柳川喜郎『襲われて 産廃の闇、自治の光』(岩波書店 )を返却2020年10月08日

 午前中、久々に給油したら、軽油106円に下がっているので驚く。連休がおわったからか。午後の面談に備えて早めに出発。目指すは関市。零細企業の経理のコンサルティングである。終わると遅い昼飯にとうなぎやを物色したが午後5時から再開とのことで諦める。
 事務所に戻る前に表記の本を愛知県図書館の返却ポストに投函。今日は休館日だったか。事務所まで徒歩で行く。少し疲れたので休む。登記を依頼した司法書士さんから電話で残余財産の発掘が進んでいるとの報告があった。地方の錯綜した土地は処理が難しい。
 ネットを見ると、大村知事リコール署名活動はどうやら100万人に行く手ごたえを感じたらしい。ナウ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック