西三河・お須原山ミニハイキング2020年05月23日

お須原山からの寧比曽岳と筈ヶ岳
 猿投公園を基点のサイクリングは矢作川の一周でポタリング程度で終わったので、マイカーで東萩平町のお須原山+茶臼山にドライブしました。県道11を上流に向かい、月原(わちはら)町へ右折。阿摺川を走ると小町の先でお須原山と笹戸CCの案内板が見える。ヘアピンカーブの連続する山道である。登りきると東萩平という美しい地名の山村に着く。お須原山へは丁寧に案内板が設置されてまようことはない。最後の民家の手前の案内板の前に軽トラが止まっているのでその後ろに止めて歩き出す。時に17時40分である。豊田市の日没は18時55分なので1時間以上はある。
 農道を登ってゆくと道端の花がきれいだ。あれはヒオウギアヤメかな。知らない野草の花がいっぱい咲いている。途中に安産の神様がある。二股を右へ行くと、ものの10分で登山口に着いた。頂上は見えているので急登をこなすと明るい頂上に出る。猿投山その他の展望図もあり楽しめる。隣のこぶには縁結びの神様を祀る神社もあり手を合わす。下ると茶臼山との鞍部になる。
 茶臼山の登山口を探したが見つからず。鞍部から少し戻った辺りのアカヒモかな。しかし、今は18時を回ったので登頂は断念。(若いころに登ったことがある)また最後の民家まで下ると、主人がにこやかに話しかけて来られた。
 この山は住友系の会社の従業員が整備したらしい。会社からは整備費も寄付されたとか。このご主人はゴルフもやるという。笹戸のゴルフ場で住友のえらいさんに会ったことが機縁という。そしてこの村の空き家が目立ち始めた頃、若い夫婦を呼び寄せる運動をして今はほとんど埋まったらしい。一気に人口が増えたとか。そういえば山村には珍しい子供の姿が見える。最初はゴルフ場の従業員かと思ったがこのご主人の顔や話しぶりから農民ではなく、大会社を定年退職した元部長級に思えてきた。百姓がたとえ隣とはいえ、カネとヒマと友人の要るゴルフなんぞ楽しむこともないだろうに。そう思いながら帰名の途に着いた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
日本で一番美しい山は?
ヒント:芙蓉峰の別名があります。

コメント:

トラックバック