかわした。そして春風に乗ってきたかのごとく続々と会場に集結した『辛夷』の会員たちを作者は特別な思いで眺めた。
 それが「普羅の徒」という表現に結びついたであろう。普羅の声に接した人はもうきわめて少ないはずである。本来は鳴風先生のような直弟子を指すことばのはずである。左様、今日は一千号到達を祝う特別な意味があるのだ。すべての参加者への賛辞である。
 立山山麓は作者の生家があり、普羅は度々訪ねて吟行をしたという。辛夷一家なのである。『辛夷』一千号を寿ぐかのように桜も咲いてこんなにも沢山の普羅の徒を迎えましたよ、と父母に報告する作者である。