車検と行政書士2020年07月10日

 新車登録は平成15(2003)年なので車齢17年にもなる。走行距離は247000kmに到達。ディーゼル車は20万kmで元がとれると聞いていたからもう元はとれたのだろう。確かにガソリン車よりは20万円くらいは割高な価格であった。但し軽油とガソリンの価格差が20円から30円なので長く乗れば経済的である。
 普段のメンテはエンジンオイルを4000kmで交換するくらいだ。後は経年変化であちこちが消耗する。今回も重要な部品を3点交換することになった。これで税込計15万円になった。もう限界をこえているがくるまの調子は良い。毎年車検で老朽化した部品を交換してゆけば経費はかかるが、クルマの部品の機能は更新されるから安心ではある。
 実は車検代行も行政書士の仕事になる。新規のビジネスとして研究してみるか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック